トップページ > JTU NEWS一覧 > JTU NEWS
社団法人日本トライアスロン連合 2009 JTU ニュースリリース 発行元:社団法人日本トライアスロン連合 JTU
配信:2009年06月13日(土)
   
蒲郡大会記者会見に、山本、田中、崎本が出席

 翌6月14日(日)に開催される、NTT トライアスロンジャパンカップランキングイベント/蒲郡ITUトライアスロンコンチネンタルカップに先立ち、13日(土)愛知県蒲郡市蒲郡競艇場内のオレンジホールで有力選手記者会見が行われた。
 出席したのは、田中敬子(NTT西日本・NTT東日本/スカイタワー58)、崎本智子(日本食研)、山本良介(トヨタ車体)、ダン・ロビンソン(オーストラリア)の4名。司会は、鈴木貴里代社団法人日本トライアスロン連合(JTU)理事。

 まず最初に、選手の紹介があった後、各選手から明日のレースへの抱負が語られた。その後、記者からの質問を受け、各選手とも明日に向けて力のこもった発言をしていた。

 明日のレースのスタート時刻は以下の通り。
オレンジトライアスロン(一般、学生)8:30
エリート女子 12:00
エリート男子 13:55


<選手コメント>

○田中敬子(NTT 東日本・NTT 西日本/スカイタワー58)
  昨年、蒲郡大会で優勝しているので、明日は2連覇を目指す。一番重点を置いているのはバイク。コーナーの多いテクニカルコースだから、コーナーで差をつけられるよう、落車するくらいの勢いで頑張りたい。スイムはまだ第一集団に定着していないから、スイムの得意な選手を意識して挑む。バイク、ランに入ったら自分のペースで行く。1カ月間、しっかりとトレーニングをしたから、良い結果を残したい。

○崎本智子(日本食研)
  この大会は今年で3回目の出場となる。誰かを意識するのではなく、スイムから全力を出し切って、自分自身を磨いていきたい。3年前に蒲郡大会で優勝したときは、前所属チームの人たちも応援に来てくれて熱いレースができた思い出が強い。いままでのトレーニングの結果を明日のレースにぶつけ、全力を出し切って勝ちにいきたい。

○山本良介(トヨタ車体)
  昨年、一昨年と蒲郡大会で2連覇したので、チームでは4連覇、個人では3連覇を目指す。2連覇した大会はどちらもバイクで逃げる展開だった。今年もバイクで先頭集団をけん引していきたい。自分自身が持てるすべてを出し切るだけだから、ライバルはいない。自分が誰かにマークされていても、圧倒的な力でねじ伏せて優勝したい。チームの地元でもあり、たくさんの人が応援に来てくれるから、今年もチームでワンツーフィニッシュをして喜ばせたい。

○ダン・ロビンソン(オーストラリア)
  蒲郡のコースはコーナーも多くテクニカルなコースだから、スイムから早く上がって、タフなバイクを乗り切り、ランに移りたい。バイクに入ったら、山本良介選手がライバルになるだろう。

<この記事へのお問合わせ>
JTU広報担当:090-3204-3126(大塚)


1. このニュースは表記の日時現在のものであり、追加変更の可能性があります。

2. ニュースの全文または一部の文章をホームページ、メーリングリスト、ニュースグループまたは他のメディア等へ転載する場合は、出典・日時などを明記してください。

3. この記事へのお問い合わせ:
社団法人日本トライアスロン連合
150-0002 東京都渋谷区渋谷2-9-10 青山キングビル3F
TEL:03-5469-5401(代)  FAX:03-5469-5403  
Email: jtuoffice@jtu.or.jp  URL: http://www.jtu.or.jp/

JTU オフィシャルスポンサー
NTT東日本
NTT西日本
日本サムスン
アシックス
日本航空
サブウェイ
アミノバリュー
スリーエフ
アスタビータ ASTAVITA
オフィシャルサプライヤー
Canadian Crysta
日本バナナ輸入組合