トップページ > JTU NEWS一覧 > JTU NEWS
社団法人日本トライアスロン連合 2009 JTU ニュースリリース 発行元:社団法人日本トライアスロン連合 JTU
配信:2009年9月27日(日)
   
初の国体公開競技は、愛媛県のアベック優勝

 

 9月27日(日)、第64回国民体育大会トキめき新潟国体のトライアスロン競技が、新潟県村上市と笹川流れの特設コースで開催された。 

スタートはフローティングで

 午前10時には男子がスタート。スイムをトップで上がったのは疋田浩気(静岡県)で19分24秒のタイム。2番手は福井英郎(愛知県)で同タイム。以下、石塚祥吾(福島県)、高濱邦晃(福岡県)、佐藤治伸(愛媛県)、吉越慎吾(北海道)、犬童太一(東京都)、井上一輝(香川県)が続いた。

男子のバイクは大集団に 

 笹川流れを往復するバイクでは、はじめは疋田と福井が逃げ、その後ろを佐藤、高濱、吉越が集団となって追う展開に。しかし、この第2集団は徐々に後ろから追いつかれて大集団となり、スピードがアップ。バイク序盤で、疋田、福井をも飲み込み、22名の集団となった。その後、終盤にかかるまでこの集団はスピードを増した。最後の3kmあたりで、松丸真幸(茨城県)が一人逃げを図り、20秒ほど集団をリードしてトランジションに帰った。

ランは3名の競り合いに 

 ランでは、佐藤、高濱、犬童が飛び出して競り合いを繰り広げた。中盤で犬童が遅れ始めると、佐藤が少しずつリードを広げ、1時間50分53秒のタイムで国体公開競技初優勝を飾った。2位は高濱、3位は犬童。

2周回目に出る女子スイム 

 午前10時20分スタートの女子は、ア本智子(愛媛県)がスイムを20分45秒でトップフィニッシュすると、21秒後に古谷あかね(和歌山県)が続いた。その後は、貴田真美(群馬県)、山本奈央(愛知県)、太田麻衣子(千葉県)、高野紀子(兵庫県)、柴崎亜里沙(東京都)の順でバイクへ移った。 バイクで逃げる崎本 

 バイクに入ると、崎本が一人で逃げるが、10kmの手前で後続に追いつかれて崎本のほか、太田、山本、古谷、高野、柴崎、平出美雨(沖縄県)、今村優(鹿児島県)、川口綾巳(長崎県)、中西真知子(大阪府)、川崎由理奈(埼玉県)、伊藤弥生(福岡県)の集団となった。このままこの12名は、トランジションへと戻った。

ランの折り返し

 ランでは、地力に勝る崎本が飛び出し、平出が追う展開に。その後ろを山本が追いかける。しかし、この3名の間隔は徐々に開いて、2時間3分46秒で崎本が初優勝となり、愛媛県は男女アベック優勝となった。2位は平出、3位は山本の順。

 来年の国体は、千葉県で開催される。

<選手コメント>

○ア本智子(愛媛県)スイムでトップで上がれたのはよかったが、バイク序盤で追いつかれてしまったのは悔しい。このレースでは、逃げ切れるバイクの力がなければならなかった。ランに入ってからは、負けられないと思って走った。佐藤選手と愛媛県で男女アベック優勝できて嬉しい。3週間後の日本選手権は、優勝を目ざす。

崎本智子

○佐藤 治伸(愛媛県)スイムもいい位置であがれてバイクも高濱、吉越両選手と集団となった。そこで前の二人の追いつき、5名で逃げなければいけなかった。終盤の松丸選手の逃げには一度は反応したが、後ろに下がった。ランでは、高濱選手の追い上げが怖かったが、調子がよかったので逃げ切れた。アベック優勝は目標だったので嬉しい。

佐藤治伸

 なお、レースの模様はフォトギャラリーでご覧になれます。

<この記事へのお問合わせ>
(社)日本トライアスロン連合(JTU)
担当(大塚)TEL090-3204-3126
JTU事務局 TEL03-5469-5401(代)


1. このニュースは表記の日時現在のものであり、追加変更の可能性があります。

2. ニュースの全文または一部の文章をホームページ、メーリングリスト、ニュースグループまたは他のメディア等へ転載する場合は、出典・日時などを明記してください。

3. この記事へのお問い合わせ:
社団法人日本トライアスロン連合
150-0002 東京都渋谷区渋谷2-9-10 青山キングビル3F
TEL:03-5469-5401(代)  FAX:03-5469-5403  
Email: jtuoffice@jtu.or.jp  URL: http://www.jtu.or.jp/

JTU オフィシャルスポンサー
NTT東日本
NTT西日本
日本サムスン
アシックス
日本航空
サブウェイ
アミノバリュー
スリーエフ
アスタビータ ASTAVITA
オフィシャルサプライヤー
Canadian Crysta
日本バナナ輸入組合