トップページ > JTU NEWS一覧 > JTU NEWS
社団法人日本トライアスロン連合 JTU 2011JTUニュースリリース 発行元:社団法人日本トライアスロン連合 JTU
配信日:2011年01月28日(金)
   
パラトライアスロン(主要競技規則)

国際トライアスロン連合(ITU)では、身体に障害をもった選手が行うトライアスロンをパラトライアスロン(Paratriathlon)をすることを決議しました。選手たちはパラトライアスリートと呼ばれます。

昨年(2010年)、2016年ブラジル・リオデジャネイロで開催される「パラリンピック競技大会」(Paralympic Games)」にパラトライアスロン正式採用が決まりました。

ITU競技規則では、パラトライアスロンを障害の度合いに応じ、6つのカテゴリーに分けています。以下、主要部分を和英対比で示します。

カテゴリー Paratriathlon Competition Categories:
ITU Paratriathlon Competition Categories shall be established based on physical disabilities. Medical evidence shall be required as to disability and classification. The six (6) categories are as follows:

TRI 1 (対麻痺患者、四肢麻痺患者、ポリオ、両足切断などで下肢を失った人)バイク競技はハンドサイクル、ランではレーシングウィールチェアー(競技用車いす)を使わなければなりません。
a.) TRI 1 - Handcycle: Including Paraplegic, Quadriplegic, Polio, Double Leg Amputee. Must use a “handcycle” (as described in section 16.11) on the bike course and “racing wheelchair” (as described in section 16.13) on run.

TRI 2(膝上から下肢を失った人を含む高度の下肢障害): 競技者はバイク競技では競技用自転車に乗らなければなりません。またラン競技での競技用車いすの使用は禁止されており、松葉杖や承認を受けた義肢を使用し走らなければなりません。
b.) TRI 2 - Severe leg impairment including above knee amputees: Must ride a bicycle and run with approved prosthetics or crutches. Racing wheelchairs are not allowed.

TRI 3(多発性硬化症、筋ジストロフィー、脳性麻痺、両下肢切断あるいは複数肢の麻痺を有する人): 競技者は、バイク競技は競技用自転車に乗って走らなければなりません。またラン競技は装具または承認を受けた義肢を使用して走らなければなりません。競技用車いすの使用は認められません。
c.) TRI 3 - Les Autres: Includes (but is not limited to) Multiple Sclerosis, Muscular Dystrophy, and Cerebral Palsy, double leg amputee runners or paralysis in multiple limbs. Must ride a bicycle and run with braces or approved prosthetics. Racing wheelchairs are not allowed.

TRI 4(麻痺や障害などで肘上から、あるいは肘下から上肢を失った人、腕障害または両上肢の障害を持つ人): 競技者はバイク競技では競技用自転車に乗らなければなりません。承認を受けた義肢、装具あるいは三角巾(吊りひも)を使うことは許可されます。
d.) TRI 4 - Arm impairment: Including paralysis, above elbow amputees and below elbow amputees, or impairment in both upper limbs. Must ride a bicycle. Approved upper extremity prosthetics, braces or slings are allowed.

TRI 5(膝下から下肢を失った人を含む中程度の下肢障害):競技者は競技用自転車に乗り、ランでは承認を受けた義肢を使用して走らなければなりません。競技用車いすの使用は禁止です。
e.) TRI 5 - Moderate leg impairment: Including below-knee amputees. Must ride a bicycle and run with approved prosthetics. Racing wheelchairs are not allowed.

TRI 6 (視覚障害者。最も補正された[=矯正]視力が20/200の人):競技全般において、競技者と同性の伴走者1名が伴走することが義務付けられます。競技者と伴走者はスイム、ラン競技中に伴走ロープでつながれている必要があります。バイク競技はタンデム自転車を使用しなければなりません。
f.) TRI 6 - Visual Impairment, legally blind (20/200 vision with best corrected vision): A single handler of the same gender is mandatory throughout the race. Competitors are tethered during the swim and the run portions and must ride a tandem bicycle.

*トランジションを含む競技エリアへの盲導犬の立入は禁止です
16.7. Transition Area Conduct: a.) No guide dogs will be allowed in the transition area at any time.

*TRI1には2名以上、TRI2-5には1名のサポーターが用意され(TRI6には伴走者がいるため他のサポートは受けられません)、退水時、装具や他の補助具の脱着時、ウェットスーツやウェアを脱ぐ時、ハンドサイクルから競技用自転車に移る時、パンク修理などの際に援助を受けることができます。
b.) “Handlers” are to be allotted as follows:
(i) One (1) handler for categories TRI 2, TRI 3, TRI 4, and TRI 5;
(ii) Up to two (2) handlers for category TRI 1;
(iii) No handlers for category TRI 6 (Guides may act as handler for this category).
c.) “Handlers” are specifically allowed to assist paratriathletes by:
(i) Helping with prosthetic devices or other assistive devices.
(ii) Lifting participants in and out of handcycles and wheelchairs.
(iii) Removing wetsuits or clothing.
(iv) Repairing flats punctures and helping other equipment.

◎英文詳細は以下のP35「16:Paratriahlon」をご覧ください。ご不明のことはお気軽にお問い合わせください。
http://www.triathlon.org/images/uploads/ituevents_competition-rules-2010_2010-02-11.pdf

◎2016年リオデジャネイロ・パラリンピック競技大会に、パラトライアスリートを派遣予定です。全国のパラトライアスリート(コーチ、ご家族・ご友人)からのお便りをお待ちしています。


1. このニュースは表記の日時現在のものであり、追加変更の可能性があります。

2. ニュースの全文または一部の文章をホームページ、メーリングリスト、ニュースグループまたは他のメディア等へ転載する場合は、出典・日時などを明記してください。

3. この記事へのお問い合わせ:
社団法人日本トライアスロン連合
150-0002 東京都渋谷区渋谷2-9-10 青山キングビル3F
TEL:03-5469-5401(代)  FAX:03-5469-5403  
Email: jtuoffice@jtu.or.jp  URL: http://www.jtu.or.jp/

JTUオフィシャルスポンサー
NTT東日本
NTT西日本
日本サムスン
アシックス
日本航空
セレスポ