トップページ > JTU NEWS一覧 > JTU NEWS
社団法人日本トライアスロン連合 JTU 2011JTUニュースリリース 発行元:社団法人日本トライアスロン連合 JTU
配信日:2011年9月27日(火)
   
2011年ランキングチャンピオン決定!
エイジランキング最終戦・村上大会(9/25開催)結果

9月25日(日)新潟県村上市で村上・笹川流れ国際トライアスロン大会が全国からリレーを含む713名が出場(エイジランキング対象完走者数は542名)し開催された。

本大会は全日本女子トライアスロン選手権ならびにJTUエイジランキング最終戦となっており、激しい優勝争いが繰り広げられた。

女子総合は中島聖子(兵庫)が2009年ランキング1位の松本華奈(島根)と2010年チャンピオンの平松智子(愛知)を破りランキング大会初優勝を飾った。2位には松本、3位には平松。この結果中島はランキング優勝には一歩及ばず、松本が2011年度JTUエイジランキング女王に返り咲いた。

11murakami1
【エイジランキング大会初優勝を飾った中島】

11murakami2
【2011エイジランキング女子総合トップ3松本(右)、中島(中央)、平松(左)】

男子総合は倉内誠司(愛知)が、得意のランで2009年チャンピオンの中井啓太(三重)を逆転し優勝。中井が2位、永田成也(鹿児島)は2010年チャンピオンの意地を見せ3位に入った。

この結果昨年ランキング2位と涙を飲んだ倉内がリベンジを果たし、2011年エイジチャンピオンの座を手にした。

11murakami3
【2011エイジ男子総合優勝に輝いた倉内】

11murakami4
【お互いの健闘を讃えあう新旧チャンピオン左から永田、倉内、中井】

年代別でも数々のドラマが生まれた。

女子岩城彩(大阪)が25-29歳で1位、ランキングでも3位からの逆転優勝を果たした。40-44歳は大西直美(鳥取)が大会では年代別1位。しかしランキングでは中橋麻理(東京)には一歩届かず、中橋がランキング優勝を飾った。

11murakami6
【元気なアラ還女子】

熾烈な50-54歳の戦いを制したのは末光浩美(愛媛)。宇田川知子(千葉)は2位、山下桂子(三重)は3位となり、ランキング優勝を逃した。60-64歳の野上ジエラルディンは宗田恵世子(いずれも東京)との直接対決を制し、ランキングでも優勝。熊崎佳美(45-49歳・大阪)、三田伸子(65-69歳・広島)も大会で年代別1位になり、ランキング優勝に花を添えた。

11murakami5
【50-54歳の戦いを制した末光】

男子は、24歳以下で地元新潟の小島佑司が1位に。大会3位に入った寺川大平(大阪)がランキングでは優勝を獲得。35-39歳はHERMAND Eric(東京)が1位、八田益之(神奈川)が2位。しかしランキングでは八田が逆転し優勝を飾った。

11murakami7
【35-39歳ランキング優勝の八田】

40-44歳小野俊巳と50-54歳椎名克行の新潟勢が地元の声援を背に大会年代別1位。ランキングでも3位から逆転優勝を遂げた。

11murakami811murakami9
【年代別ランキング逆転劇を演じた小野(左)と椎名(右)】

70-74歳も網田光雄(千葉)も大会とランキングのダブル優勝を飾った。

11murakami10
【70-74歳チャンピオンの網田】

最高齢出場の小原信治(78歳)も完走した。

11murakami11
【最高齢の小原の華麗な走り】


1. このニュースは表記の日時現在のものであり、追加変更の可能性があります。

2. ニュースの全文または一部の文章をホームページ、メーリングリスト、ニュースグループまたは他のメディア等へ転載する場合は、出典・日時などを明記してください。

3. この記事へのお問い合わせ:
社団法人日本トライアスロン連合
150-0002 東京都渋谷区渋谷2-9-10 青山キングビル3F
TEL:03-5469-5401(代)  FAX:03-5469-5403  
Email: jtuoffice@jtu.or.jp  URL: http://www.jtu.or.jp/

JTUオフィシャルスポンサー
NTT東日本 NTT西日本 日本サムスン アシックス 日本航空 セレスポ H.I.S. スリーボンド