トップページ > JTU NEWS一覧 > JTU NEWS
公益社団法人日本トライアスロン連合 JTU 2013JTUニュースリリース 発行元:公益社団法人日本トライアスロン連合 JTU
配信日:2013年10月7日(月)
   

2013 ITU Competition Rules
(1-16頁・簡易訳)

国際トライアスロン連合(ITU)競技規則の1頁から16頁迄を簡易訳(英和対比)いたしました。オリジナル版のタイプミスや記号違いなどはそのままとしました。今後、中盤から後半部分を順次発表いたします。本件担当は、審判委員会です。


国際大会への出場選手・コーチの参考となれば幸いです。さらに、今後のJTU競技規則の改定作業の基準とします。簡易訳について、お気づきのことがあれば、遠慮なくお知らせください。

 

International Triathlon Union 􀁹ITU Competition Rules 􀁹21-02-2013
http://www.triathlon.org/uploads/docs/itusport_competition-rules-2013_final.pdf
2013年ITU競技規則(2013年2月21現在)*1頁から16頁迄・簡易訳(JTU発信2013年10月7日現在) *2013年12月5日一部訂正

 

ITU Competition Rules: Approved by the ITU Executive Board, February 2013 International Triathlon Union􀁹ITU Competition Rules 􀁹21-02-2013
国際トライアスロン連合ITUの競技ルール。ITU理事会(2012年2月開催)で承認。2013年02月21日現在版

 

The ITU Competition Rules is the master source document, found on ITU’s website at www.triathlon.org. The web based document acts as the official (authorised) reference document and is maintained based on authorised amendments in accordance with recommendations by the ITU Technical Committee and accepted by the ITU Executive Board.
ITU競技規則は、ITUウェブサイト上にあるマスターソース文書である。www.triathlon.org
Webベースの文書は公式(公認)参考文書であり、ITU技術委員会の改定案によりITU理事会が承認し、維持される。

 

TABLE OF CONTENTS目次
1. INTRODUCTION: はじめに
2. CONDUCT OF ATHLETES:競技者規範
3. PENALTIES: 罰則
4. SWIMMING CONDUCT:スイム
5. CYCLING CONDUCT:バイク
6. RUNNING CONDUCT:ラン
7. TRANSITION AREA CONDUCT:トランジションエリア
8. COMPETITION CATEGORIES:競技カテゴリー
9. PRIZES AND AWARDS: 賞金と表彰
10. EVENTS:大会
11. TECHNICAL OFFICIALS:審判員
12. PROTESTS: プロテスト(抗議)
13. APPEALS:アピール(上訴)
14. INDOOR TRIATHLON:インドアトライアスロン
15. MIDDLE AND LONG DISTANCE EVENTS:ミドルとロングディスタンスイベント
16. TEAM AND RELAY CHAMPIONSHIPS:チームリレー選手権
17. PARATRIATHLON:パラトライアスロン
18. WINTER TRIATHLON: ウィンタートライアスロン
19. CROSS TRIATHLON AND DUATHLON: クロストライアスロンとデュアスロン
20. COMPETITION IN QUALIFYING ROUND FORMAT:選考大会での競技フォーマット
21. APPENDIX A: RACE DISTANCES AND AGE REQUIREMENTS:付録A:レース距離と年齢要件
22. APPENDIX B: RACE PROTEST FORM:付録B:プロテストフォーム
23. APPENDIX C: RACE APPEAL FORM:付録C:アピールフォーム
24. APPENDIX D: DEFINITIONS:付録D:定義
25. APPENDIX E1:付録E1
26. APPENDIX F1:付録F1
27. APPENDIX G: LINK TO PARATRIATHLON CLASSIFICATION MANUAL:119付録G:パラトライアスロンクラシフィケーションマニュアルへのリンク
28. APPENDIX H: PRIZE MONEY BREAKDOWN:付録H:賞金の内訳
29. APPENDIX I: ITU RELATED MULTISPORTS: 付録I:ITU関連マルチスポーツ
30. APPENDIX J: ITU EVENTS AND ITU EVENT CATEGORIES:付録J:ITUの大会とITUの大会カテゴリ
31. APPENDIX K: PENALTIES AND VIOLATIONS:付録K:罰則や違反
32. APPENDIX L: RESULTS SAMPLE:付録L:リザルト・サンプル

1. INTRODUCTION:1.1. Purpose:
1.はじめに:1.1目的:
a.) The International Triathlon Union (ITU) is the sole governing body, responsible for Competition Rules for Triathlon, Duathlon and its other related multisports. The complete list of sports under the jurisdiction of ITU is included as Appendix A and Appendix J;
a.)国際トライアスロン連合(ITU)は、トライアスロン、デュアスロンおよび関連複合競技(マルチスポーツ)の競技規則を司る唯一の統括団体である。ITUの管轄下にある競技リストは、付則Aと付則Jに含まれる。
b.) The International Triathlon Union Technical Committee (ITU-TC) will ensure technical aspects of ITU competitions are of the highest quality;
b.)国際トライアスロン連合技術委員会(ITU-TC)は、ITU競技規則が技術面での最高品質であることを保証する。
c.) The ITU Competition Rules specify the conduct and behaviour of athletes during ITU competitions. Where the ITU Competition Rules do not specify, the rules of FINA, UCI,IAAF, FIS, IPC swimming, IPC athletics and IPC Nordic Skiing will apply in their specific segments, unless ITU TC decides otherwise.
c.)ITU競技規則は、ITUの大会での競技者の行為を規定する。ITU競技規則が及ばない部分は、国際水泳連盟(FINA)、国際自転車競技連盟(UCI)、国際陸上競技連盟(IAAF)、国際スキー(FIS)、国際パラリンピック協会(IPC)の規則を準用する。
d.) The ITU Event Organisers’ Manual and its related documents set safety and logistical standards for host National Federations (NFs) and for the Local Organizing Committees (LOCs);
d.)ITUイベントオーガナイザーズマニュアルとその関連文書は、競技主催の競技団体(NFs)と大会実行委員会(LOC)の安全と大会運営基準を明示する。
e.) The ITU Technical Officials’ (ITO) Certification Programme sets the standards for certifying ITU Technical Officials;
e.)ITU審判員(ITO)認証プログラムは、公認ITU審判員の認証基準を示す。
f.) When a rule applies only for specific competitions, this will be indicated in the rule.
f.) ルールが特定の大会に適用されるときは、そのことがルールに明記される。

 

1.2. Intention:a.) The ITU Competition Rules are intended to:
1.2.意図:a)ITU競技規則は、次のことを目的としている。
(i) Create an atmosphere of sportsmanship, equality, and fair play;
(i)スポーツマンシップ、平等、フェアプレーの気風を作る。
(ii) Provide safety and protection;
(ii)安全と保護を提供する。
(iii) Emphasise ingenuity and skill without unduly limiting the athlete’s freedom of action;
(iii)競技者の自由を制限することなく、工夫とスキルを強調する。
(iv) Penalise athletes who gain an unfair advantage;
(iv)不当なアドバンテージを得た競技者を罰する。
b.) Definitions of all terms used in the ITU Competition Rules are provided in Appendix D. Any difficulty in the interpretation or application of the ITU Competition Rules should be referred to the ITU Technical Committee. b.)ITU競技規則で使用されるすべての用語の定義は、付録Dに明記する。ITU競技規則の解釈又は適用に困難なことがあれば、ITU技術委員会に確認する。

 

1.3. Language and Communication:
1.3.言語とコミュニケーション:
a.) The official language of ITU Events is English;
a.)ITU大会の公式言語は英語である。
(i) NFs are responsible for providing translation services from/to English for their own athletes
(i)国内競技団体(NFs)は、その競技者たちのために、和英相互の翻訳サービスを行う責任がある。
(ii) LOCs will communicate at least in English, even if another language is used in parallel.
(ii)大会組織は、他の言語が併用して使われているとしても、少なくとも英語で連絡する。

 

1.4. Modifications:
1.4.修正:
a.) The ITU Competition Rules will be adapted for other modern multisport competitions, which fall within ITU’s jurisdiction.
a.)ITU競技規則は、ITUの管轄内の他のモダン・マルチスポーツ大会でも適用される。
b.) An athlete must not be permitted an advantage not intended by a rule, or to conduct him/herself in a dangerous way. To implement this, every infringement related in the ITU Competition Rules has a sanction attached. Officials base their judgments on whether an advantage, not intended by the Rules, has been gained. b.)競技者は、ルールが意図しないアドバンテージを享受したり、競技者にとって危険な行為を行うことは許可されない。これを適用するために、ITUの競技規則には添付のように、各種制裁を設ける。審判員は、ルールに反するアドバンテージが得られたかどうかにより、判定を行う。
c.) ITU Competition Rules will be applicable to international competitions hosted by National Federations (NFs) affiliated with ITU.
c.)ITU競技規則は、ITUに加盟する国内競技団体(NFs)が主催する国際大会(ITU管轄)に適用される。

 

1.5. Exceptions: 1.5.例外:
a.) The ITU Competition Rules will be applicable to all events sanctioned by ITU and are to be implemented by the appointed Technical Delegate as appropriate. Where the ITU Competition Rules conflict with the laws of the jurisdiction in which the event is to be held, the ITU Competition Rules will override the laws of the jurisdiction to the extent of the inconsistency. Athletes must be notified of the implications of these laws as early as possible and not later than prior to the start of the event. Exceptions for special circumstances in a particular event may only be gained from ITU with prior approval. A request for an exception to the ITU Competition Rules must be made in writing to the ITU Technical Committee (ITU-TC) through the NF to whom the application has been submitted or is being submitted.
a.)ITU競技規則は、ITU公認・承認の大会で適用され、適当と認められた技術代表(TD)により履行される。ITU競技規則が大会主催地の法的規則などと矛盾する場合でも、ITU競技規則が優先的に適用される。そのため、競技者は、できるだけ早く、遅くとも競技スタート前にはこれらについて告知されていなければならない。特別な事情による例外措置は、ITUの事前承認が必要である。ITU競技規則の適用における例外措置の要求は、NFを通じ、ITU技術委員会(ITU-TC)に書面で提出しなければならない。

 

1.6. Specific Regulations:
1.6. 特定の規定:
a.) A Technical Delegate may approve the addition of specific regulations for a particular race, provided that:
a.)技術代表は、次の条件が満たされた場合、特定の大会で特例を承認することができる。
(i) Each additional specific regulation does not conflict with another ITU Competition Rule;(@)各追加規定が、他のITU競技規則と競合しない。
(ii) Each additional specific regulation is made available in written form and is announced at the athletes’ briefing; and
(A)各追加規定が、書面で示され、レースブリーフィングで発表されること。
(iii) Each additional specific regulation and the reasons for its inclusion are advised to the ITU-TC one week before the day on which the event is to be conducted. The ITU-TC may invalidate the incorporation of an additional specific regulation only on the authority of the ITU Executive Board.(B)各追加規定が、大会開催日の1週間前にITU技術委員会に理由とともに提示されていること。ITU-TCは、唯一のITU理事会の権限で追加規定を無効にすることができる。

 

1.7. Unauthorised Exceptions or Additions:
1.7.不正例外または追加:
a.) The unauthorised exception to, or addition of, a Competition Rule will prevent an event from being sanctioned and will invalidate a sanction, which has already been granted to an event. This could result in legal complications, particularly in the case of accidents during the event and in subsequent requests for approval from NFs and/or municipal authorities to use roads and waterways. Insurance authorities have also warned that claims made under such circumstances may be considered invalid.
a.)競技規則への不正の例外や付加は、認可の取り消しとなり、すでに認可されている大会であってもこれを無効をする。これらの不正措置は、特に大会中に事故が起きたときに法的対応につながり、地方自治体の道路・水路の使用許可に重大な問題を引き起こす。さらに、保険会社は、このような不正状況での大会実施での保険請求は認めないことと警告を与えている。

 

1.8. Rule Updates:
1.8.ルールの更新:
a.) The ITU Competition Rules may be changed from time to time by the ITU-TC at its discretion, with the approval of the ITU Executive Board. Any such rule change(s) shall be advised in writing to affiliated NFs at least 30 days before it/they is/are to take effect. Updated ITU Competition Rules will be posted on the ITU website (www.triathlon.org).
a.)ITU競技規則は、ITUの理事会の承認により、ITU-TCの裁量により随時変更される。このルール変更は、施行の少なくとも30日以前に加盟団体に書面で通告される。更新されたITUの競技規則は、ITUのウェブサイト上に掲載される。(www.triathlon.org)。

 

2. CONDUCT OF ATHLETES:2.1. General Conduct:
2.競技者規範:2.1.一般:
a.) Triathlon and ITU’s other related multisports involve many athletes. Race tactics are part of the interaction between athletes. Athletes will:
a.)トライアスロンとITUの他の関連マルチスポーツは、多くの競技者を含む。レース戦術は競技者間の相互作用の一部である。競技者は次を遵守しなければならない。
(i) Practice good sportsmanship at all times;
(i)常に良きスポーツマンシップを実践する。
(ii) Be responsible for their own safety and the safety of others;
(ii)自らの安全と他競技者の安全に責任を持つ。
(iii) Know, understand and follow the ITU Competition Rules, available from their NFs and on www.triathlon.org;
(iii)NFあるいはITUウェブサイトから入手できるITU競技規則を知り、理解し、遵守しなければならない。www.triathlon.org
(iv) Obey traffic regulations and instructions from race officials.
(iv)交通規制を守り、審判員の指示に従う。
(v) Treat other athletes, officials, volunteers, and spectators with respect and courtesy.
(v)他の競技者、審判員、ボランティア、観客を尊敬と礼儀をもって対応する。
(vi) Avoid the use of abusive language.
(vi)暴言を慎む。
(vii) Inform a Technical Official after withdrawing from the race.
(vii)レースを棄権するときは、技術委員に通知する。
(viii) Compete without receiving assistance other than from event personnel and officials.
(viii)大会スタッフや審判員以外からの援助を受けずに競技を行う。
(ix) Avoid having ambush marketing
(ix)アンブッシュマーケティングを行わない。
(x) Not dispose rubbish or equipment around the course except at clearly identified places, such as feed stations or rubbish disposal points. All items must be kept with the athlete and returned to their transition spot.
(x)ゴミや用具は、フィードステーションやゴミ捨て場所など明らかに明示された場所以外では、コース周辺に捨ててはいけない。すべてのアイテム(物品)は競技者が保管し、トランジションスポットに戻さなければならない。

 

2.2. Outside assistance:
2.2.外部からの支援:
a.) The assistance provided by event personnel or Technical Officials is allowed but is limited to drinks, nutrition, mechanical and medical assistance, upon the approval of the Technical Delegate or Race Referee. Athletes competing in the same race may assist each other with incidental items such as nutrition and drinks after a water station and pumps, tubular tires, inner tubes and puncture repair kits.
a.)大会担当者や審判員が提供する支援は許可されるが、技術代表または審判長の承認を前提に、飲み物、栄養物、メカ、医療アシストに限定される。同レースで競技する競技者は、ウォーターステーション通過後の水や栄養ドリンクなどの付帯項目、チューブラータイヤ、インナーチューブとパンク修理キットなどについては、お互いに助け合うことができる。
b.) Athletes may not provide any item of equipment to an athlete competing in the same race which results in the donor athlete being unable to continue with their own race. This includes but is not restricted to shoes, complete bicycle, frame, wheels and helmet. The penalty for this will be disqualification of both athletes.
b.)競技者は、自分のレースを続けることができなくなるような物や機材を提供しあうことはできない。これらには、靴、自転車一式、フレーム、ホイールとヘルメットなどがあるが、これらに限定されない。これによるペナルティは両競技者の失格となる。

 

2.3. Drug Abuse: 2.2.薬物乱用:
a.) Athletes will follow the ITU Anti-Doping Rules;
a.)競技者は、ITUアンチ?ドーピング規則に従う。
b.) All athletes are responsible for familiarizing themselves with the ITU Anti-Doping Rules including medical and doping control tests, testing obligations, rights, responsibilities and procedures, penalties and appeal processes, and prohibited substances;
b)すべての競技者は、メディカル、ドーピングコントロールテスト、検査を受ける義務、権利、責任と手順、罰則や上訴手順、および禁止物質を含むITUアンチ?ドーピングを習熟する責任がある。
c.) ITU has implemented the ITU Anti-Doping Rules and abides by rules set by the World Anti-Doping Agency (WADA) Code.
c.)ITUはITUアンチ?ドーピング規則を適用し、世界アンチ?ドーピング機構(WADA)のコードを遵守する。

 

2.4. Health:
2.4.健康:
a.) Triathlons and ITU’s other related multisports are strenuous. To be able to compete, athletes should be in excellent physical condition. Their health and welfare is of paramount importance. By starting in a race, the athletes declare they are in good health and are in appropiate physical condition to complete the race;
●訂正)a.)トライアスロンとITUの他関連マルチスポーツは鍛錬が要求される。これらを競技するには、競技者は、肉体的に優れた状態でなければならない。競技者のヘルス(健康)とウェルフェア(幸福・繁栄)は最も重要である。レースを開始することによって、競技者はレースを完走するために、健康であり、肉体的に適切な状態であることを宣言する。
b.) Time limits for the swim leg, bike leg and overall finish time may be established for each competition by the Technical Delegate. These limits must be published in the pre-event registration material.
b.)スイム、バイクと全体のフィニッシュタイム(時間制限)は、技術代表が決定する。これらの制限時間は、プレイベント登録資料に含まれるものとする。
c.) ITU encourages athletes to perform periodic health evaluation (PHE) and to undergo a pre-participation evaluation (PPE) prior to engaging in competitive sport.
c.)ITUは、競技者の定期健康診断(PHE)と競技前の健康評価(PPE)を行うことを奨励する。

 

2.5. Eligibility:
2.5.資格:
a.) All athletes must be in good standing with their National Federations. To ensure this, all the entries must be done by the NFs, not by the athletes themselves.
a.)すべての競技者は、所属する国内競技団体(NF)のメンバーでなければならない。これを確認するために、すべてのエントリーは、競技者自身ではなく、NFによって行われなければならない。
b.) Athletes under suspension are not allowed to compete in any ITU event, in any competition sanctioned by ITU members, or in any competition held under the ITU Rules.
b.)出場停止となっている競技者は、いずれのITU大会、ITU加盟団体によるいずれの大会、ITU競技規則によるいずれの大会にも出場することができない。
c.) An athlete’s age is determined by their age on December 31st in the year of competition.
c.)競技者の年齢は、大会該当年の12月31日年齢によって決定される。
d.) Athletes aged 15 to 17 years old are eligible to compete in the Youth category.
d.) 15から17歳の競技者は、ユース部門に出場する資格がある。
e.) Athletes aged 16 to 19 years old are eligible to compete in the Junior category.
e.) 16から19歳の競技者は、ジュニア部門に出場する資格がある。
f.) Athletes aged 18 to 23 years old are eligible to compete in the U23 category.
f.) 18から23歳の競技者は、U23カテゴリーに出場する資格がある。
g.) The different qualification criteria are published in Appendix E.
g.) 異なる参加基準は、付則Eを参照。
h.) Specific Olympic qualification criteria are published in Appendix E.
h.) オリンピック資格基準の詳細は、付則Eを参照。
i.) Athletes may not compete within 48 hours (as determined by the start times of the first wave) in more than one related multi-sport event (see Appendix J) when one event is of standard distance or longer. An exception will be for team relay events at the defined super-sprint distances (see 15.1.a.)..
i.) 関連マルチスポーツイベントのいずれかがスタンダードディスタンスあるいはそれよりも長い距離の大会に、競技者は48時間以内(第1ウェーブのスタート時間が基準)に出場することはできない。詳細は付則Jを参照。例外として、スーパースプリント距離のチームリレーイベントは連日の出場ができる。詳細は付則15.1.a.を参照。
j.) Age limits: athletes must be a minimum age to compete in any ITU Event, as outlined in Appendix A. Continental Confederations may add other age limits for Continental Championships, for youth categories with super-sprint events. The age limits as outlined in Appendix A cannot be modified.
j.)年齢制限:付則Aに示したITU大会での最少齢制限を遵守する。大陸別競技団体は、同ユース選手権用に、他の最少年齢制限を設けることができる。ただし、付則Aで示した制限を変えることはできない。
k.) An athlete who competes in a category different from his/her age, in a distance in which is not allowed, or before the 48-hour period, will be disqualified from the events he/she took part in. Any awards, prizes and points will be removed.
k)カテゴリー違反、違反となる距離の大会、48時間以内の大会に出場した競技者は、失格となる。すべての賞、賞金、ポイントは剥奪される。

 

2.6. Insurance:
2.6.保険:
a.) Each athlete competing in an ITU event must have personal insurance coverage, guaranteed by their NF. This insurance will cover:
a) ITU大会に出場する競技者は、所属NFに保証された個人保険に加入していなければならない。この保険は次をカバーしていなければならない。
(i) Any accident occurring before, during and after any competition.
(i)大会の競技中そして前後に起きえるアクシデント。
(ii) Any sickness that an athlete could suffer during a trip to a competition or event.
(ii)トライアスロン競技あるいは大会への旅程のなかで競技者がこうむる疾病。
(iii) Liability caused by an athlete during the competition.
(iii)競技中に起こり得る賠償責任。
b.) The athlete’s NF guarantees the existence of this insurance by entering an athlete in an event. LOCs or NFs organizing an event cannot force the athletes to pay for a race day fee for insurance purposes.
b.)競技者のNFは、大会エントリーの際に、この保険が掛けられていることを保証する。大会実行委員会あるいは主催競技団体は、大会保険の目的で、レース当日保険(ワンディライセンス)のために競技者に課金してはいけない。

 

2.7. Registration:
2.7.登録:
a.) Entry:
a)エントリー:
(i) NFs will register their athletes for ITU events following their NF qualification system or other ITU approved qualification system;
(i)NFは、NFの出場基準あるいはITU出場基準にしたがってITU大会への登録手続きを行う。
(ii) Elite, U23 Junior and Youth athletes qualify by following the eligibility rules outlined in 2.4 and Appendix E of the ITU Competition Rules;
(ii)エリート、U23、ジュニア競技者は、前述の2.4項とITU競技規則の付則Eにしたがって資格を得る。
(iii) Prior to competing in ITU Triathlon World Cups or ITU World Triathlon Series events and Multisport World Championships, Elite, U23, Junior athletes and paratriathletes must sign the ITU Athletes’ Agreement, which states that any dispute arising from the ITU Rules that cannot be settled by its existing appeal procedure, shall be settled finally by the Court of Arbitration for Sport (CAS) in Lausanne, Switzerland, to the exclusion of recourse to ordinary courts. Once signed, the ITU Athletes’ Agreement is valid until the end of the competition year it has been signed in;
(iii)ITUトライアスロンワールドカップまたはITU世界トライアスロンシリーズで競技する前に、エリート競技者はITUアスリートアグリーメント(競技者契約書)に署名しなければならない。この契約書には、現行のITU競技規則のアピール手順で解決できない紛争が発生した場合は、通常の法廷に頼ることはせずに、スイスのローザンヌのスポーツ仲裁裁判所(CAS)によって最終的に解決することを含む。一度署名したITU競技者契約は、該当年の年末まで有効とする。
(iv) NFs are responsible for entering their athletes and coaches for all ITU Events using the ITU online system on www.triathlon.org;
(iv)NFは、競技者そしてコーチのすべてのITU大会への出場手続きをITUオンラインシステムを使用して行う。www.triathlon.org
(v) All age-group, Youth, Junior and U23 athletes must provide picture ID at race registration/packet pick-up prior to competition;
(v)すべてのエイジグループ、ジュニア、U23の競技者は、競技前のレース登録/パケットピックアップで写真付き証明書(フォトID)を提示しなければならない。

b.) Pre-Race Briefings:
b.)レース前のブリーフィング:
(i) Coaches’ Meeting: If a coaches’ meeting is scheduled, it will take place one hour before the Athletes’ Briefing. The TD will conduct the Coaches’ Meeting. The agenda will include all the technical details of the event as well as specific information for coaches. Coaches’ accreditations will be distributed at this meeting, or if the Coaches’ Meeting is not scheduled, accreditations will be distributed at the end of the Elite/U23/Junior/Youth Athletes’ Briefing;
(i)コーチ会議:コーチ会議が予定されているときは、競技者ブリーフィングの1時間前に実施する。 技術代表(TD)がコーチ会議を行う。大会の技術上のすべての詳細、コーチのための詳細情報が議題となる。コーチ認定証(コーチパス)は、ここで配布されるか、これが開催されないときは、Elite/U23/Junior競技者ブリーフィングの終了後に配布する。
(ii) Age-Group Team Managers’ and Coaches’ Briefing: At World Championships, the TD will conduct the Age-Group Team Managers’ and Coaches’ briefing. Only Age-Group Team Managers and Coaches are allowed to attend. The agenda of this briefing will include all the necessary information for the event. A separate briefing will be conducted for Paratriathlon;
(ii)エイジグループのチームマネージャー会議:世界選手権では、TDがエイジグループチームマネージャー用とコーチのブリーフィングを実施する。ここには、エイジグループチームマネージャーだけが出席できる。この説明会では、大会に必要なすべての情報が説明される。なお、パラトライアスロン用には別の説明会が開催される。
(iii) Paratriathlon Team Managers’ Meeting. If a Paratriathlon Team Managers’ Meeting is scheduled, it will take place one day before the Paratriathlon Briefing. The TD will conduct it and the agenda will include all technical details of the event as well as the specific information on paratriathlon procedures.
(iii)パラトライアスロン・チームマネージャミーティング。 もしパラトライアスロンチームマネージャー会議が予定されるのであれば、それはパラトライアスロン競技説明会の前日に行われる。 TDがこれを実施し、議題は、すべての技術的な詳細、パラトライアスロンの手順に関する具体的な情報を含む。
(iv) Elite/U23/Junior/Youth Briefings: At all ITU Events, the TD will conduct the Athletes’ Briefing. Elite/U23/Junior/Youth athletes must be in attendance.Coaches may also attend the briefing. The following penalties apply to athletes who miss the briefing:
(iv)Elite/U23/Juniorブリーフィング:すべてのITUの大会で、TDが競技者用のアスリートブリーフィング(競技説明会)を行う。Elite/U23/Juniorの競技者が出席しなければならない。さらにコーチもこのブリーフィングに出席できる。欠場競技者には、以下の罰則が適用される。
・Athletes not attending the briefing, without informing the TD about their absence, will be removed from the start list;
・TDに通知せず、説明会に欠席した競技者は、スタートリストから削除される。
・Athletes entering the briefing hall after the briefing has started and athletes not attending the briefing, but who have informed the TD about their absence, will be reallocated to the last position on the pre-start line up;
・ブリーフィングが開始された後に出席した競技者、およびTDに通知した競技者のスタート位置は、最後部に移される。
・For the World Triathlon Series or ITU Triathlon World Cup events, if an athlete misses more than two briefings in a calendar year, they will be removed from the start list for the third missed briefing and each missed briefing thereafter;
・世界トライアスロンシリーズやITUトライアスロンワールド カップでは、競技者が同一シーズンで2度以上欠席したら、3度目のブリーフィング欠席では、スタートリストから削除され、それ以降(の欠席)では、都度スタートリストから削除される。
(v) Athletes must register prior to entering the briefing venue;
(v)競技者は、競技者説明会の会場に入る前に登録しなければならない。
(vi) For Triathlon World Series and ITU Triathlon World Cup events, there is one single Athletes’ Briefing for female and male athletes. The briefing will be held at 18h00 local time two days prior to the first elite competition day. For all other ITU events the briefing will take place at 18.00 either one or two days before the first competition day. Alteration to this time should be announced on the ITU website 45 days in advance.
(vi)トライアスロンワールドシリーズ及びITUトライアスロン ワールドカップでは、女性と男性競技者のための単一の競技者ブリーフィングが実施される。これは、エリート競技日の現地時間の2日前の18:00に実施する。他すべてのITU大会でのブリーフィングは、最初の競技日の1日前または2日前に行う。実施日の変更はITUウェブサイト上で45日前に発表する。

c.) Packet Pick-Up:
c)パケット ピックアップ:
(i) All ITU events - Age Group: (i)全ITU大会 - エイジグループ:
・All athletes must pick up their own race packet at the official race registration area during a designated time. Packet pick-up will be opened on two (2) separate days, starting from 3 days prior to their competition.
The hours shall be from 09:00 to 19:00. If an NF is unable to make the designated registration time, they must request a different time at least 14 days in advance, in writing to ITU.
・べての競技者は、自分のレースパケットを指定の登録エリアで時間内に受け取らなければならない。
パケットピックアップは、競技日の3日前から2日間設定される。時間は、09:00-19:00。NFが指定時間に受け取れない場合は、遅くとも14日前に、受け取り希望日をITUに書面で依頼しなければならない。
・The race packets will contain a minimum of: five (5) official race numbers (one (1) for body, one (1) for bicycle and three (3) for helmet) and four (4) safety pins, numbered swim cap, timing chip, accreditation pass, athletes’guide, tickets for all the social functions. LOC gifts may be distributed at the same time.
・レースパケットには、5つの公式レースナンバー(ボディ用1枚、自転車用1枚、ヘルメット用3枚)、安全ピン4個、ナンバー入りスイムキャップ、タイミングチップ、IDカード、競技者ガイド、公式行事用チケットが含まれる。LOCからのギフトがあれば、同時に配布される。
(i) All ITU Events - Elite, U23, Junior and Youth Competitions:
(i)全ITU大会 - エリート、U23とジュニア大会:
・All athletes will pick up their own race packet at Registration following the Athletes’ Briefing.
・すべての競技者は、自分のレースパケットを、競技説明会の後に登録エリアで時間内に受け取らなければならない。
・The race packet will include: three (3) helmet numbers, one (1) bike number, body decals for both arms and both legs, accreditation pass, athletes’ guide, tickets for all the social functions. LOC gifts may be distributed at the same time.
・レースパケットには、ヘルメットナンバー3枚、バイクナンバー1枚、ボディナンバー両腕と両脚用、IDカード、競技者ガイド、公式行事用チケットが含まれる。LOCからのギフトがあれば、同時に配布される。

d.) Check-in:
d.)チェックイン:
(i) AG races with more than 700 athletes entered will schedule the Check-in the day before the race. AG events with less athletes, and Elite, U23, Junior, Youth and Paratriathlon will have the Bike Check on same day.
(i)700人以上の参加競技者があるエイジグループ(AGレース)では、チェックインはレース前日に設定する。これよりも少ない競技者数のAGレース、そしてエリート、U23、ジュニア、ユースとパラトライアスロンでは同じ日にバイクチェックを行う。
(ii) Technical Officials will conduct the check-in at the Athletes’ Lounge or at the Transition Area and will include the following:
(ii)審判員は、次のことを考慮しながら、アスリートラウンジかトランジションエリアでチェックインを行う。
・Distribution of the swim caps and timing chips (except for the AG events).
(ii)スイムキャップとタイミングチップの配布(エイジグループ大会は除く)。
・Control of the athletes’ uniform, which must comply with the ITU Uniform Rules. (Appendix F). Each uniform will be photographed. If an athlete needs to replace the uniform, this process has to be done again.
(iii)ITUユニフォームルールに(付則F)準じたユニフォームの確認。各ユニフォームは写真で記録される。もし、競技者がユニフォームを変更するときは、この手順をもう一度行わなければならない。
・The bike check is regulated in 5.3
バイクチェックは5.3項で補足される。
・Distribution of the race packets to the athletes who missed the briefing.
・ブリーフィングを欠席した競技者へのレースパケットの分布。

 

2.8. Uniform.
2.8.ユニフォーム
a.) All athletes competing in ITU events are required to wear their uniform conforming to the ITU Uniform Rules (see Appendix F).
a.)ITU大会に参加する全競技者は、ITUユニフォームルール(付則F)に準拠した競技者が所属するNFのユニフォームを着用しなければならない。

b.) Athletes must follow the following rules with respect to wearing uniforms
b.)競技者は、ユニフォーム着用にあたり、次のルールに従わなければならない。
(i) Athletes must wear the uniform during the entire competition and award ceremony.
(i)競技者は、全競技中と表彰時にユニフォームを着用しなければならない。
(ii) The uniform must cover the whole torso in the front. The back may be uncovered from the waist up.
(ii)ユニフォームは、前面の胴体全体をカバーしなければならない。背中は、腰から上部分はカバーしなくてもよい。
(iii) Arms below the shoulders must be uncovered. Long sleeves and long pants are allowed for the award ceremony. The TD may authorize this area to be covered based on the weather conditions. Wetsuits, when authorized, may cover the arms but not the hands. This paragraph doesn’t apply to Winter Triathlon events.
(iii)肩下の腕の部分は、カバーしてはいけない。ロングスリーブ(長袖)とロングパンツは表彰セレモニーでは許可される。ただし、TDは、気象条件に基づき、カバーする部分を広げることができる。また、ウェットスーツが許可されたら、腕はカバーすることができるが、手を覆うことはできない。これは、ウィンタートライアスロンには適用しない。
(iv) Covering the legs below the knees is not allowed in the swim segment when the use of wetsuits is forbidden, but is allowed in the swim segment when the use of wetsuits is allowed. It is also allowed in all the other segments.
(iv)ウェットスーツ禁止のスイム競技では、膝下の脚部をカバーリングすることは禁止。ただし、ウェットスーツが許可されたときは、この部分のカバーリングは許可され、他の競技部門でもそのまま許可される。
(v) A one piece uniform is preferred. If a two piece uniform is used, the space between the top and the bottom may be not visible, so the two pieces overlap. The athlete must cover the torso during the entire race.
(v)ワンピースユニフォームが好ましい。ツーピースを使用する場合は、上下が重なるようにして素肌が見えないようにする。競技者は、レース中、胴体全体をカバーしなければならない。
(i) If the suit has a zipper it will be located at the back (except for long distance events) and will not be longer than 40 cm
(i)スーツにジッパーがある場合は、背中部分に付けなければならない。その長さは40cm迄とする。この規定は、ロングディスタンスイベントには適用されない。
(vi) The uniform must be worn over both shoulders for the duration of the competition.
(vi)ユニフォームは、競技中、両肩の上に着用しなければならない。
(vii) Elite, U23, Junior and Youth athletes must wear the same uniform from the start to the finish, in events of standard distance or shorter.
(vii)エリート、U23、ジュニア、ユース競技者は、スタンダードディスタンス(51.5キロ)か、これより短距離のレースでは、スタートからフニッシュ(ラン)まで同じユニフォームを着用しなければならない。
(viii) Rain jackets are allowed when the TD authorizes it. Rain jackets must be the same design and color as the uniform or transparent.
(viii)TDが承認したときは、レインジャケットが許可される。レインジャケットはユニフォームと同じデザイン、同じ色でなければならならい。さもなければレインジャケットは透明であること。
(ix) Failure to comply with the ITU Competition Rules related to uniform may result in an athlete having to wear a triathlon suit supplied by ITU or covering any logos on the uniform not allowed by the Rules.
●訂正)(ix)ユニフォームに係るITU競技規則に準じていない場合、競技者は、ITU提供のトライアスロンスーツを着用するか、または、ルールで禁止されるユニフォームのロゴをカバー(隠す/覆う)しなければならない。

c.) Female athletes from Muslims countries are allowed to have the body totally covered (except the face) provided that:
ムスリム国家の女性競技者は、次の要件を満たした場合、顔を除く全身をカバーすることが許可される。
(i) The uniform material is approved by FINA (applicable only for the non-wetsuit swim);
(i)ユニフォームの素材は、FINA(ウェットスーツ禁止スイムで適用できる素材)が承認したものであること。
(ii) The uniform will not interfere with the bicycle mechanisms;
(ii)このユニフォームは、バイク競技でじゃまにならないこと。
(iii) Extra identification elements are to be worn over the uniform, following The TD’s instructions
(iii)追加の認証類は、技術代表の指示に従ってユニフォームの上に取り付けなければならない。

 

2.9. Race numbers
2.9.レースナンバー
a.) Bib numbers must be worn by athletes during the run segment. The bib number must be visible on the front. Elite, U23,Junior and Youth athletes will not wear bib numbers. When, due to the race schedule AGs are mixed with other athletes the TD can decide on making the use of the bib numbers mandatory for all the athletes.
a)レースナンバー(ビブナンバー)はラン競技中に着用しなければならない。レースナンバーは、前面に見えるように表示しなければならない。ただし、エリート、U23、ジュニア競技者は、いずれの世界選手権そしてワールドカップにおいて、このルールは除外される。レース日程により、エイジグループが他の競技者と混成するときは、TDが全員のビブナンバー着用を義務付けることができる。
b.) Bib numbers are mandatory for all in the Winter Triathlon events.
b)ビブナンバーは、ウィンタートライアスロンでは常に着用が義務付けられる。
c.) Bib numbers may be worn in the bike and wetsuit swim segments.
c.) ビブナンバーは、バイクとウェットスーツ許可のスイムでは着用してもよい。
d.) Bib numbers are forbidden in a non wetsuit swim segment.
d.)ビブナンバーは、ウェットスーツ禁止のスイムでは着用が禁止される。
e.) The use of the bib number in Paratriathlon is regulated in Chapter 17
e.)パラトライアスロンでのビブナンバーは、17項で規定される。
f.) Body marking:
f.)ボディマーキング:
(i) The LOC will provide body marking decals for the elite athletes, who will apply them prior to the event.
(i)主催者(LOC)は、事前に登録のあったエリート競技者に、ボディマーキングデカールを配布する。
(ii) Body markings are to be applied to each arm and leg, unless instructed otherwise by the ITU TD at the briefing.
(ii)ボディマーキングは、レースブリーフィングでTDによる特別な指示がない限り、それぞれの腕と脚に付けなければならない。
(iii) Body markings and/or decals using multiple digits will have numbers appearing one above the other, not side to side.
(iii)複数の数字を使用するボディマーキングおよび/またはデカール(タツーシール)は、上下になるようにし、横並びではいけない。
(iv) For age group events, one calf of each athlete must be marked with the category and gender of the athletes (For example, the number M25 would appear on a male athlete in the 25 ? 29 age category or F25 should appear on a female athlete in the same category)
(iv)エイジグループ大会では、競技者の片方のふくらはぎにカテゴリーや性別を示すマークを付ける。例えば、M25は、25歳から29歳の男性エイジグループ競技者であり、F25は、同じカテゴリーの女性競技者である。

 

2.10. Assignment of race numbers:
2.10.レース番号の割り当て:
a.) General:
a)総則:
(i) Athletes’ race numbers are assigned based on previous race results in similar events, by using the most related rankings.
(i)競技者のレース番号は、同様の大会の前レースでの結果に基づいて割り当てられる。
(ii) The elite men’s and women’s events will be numbered starting with number 1, except in Long Distance events.
(ii)エリート男子と女子では、1から順に番号が付けられる。ただし、ロングディスタンス大会ではこの規定は適用されない。
(iii) Number 13 will be not used.
(iii)13番は使用されない。
b.) Specific events numbering criteria:
b)特定大会の番号基準
(i) World Triathlon Series and Grand Final:
(i)世界トライアスロンシリーズとグランドファイナル:
・First criteria: Current WTS rankings?第1基準:現在のWTSランキング
・Second criteria: ITU Points List?第2基準:ITUポイントリスト
・Third criteria: random?第3基準:ランダム
(ii) Triathlon U23 World Championships:
(ii)トライアスロンU23世界選手権:
・First criteria: Current WTS rankings
・第1基準:現在のWTSランキング
・Second criteria: ITU Points List
・第2基準:ITUポイントリスト
・Third criteria: random
・第3基準:ランダム
(iii) Junior - Any event:
(iii)ジュニア - すべての大会:
・First criteria: Applicable Junior Rankings (ETU, PATCO)
・第1基準:国ごとに競技者1名をランダムに。
・Second criteria: One athlete per nation randomly.
・第2基準:国ごとに他の競技者をランダムに。
・Third criteria: Another athlete per nation randomly.
・第3基準:国ごとに他の競技者をランダムに。
・Fourth criteria: Another athlete per nation randomly.
・第4基準:国ごとに他の競技者をランダムに。
・Continue this process until the list is exhausted.
・リストが埋まるまでこのプロセスを続ける。
(iv) Triathlon World Cup events:
(iv)トライアスロンワールドカップイベント:
・First criteria: ITU Points List

・第1基準:ITUポイントリスト
・Second criteria: random
・第2基準:ランダム
(v) Triathlon Continental Cup events:
(v)トライアスロンコンチネンタルカップイベント:
・First criteria: ITU Points List
・第1基準:ITUポイントリスト
・Second criteria: Continental rankings from the same continent as the event.
・第2基準:同大陸のコンチネンタルランキング
・Third criteria: random?第3基準:ランダム
(vi) Triathlon Elite Continental Championships:
(vi)トライアスロンエリート大陸別選手権:
・First criteria: Top 10 the previous year.
・第1基準:前年の上位10名
・Second criteria: ITU Points List
・第2基準:ITUポイントリスト
・Third criteria: Continental rankings from the same continent of the event

・第3基準:同大陸のコンチネンタルランキングイベント
・Fourth criteria: random
・第4条件:ランダム
(vii) Triathlon U23 Continental Championships:
(vii)トライアスロンU23の大陸別選手権:
・First criteria: ITU Points List
・第1基準:ITUポイントリスト
・Second criteria: random

・第2基準:ランダム
(viii) Multisport - Any Elite event:
(viii)マルチスポーツ - すべてのエリートイベント:
・First criteria: ITU Related Rankings
・第1基準:ITU関連ランキング
・Second criteria: random
・第2基準:ランダム
(ix) Age Group - Any event:
(ix)エイジグループ - すべての大会:
・First criteria: Age group by age group
・第1基準:エイジグループの年齢別
・Second criteria: Grouped by nations in alphabetical order starting by the host nation.
・第2基準:ホスト国を最初にし、以降はアルファベット順に国ごとのグループ化。
(x) Paratriathlon; any event:
(x)パラトライアスロン:すべての大会:
・First criteria: Athelte category in this order TRI6bF, TRI6bM, TRI6aF.TRI6aM, TRI5F.TRI5M, TRI4F, TRI4M, TRI3F, TRI3M, TRI2F, TRI2M, TRI1F and TRI1M
・第1基準:競技者カテゴリーでは、次の順となる。TRI6bF、TRI6bM、TRI6aF.TRI6aM、TRI5F.TRI5M、TRI4F、TRI4M、TRI3F、TRI3M、TRI2F、TRI2M、TRI1F、TRI1M
・Second criteria: Paratriathlon Rankings
・第2基準:パラトライアスロン・ランキング
・Third Criteria: random

・第3基準:ランダム
(xi) Team Relay- Any event:
(xi)チームリレー - すべての大会:
・First criteria: One team per Nation
・第1基準:国ごとに1つのチーム
・Second criteria: Same event the preceding year.

・第2基準:前年と同じ大会
・Third Criteria: random
・第3基準:ランダム
c.) Numbering on the final of events with qualifying round format is regulated in 20.5
c.)ラウンド形式の予選と、大会の最後の上の番号は、20.5に規定されている。

 

2.11. Timing and Results:
2.11.タイミングとリザルト(記録):
a.) A race will be won by the athlete who has the shortest time from the start signal to the moment when the athlete finishes the race as defined in 6.2 a, 17.12 c) and 18.8
a)レースの勝者は、スタート合図からの最短時間でフニッシュ(6.2 A)と17.8)で定義)した競技者とする。

b.) The official results will list the athletes according to their finish time and in accordance with the ORIS standards, a sample of the results format is included in Appendix L. In the event that two athletes tie for a place, and their performances cannot be separated, they will be awarded the same rank, and the next athlete to finish behind them will occupy the same rank plus two places, with the subsequent athletes ranked in order of finishing. Time splits to be included are:
b.)公式結果は、その終了時間とORIS基準に応じて競技者がリストアップされる。リザルトフォーマットのサンプルは付録Lを参照。
2名の競技者が同じ順位で同着であり分離できない場合、同じ着順とし、同一表彰とする。そして後続の競技者は、同じ順位に二つの順位を加える。これに続く競技者は、着順どおりとする。タイム分割は次のとおり。
(i) Swim or first segment
(i)スイムまたは最初の競技
(ii) Transition 1
(ii)第1トランジション
(iii) Bike or second segment
(iii)バイクまたは第2競技
(iv) Transition 2
(iv)第2トランジション
(v) Run or third segment
(v)ランまたは第3競技
(vi) Overall finish time.
(vi)全体のフニッシュタイム

a.) Results will include athletes who do not finish the race (DNF), those who do not start (DNS), those who are disqualified (DSQ) and any lapped athletes (LAP), listed in this order:
a.)リザルト(記録)には、フィニッシュしなかった競技者(DNF)、出場しなかった競技者(DNS)、失格となった競技者(DSQ)と周回遅れの競技者(LAP)についても、次の順に表示する。
(i) Athlete's marked DNF or LAP (together in one group) are listed first, followed by DSQ and finally DNS
(i) DNFまたはLAPと記された競技者は一つのグループとし最初に表示し、次にDSQ、最後にDSQを表示する。
(ii) If more than one athlete is marked DNF or LAP, those who completed the most laps should be listed first; if several athletes are marked DNF or LAP on the same lap, athletes should be listed according to their times at the previous timing point with the fastest first, or by ascending start number if no times were recorded up to the point at which they retired
(ii)複数の競技者がDNFまたはLAPと表示されている場合、周回をほとんど終えている競技者を最初に標記する。複数の競技者が同じラップでDNFまたはLAPと表示されている場合、最も近い計測地点での記録順に標記する。棄権した地点まで計測記録がない場合はレースナンバー順とする。
(iii) If more than one athlete is marked DNS they should be listed within the same group according to ascending start number
(iii)複数の競技者がDNSとマークされている場合、同じグループでスタートナンバー順に表記する。
(iv) If more than one athlete is marked DSQ they should be listed within the same group according to ascending start number
(iv)複数の競技者がDSQとマークされている場合、同じグループでスタートナンバー順に表記する。
(v) For DSQ athletes, achieved results and ranking (from previous race stages) should not be displayed
(v)DSQの競技者は、結果とランキング(前回のレースでの)は表示されない。

b.) For relay events, the rules above are applicable and the total time per athlete will be shown.
b.) リレーイベントの場合、上記ルールが適用され、競技者ごとの合計時間が表示される。
c.) Results will be official once the Race Referee signs them. Uncomplete results can be declared official at any time.
The race referee will use all the resources available to decide the final position of every athlete. The information from technology will be used to assist in the decision making process. The Referee may decide, Based in the evidences available, that a race is tied if there is no way of defining which athlete crossed the line first.
However, athletes who finish in a contrived tie situation, where no effort to separate their finish times has been made will be DSQ.

c.)リザルトは、審判長がそれに署名したら公式となる。未完了の結果は、いつでも公式と宣言することができる。審判長は、全競技者の最終記録を決定するために利用可能なすべてのデータを使用する。技術テクノロジーからの情報は、決定手順で利用される。
審判長は、同着で最初にラインを越えた競技者を確定する方法がない場合、利用可能な証拠に基づいて、これを決定することができる。
しかしながら、意図的な同着で、決着をつける意志がないものと判断したら失格(DSQ)とする。

 

3. PENALTIES:
3.罰則:
3.1. General Rules: 3.1.
一般的なルール:
a.) Failure to comply with the ITU Competition Rules may result in an athlete being verbally warned, punished with a time penalty, disqualified, suspended, or expelled;
a.)ITU競技規則に従わない場合、競技者には、口頭での警告、タイムペナルティの罰則、失格、除名の処分が下されることがある。
b.) The nature of the rule violation will determine the subsequent penalty.
b.)ルール違反の状況により、その後のペナルティ内容が決定する。
c.) A suspension or an expulsion will occur for very serious violations of either the ITU Competition Rules or the ITU Anti-Doping Rules.
c.)資格停止あるいは除名は、ITUの競技規則またはITUアンチ?ドーピング規則かいずれかの非常に重大な違反に対して適用される。
d.) Reasons for Penalty: An athlete may be issued a verbal warning, punished with a time penalty, or disqualified for failing to abide by the ITU Competition Rules.
Infringements and penalties are listed in Appendix K.
d.) ペナルティの理由:ITU競技規則に従わない場合、競技者には、口頭での警告、タイムペナルティの罰則、失格、除名の処分が下される。すべて違反事項と罰則は、付録kに記載されている。
e.) The Technical Officials are allowed to assess penalties, even if the infringement is not listed, if the Technical Official deems an unfair advantage has been gained, or if a dangerous situation has been created intentionally.
e)審判員が、違反が明示されていなくても、審判員がアンフェアーなアドバンテージがあったと判断したとき、意図的に危険な状況が生み出されたと判断したときは、罰則を与えることができる。

 

3.2. Verbal Warning:
3.2.口頭警告:
a.) The purpose of a verbal warning is to alert an athlete about a possible rule violation and to promote a "proactive" attitude on the part of officials.
a.)口頭での注意の目的は、ルール違反の可能性があるときに発せられ、審判員の "予見的"な行動を促進する。
b.) A verbal warning may be given when:
b.)口頭での注意は次の状況で与えられる:
(i) An athlete violates a rule unintentionally;
(i)競技者が意図せずにルール違反を犯そうとしているとき;
(ii) A Technical Official believes a violation is about to occur;
(ii)審判員が、違反が発生しそうだと判断したとき;
(iii) No advantage has been gained.
(B)アドバンテージがないと判断したとき。
c.) Giving a verbal warning
c)口頭での注意の仕方
The Official will blow their whistle, the athlete will be stopped if necessary, asked to modify their behaviour, and allowed to continue the race immediately afterwards.
審判員は、ホィッスルを吹き、必要であれば競技者を停止させ、違反状況の是正を求める。それによって、競技者は競技の続行を許可される。

 

3.3. Time Penalty:
3.3. タイムペナルティ:
a.) It is not necessary for a Technical Official to give a verbal warning prior to issuing a more serious penalty;
a.)審判員は、より深刻なペナルティを発行する前に、口頭で警告を与える必要はない。

b.) A time penalty is appropriate for minor infringements;
b.)タイムペナルティは軽度な違反のために適切な対応である;
c.) Time penalties will be served in a designated Penalty Box or in the Transition Area.
c.)タイムペナルティは、指定のペナルティボックスやトランジションエリアで適用される。

d.) Giving a Time Penalty:
d.)タイムペナルティの方法:
(i) A warning will be given at the discretion of the Technical Official. If time and conditions permit, a Technical Official will assess a Time Penalty by:
(i)審判員の裁量により与えらる。時間と条件が許す限り、審判員は、次の方法でタイムペナルティを科す。
・Sounding a whistle or horn; showing a yellow card; calling (in English) the athlete's number and saying “Time Penalty” (if appropriate). For safety reasons, a Technical Official may have to delay issuing a warning.
・ホィッスルやホーンを鳴らす、イエローカードを示す、競技者のナンバーを英語でコールし、 "タイムペナルティ"と宣言する。安全上の理由から、審判員は、注意の告知を遅らせることがある。
・Alternatively, athletes may be informed about penalties by displaying the athlete’s number on a panel posted at the entrance of the penalty box. It is the athlete’s responsibility to check this board.
・競技者は、ペナルティボックスの入り口の掲示パネルに競技者番号の表示で罰則を知らされることがある。このボード確認は競技者の責任である。

e.) Procedure while serving a time penalty. e)タイムペナルティを受ける手順。
(i) When given a yellow card, the athlete will follow the instructions of the Technical Official.
(i)イエローカードを与えられたとき、競技者は審判員の指示に従う。
(ii) Time Penalty in Transition (for any infringements up to this point)
(A)トランジションでのタイムペナルティ(ここまでの間にあった違反に対応)
・The Technical Official will hold a yellow card as the penalized athlete arrives at his/her position. The athlete will be ordered to stop in his/her transition space without touching any of their equipment.
・審判員は、イエローカードを持ち、罰則対象の競技者が来るまで待機する。競技者は、競技用具に触れないで、競技者の指定トランジション一で停止するよう命じられる。
・Once the athlete stops, the Technical Official starts to time the penalty.
・競技者が停止したら、審判員は、ペナルティタイムを開始する。
・When the penalty time is finished, the Technical Official will say “Go” and the athlete can continue with the race.
・ペナルティタイムが終了すると、審判員式は、 "ゴー"と競技者に告げ、競技者はレースを続行することができる。
(iii) Time Penalty at the Bike Penalty Box(for bike infringements in draft illegal events)
(iii)バイクペナルティボックスでのタイムペナルティ(ドラフティング禁止レースでの違反のため)
・The athlete will be told by the Technical Official to report to the next Penalty Box and follow the instructions of the Technical Official there. It is the athlete’s responsibility to report to the next penalty box on the course after receiving notification. Athlete bib numbers are not posted for a Bike Penalty Box
・競技者は、審判員から、次のペナルティボックスで(自分の違反)を報告し、そこで審判員の指示に従うよう警告を受ける。この警告を受けた後、コース上の次のペナルティボックスで報告するのは競技者の責任となる。競技者ビブ番号はバイクペナルティボックスでは掲示されない。
・The penalized athlete will enter the Penalty Box and inform the Technical Official of their identity and number of penalties to serve. The time penalty starts when the athlete enters the Penalty Box and ends when the Technical Official says “Go”, at which time the athlete may continue with the race.
・ペナルティ対象の競技者は、ペナルティボックスに入り、自分のアイデンティティ(氏名、レース番号)と罰則の数を審判員に伝える。タイムペナルティは、競技者がペナルティボックスに入ったときから始まり、審判員が "ゴー"と言ったら終了し、競技を再開できる。
(iv) Time Penalty at the Run Penalty Box (for infringements in T1, bike segment, T2 and run segment in the draft legal events and also for T2 and run segment infringments in all the races, except the AG races in the draft illegal events)
(iv)ランペナルティボックスでのタイムペナルティ(T1、バイク?セグメント、T2、ラン競技中のすべてのレースででの違反について。但し、ドラフティング禁止のエイジグループレースを除く)
・The penalized athletes’ numbers will be clearly displayed on a board before the Penalty Box.
・ペナルティ対象競技者の番号は、ペナルティエリアの前のボードに明示される。
・The penalized athlete will proceed into the Penalty Box and inform the Technical Official of their identity and number of penalties to serve. The time penalty starts when the athlete enters the Penalty Box and ends when the Technical Official says “go”, at which time the athlete may continue with the race.
・ペナルティを受けた競技者は、ペナルティボックスに入り、自分のアイデンティティと罰則の数を審判員に伝える。タイムペナルティは、競技者がペナルティボックスに入ったときから始まり、審判員が "ゴー"と言ったら終了し、競技を再開できる。
・The penalized athlete’s number will be removed from the board once the penalty is served.
・ペナルティが終了したら、該当のレースナンバーは、ボードから削除される。
・A penalized athlete may serve their penalty on any lap of the run.
・ペナルティ対象の競技者は、ランのいずれかのラップでペナルティを受ければよい。
・For relay events, the penalty may be served by the any member of the team, who has not yet completed their portion of the event.
・リレーイベントでは、ペナルティはこれから競技する競技者が受けてもよい。
・Penalties must be posted on the board before the athlete completes the first half of the run. Postings after this time are invalid.
・ペナルティは、ランの最初の半分が終わる前に掲示され、それ以降の掲示では、ペナルティは無効となる。

 

3.4. Disqualification:
3.4.失格:
a.) General:
a.)一般:
(i) A disqualification is a penalty appropriate for severe rule violations, such as but not limited to, repeated bike draft infringements, and/or dangerous or unsportsmanlike conduct.
(i)失格は、繰り返しのバイクドラフティング違反、および/または危険行為、スポーツマンらしくない行為に限定されないが、これらの深刻なルール違反に対応するためのルールである。
(ii) For the Age Group and paratriathletes, the accumulation of time penalties will result in disqualification as follows:
(ii)エイジグループとパラトライアスロン競技者に向けては、タイムペナルティの累積が、次に基づき失格につながる:
・Two time penalties in the Standard distance or shorter events.
・スタンダードディスタンスやこれより短い大会で2回以上のタイムペナルティ。
・Three time penalties in the Middle and Long distance events.
・ミドル、ロングディスタンスイベントでの3回以上のタイムペナルティ。

b.) Assessment:
b)方法:
(i) If time and conditions permit, a Technical Official will assess a disqualification by:
(i)時間と条件が許す場合、審判員は、次の方法によって失格を宣告する:
・Sounding a whistle or horn;
・笛やホーンを鳴らす;
・Showing a red card;
・レッドカードを表示;
・Calling (in English) the athlete's number and saying "Disqualified";
・競技者のナンバーを(英語で)呼び "失格"と宣言する;
・For safety reasons, a Technical Official may have to delay issuing a disqualification.
・安全上の理由から、審判員は、失格の告知を遅らせることがある。
(ii) Alternatively, the athletes may be informed about the penalties by displaying the athlete’s number on the white board posted at the post finish area.
(ii)ポストフィニッシュエリアの掲示ホワイトボードに競技者番号を掲示することで通知することができる。

c.) Procedure after Disqualification:
(i) An athlete may finish the race if a Technical Official issues a disqualification.
c.)失格後の手順:
(i)競技者は、審判員から失格宣告を受けても、レースを終了できることがある(悪質でなければ)。

 

3.5. Suspension:
3.5.サスペンション(資格停止):
a.) General:
a.)一般:
(i) A suspension is a penalty appropiate for fraudulent or very severe rule violation, such as but not limited to repeated dangerous or unsportsmanlike conduct;
(i)資格停止は、詐欺的または非常に重大なルール違反に対するペナルティである。それらには、繰り返される危険行為やスポーツマンらしくない行為があるが、これに限られるものではない。
(ii) A suspended athlete will not take part in ITU competitions or competitions sanctioned by NFs affiliated with ITU during a suspension period.
(A)資格停止となった競技者は、その停止期間中に、ITU競技やITUに加盟したNFの承認する大会に参加できない。
b.) Assessment:
b.)アセスメント(評価):
(i) The Race Referee will inform the athlete or NF, verbally or if not possible by posting the notice on the notice board, about the submission of a report to the ITU EB, which may result in a suspension.
(i)審判長は、サスペンションになる可能性があるためにITU理事会に報告書を提出する場合は、口頭か、可能でない場合は掲示板上に掲載し、競技者やNFに知らせる。
(ii) The Race Referee will submit a report to the ITU EB including all the details of the action, and the reasons to recommend the athlete for suspension. This report will be submitted to the ITU Secretary General within one week of the competition.
(ii)審判長は、アクションおよび競技者のサスペンションのために理由などの詳細を網羅した報告書をITU EBに提出する。このレポートは、大会の1週間以内にITU事務局長に提出される。
c.) Suspensions will be assessed by the ITU EB for periods of three (3) months to four (4) years, depending on the violation
c.)資格停止は、違反に応じて3カ月から4年の期間、ITU EBによって適応される。
d.) Suspension due to Drug Abuse: If the suspension is for drug abuse, the athlete will not be able to compete in any other sport whose federation is recognised by ITU, IOC or SportAccord and vice versa.
d.)薬物乱用によるサスペンション:サスペンションが薬物乱用による場合、競技者は、ITU、IOCまたはスポーツアコードに認識された団体のスポーツで競技することはできない。
e.) Reasons for Suspension:
e.)サスペンション(資格停止)の理由:
(i) A list of infringements, which may result in a suspension, is described in Appendix K;
(i)資格停止に至る違反のリストは、付録K;に記載されている。
f.) Disciplinary Notice:
f.)の懲戒通知:
(i) When an athlete is suspended, the ITU President will notify the concerned NF, in writing, within 30 days;
(i)競技者の資格停止が決まると、ITU会長は、該当のNFに30日以内に書面で通知する。
(ii) All suspensions will be announced in the ITU newsletter and communicated to the IOC and SportAccord.
(ii)すべての資格停止は、ITUのニュースレターで発表され、IOCとスポーツアコードに報告される。

 

3.6. Expulsion:
3.6.追放:
a.) General:
a.)一般:
(i) Athletes who have been expelled will not participate in ITU competitions or competitions sanctioned by NFs affiliated with ITU for life.
(i)追放された競技者は、ITU大会やITU加盟のNFの認可大会に生涯に及び参加できない。
b.) Reasons for Expulsion:
b.)除名の理由:
(i) An athlete will be expelled for life for repeated rule violations that incur suspension as the penalty.
(i)競技者は、罰則としてサスペンション(停止)となるルール違反を繰り返した場合、生涯に及び追放される。
(ii) Expulsion due to Drug Abuse: If the expulsion is for drug abuse, the athlete will not be able to compete in any other sport whose federation is recognised by ITU, IOC or SportAccord and vice versa.
(ii)薬物乱用による追放:追放が薬物乱用によるものであった場合、競技者はITU、IOC、スポーツアコードに認知された団体の競技に出場することができない。
c.) Disciplinary Notice:
c.)懲戒通知:
(i) When an athlete is expelled, the ITU President will notify the concerned NF, in writing, within 30 days;
(i)競技者が追放されると、ITU会長が30日以内に書面で該当のNFに通知する。
(ii) Expulsions will be announced in the ITU newsletter and communicated to the IOC and SportAccord.
(ii)追放は、ITUのニュースレターで発表されIOCとスポーツアコードに通達される。

3.7. Right of Appeal:
3.7.上訴の権利:
a.) Athletes punished with a penalty have the right to appeal.
a.)ペナルティを科せられた競技者は、上訴する権利を有している。

3.8. Reinstatement:
3.8.再考:
a.) After suspension, an athlete must apply to the ITU Executive Board for reinstatement.
a.)停止処分を受けた競技者は、再考のために(再考を希望する場合)ITU理事会に申請しなければならない。###

1. このニュースは表記の日時現在のものであり、追加変更の可能性があります。

2. ニュースの全文または一部の文章をホームページ、メーリングリスト、ニュースグループまたは他のメディア等へ転載する場合は、出典・日時などを明記してください。

3. この記事へのお問い合わせ:
公益社団法人日本トライアスロン連合
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-3-8 第二栄来ビル6階
TEL:03-5469-5401(代)  FAX:03-5469-5403  
Email: jtuoffice@jtu.or.jp  URL: http://www.jtu.or.jp/

JTUオフィシャルスポンサー
NTT東日本 NTT西日本 日本サムスン BMW 富士ゼロックス サンフロンティア不動産 日本スキー場開発 ローソン 大和ハウス工業 OAKLEY スポーツクラブNAS 2XU TYR アシックス 日本航空 セレスポ H.I.S. スリーボンド