トップページ > JTU NEWS一覧 > JTU NEWS
公益社団法人日本トライアスロン連合 JTU 2013JTUニュースリリース 発行元:公益社団法人日本トライアスロン連合 JTU
配信日:2013年10月30日(水)
   

2013 ITU Competition Rules
(30-41頁・簡易訳)

国際トライアスロン連合(ITU)競技規則の簡易訳第三弾です。お気づきのことがあれば、遠慮なくお知らせください。同簡易訳は、JTU審判委員会メンバーが個々の仕事の合間に進めています。主要部分の簡易訳を引き続き公開し、各地からの意見・訂正などを加え、再編集を予定しています。

International Triathlon Union ・ITU Competition Rules・21-02-2013
http://www.triathlon.org/uploads/docs/itusport_competition-rules-2013_final.pdf

2013年ITU競技規則(2013年2月21日現在)*30頁から41頁・簡易訳。図表は除く。(JTU発信10月30日)

8. COMPETITION CATEGORIES:
8.1. World Championships.
a.) ITU may organize World Championships in the distances and categories shown in this chart:
8.競技カテゴリー:
8.1.世界選手権.
a.)ITUはこのチャートに示す距離とカテゴリーで世界選手権を開催する:
(図解:ITUサイト参照30頁)

b.) NFs and Continental Confederations should include each of these categories in their National and Continental Championships.
b.)各国競技団体(NF)および大陸別競技団体(コンチネンタルコンフェデレーション)は国内選手権や大陸別選手権にこれらのカテゴリーを含めなければならない。

8.2 Paratriathlon.
a.) All World Triathlon Series events and Triathlon World Cup events, hosting an Age-Group competition, must host a paratriathlon race as part of the mass participation event. The Paratriathlon World Championship and the Paratriathlon Continental Championships in all disciplines must be hosted as a separate event from the Age Group competitions. In all other events, the technical delegate and the LOC will decide on the schedule of the paratriathlon competition;
8.2 パラトライアスロン
a.)エイジグループイベントを開催するすべての世界トライアスロンシリーズイベントやトライアスロンワールドカップイベントは、大型参加イベントの一部としてパラトライアスロンを開催しなければならない。世界パラトライアスロン選手権とパラトライアスロン・コンチネンタル選手権は、あらゆる側面においてエイジグループ競技とは別イベントとして開催しなければならない。他のすべてのイベントでは、技術代表とLOCがパラトライアスロンの日程について取り決める;

9. PRIZES AND AWARDS: 9.賞品と表彰:
9.1. Prize Money: 9.1.プライズマネー:
a.) General Rules: a.)一般規則:
(i) Prize money for the ITU events shall be distributed equally between men and women in both amount and depth, according to the ITU Prize Money Percentage Breakdown, as outlined in Appendix H.
(i)ITUイベントのプライズマネーは、付録H.で示すITUプライズマネー分配率に応じ、額面と人数ともに男女均等に配分する。
9.2. Primes: 9.2.プリム:
a.) Primes may be offered at ITU events. Primes are payable to the athletes as follows:
a.)プリムは、ITUイベントで提供されることがある。プリムは次のように競技者に授与する:
(i) Be in first positions through the prime line; (@)プリムラインを最初に通過する;
(ii) Finish the competition; (A)競技を完走する;
(iii) There is no limit to the number of primes an athlete can win in a race;
(B)競技者が勝ち取るプリムの数に制限はない;
(iv) If the prime is not collected by an athlete due to not finishing, the prime remains with ITU to be used at its discretion;
(C)競技者の未完走で、プリムを獲得できなかったときは、プリムはITUに帰属し、その裁量で使用する;
(v) The amount of the primes will be announced at the Athletes’ Briefing of each competition and will be distributed equally in amount to men and women.
(V)プリムの額は、大会ごとのアスリートブリーフィングで発表し、男女平等に配分する。

9.3. Awards: 9.3.アワード(表彰):
a.) Athletes or team members who place 1st, 2nd or 3rd at any ITU event will be awarded an official ITU medal (gold, silver, bronze);
a.)競技者やチームメンバーは、ITUイベントで1位、2位、3位になると、公式ITUメダル(金、銀、銅)が授与される;
b.) In addition, teams may receive a trophy for 1st, 2nd and 3rd positions.
b.)さらに、チームは1位、2位、3位になると、トロフィーを授与されることがある。

9.4. Prizes, Points and Awards in combined events/categories:
9.4.イベントやカテゴリーが併催されたときのプライズ、ポイントと表彰:
a.) In case of events which take place together or different categories competing together in the same wave, the awards, prize money and points will be distributed as follows:
a.)同じレースで、別のカテゴリーが競技されたときは、賞金とポイントを次のように配分する:
(図解:ITUサイト参照31-32頁)

b.) Athletes from other continents can participate in Continental Championships provided that the race is not full with the athletes from the host continent. In this case, points and medals are going to athletes from the host continent, but prize money is distributed to the athletes in the overall results. The exceptions to this paragraph are the Duathlon and Long Distance Triathlon Continental Championships that are part of the World Series as well: in this case points are distributed to the overall results.
b.)他の大陸からの競技者は、ホスト大陸からの競技者で定員を満たしていないことを前提に、大陸別選手権に参加することができる。この場合、ポイントやメダルは、ホスト大陸からの競技者だけを対象に授与する。ただし、賞金は総合結果に応じて配布する。この段落での例外措置として、ワールドシリーズの一部となっているデュアスロンとロングディスタンス大陸選手権では、ポイントは総合記録により配分する。

10. EVENTS: 10.イベント:
10.1. Swim:10.1.スイム:
a.) To ensure the safety of the athletes, there are limits on the quantity of athletes starting at the same time.
a.)競技者の安全確保のために、同時にスタートする競技者数を限定する。
(図解:ITUサイト参照33頁)

(i) All elite/U23/JN triathlon events in standard and sprint distance, except the World Triathlon Series: 75 athletes is the maximum number of athletes.
(i)世界トライアスロンシリーズを除くすべてのエリート/U23/ジュニア・トライアスロンイベント:競技者75名を最大数とする。
(ii) World Triathlon Series Events, except the Grand Final: 65 athletes is the maximum number of athletes
(ii)世界トライアスロンシリーズイベント、:競技者65名を最大数とする。
(iii) World Triathlon Series Grand Final: 75 athletes is the maximum number of athletes
(iii)世界トライアスロンシリーズ・グランドファイナル:競技者75名を最大数とする。
(iv) Paratriathlon: 80 athletes is the maximum number of athlete.
(iv)パラトライアスロン:競技者80名を最大数とする。

b.) Water quality: b)水質:
(i) A sample of a mixture of the water collected from three different locations on the swim course will be analyzed and the results will determine if the swim can take place. The swim will be allowed if the following values are below the level of tolerance in the different types of water.
(i)スイムコースの異なる3カ所で採取した水を混ぜたサンプルを分析し、その結果により、スイム競技実施の可否を決定する。
場所を取る。タイプの異なる水が、許容できる範囲の次の評価基準を下回った場合、スイム競技の実施を可能とする。
・Sea and transition water: ・海とトランジションウォーター(転移水域):
‐ PH between 6 and 9 - PH は6と9の間
‐ Entero-cocci not more than 100 per 100 ml (ufc/100ml)
- 腸球菌は、100 ml当たり100を超えない(ufc/100ml)
‐ Escherichiacoli E. Coli not more than 250 per 100 ml (ufc/100ml)
- 大腸菌大腸菌は、100 ml当たり250を超えない(ufc/100ml)

・Inland water: ・内陸水:
- 大腸菌大腸菌は、100 ml当たり250を超えない(ufc/100ml)
‐ PH between 6 and 9 ? PHは 6と9の間
‐ Entero-cocci not more than 200 per 100 ml (ufc/100ml)
- 腸球菌は、100 ml当たり200を超えない(ufc/100ml)
‐ Escherichiacoli E. Coli not more than 500 per 100 ml (ufc/100ml)
- 大腸菌大腸菌は、100 ml当たり500を超えない(ufc/100ml)
‐ The presence of Blue-Green Algal blooms/scum (cyanobatteria) not more than 100.000 cells/ml - 青緑藻類/スカム(cyanobatteria)は、100.000細胞/mlを超えない

10.2. Transition: 10.2.トランジション:
a.) The TD will determine the position of the mount and dismount lines. Both lines will be considered as part of the Transition Area.
a.)TDは、マウント(乗車)とディスマウント(降車)の位置を決める。両方のラインはトランジションエリアの一部とみなす。

10.3. Bike: 10.3.バイク:
a.) A 10 % tolerance margin will be accepted for the distance of the bike segment provided that it has been approved by the TD. In the middle and long distance events, this tolerance is limited to 5%
a.)バイク競技距離は、TDが承認したことを前提に、10%の許容範囲を認める。ミドルディスタンスとロングディスタンスでは、この許容範囲を5%に制限する。
b.) There must be a minimum number of penalty boxes as follows ? Standard distance or shorter events: one every 10 km ? Middle and Long distance events: one every 30 km
b.)ペナルティボックスは、次のように設置する必要がある。?スタンダードディスタンスとこれよりも短いイベント:10キロ毎に1カ所 ?ミドルとロングディスタンス・イベント:30キロ毎に1カ所

10.4. Support team:
10.4. サポートチーム
a.) NF Quota: Every NF has a support team quota according to these charts.
(図解:ITUサイト参照34頁)
a.)NFクォータ:すべてのNFは、これらのチャートによりサポートチームの定員を持つ。
b.) All the personnel registered as part of the support team will receive an accreditation with access according to their role.
b.)サポートチームの一員として登録された者は、役割に応じたアクセス権を持つ。
c.) NFs are responsible for entering their support personnel in the ITU on line entry system. ITU will approve the support personnel according to the quota seven days prior to the event. No additions will be admitted after this deadline.
c.)各国競技団体(NF)は、ITUオンラインエントリーシステムで、自国のサポート担当者を入力する責任がある。ITUは、クォータにより、大会の7前にサポート担当者を承認する。この期限後の追加は認めない。

10.5. Start times10.5.スタート時間
a.) The minimum time difference between waves will be:
a.)ウェーブスタートの最小の時間差は次のとおり。
(図解:ITUサイト参照34頁)

(1) This will be applicable whether if the men or the women event start first.
(1)これは、男子または女子のイベントのどちらのイベントが最初にスタートしようとも適用される。
(2) This will be applicable for AG waves starting after the elite events. Elite events starting after the AG Events will only start once the AG Events have finished
(2)これは、エイジグループイベントが、エリートの後にスタートときに適用する。エリートイベントが、エイジグループの後にスタートするときは、AGイベントが終了していなければならない。

b.) TD can decide to reduce the above indicated differences in Continental Cup and Duathlon Standard distance events provided that the men and the women will not be on the bike segment simultaneously.
b.)TDは、男子と女子が同時にバイク競技を行わないことを前提に、コンチネンタルカップとデュアスロンのスタンダードディスタンスで示された差を減らすことができる。

c.) TD can decide to reduce the above indicated differences in Continental Cups and Duathlon Standard events to a minimum of 5 minutes if one of the events has less than 10 athletes competing, and enough officials to control any potential drafting between male and female athletes.
c.)TDは、イベントの一つの競技者が10名未満であり、十分な数の審判員が女子と男子のドラフティングを制御できることを前提に、コンチネンタルカップとデュアスロンのスタンダードディスタンスで示されれた差を最小5分に減らすことができる。

d.) TD can also require different start times by asking for a specific regulation, as indicated on 1.6
d.)TDはまた、1.6に示されている特定の規制を求めることにより、異なるスタート時間を求めることがある。
e.) Events not included in the previous chart will need the approval of the TD prior to publishing the start times.
e.)前チャートに含まれていないイベントでは、スタート時間を公開する前に、TDの承認が必要である。

10.6. Modified events
10.6. 修正されたイベント
a.) When a race cannot be held in the original format due to force majeure, the points will reduced depending on the conditions under which finally the event took place:
a.)レースが不可抗力により、本来の形式で実施できなかったときは、最終的に大会が実施した状況に応じてポイントを減らす。
(i) If the event remains as a triathlon, but any of all of the segments are shortened according to the ITU Competition Rules, 100 % of the points will be awarded.
(i)イベントがITU競技規則により、すべてのセグメント、あるいはいずれかが短縮されてもトライアスロンとして実施されたら、100%のポイントを授与する。
(ii) If the event becomes another ITU multisport race according to the ITU Competition Rules in terms of distances and conditions, 75 % of the points will be awarded.
(ii)イベントが距離と条件の面で、ITU競技規則により、他のマルチスポーツとして実施されたら、75%のポイントを授与する。
(iii) If the event becomes another ITU multisport race with deviations from the ITU Competition Rules in terms of distances and conditions, 50 % of the points will be awarded.
(iii)イベントが距離と条件の面で、ITU競技規則により、他のマルチスポーツとして距離短縮で実施されたら、50%のポイントを授与する。

11. TECHNICAL OFFICIALS: 11.テクニカル・オフィシャル(技術役員):
11.1. General: 11.1.一般:
a.) The duties of the Technical Officials are to conduct the Competition in accordance with the ITU Competition Rules.
a.)テクニカルオフィシャルの業務は、ITU競技規則に合わせて競技を実施することである。
b.) ITU Technical officials are:
b)ITUテクニカルオフィシャルは、次のとおり。
(i) Triathlon Technical Officials(@)トライアスロン・テクニカルオフィシャル
(ii) Paratriathlon Specific Technical Officials(A)パラトライアスロン特別テクニカルオフィシャル
(iii) Competition Jury members.(B)コンペティション・ジュリー(審議委員)。

11.2. ITU Technical Officials: 11.2.ITUテクニカル・オフィシャル:
a.) The officials at all ITU races are:
a.)全てのITUレースのオフィシャルは、次のとおり。
(i) The ITU Technical Delegate (TD) ensures all aspects of the ITU Competition Rules and Operations Manuals are fulfilled;
(i)ITU技術代表(TD)は、ITU競技会のすべての側面が、ITU競技規則と運営マニュアルどおりに履行されることを保証する;
(ii) The Assistant Technical Delegate (ATD) assists the TD with his/her duties;
(ii)アシスタント技術代表(ATD)は、それぞれの業務によりTDを支援する;
(iii) The Referee checks the certification of the Technical Officials, makes the results official by signing them and makes final judgments on rule violations;
(iii)審判長は、審判員の認証をチェックし、記録に署名し公式とし、ルール違反の最終判断を行う;
(iv) The Chief Race Official (CRO) assigns and monitors the work of all Technical Officials;
(iv)チーフレースオフィシャル(CRO)は、すべての審判員の業務を割り振り管理する;
(v) Technical Officials are assigned to Registration, Start, Finish, Transition Area(s), Swim, Bike, Run, Wheel Stations, Prime Lines, Aid Stations, Technology, Penalty Boxes, Lap Counter, Protocol, Race Control Office and Vehicle Control. An adequate number of Technical Officials will be assigned to each area and will be responsible for the enforcement of ITU Competition Rules within their assigned jurisdiction;
(v)審判員は、レジストレーション(登録)、スタート、フィニッシュ、トランジション、スイム、バイク、ラン、ホィールステーション、プリムライン、エイドステーション、テクノロジー、ペナルティボックス、ラップカウンター、プロトコル、レース管理室と車両コントロールに配置される。十分な数の審判員は、各エリアに配置され、それぞれの任務の権限内でITU競技規則を施行するための責任を有する;
(vi) The Competition Jury is appointed by the Technical Delegate;
(vi)審議委員は、技術代表が任命する。
(vii) The ITU Medical Delegate, appointed by the ITU Medical Committee, is responsible for all medical and anti-doping issues on behalf of ITU.
(vii)ITUメディカル委員会が任命するITUメディカルデリゲート(医療代表)は、ITUを代表して、すべての医療とアンチドーピング事項を担当する。

11.3. Paratriathlon Specific Technical Officials:
a.) The Chief Classifier is a classifier responsible for the direction, administration, coordination and implementation of classification matters.
11.3.パラトライアスロン専任テクニカルオフィシャル(審判員):
a.)チーフ・クラシファイアー(主任区分委員)は、クラシフィケーション事項の方針、管理、調整を担当する。
b.) Classifiers will be responsible to determine the Sport Class, Sport Class Status and paratriathlete category of the paratriathletes.
b.)クラシファイアーは、スポーツクラス、スポーツクラスのステータスとパラトライアスリートのパラトライアスリート区分を決定する責任を負う。
c.) ITU Paratriathlon Classification Rules are included in Appendix G
c.)ITUパラトライアスロン分類ルールは、付録Gに含まれる。

11.4. Competition Jury: 11.4.コンペティション・ジュリー(審議委員会):
a.) ITU Technical Delegate will appoint the members of the Competition Jury as follows:
a.)ITU技術代表は、次のように審議委員メンバーを任命する。
(i) For Olympic Games and World Triathlon Series Grand Final the Competition Jury consists of five persons being selected from:
(i)オリンピックや世界トライアスロンシリーズグランドファイナルでは、審議委員は5名で構成され、次から選択される:
・The Technical Delegate, who chairs the Competition Jury;
・審議委員会の議長となる技術代表;
・A member of the ITU Executive Board; ・ITU理事会メンバー;
・A representative of the host NF; ・主催国の代表;
・A representative from ITU Technical Committee; ITU技術委員会の代表;
・A representative from the ITU Medical Committee. ・ITUメディカル委員会の代表;
(ii) For all the other ITU events, the Competition Jury consists of three persons being selected from:
(ii)その他すべてのITUイベントでは、審議委員は3名で構成され、次から選択される。
・The Technical Delegate, who chairs the Competition Jury;・審議委員会の議長となる技術代表;
・A member of the ITU Executive Board or any Committees or Commissions, or if none are present, a member of the Continental Confederation’s Executive Board or any Committees or Commission, or if none are present, a representative from the host NF;
・ITU理事会、専門委員会、コミッションのメンバー。不在であれば、コンチネンタル連盟理事、専門委員会、コミッションのメンバー。さらに不在であれば、主催国NFからの代表;
・A representative from the host NF. ・主催国NFの代表。
b.) To be member of the Competition Jury in one event is not compatible with
b.)一つのイベントで審議委員になるには、次の状況でないこと。
(i) Being a TO in the same event other than the Technical Delegate
(i)同じイベントで、技術代表以外のテクニカルオフィシャル(審判員)である。
(ii) Being an accredited coach in the same event
(ii)同じイベントでの認定コーチである。
(iii) Being an athlete competing in the same event
(iii)同じイベントに競技者として出場している。

c.) Duties of the Competition Jury:
c.)審議委員の業務:
(i) The Competition Jury rules on all appeals and all protests;
(i)審議委員会は、すべての上訴と抗議を判定する;
(ii) The Competition Jury has the authority to modify the competition results as a consequence of its decision on the appeal or protest;
(ii)審議委員会は、上訴または抗議の決定の結果により、競技記録を変更する権限を有する。
(iii) The Competition Jury must be available starting before the Athletes’ Briefing until after the end of competition;
(iii)審議委員会は、アスリートブリーフィングの前から、競技会の終了まで対応しなければならない;
(iv) The Competition Jury chair is responsible for filing a written statement on all appeals and decisions reached.
(iv)審議委員会の議長は、すべての上訴と判定結果を、文書で提出する責任がある。
d.) Competition Jury meetings schedule:
d.)審議委員会の会合スケジュール:
(i) Competition Jury will meet, at minimum:
(i)審議委員は、最低限、次のように集まる:
・After the race briefing; ・レースブリーフィングの後;
・One hour before the start of the event; イベント開始の1時間前;
・After the last finisher. ・最終フィニッシャーの完走後。
(ii) Additionally, in the Age-Group events, the Jury will meet, at minimum:
・After the first finisher;
(ii)さらに、エイジグループイベントでは、審議委員は最低限、次のように集まる:
・最初のフィニッシャーの完走後;
・After the finish of the first half of the field.

・参加前半の完走後。
e.) Competition Jury Integrity:
e.)審議委員の整合性:
(i) The Competition Jury observes the following principles:
(i)審議委員は、次の原則を遵守する。
・Give equal weight to the evidence and testimony provided by all;
・すべての提供された証拠資料や証言に等しい重みを与える;
・Recognize that honest testimony can vary and be in conflict as a result of personal observation or recollection;
・正直な証言が、変化し得ること、個人的な観察や回想の結果と競合することを認識する;
・Keep an open mind until all evidence has been submitted;
・すべての証拠が提出されるまで、心を開いておく。
・Recognise an athlete is innocent until the alleged violation has been established to the complete satisfaction of the Competition Jury.
・申し立てられた違反が、審議委員の完全な納得を得られるまで、競技者は無実であることを認識する。
(ii) Conflict of interest:
(ii)利益相反:
・ The chair of the Competition Jury decides if any member has a conflict of interest.
・審議委員会の議長は、審議委員が、利益相反の関係があるかを決定する。
・In case of a conflict of interest, the chair of the Competition Jury can replace the member who has the conflict of interest at his/her discretion.
・利益相反があった場合は、審議委員会の議長は、議長判断で、審議委員を交代することができる。
・The chair of the Competition Jury is deemed not to have a conflict of interest.
・審議委員会の議長は、利益相反を有していないことが条件である。

11.5. Technology Tools:
a.) ITU Officials may use any kind of electric, electronic, magnetic, or other technological support to acquire data or evidence on rule infractions.
11.5.テクノロジーツール:
a.)ITUオフィシャルは、ルール違反に係るデータまたは証拠を得るために、電気、電子的、磁気的、他の技術的な支援を使用する。
11.6. Volunteer Certification:
a.) All volunteers, who are assigned to areas of responsibility on the Field of Play (FOP), must be educated to ITU’s minimum standard. Education kits obtained from ITU will cover key areas of FOP responsibility.
11.6.ボランティアの認定:
競技コース(FOP)の各責任分担で配置されるすべてのボランティアは、ITUの最低基準の教育を受ける必要がある。ITUから入手する教育キットは、FOPの責任分担の主要部分を網羅している。

12. PROTESTS: 12.抗議:
12.1. General: 12.1.一般:
a.) A protest is against the conduct of an athlete, Technical Official, or the conditions of the competition. An athlete or an NF designate may file a protest with the Referee provided the protest has not been previously observed by the Technical Officials and ruled upon by the Referee.
a.)抗議(プロテスト)は、競技者および審判員の行為、または、競技環境について行うことができる。競技者やNF代表は、この抗議が、すでに審判員によって認識され、審判長により裁定されていない場合に限り、審判長に抗議を提出することができる。

12.2. Protests Concerning Eligibility:
12.2.資格に関する抗議:
a.) Protests concerning the eligibility of an athlete shall be made to the Referee before the Athletes’ Briefing. The Competition Jury will decide on this in a meeting scheduled immediately after the Athletes’ Briefing.
競技者の資格に関する抗議は、アスリートブリーフィング前に審判長に行わなければならない。審議委員会は、ブリーフィング後、直ちに会議でこれを決定する。
12.3. Protests Concerning the Course:
a.) Protests concerning the safety of the course or its variance to the regulations must be made to the Referee no later than twenty-four (24) hours before the start of the race.
12.3)コースに関する抗議:
12.3)コース安全やルールの不適正に関する抗議は、遅くともレーススタートの24時間前に審判長に行わなければならない。
12.4. Protests Concerning the Race:
12.4.コースに関する抗議:
a.) An athlete, who protests against another athlete or official, must do so to the Referee within five (5) minutes of his/her finish time. In case a protest is initiated within this period, the time limit will be extended by fifteen (15) more minutes
a.)別の競技者または競技役員への抗議は、選手本人のフニッシュ後5分以内に、審判長に行う必要がある。抗議がこの時間内に開始された場合は、制限時間は15分間延長される。

12.5. Protests Concerning Equipment:
12.5.用具に係る抗議:
a.) Protests concerning an athlete's equipment, which infringes on the conditions set out in the ITU Rules, must be delivered to the Referee within five (5) minutes of his/her finish time. In case a protest is initiated within this period, the time limit will be extended by fifteen (15) more minutes
a.) ITUルールに違反する競技者の用具への抗議は、該当選手のフィニッシュ時間から5分以内に審判長に提出しなければならない。この時間内に抗議が開始された場合は、制限時間は15分間まで延長される。

12.6. Protests Concerning Timing and Results:
12.6.タイミングとリザルト(競技記録)への抗議:
a.) Protests concerning typo errors in the results, which are not reflecting the decisions made by the Race referee or the Competition Jury, may be delivered in writen by the athlete or the NF to the ITU TD within thirty (30) days after the competition.
a.)審判長や技術代表の裁定が反映されていない記録のタイプミスに係る抗議は、競技終了後30日以内に、ITU TD宛で、競技者またはNFから書面で提出する。

12.7. Contents of a Protest: 12.7.抗議の内容:
a.) The protest related to 12.1, 12.2, 12.3, 12.4 and 12.5 must be accompained by a deposit of $50 USD, or its equivalent, and will be refunded if the protest is successful. If the protest is denied, there will be no refund and the money will be retained by ITU. Protest forms may be obtained from the Referee. A sample of the protest form is included in Appendix B.
a.)12.1、12.2、12.3、12.4及び12.5に関する抗議は、50米ドル、または相応額を預けなければならない。抗議が受け入れられたら、返金される。抗議が拒否されたら、返金されず、ITUが保持する。抗議用様式は、審判長から得ることができる。プロテストフォームの見本は付録Bを参照。
(i) Information to be included: (i)次の情報を明記する:
・The alleged rule violated; ・申し立てられたルール違反;
・The location and approximate time of the alleged violation;
・申し立てられた違反の場所とおおよその時間;
・Persons involved in the alleged violation;
・申し立てられた違反に関与した人;
・A statement, including a diagram of the alleged violation, if possible;
・申し立てられた違反のダイアグラム(図解)を含む文書。可能であれば;
・The names of witnesses who observed the alleged violation.
・申し立てられた違反を目撃した人の名前。

12.8. Protest Procedures: 12.8.抗議手順:
a.) The following procedure will be followed in the event of a protest:
a.)抗議は、次の手順で行う。
(i) Protests will be filed with the Referee, signed by the protester, within the time limits specified above;
(i)上記で指定した制限時間内に、抗議者の署名付けて審判長に行う。;
(ii) Race Referee will announce on the notice board in the finish area that a protest has been filled.
(ii)審判長は、フィニッシュエリアの掲示板に、抗議があったことを発表する。
(iii) The protester and the accused and/or their national coach or representative must be present. If the protester does not attend, the protest hearing may be postponed or cancelled. The Competition Jury will determine if absence from the hearing is valid;
(iii)抗議者と被抗議者(相手方)および/またはそれらの国のコーチや代表が出席しなければならない。抗議者が出席しない場合は、抗議審問は延期または中止される。審議委員会は、ヒアリングへの欠席が有効(確実)であることを確認する。
(iv) Failure of any party to attend the hearing may justify the Competition Jury in making a decision without them;
(iv)公聴会にいずれかの欠席があっても、審議員は、決定を下すことがある;
(v) A representative for either the protester or the accused may be designated to appear if approved by the Chair of the Competition Jury;
(v) 抗議者または被抗議者(相手方)の代理者の出席は、審議委員長が承認した場合は許可される;
(vi) The hearing will not be open to the public;
(vi)審問は公開されない;
(vii) The Competition Jury Chair will read the protest;
(vii)審議委員長は抗議を読み上げる;
(viii) The protester and the accused will be given adequate time to give their accounts of the incident;
(viii)抗議者と被抗議者(相手方)は、それぞれの件について、十分な説明時間が与えられる。;
(ix) Witnesses (two each) may speak for three (3) minutes each;
(ix)証人(各2名)は3分間ずつ話す時間が与えられる。
(x) The Competition Jury will hear the evidence and render a decision, by simple majority;
(x)審査委員会は、証言を聞き、多数決で決定する。
(xi) The decision will be posted immediately and delivered in writing to the parties upon request.
(xi)決定は、直ちに掲載され、要望に応じ、当事者に書面で伝える。

13. APPEALS: 13.上訴:
13.1. Appeal Jurisdiction: 13.1上訴の管轄:
a.) An appeal is a request for a review of a decision made by the Referee (Level 1), the Competition Jury (Level 2) or the ITU EB (Level 3). A sample of the Appeal Form is available in Appendix C.
a.)上訴は、審判長(レベル1)、審議委員(レベル2)またはITU 理事(レベル3)が下した決定の見直し要求である。上訴フォーム見本は、付録Cを参照

13.2. Levels of Appeal:
13.2.アピール(上訴)のレベル:
a.) The following procedure will be followed in the event of a Level 1 Appeal:
a.)次の手順で、レベル1アピールを行う。
(i) A Representative of an NF or an athlete may appeal the decision of the Referee to the Competition Jury. The appropriate appeal form can be obtained from the Referee.
(i)NF代表や競技者は、審判長の決定を審議委員会に上訴することができる。適切な上訴フォーム(用紙)は、審判長から得ることができる。
(ii) Appeals will be filed in writing to the Referee, signed by the appellant and will be accompanied by a fee of $50 USD or equivalent. It will be refunded if the appeal is successful. If the appeal is denied, there will be no refund and the money will be retained by ITU.
(ii)上訴は、50ドルまたは相応額を添えて、上訴人の署名付の書面で、審判長に提出する。上訴が受け入れられた場合は返金される。上訴が否決されたときは、返金されずITUが保持する。
(iii) An athlete or NF representative who appeals a Race Referee decision must do so to the Race Referee within five (5) minutes of his/her finish time. In case a protest is initiated within this period, the time limit will be extended by fifteen (15) more minutes. For team competitions, this time limit is related to the final team time.
(iii)審判長の決定を上訴する競技者あるいはNF代表は、競技者のフィニッシュ時間から5分内に、審判長に行わなければならない。抗議がこの時間内に始まっている場合は、時間制限が15分延長される。チーム競技では、この制限時間は、最終チームタイムによる。

(iv) The Race Referee will post information on the notice board that an appeal has been filed.
(iv)審判長は、上訴を受けていることを、ノウティスボード(公式掲示板)に掲示する。
(v) An appeal will contain: (v)上訴は次を網羅している:
・Competition name, location, date; ・競技名、場所、日付;
・Appellant’s name, address, phone, fax, email; ・上訴申立人の名前、住所、電話番号、FAX番号、電子メール;
・Witness(es) name(s); ・証人名(複数可);
・Alleged decision appealed; ・上訴された申し立て決定;
・Facts of the violation; 違反の事実;
・Rationale/summary of appeal.・根拠/上訴の要約。
(vi) The appellant and the accused and/or their national representative must be present. If the appellant does not attend, the appeals hearing may be postponed or cancelled. The Competition Jury will determine if absence from the hearing is valid;
(vi)上訴申立人および被申立人(相手方)および/または、それらの国の代表者は、出席しなければならない。上訴申立人が出席しない場合は、上訴のヒアリングは、延期または中止される。審議委員会は、公聴会(ヒアリング)への欠席が確定かどうかを決定する。
(vii) Failure of any party to attend the hearing may justify the Competition Jury in making a decision without them;
(vii)ヒアリングへのいずれかのパーティ(団体)からの欠席の場合、審議委員会は、不在のまま決定を下すことがある。

(viii) A representative for either the appellant or the accused may be designated to appear if approved by the Chair of the Competition Jury;
(viii)上訴申立人、または被申立人(相手方)の代表者は、審議委員長の承認があれば、ヒアリングに出席することを要請される;
(ix) The hearing will not be open to the public;
(ix)ヒアリングは公開しない;
(x) The Competition Jury Chair will read the appeal;
(x) 審議委員長は、訴えを読み上げる;
(xi) The appellant and the accused will be given adequate time to give their accounts of the incident; (xi)上訴人と被告人は、事象の弁明・報告のために十分な時間が与えられる。;
(xii) Witnesses (two each) may speak for three (3) minutes each;
(xii)証人(各2名)は、それぞれ3分間ずつ話すことができる。
(xiii) The Competition Jury will hear the evidence and render a decision, by simple majority;
(xiii)審議委員会は、証言を聞き、単純に多数決で決定を下す;
(xiv) The decision will be posted immediately and delivered in writing to the parties upon request.
(xiv)この決定は、直ちに掲載され、要望に応じ、当事者に書面で配布される。

b.) The following procedure will be followed in the event of a Level 2 Appeal:
b.)次の手順は、レベル2アピールの際に履行しなければならない。
(i) Appeals will be filled in writing to the ITU Secretary General, signed by the appellant, within thirty natural days from the Competition Jury decision.
(i)上訴人は、競技審査員決定から審議委員会の決定後、一般的な30日以内にITU事務局等に、署名付の書面で提出する。
(ii) The Secretary General will communicate the appeal to all parties involved within 4 days.
(ii)事務局長は、4日以内に、関係するすべての関係者に上訴内容を通達する 。
(iii) EB members who were part of the Competition Jury will be excluded from the process.
(iii)審議委員会の委員となった理事は、この手続きの対象から除外する。

(iv) The ITU EB will nominate a panel of 3 persons from among its members, within seven days after receiving the appeal.
(iv)ITU理事会は、上訴を受け取った後7日内に、理事の中から3名のパネルを指名する。
(v) One or more members of the panel will call, within ten days from its nomination, for different hearings, which may be done by phone or videoconference, to these parties:
(v)パネルの1名あるいはそれ以上のメンバーから、指名されてから10日以内に、次の関係者に別途のヒアリングの呼び掛けを行う。このヒアリングは、電話かテレビ会議で行う:
・The appellant, ・上訴申立人
・The accused・被申立人(相手方)
・The TD, if appropriate・適切であれば、TD
・The Competition Jury, if appropriate・適切であれば、上訴委員
・Other parties at the Panel’s discretion.・パネルの判断で他の当事者

(vi) Failure of any party to attend the hearing may justify the Panel to write a proposal of decision without their evidence.
(vi)このヒアリングへの不参加は、欠席者の証拠なしでパネルが決定報告することを正当化する。
(vii) The hearings will be one to one between the Panel and the referred party.
(vii)ヒアリングは、パネルと当事者の1対1での対応とする。
(viii) The hearing will be driven by the Panel at its own discretion.
(viii)ヒアリングは、パネルの裁量により履行する。
(ix) The Panel is permitted to analyze and consider any other document, video, record or evidence relevant to the case.
(ix)パネルは、他の文書、映像、記録または本件に係る証拠を分析し、考慮することが許可されている。
(x) The Panel will write a proposal of decision to the EB, within ten days after the last hearing.
(x)パネルは、最後のヒアリングの10日以内に、理事会に、決定の提案を提出する。
(xi) The proposal will be communicated, together with all the evidence considered by the Panel, to any party directly involved in the process.
(xi)この提案は、パネルが参考としたすべての証拠と共に、これらの手続きに係った全員に直接、提出される。
(xii) Any party subject to be sanctioned will have the right to defend itself by presenting its arguments, evidences and comments on the proposal, within seven days after receiving the proposal from the Panel.
(xii)制限を受ける対象者は、パネルからの提案を受け取ってから7日以内に、提案に対する反論、証拠と意見を提出し、自らを守る権利を有する。
(xiii) The EB will decide on the Panel’s proposal, within ten days after receipt from the Panel. The documents from the parties will be considered also by the EB.
(xiii)理事会は、パネルの提案を受けてから10日以内に、決定を下す。対象者からの文書は、理事会で考慮される。
(xiv) The decision will be communicated in writing to all the parties immediately after the EB decision process is concluded.
(xiv)この決定は、理事会の決定手続きが完了後、直ちにすべての当事者に書面で通達される。

c.) Level 3: The decision of the ITU Executive Board may be appealed, as a final and last resort, to the Court of Arbitration for Sport (CAS) in Lausanne, Switzerland, to the exclusion of any recourse to ordinary courts, within thirty natural days from the ITU EB decision.
Any decision taken by the said court (CAS) shall be without appeal and shall be binding on the parties concerned.
c.)レベル3:ITU理事会の決定は、最終そして最後の手段として、また、一般法廷に再考を促さないことを前提に、ITU理事会の決定から通常の30日以内に、スイス・ローザンヌのスポーツ仲裁裁判所(CAS)に上訴することができる。CASが下したすべての決定は、さらなる上訴をしない、また、関係する団体・人に拘束力を有する。

◎以上、2013年ITU競技規則(2013年2月21日現在)*30頁から41頁・簡易訳。図表は除く。(JTU発信10月30日)

1. このニュースは表記の日時現在のものであり、追加変更の可能性があります。

2. ニュースの全文または一部の文章をホームページ、メーリングリスト、ニュースグループまたは他のメディア等へ転載する場合は、出典・日時などを明記してください。

3. この記事へのお問い合わせ:
公益社団法人日本トライアスロン連合
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-3-8 第二栄来ビル6階
TEL:03-5469-5401(代)  FAX:03-5469-5403  
Email: jtuoffice@jtu.or.jp  URL: http://www.jtu.or.jp/

JTUオフィシャルスポンサー
NTT東日本 NTT西日本 日本サムスン BMW 富士ゼロックス サンフロンティア不動産 日本スキー場開発 ローソン 大和ハウス工業 OAKLEY スポーツクラブNAS 2XU TYR アシックス 日本航空 セレスポ H.I.S. スリーボンド