トップページ > JTU NEWS一覧 > JTU NEWS
公益社団法人日本トライアスロン連合 JTU 2013JTUニュースリリース 発行元:公益社団法人日本トライアスロン連合 JTU
配信日:2013年10月31日(木)
   

2013 ITU Comp Rules
(41-62頁・簡易訳)

国際トライアスロン連合(ITU)競技規則の簡易訳の第4弾です。お気づきのことがあれば、遠慮なくお知らせください。再編集時の参考にさせていただきます。

International Triathlon Union ・ ITU Competition Rules ・ 21-02-2013 http://www.triathlon.org/uploads/docs/itusport_competition-rules-2013_final.pdf
2013年ITU競技規則(2013年2月21日現在)*41〜46頁&58〜62頁 ・簡易訳。図表は除く。(JTU発信2013年10月31日)

14. INDOOR TRIATHLON: 14.インドア・トライアスロン:
14.1. Definition: 14.1.定義:
a.) Indoor triathlon consists of a triathlon, which takes place in a closed space such as a sports pavillion, which has a swimming pool, a cycling track and a running track.
a.) インドア・トライアスロンは、スイミングプール、サイクリングコースとランニングトラックがあるスポーツパビリオンなどの閉鎖空間で行われるトライアスロンで構成される。

14.2. Swim: 14.2.スイム:
a.) Two athletes are allowed per lane of 2.5 metres wide.
a.) 2.5メートル幅のレーンごとに競技者2名が許可される。

14.3. Transition Area: 14.3.トランジションエリア:
a.) Following the swim there will be a ten (10) second "neutralized" time period that is compulsory for all athletes. The purpose of this period is to sponge excess water off athletes. Water on the track makes it very slippery and dangerous for all athletes. Not complying with this rule will result in disqualification.
a.)スイムの後に10秒間の"ニュートラライズド(中和)"タイムをすべての競技者に義務づける。この目的は、余分な水分を競技者から拭うことである。トラック上の水はすべての競技者が非常に滑りやすく、危険になる。これを行わないと、失格となる。

14.4. Bike Segment: 14.4.バイク区分:
a.) The lapped athletes will be not removed from the race;
a.)周回遅れの競技者は、レースから除外されない。
b.)Athletes can draft from others who are on a different lap
b.)競技者は、周回(ラップ)の違う他競技者をドラフティングできる。

5. MIDDLE AND LONG DISTANCE EVENTS: 5.中・長距離のイベント:
15.1. Outside Assistance: 15.1.外部援助:
a.) Medical assistance and food and liquid are permitted at LOC aid stations or at coaches’ stations. All other outside assistance is prohibited.
a.)医療支援や食料、水分の提供は、LOC(主催者)設置のエイドステーションまたはコーチステーションで許可される。他のすべての外部支援は禁止。

15.2. Medical Guidelines: 15.2.医療ガイドライン:
a.) Specific Medical Guidelines, including "hot weather" guidelines and medical evacuation plans will be developed by the Race Medical Director in conjunction with the ITU Medical Delegate.
"高い外気温"に係るガイドラインや医療避難計画を含む、特定の医療ガイドラインは、ITUメディカルデリゲートと連携した大会メディカルディレクターによって開発される

15.3. Distances: 15.3.距離:
a.) The course should have demanding hills and challenging technical aspects. A 5% tolerance margin will be accepted for the distance of the bike course, provided it has been approved by the Technical Delegate.
a.)コースは、力を求められる丘や技術的な側面を有していなければならない。バイクコースの距離は、 技術代表の承認により、5%の許容範囲が認められる。

15.4. Penalties: 15.4.罰則:
a.) A 5-minute penalty will be imposed for violation of the drafting rule, which must be served in the next penalty box.
a.)ドラフティングルール違反には、次のペナルティボックスでの5分のペナルティが科される。
b.) If an athlete receives three drafting penalties, he/she will be disqualified.
b.) 3回のドラフティングペナルティを受けた競技者は、失格とする。

15.5. Coaches Stations: 15.5.コーチステーション:
a.) Coaches will have a designated space available on the bike and run segments in order to supply athletes with their own food and beverages.
a.)コーチは、バイクとラン競技で、自分の食料や飲料を、競技者に提供するための指定スペースを有している。

15.6. Transition Area: 15.6.トランジションエリア:
a.) In the Transition Area, Technical Officials may assist athletes by receiving and placing their bikes and handing out their equipment.
This service must be equal for all athletes.
a.)トランジションエリアでは、審判員は、バイクの受け取り、配置、用具の手渡しなどにより、競技者を支援することができる。このサービスは、すべての競技者に平等でなければならない。
b.) Athletes are allowed to replace their uniforms in the Transition Area. If the athlete needs to become nude to do it, this action needs to be done inside the tent provided by the LOC for this purpose. All the uniforms used by the athlete have to comply with the ITU Competition Rules.
b.)競技者は、トランジションエリアで、自分のユニフォームをを交換することができる。もし競技者が、それを行うために脱衣する必要があれば、この目的のために主催者が用意したテントの中で行わなければならない。競技者が着用するすべてのユニフォームは、ITU競技規則に準じていなければならない。
:
16.1. Types of Events: 16.1.イベントの種類:
a.) ITU may organise Team Events in the distances and categories shown in this chart (all distances are in kilometres with the exception of the swims, which are in metres):
a.)ITUは、次のチャートに示す距離と区分でのチームイベントを開催する。(チャートの距離はメートルであるスイムを除き、すべてキロである):
(図解:ITUサイト参照45頁)

16.2. Continental Championships and National Federation Events: 16.2.大陸選手権と国内競技団体のイベント:
a.) Continental Confederations and National Federations should include each of these team competitions in their championships.
a.)コンチネンタル連合と国内連盟は、それぞれの選手権に、いずれかのチーム選手権を開催しなければならない。

16.3. Definitions: 16.3.定義:
a.) Mixed relay: A team is composed of 4 athletes: 2 men and 2 women, who will compete in the following order: woman, man, woman, man. Each of them will cover a complete triathlon/duathlon/winter triathlon. The total time for the team is from the start of the 1st team member to the finish of the 4th athlete. Time is continuous and the watch does not stop between athletes.
a.)ミックス(混合)リレー:チームは男子2名と女子2名の競技者4名で構成する。女子、男子、女子、男子の順で競う。それぞれが、トライアスロン/デュアスロン/ウィンタートライアスロンのいずれかを、完全に競技する。チームの合計時間は、最初の競技者から、4番目の競技者のフィニッシュまでとする。時間は連続しており、計測は競技者の間で停止しない。

b.) 3x relay: A team is composed of 3 athletes of same gender. Each of them will cover a triathlon/duathlon/winter triathlon/cross triathlon/cross duathlon. The total time for the team is from the start of the 1st team member to the finish of the 3rd athlete. Time is continuous and the watch does not stop between athletes.
b.)スリー・バイ・リレー:チームは同一性の競技者3名で構成する。それぞれが、トライアスロン/デュアスロン/ウィンタートライアスロン/クロストライアスロン/クロスデュアスロンのいずれかを完全に競技する。チームの合計時間は、最初の競技者から、3番目の競技者のフィニッシュまでとする。時間は連続しており、計測は競技者の間で停止しない。

c.) Corporate: A team is composed of 3 athletes regardless of gender.The first athlete will cover the swim segment, the second one the bike segment and the third one the run segment. The total time for the team is from the start of the 1st team member to the finish of the 3rd athlete. Time is continuous and the watch does not stop between athletes.
c.)コーポレイト: チームは、男女を問わず競技者3名で構成する。最初の競技者がスイム競技、2番目の競技者がバイク競技、3番目の競技者がラン競技を担当する。チームの合計時間は、最初の競技者から、3番目の競技者のフィニッシュまでとする。時間は連続しており、計測は競技者の間で停止しない。

d.) Team competition based on the individual results: The total team time is the addition of the 3 best times of the athletes from the same nation and gender. In case of a tie, the time of the third team member will determine the team result.
d.)個人結果によるチーム競技:合計チーム時間は、同じ国で同一性別のベスト競技者3名を足したものである。タイとなった場合は、三番目のチーム員のタイムで決定する。

16.4. Results: 16.4.結果:
a.) Each NF can enter more than one team, but only the team with the best finishing position will be listed in the results and eligible for awards (medals) and prize money.
a.)各NFは、複数のチームをエントリーできる。ただし、ベストの1チームだけが、記録として残り、賞(メダル)と賞金の対象となる。

16.5. Eligibility: 16.5.資格:
a.) The general eligibility rules apply. The minimum age is 16 years.
a.)一般的な資格ルールを適用する。最低年齢は16歳である。

16.6. Uniform: 16.6. ユニフォーム:
a.) The ITU Uniform Rules apply. All members of a team must wear the same country uniform.
a.) ITUユニフォームルールを適用する。すべてのチームメンバーは、同じ国のユニフォームを着用しなければならない。

16.7. Team Relay Briefing: 16.7. チームリレーブリーフィング:
a.) Team relay briefing. A briefing for the coaches will be conducted the day before the event.
a.)チームリレーのブリーフィング。コーチへの説明会は、大会前日に行われる。

16.8. Team Composition: 16.8.チーム構成:
a.) The team coach will nominate the team members at the team relay briefing.
a.)チームコーチは、チームリレーのブリーフィングでチームメンバーを指名する。
b.) One hour before the race start, the coach can communicate a different team composition to the TD, otherwise the team composition communicated at the team relay briefing will remain.
b.)レース開始1時間前に、コーチは、別のチーム構成をTDに伝えることができる。さもなければ、チーム構成は、リレーブリーフィングで伝えたチーム構成が残る。

16.9. Race Day Check-In: 16.9.レース当日チェックイン(登録):
a.) All the team members must check in together.
a.)すべてのチームメンバーは、一緒に登録しなければならない。

16.10. Relay Exchange: 16.10.リレー交代:
a.) The relay exchange from one team member to another will take place inside the exchange zone, which is 15 metres long. a.)チームメンバー1名から他のメンバーへのリレー交代は、15メートルの長さの交代ゾーン内で行わなければならない。
b.) The exchange is completed by the in-coming athlete, using their hand to contact the body of the out-going athlete within the relay zone.
b.)交代を完了するには、リレーゾーン内で、戻ってくる競技者が、出発する競技者の身体に手でコンタクトする(触れる)。
c.) If contact occurs outside the exchange zone, both athletes must return to the exchange zone and complete the exchange properly.
c.)このコンタクトが交代ゾーン外で行われた場合は、両競技者は、交流ゾーンに戻り、適切に交代を完了しなければならない。
d.) If the exchange is not completed inside the exchange zone, the team will be disqualified.
d.)交代は、交代ゾーン内で完了しなければ、チームを失格とする。
e.) Prior to the relay exchange, the athletes will wait in a pre-relay exchange area until the Technical Official tells them to enter the exchange zone.
e.)リレー交代の前に、競技者は、審判員が交代ゾーンに入る指示を出すまで、プレリレー交代エリアで待機する。

16.11. Penalty Box: 16.11.ペナルティボックス:
a.) Infringements due to starting before the official start time and leaving the helmet strap fastened in Transition Area infringements will be penalized with 15 seconds and will be served by the athlete who infringes the rule.
a.)公式スタート時間前のスタート、トランジションエリアでヘルメットを締めたまま(訳注:外しておかねばならない)とする違反は、15秒のペナルティとなり、このルールに反した競技者自身がペナルティを受けなければならない。
b.) All other time penalties will be penalized with 10 seconds and are to be served at the penalty box. These penalties can be served by any team member currently competing on the field of play.
b.)他のすべてのタイムペナルティは、ペナルティボックスでの10秒間とする。これらの罰則は、現在フィールドオブプレー(FOP:競
技コース)で競技中のどのチームメンバーが受けてもよい。

16.12. Finish: 16.12.フニッシュ:
a.) Only the last team member is allowed to cross the finish line.
a.)最終のチームメンバーだけが、フィニッシュラインを通過することを許可する。

★Paratriathlon (47頁から57頁)は訳済*JTUウェブサイト掲載中
http://www.jtu.or.jp/news/2013/130517-1.html

ITU Competition Rules 58頁から

18. WINTER TRIATHLON: 18.ウィンターライアスロン:
18.1. Definition: 18.1.定義:
a.) Winter Triathlon consists of running, mountain biking and cross country skiing. All segments of the race will be preferably on snow. Depending on the circumstances, the run and bike segment can be moved to a different surface.
a.)ウィンタートライアスロンは、ランニング、マウンテンバイク、クロスカントリースキーで構成する。すべてのレース種目は、雪の上で実施されることが好ましい。状況に応じて、ランとバイク競技は、異なる路面に変更することができる。

18.2. Official Training and Familiarization: 18.2.公式トレーニングとファミリアライゼーシォン(試走):
a.) Official training and familiarization sessions will be conducted by the Technical Delegate and the LOC. Athletes and coaches may attend these official training and familiarization sessions.
a.)公式トレーニングや試走セッションは、技術代表とLOCが行う。競技者やコーチは、これらの正式トレーニングや試走セッションに参加する。
b.) Conduct on race days: Athletes are not allowed to warm up or do any familiarization on the course while a race is in progress.
b.)レース日の規範:競技者は、ウォームアップや試走をレース中に行うことができない。

18.3. Run Segment: 18.3.ラン競技:
a.) Running shoes are mandatory on the running segment. This rule is not applicable to age-group athletes;
a.)ランニングシューズは、ランニング競技で着用義務とする。この規則は、エイジグループ競技者には適用しない;
b.) Running shoes with spikes are allowed.
a.)スパイク付のランニングシューズを許可する。

18.4. Mountain Bike Segment: 18.4.マウンテンバイクの競技:
a.) The minimum tyre dimension is 26x1.5 inches (599-40), which means the smallest part of the tyre should not be less than 40mm;
a.)最小タイヤ寸法は、26x1.5インチ(599から40 )であり、タイヤの最小部分が40mm未満であってはならない;
b.) The bike segment of winter triathlon competitions is laid out as a cross-country course over snow and may follow normal roads or paths;
b.)ウィンタートライアスロン競技のバイク種目は、通常の道路や小道に沿って、雪上のクロスカントリーのように設定される;
c.) Athletes are allowed to push or carry the bike over the course;
c.)競技者は、コース上で、バイクを押したり持って進むことを許可する;
d.) Drafting is allowed; for safety reasons it may be forbidden to pass other athletes before entering the Transition Area. Lapped athletes will be not removed from the race.
d.)ドラフティングを許可する;安全上の理由から、トランジションエリアに入る前の他競技者を追い抜くことを禁止する。周回遅れの競技者をレースから除外しない。
e.) Athletes must bring their own tools and parts and must carry out their own repairs; Bike shoes are mandatory in the bike segment. This rule is not applicable to age-group athletes;
e.)競技者は、自分の工具および部品を持参し、自分で修理を行わなければならない;バイクシューズバイク種目では必須とする。この規則は、エイジグループ競技者には適用しない;
g.) Spiked tyres are allowed provided that the spikes are shorter than
5 mm. measured from the tyre surface.
g.)スパイクタイヤは、タイヤ表面から測定されたスパイクが5mm未満であることを条件に許可する。

18.5. Coaches Zone: 18.5.コーチゾーン:
a.) Coaches will have one space to feed their athletes in a designated zone on both the bike and ski segments.
a.)コーチは、自分の選手に飲食物を補給するために、バイクやスキーの指定された両方のゾーンで、専用スペース1区画を有する。

18.6. Ski Segment: 18.6.スキー区分:
a.) Testing of equipment (skis) is allowed prior to the race on specially marked tracks, or on the race-course, if announced by the Technical Officials;
a.)用具(スキー)のテストは、審判員が許可した場合、特別に区分されたトラック、または、レースコースで行える;
b.) Athletes cannot be accompanied by team members, team managers or other pacemakers on the course, during the race;
b.)競技者は、レース中、コース上のチームメンバー、チームマネージャー、その他ペースメーカーを伴うことができない;
c.) Athletes are allowed to change one ski and both poles;
c.)競技者は、スキー1個と両方のポールを交換することができる;
d.) Athletes may ski using their preferred technique;
d.)競技者は、自分の好みの技法によりスキーを競技できる;
e.) Specified zones may have restrictions to classic style or double poling;
e.)指定されたゾーンでは、伝統的スタイル、またはダブルポーリングに制限する。
f.) Wearing the bike helmet during the ski segment is not allowed.
However, due to the effect of cold temperatures on mobility, wearing a helmet could be authorised by the TD;race;
f.)スキー競技中は、バイクヘルメット着用を禁止する。ただし、移動による冷却温度効果により、技術代表の承認により、ヘルメット着用を許可する;
g.) Once a request to pass is made by a athlete, the athlete being passed must move to the side as soon as possible;
g.)競技者が、追い越しを望んだ場合、追い越された競技者は、できるだけ早くコースのサイド(端)に寄らなければならない;
h.) In the finish chute (30-50m), skiing freestyle may be forbidden.
Double poling may be required. Prepared tracks must then be used. This circumstance will be announced in the athletes’ briefing;
h.)フニッシュシュート( 30?50メートル)では、スキーフリースタイルは禁止されることがある。ダブルポーリングが指示されることがある。その場合は、別に準備されたトラックを使用する。この状況は、にアスリートブリーフィングで説明する;
i.) Athletes cannot remove their skis until at least 10 metres past the finish line. The last ski check will take place after this line;
i.)競技者は、フィニッシュラインから10mを過ぎるまで、スキーを脱着することはできない。最終のスキーチェックは、このラインを過ぎたところで行う;
j.) Ski shoes are mandatory in the cross country ski segment. This rule is not applicable to age-group athletes.
j.)スキーシューズは、クロスカントリースキーで必須とする。このルールはエイジグループ競技者には適用しない。

18.7. Transition Area Conduct: 18.7.トランジションエリアの競技:
a.) Skiing inside the transition area is forbidden;
a.)トランジションエリア内でのスキーを禁止する;
b.) In the transition area, Technical Officials may assist athletes by receiving and placing their bikes and handing out their equipment.
This service must be equal for all athletes.
b.)トランジションエリアでは、審判員は、バイクの受け取り、配置、用具の手渡しなどにより、競技者を支援することができる。このサービスは、すべての競技者に平等でなければならない。

18.8. Finish Definition: 18.8.フィニッシュの定義:
a.) An athlete will be judged as "finished," the moment the tip of the front ski boot crosses the finish line.
a.)競技者は、フロントスキーブーツの先端がフィニッシュラインを越えたときに「フニッシュ」と判断される。

18.9. Weather conditions: 18.9.気象条件:
a.) The race will be cancelled when the air temperature is lower than -18o.
気温がマイナス18度よりも低い場合、レースを中止する。

19. CROSS TRIATHLON AND DUATHLON: 19. トライアスロンとデュアスロンをクロス:
19.1. General: 19.1. 一般:
a.) Cross Triathlon consists of swimming, mountain biking (MTB) and cross-country running.
a.)クロストライアスロンは、スイム、マウンテンバイク(MTB)、クロスカントリーランニングで構成する。
b.) Cross Duathlon consists of cross-country running, mountain biking(MTB) and cross-country running.
b.)クロスデュアスロンは、クロスカントリーランニング、マウンテンバイク(MTB)、クロスカントリーランニングで構成する。

19.2. Distances: 19.2.距離:
a.) The distance of Cross Triathlon is outlined in Appendix A.
a.)クロストライアスロンの距離は、付録Aに付記
b.) The distance of Cross Duathlon is outlined in Appendix A.
b.)クロスデュアスロンの距離は、付録Aに付記
c.) The course should have demanding hills and challenging technical aspects. A 5% tolerance margin will be accepted for the distance of the bike course, provided it has been approved by the Technical Delegate.
c.)コースは、力量を求められる丘や技術的な側面を有していなければならない。バイクコースの距離は、 技術代表の承認により、5%の許容範囲が認められる。

19.3. Official Training and Familiarization: 19.3.公式トレーニングと試走:
a.) Official training and familiarization sessions will be conducted by the Technical Delegate and the LOC. Athletes and coaches may attend these official training and familiarization sessions.
a.)公式トレーニングと試走セッションは、技術代表とLOCが実施する。競技者とコーチは、これらの公式トレーニングと試走セッションに参加することができる。
b.) Conduct on race days: Athletes are not allowed to warm up or do any course familiarization while a race is in progress.
b.)レース当日の行動:競技者は、競技中に、コースでのウォームアップや試走を行うことはできない。

19.4. Mountain Biking Conduct: 19.4.マウンテンバイク競技:
a.) The maximum tyre diameter for the MTB is 29 inches. The minimum cross section is 1.5 inch, (599-40), which means the smallest part of the tyres should not be less than 40mm.
a.)MTBの最大タイヤ径は29インチとする。最も小さいクロスセクションは、1.5インチ、(599から40)、これは、タイヤの最小部分が40mmを下回ってはいけない。
b.) Studded and/or slick tyres are allowed. b.)スタッズおよび/またはスリックタイヤを許可する。
c.) Athletes are allowed to push or carry the bike over the course.
c.)競技者が、コース上で、バイクを手で押したり、持ち運ぶことを許可する。
d.) Lapped athletes will be not removed from the race.
d.)周回遅れの競技者は、レースから除外されない。

19.5. Running Conduct: 19.5.ランニング競技規範:
a.) Spike shoes are allowed.
a.)スパイクシューズを許可する。

19.6. Coaches Stations: 19.6.コーチステーション:
a.) Coaches will have a designated space available on the bike and run segments in order to supply athletes with their own food and beverages.
a.)コーチは、バイクとラン競技で、自分の食料や飲料を、競技者に提供するための指定スペースを有している。

20. COMPETITION IN QUALIFYING ROUND FORMAT: 予選ラウンドフォーマットでの競技:
20.1. General: 20.1.一般:
a.) A competition in Qualifying Round Format consists of several rounds with a number of heats each qualifying athletes to the next round and eventually finishing with a final to determine a winner.
a.)予選ラウンドフォーマットでの競技は、いくつかのラウンドで構成されおり、各予選通過選手が次のラウンドに進み、最終的にはファイナル(決勝)で勝者を決定する。

20.2. Rounds: 20.2.ラウンド:
a.) The rounds will be called semifinals and final.
a.)ラウンドは、セミファイナル(準決勝)とファイナル(決勝)と呼ばれる。
b.) A competition will have two rounds.
b.)競技は、2つのラウンドがある。
c.) Semifinals and final will have 30 athletes as a maximum. The number of semifinals will be as follows.
c.)準決勝と決勝では、競技者は最大30名とする。準決勝の数は次のようになる。
(図解:ITUサイト参照61頁)
a.) Every semifinal will qualify a fixed number of athletes for the final. Additionally, a number of athletes will qualify from semifinal heats, based on fastest times.
a.)すべての準決勝は、最終戦のため、決まった数の競技者を選出する。さらに、一定数の競技者が、セミファイナル(準決勝)ヒートでの最速タイムによって選出される。
(図解:ITUサイト参照61頁)
b.) Athletes from different heats and with the same time (in seconds), which are tied in the last qualifying position, will all qualify, increasing the number of athletes qualified for the next round.
b.)別のヒートの競技者が、同タイム(秒)で、予選ポジション最下位で同率となったら、それら全員を予選通過とし、結果次のラウンドでは競技者数が増える。
c.) Athletes who have not qualified for the final will be sorted by time. In case of athletes withdrawing from the final, replacement will be made by the first athlete who has not qualified. The replacement will happen if the number of athletes in the final drops down to 30 athletes. (a random selection will be made made from those athletes who have the same time). The deadline for the replacements will be when registration opens.
c.)決勝に進めなかった競技者は、タイムにより選別される。決勝を辞退した競技者がいたら、決勝進出できなかった第一競技者を代替えとする。決勝への競技者数が30名となったら、代替えを行う。(同一タイムの競技者からランダム選択する)。代替えの制限時間は、登録開始までとする。

20.4. Distribution of athletes in the semifinals.20.4.準決勝での競技者の配分。
a.) The TD will compose the heats as follows:
a.)TDは、ヒート次のように構成する:
(i) If there are not any applicable rankings, the athletes will be distributed among the heats in order to have the same number of athletes per semifinal (some semifinals can have one more athlete than others). The athletes from the same NF will be distributed among the heats following the same principle.
(i) 該当するランキングが存在しない場合、競技者は、準決勝の競技者数を同じくするためにヒートごとに配分される(準決勝の組によっては、他より競技者1名が多い)。同じNFからの競技者は、次の同一基準によりヒートごとに配分される。
(ii) If a ranking is applicable, the ranked athletes will be distributed according to the chart below and the non-ranked athletes will fill the remaining spots by applying the principle of assigning a similar number of athletes from the same NF to every heat, and keeping all the heats of equal size.
(ii)ランキングが適用される場合、ランク付けされた競技者は、次のチャートにより配分され、非ランク選手は、すべてのヒートでの同一NFからの同様な区分の競技者を配分基準により、残りのスポットに配分される。

Chart. Distribution of ranked athletes among the semifinals.
チャート。準決勝でランク付けされた競技者の配分。
(図解:ITUサイト参照62頁)
Note: The number reflects the ranking order
備考:数字はランキングオーダーを反映する。

20.5. Numbering. 20.5.ナンバリング
a.) The numbers in the final will be assigned as first criteria according to the positions in the semifinals. The second criteria will be the time in the semifinal, the third, the ITU points list position, and the fourth a random apportionment.
a.)決勝でのナンバーは、第一基準として、準決勝での順位に基づき割り当てる。第二基準として、準決勝のタイムに準じる。第三基準では、ITUポイントリスト順位、そしてランダム配分とする。

20.6. Results. 20.6.記録結果。
a.) The overall results for the event will be the results of the final round.
a.)イベントの全体的な結果は、最終ラウンドの結果とする。
b.) If the event is included in any ranking which is allocating points to more positions than finishers in the final, the remaining points will be awarded as follows:
b.)イベントで、決勝での完走者よりも、より多くの順位にポイントが配分されるランキングがあるときは、残りのポイントは次のように授与する:
(i) To the DNF athletes in the final, according to their times in the semifinals,
(i)決勝でのDNF競技者へ、準決勝でのタイムに準じて配分する。
(ii) To the DNS athletes in the final according to their times in the semifinal,
(ii)準決勝でのタイムに従って、決勝に参加しなかった競技者に(配分される)。
(iii) To the athletes who did not qualify to the final, according to their times in the semifinals.
(iii)準決勝でのタイムにより、決勝に進めなかった競技者に(配分される)。
(iv) DSQ athletes will not earn any points.
(iv)DSQ競技者は、ポイントを獲得することはできない。

20.7. Prize money: 20.7.プライズマネー(賞金):
a.) Prize money distribution will follow the general rules (AppendixI) and the preceding paragraph if necessary.
a.)プライズマネー配分は、一般ルール(付録I)に従い、必要に応じて前項を参照する。

◎2013年ITU競技規則(2013年2月21日現在)*41〜46頁&58〜62頁 ・簡易訳。図表は除く。(JTU発信2013年10月31日)

1. このニュースは表記の日時現在のものであり、追加変更の可能性があります。

2. ニュースの全文または一部の文章をホームページ、メーリングリスト、ニュースグループまたは他のメディア等へ転載する場合は、出典・日時などを明記してください。

3. この記事へのお問い合わせ:
公益社団法人日本トライアスロン連合
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-3-8 第二栄来ビル6階
TEL:03-5469-5401(代)  FAX:03-5469-5403  
Email: jtuoffice@jtu.or.jp  URL: http://www.jtu.or.jp/

JTUオフィシャルスポンサー
NTT東日本 NTT西日本 日本サムスン BMW 富士ゼロックス サンフロンティア不動産 日本スキー場開発 ローソン 大和ハウス工業 OAKLEY スポーツクラブNAS 2XU TYR アシックス 日本航空 セレスポ H.I.S. スリーボンド