トップページ > JTU NEWS一覧 > JTU NEWS
公益社団法人日本トライアスロン連合 JTU 2013JTUニュースリリース 発行元:公益社団法人日本トライアスロン連合 JTU
配信日:2013年12月25日(水)
   

ITUイベント主催者マニュアル
(EOM-C・35-49頁)の簡易訳

国際トライアスロン連合(ITU)イベント・オーガナイザーズ・マニュアル(EOM)の簡易訳(英和対比)を発表します。今後、中盤から後半部分を順次発表し、全国からの自由なご意見をいただき、その後に再編集予定です。本件担当は、技術委員会です。なお、EOMは英文が原本であり、英文と和文(簡易訳)に差異がある場合は、英文の意味を優先します。

 

ITUイベント・オーガナイザーズ・マニュアル(2010年版)
C-1*35頁から49頁・簡易訳(JTU発信2013年12月25日)
http://www.triathlon.org/uploads/docs/eom3-techops-eventsdepartment-20100331.pdf
http://www.triathlon.org/about/downloads/category/event
_organisers_manual

 

INTERNATIONAL TRIATHLON UNION Event Organisers’ Manual (EOM) Part C: Technical Operations
国際トライアスロン連合(ITU)イベント主催者マニュアル( EOM )パートC:テクニカルオペレーション

 

TABLE OF CONTENTS目次
1 General1一般

2 Swim Course2スイムコース
2.1 Swim Course Layout 2.1スイムコースレイアウト
2.2 Swim Course Equipment 2.2スイムコース機器
2.3 Swim Course Personnel 2.3スイムコース要員
2.4 Swim Course Procedures 2.4スイムコース手順

3 Transition Area 3トランジションエリア
3.1 Transition Layout 3.1トランジション・レイアウト
3.2 Transition Area Equipment 3.2トランジションエリア機器
3.3 Transition Area Personnel 3.3トランジションエリア要員
3.4 Transition Area Procedures 3.4トランジションエリア手順

4 Bike Course Design Specifications 4バイクコース設計仕様
4.1 Bike Course Layout 4.1バイクコース・レイアウト
4.2 Bike Course Equipment 4.2バイクコース機器
4.3 Bike Course Personnel 4.3バイクコース要員
4.4 Bike Course Procedures 4.4バイクコース手順
4.5 Bike Course's Aid Station (only for Long Distance events)
4.5バイクコース・エイドステーション(長距離イベント用)


5 Bike Course Penalty Box (for draft illegal events)
5バイクコース・ペナルティボックス(ドラフティング禁止イベント用)
5.1 Penalty Box Layout 5.1ペナルティボックス・レイアウト
5.2 Penalty Box Equipment 5.2ペナルティボックス機器
5.3 Penalty Box Personnel 5.3ペナルティボックス要員
5.4 Penalty Box Procedures 5.4ペナルティ手順


6 Wheel Station 6ホイールステーション
6.1 Wheel Station Layout6.1ホイールステーション・レイアウト
6.2 Wheel Station Equipments 6.2ホイールステーション機器
6.3 Wheel Station Personnel 6.3ホイールステーション要員
6.4 Wheel Station Procedures 6.4ホイールステーション手順


7 Lap Counting 7ラップカウント


8 Run Course Design Specifications 8ランコース設計仕様
8.1 Run Course Layout 8.1ランコース・レイアウト
8.2 Run Course Equipments 8.2ランコース機器
8.3 Run Course Personnel 8.3ランコース要員
8.4 Run Course Procedures 8.4ランコース手順


9 Aid Station 9エイドステーション

10 Run Penalty Box (for draft legal events)
10ラン・ペナルティボックス(ドラフティング許可イベント用)
10.1 Run Penalty Box Layout 
10.1ランペナルティボックス・レイアウト
10.2 Run Penalty Box Equipment 10.2ランペナルティボックス機器
10.3 Run Penalty Box Personnel 10.3ランペナルティボックス要員
10.4 Run Penalty Box Procedures 10.4ランペナルティボックス手順

 

11 Finish Area Design Specifications 11フィニッシュエリア設計仕様
11.1 Finish Area Layout 11.1フィニッシュエリア・レイアウト
11.2 Finish Area Equipment 11.2フィニッシュエリア機器
11.3 Finish Area Personnel 11.3フィニッシュエリア要員

12 Relay Zone 12リレーゾーン
12.1 Relay Zone Layout 12.1リレーゾーン・レイアウト
12.2 Relay Zone Equipment 12.2リレーゾーン機器
12.3 Relay Zone Personnel 12.3リレーゾーン人要員

13 Public Address System 13パブリックアドレス・システム
13.1 High quality public address system 
13.1高品質パブリックアドレスシステム
13.2 Approving of Event Announcers 
13.2イベント・アナウンサーの承認


14 Medal Presentation 14メダルプレゼンテーション
14.1 Medal Presentation Layout 
14.1メダルプレゼンテーション・レイアウト
14.2 Medal Presentation Equipment 
14.2メダルプレゼンテーション機器
14.3 Medal Presentation Personnel 
14.3メダルプレゼンテーション要員
14.4 Medal Presentation Procedures 
14.4メダルプレゼンテーション・手順


15 Athletes Lounge Specifications 15アスリートラウンジ仕様
15.1 Elite athletes requirements 15.1エリートアスリートの要件
15.2 Age-Group athletes requirements 
15.2エイジグループアスリートの要件
15.3 Elite Uniform check requirements 
15.3エリートユニフォームチェックの要件


16 Athletes Briefing 16アスリートブリーフィング

 

17 Medical Management 17メディカルマネージメント(医療管理)
17.1 General 17.1一般
17.2 Medical Plan 17.2メディカルプラン(医療計画)
17.3 Personnel 17.3要員
17.4 Ambulances and Access 17.4救急車とアクセス
17.5 Hospital 17.5病院
17.6 Medical Records 17.6医療記録
17.7 Race Medical Management 17.7大会医療管理
17.8 Athlete Medical 17.8アスリート医療
17.9 Medical Supplies 17.9医療用品
17.10 Massage Facilities 17.10マッサージ施設
17.11 Spectator Medical 17.11観客メディカル
17.12 Cold Water conditions’preparations 17.12冷水状況での準備


18 Doping Control 18ドーピング・コントロール
18.1 General 18.1一般
18.2 Personnel 18.2要員
18.3 Doping Control 18.3ドーピング・コントロール


19 LOC office 19 主催地オフィス
19.1 General Requirements 19.1一般的な要件


20 SPORT EXPO Facilities 20 スポーツEXPO設備
20.1 General Requirements 20.1一般的な要件

 

21 Spectator Services 21観客サービス
21.1 General Requirements 21.1一般的な要件


22 Communication Plan 22コミュニケーション計画
22.1 Venue Communication Centre(VCC)
22.1会場コミュニケーションセンター(VCC)
22.2 General Requirements 22.2一般的な要件
22.3 Access 22.3アクセス
22.4 Training 22.4トレーニング
22.5 VCC Staffing and Hours of Operations 
22.5 VCC人材と運営時間
22.6 Radio Talk Groups 22.6ラジオトーク(無線)グループ
22.7 Radio Distribution and Retrieval 
22.7ラジオ(無線)の配布と回収
22.8 Radio Protocol 22.8無線プロトコル


23 Press Centre 23プレスセンター
23.1 General 23.1一般


24 Timing & Results 24タイミングと結果
24.1 General 24.1一般
24.2 Timing requirements 24.2タイミング要件


25 Evacuation Plan 25避難計画
25.1 Introduction 25.1はじめに
25.2 The Venue Description 25.2会場説明
25.3 Communication/ Command Centre 25.3通信/統括センター
25.4 Category of Evacuation 25.4避難カテゴリ
25.5 Urgent Evacuation 25.5緊急避難
25.6 Non-Urgent Evacuation 25.6非緊急避難
25.7 Evacuation Procedures 25.7避難手順
25.8 Evacuation Drawings 25.8避難図面


26 Contingency Plan 26危機管理計画
26.1 Definitions of Delay, Postponement and Cancellation 
26.1遅延、延期、中止の定義
26.2 Rules on Delay/ Postponement 26.2遅延/延期のルール
26.3 Rescheduling Management 
26.3再スケジューリング管理

 

1. General 1.一般
The technical operations section of the EOM combines the duties of the LOC regarding venue and operations. The following phases of a competition will be described in detail to maximise the television and spectator friendly element without compromising the safety and fairness of the competition:
EOM(イベント・オペレーション・マニュアル)のテクニカルオペレーション(技術運営)セクションは、会場と運営に係るLOC(主催者)の職務を総括している。競技の次の事項は、安全性と公平性を損なうことなく、テレビジョン・スペクテイターフレンドリー(テレビや観客に優しい)要素を最大化するために、詳細に記載する。:

a) Registration a)登録
Athletes; and アスリート;および
Coaches. コーチ

b) Briefings b)ブリーフィング
Athletes; andアスリート(選手:競技者);および
Coaches. コーチ

c) Course familiarisations c)コースファミリアライゼーション(コース試走)

d) Athletes lounge d)アスリートラウンジ

e) Swim course e)スイムコース

f) Transition area f)トランジションエリア
g) Bike Course g)バイクコース
Wheel station; and ホイールステーション;および
Lap counting. ラップカウンティング
h) Run course h)ランコース
Aid station; エイドステーション;
Lap counting; andラップカウント、および
Finish area. フィニッシュエリア
Primes (if applicable) プリム(対応可能であれば)
Sport presentationスポーツ・プレゼンテーション
Medal presentation メダルプレゼンテーション
Venue communication 会場通信

 

1.2 These phases will be described as: 1.2これらの事項は次のように説明される。
a) Layout a)レイアウト
Personnel要員
Equipments機器
Procedures 手順

 

1.3 Besides the course it will feature the transition area and the finish area in a ‘stadium-like’ fashion that will accommodate grandstand seating with large television screens and scoreboards, and it is presented in a manner that showcases an event.
1.3コースのほかに、大きなテレビ画面とスコアボードをグランドスタンド席に設置した「スタジアムのような設営(装い)」で、トランジションエリアとフィニッシュエリアを特徴づけ、大会を披露する。

 

2. Swim Course 2.スイムコース
2.1 Swim course layout 2.1スイムコース・レイアウト
a) The swim starting area will be defined by hard crowd control low fencing providing the athletes with a buffer zone from media and spectators.
a)スイムスタートエリアは、メディアや観客から選手を区分する緩衝部分を設けるために、観客等をコントロールする低いハードフェンスで仕切る。


b) Media will be provided a zone along the length of the swim start that will be secured from spectators by hard fencing and managed by security personnel or on a perpendicular platform attached to the one end of the platform not blocking the view of the VIPs.
b)メディアには、ハードフェンスで観客から仕切られたスイムスタート区間に沿ったゾーンが提供され、セキュリティ担当者によって管理されるか、VIPの視線を遮らない垂直のプラットフォーム(台)がポンツーンの一端に取り付けられる。

 

c) A VIP area at least 50 square meters will be provided adjacent to the swim start. It will be secured from spectators by low hard fencing and managed by security personnel. The Media and VIP areas must not overlap.
c)少なくとも50平方メートルのVIPエリアが、スイムスタートのそばに設置される。このエリアは、低いハードフェンスで観客から仕切られ、セキュリティ担当者によって管理される。メディアとVIPのエリアは重複してはならない。


d) A coaches’ area will be provided for all accredited personnel adjacent to the pre-start area.
This area will be secured by low hard fencing and managed by security personnel.
d)コーチエリアは、すべての認定コーチに提供され、プリスタートエリアに隣接する。このエリアは、低いハードフェンスで仕切られ、セキュリティ担当者によって管理される。


e) Number and length of laps: e)ラップ(周回)数と距離:
Elite/u23 -1500m - 2 laps (preferably 1000m + 500m);
エリート/u23 - 1500m - 2周(できれば1000m+ 500m);
Junior/age group sprint distance - 750m -1 lap;
ジュニア/エイジグループのスプリント距離 - 750m-1周;
Age group standard distance/paratriathlon -1500m-1lap;
エイジグループ・スタンダード距離/パラトライアスロン-1500m-1周
Long distance - 3000m/4000m -1 lap; and
ロングディスタンス - 3000m/4000m -1周;
Team relay - 300m -1 lap.
チームリレー - 300m-1周


f) The swim will be in a counter clockwise, if the TD does not order differently.
f)TDが別の指示を出さない限り、スイムは反時計回り(訳注:左回り)とする。


g) The turns should be curved and with the angle of the turn never more than 90°.
g)ターン(曲がり角)は、湾曲したものとし、90度以上としてはならない。


h) For standard and long distance events, the first turn buoy will be no closer than 350 metres from the start.
h)スタンダードとロングディスタンス大会では、最初のターンブイは、スタートから350メートル以上とする。


i)The swim course minimum depth should be 1,5m
i)スイムコースの最小の深さは1.5メートルとする。


j)The use of warm up area must not interfere with the competition in progress.
j)ウォームアップエリアの使用は、進行中の競技を妨害してはならない。


k) Medical facilities will be placed adjacent to the swim course.
k)医療施設はスイムコースに隣接して設置される。


l) An aid station will be placed adjacent to the swim exit for the age group athletes and paratriathletes.
l)エイジグループ選手とパラトライアスリートのエイドステーションは、スイム出口に隣接して設置する。

 

図解)ITU-EOM(Part C) 40頁
IDEAL SWIM COURSE DESIGN 理想的なスイムコース設計
First lap = 1000m 最初のラップ=1000メートル
Second lap = 500m 第二ラップ=500メートル

2.2 Swim course equipments 2.2スイムコース機器
a) Pre start area/call room a)プリスタートエリア/コールルーム(待機部屋)
Lining-up age group athletes in?time, is critical for avoiding any delays on the start times. A special area has to be prepared in order to facilitate the athletes from 3 waves (around 300) and a fast tracking line for last minute show up. At the end of this area, the timing chip certification should take place; and
エイジグループ選手を時間どおりに並ばせることは、スタート時間を遅らせないために重要である。三つのウェーブ(約300名)を受け入れ、スタートまじかの選手を緊急誘導できる特別エリアを設けなければならない。このエリアの端で、タイミングチップの認証を行う。

 

図解)ITU-EOM (Part C) 41頁
Timing Check Pointタイミングチェック・ポイント
Fast Tracking Lane緊急用レーン
AG Waiting Areas エイジグループ待機エリア
Start Lineスタートライン
Waves’ Check Points ウェーブ確認ポイント

The elite call room should be equipped with chairs, numbered boxes for leaving the last minute gear and water/refreshments. Ice should be provided in extreme weather conditions.
エリート・コールルーム(待機部屋)は、ウェアや水、軽食を入れるために椅子、番号付ボックスを装備する必要がある。
格別高温な気象状況では、氷を提供しなければならない。

 

b) Start area  b)スタートエリア
The 3 different types of start areas, in order of preference are:
3種類のスタートエリアは、優先順に次のとおり。

Solid pontoon: Gives the possibility of a dive start, solid construction.
ソリッドポンツーン(固体ポンツーン):ダイブスタート(飛び込みスタート)を可能とする。固定した構造。

Floating pontoon: Gives the possibility of a dive start. This pontoon has to be stable enough. Movement more than O,3m in any direction on competition conditions are not acceptable.
フローティングポンツーン(浮遊式ポンツーン):ダイブスタート(飛び込みスタート)を可能とする。このポンツーンは、十分に安定していなければならない。競技する状況で、いかなる方向にも0.3m(30cm)以上動いてはならない。

Platform beach start: Solid construction with a O,2m elevation on the front edge, which clearly defines the start line.
プラットフォームビーチスタート(浜辺に設置のスタート板):堅牢な構造で、前面端から0.2m(20cm)高くして、スタートラインを明確にしていること。

If there is no possibility of any pontoon the platform beach start is acceptable;
ポンツーン設置の可能性がない場合、プラットフォームビーチスタートを許可する。;

Swim pontoon/platform specifications: measuring minimum 60m x 3m. The design of the swim start line will provide an equal start position for all athletes; and The height of the pontoon is ideally between O,2m and O,5m.
スイムポンツーン/プラットフォーム仕様:最小60m×3m。スイムスタートのラインは、すべての競技者に平等なスタート位置を提供しなければならない;さらに、理想的なポンツーンの水面からの高さは、0.2m(20cm)から0.5m(50cm)の間とする。

c) Pontoon carpet c)ポンツーンカーペット
The swim platform will be completely covered in ‘blue’ carpet. The carpet should be made from an anti- slippery material.
スイムプラットフォームは、“ブルー(青色)”カーペットで完全に覆われていなければならない。カーペットは、滑り止め素材でなければならない。

 

d) Pontoon markings  d)ポンツーンのマーキング
There will be a ‘pre?start line’. This will be a solid white line minimum 5cm in width O,5m from the front edge of the swim platform;
“プリスタートライン(スタートラインの手前のライン)”を示す。これは、スイムプラットフォームの最前端から0.5m(50cm)の位置で、最少幅5cmでの強固な白線とする;

Each athlete will be allowed 0,75m; and
各競技者には0,75m(75cm)が許容され、さらに

Each athlete position will be numbered from right to left as we are facing the first turn buoy. The numbers must be minimum 20cm in size and white in colour facing the athletes as on the design below.
各競技者の位置は、最初のターンブイに面して、右から左に番号が付けられる。数字は、最少20cmで白色とし、図に示されたように、競技者に向かって配置される。

 

図解)ITU-EOM(Part C)42頁

 

e) Swim start system e)スイムスタート・システム
The LOC should prepare and provide an electronic start system for the start. This system should composed by at least 6 horns (22W), 3 metal poles for supporting the horns ,2 car batteries for power, 1 controller with microphone and switch with about 440m wire (for 2 set of circuit) or 220m wire(for 1 set of circuit).The following diagram is based on a 16 horns set up.
LOCは、スタート用に、電気式スタートシステムを準備し提供しなければならない。このシステムは、少なくとも6つのホーン(22W)、ホーンを支持するための3つの金属製のポール、電源用の2台のカーバッテリー、440メートルのワイヤー:電線(2セットの回路用)または220メートルのワイヤー(1セットの回路用)がマイクとスイッチの付いた一つのコントローラにつながっているもの。次の配線図は、16個のホーン設置に基づく。

 

図解)ITU-EOM(Part C) 42頁

 

f) Buoys f)ブイ
The turn buoys are, 1 m in diameter and not less than 2,5m in height. An ’oIympic-style’ banana buoy is preferred; and
ターンブイは、直径1メートルで高さは2,5メートル以上とする。 'オリンピックスタイル'のバナナブイが好ましい。さらに、
Sight Buoys: The number and placement of sight buoys will vary, but will never be placed less than every 50 metres apart.
目印用ブイ:目印用ブイの数と配置は、状況により異なるが、50メートル毎に設置しなければならない。
Banana buoys 5m long x 1m diameters. Fabric air-tights pvc 850-1100 denier, sewing high frequency welding system, multi connection inox for the connections of the buoys, valve irrevocably and should be removable.
バナナブイは、長さ5メートルで直径1メートルである。PVC(ポリ塩化ビニール)850-1100デニールの素材で縫製は高周波溶接されたものを使用し、空気を満タンにする。ブイの接続は複数接続イノックス法とし、バルブは取り外しができる開閉式を使用する。

 

図解)ITU-EOM(Part C) 43頁

 

Turn buoys 2,5m long x 1m diameters. Fabric air-tights pvc 850-1100 denier, sewing high frequency welding system, multi connection inox for the connections ofthe buoys, valve irrevocably and should be removable.
ターンブイは、長さ2,5メートルで直径1メートルである。素材には空気を一杯に入れる、PVC850-1100デニール素材で縫製用高周波溶接品とし、ブイの接続は複数接続イノックス、バルブは取り外しができる開閉式を使用する。
Sight buoys 1,2m long X 0,7m diameter. Fabric air-tights pvc 850-1100 denier, sewing high frequency welding system, multi connection inox for the connections ofthe buoys, valve irrevocably and should be removable.
目印ブイは、長さ1,2メートルで直径0,7メートルである。素材には空気を一杯に入れるPVC850-1100デニール素材で縫製用高周波溶接品とし、ブイの接続は複数接続イノックス、バルブは取り外しができる開閉式を使用する。


g) Swim course turning buoy set up: g)スイムコースのターンブイ設定:
The pull-down weight should be over 20 kg. In case of strong wind and relative big waves more weight needed. The weight must be at least 1 meter deep;
引き下げる重しは20キロ以上でなければならない。強風や比較的大きな波の場合、より重い重しが必要である。重しは少なくとも1メートルの深さになければならない;
The total length of rope (connecting the chain and the pull down weight) and chain should be enough long enough to keep the buoy in its position in case of wind, waves and tide differences;
ロープ(チェーンと吊り下げた重しを接続)とチェーンの長さの合計は、風、波、潮の満ち△干きがあっても位置を保てるよう、十分な長さでなければならない;
Wire is forbidden. Usage of carabiner is recommended;
ワイヤーは禁止。カラビナの使用が推奨される。

 

図解)ITU-EOM(Part C) Figure-01.44頁

 

If the turn buoy is not one part (olympic-style) then the separated buoys must be attached; One turning point (three buoys - 2 ‘banana’ and 1 standing buoy) must be stabilized by 7 independent fixing. See figure-O2; The fixing ropes should not disturb the athletes; Use ‘pull down weight’ for the banana and standing buoys; and The banana buoy must point exactly to the following turning point.
ターンブイが一体(オリンピックスタイル)となったものでなければ、別々のブイを取り付けなければならない;
ターン個所(ブイ3個、‘バナナ’ブイ2個と立脚ブイ1個)は、7つの独立した固定対応により安定させなければならない。図-02を参照。固定ロープは選手の邪魔になってはならない。
立脚ブイとバナナブイには吊り下げ重しを使用:バナナブイは、次のターニングポイントを正確に指している必要がある。 

 

図解)ITU-EOM(Part C) Figure-02. 44頁

 

h) Swim exit ramp h)スイム出口スロープ(ランプ)
The width will be at least 5m; 幅は、最少5mとする。
The swim exit can be either ramp or steps; スイム出口は、スロープまたはステップ(階段)のいずれかとする。
In case of a ramp, the angle can't be more than 25% and the bottom of the ramp has to be a minimum of 0,6m under the surface of the water;
スロープの場合には、傾斜角度は25%を超えてはならず、スロープの底部は、水面下で最少0.6m(60cm)より深くなければならない。
In case of steps, one step has to be minimum O,4m wide and two steps can't be more than 0,25m apart from each other in height. The first step has to be a minimum of O,6m under the surface of the water;
ステップ(階段)の場合、一つのステップが最小幅0.4m(40cm)とし、ステップの段差は、0.25m(25cm)以上あってはならない。最初のステップは、水面下で0.6m(60cm)以上に深くなければならない。;

The exit will be covered in blue anti slippery carpet (swimming pool deck type);
出口は、青色でスリップ防止素材のカーペット(スイミングプールのデッキタイプ)で覆われていること。
The swim exit should be clearly marked by 2,5m high branded buoys/pillars/columns;
スイム出口は、高さ2.5m(250cm)で表示が付いたブイ/柱/円柱で、明確に示す必要がある。
Fresh water showers should be provided for all athletes to run through on the way to the transition area;
淡水シャワーは、トランジションエリアへの通路のを抜ける間に、すべての競技者に提供されなければならない。;

There will be an official with a video camera to monitor the swim exit; and
スイム出口を監視するために、ビデオカメラを持つ審判員(役員)を置かなければならない。さらに、
Paratriathlon Requirements: The exit must be paratriathlon accessible.
パラトライアスロンの要件:出口は、パラトライアスロンが実施できるものでなければならない。

 

図解)ITU-EOM(Part C) 45頁

 

2.3 Swim course personnel 2.3スイムコース担当者
a) Described in the Marine operation plan - games level competitions (see appendix).
Swim course procedures (described also in the Marine operation plan - games level competitions) a)マリン運営プランに明記- ゲームレベル競技(付則参照)。
スイムコース手順(マリン運営プラン(ゲームレベル競技)に明記)
a) Water quality a)水質
Water quality tests: submit to the ITU:
At the time when the LOC announces the venue (if this takes place at least 15 months before the first competition date); One year prior in the month of the event; Two months before the competition; and 7 days before the competition.
Water quality tolerance limits (Bacterial or viral tests): samples are a mixture of water collected from three different locations on the swim course. Limits are:PH between 6 and 9 Entero-cocci not more than 100 per 100 ml (ufc/100ml) Escherichiacoli E. Coli not more than 250 per 100 ml (ufc/100ml)
水質検査: ITUに提出する。LOCが会場を発表するときに(最初の競技日の少なくとも15カ月前);イベントの一年前に;大会の2カ月前、さらに7日前に検査を行う。
水質許容限度(細菌性またはウイルス性のテスト):サンプルは、スイムコース上の3つの異なる場所から採取した水の混合物とする。制限は次のとおり。
PHは6と9の間、腸球菌は100ml(ufc/100ml)あたり100、大腸菌は100ml当たり250 以上あってはならない(ufc/100ml)。
(訳注:詳細はITU競技規則を参照)

 

b) Water temperature b)水温
Water temperature must be taken and posted daily beginning seven days prior to the competition;
水温は、大会の7日前から測定を開始し、毎日掲示しなければならない。
Water temperature must be taken and posted/announced one hour prior to the start of the event on competition day;
水温は、大会の競技スタート1時間前に測定し、掲示しアナウンスしなければならない;

Water temperature readings must be taken in the middle of the course, and at two other points throughout the course in a depth of 60cm. The lowest measured temperature is the official temperature; and
水温測定は、コースの中間地点とコースの他2個所でいずれも水深60センチメートルで行う。最低測定値を公式温度とする。さらに、
The decision regarding wetsuit usage will be determined one hour prior to the competition according to the ITU Competition Rules.
ウェットスーツ使用についての判断は、ITU競技規則により、競技の1時間前に決定される。

 

c) Course measurement c)コース測定
A laser transit or GPS will be used to measure the swim course, which must be exact with no current adjustment. This certified measurement must be provided to the TD.
スイムコースを計測するには、レーザートランジットやGPSを使用し正確を期さなければならず、潮流による調整は行わない。この認定された測定値は、TDに報告しなければならない。

 

d)Warm-upウォームアップ
The swim warm-up for the Elites athletes should end no later than 15 minutes prior to the start.
エリートアスリートのスイムウォームアップは、遅くともスタート15分前に終了しなければならない。

 

e) Swim start e)スイムスタート
Every start must be given by the referee, unless the TD assigns another technical official;
すべてのスタートは、TDが別の審判員を指名しない限り、審判長が行わなければならない;

 

Elite/u23/junior:エリート/u23/ジュニア:
The women and men's competitions will be completely separate with a minimum of 30 minutes between the finish of one competition and the start of the next competition.
女子と男子の競技は、一競技の終了と次のスタートの間を30分以上あけ、完全に分離しなければならない。

 

Age group/paratriathlon: エイジグループ/パラトライアスロン:
Swim start times will be determined by the TD based on the course layout and the number of athletes entered;
スイムスタート時間は、コースレイアウトと参加選手数により、TDが決定する;
For standard and sprint distance events the waves will not exceed 150 athletes per wave;
スタンダードおよびスプリントディスタンス・イベントでは、一つのウェーブで150名を超えることはない;
Waves will have different coloured swim caps after each other. At the same time the competition number should be allocated in a way to point out easily the different waves from each other e.g. 100 to 167: wave 1, 200 to 289: wave 2, etc.;
各ウェーブでは、それぞれ異なる色のスイムキャップが提供される。同時に競技ナンバーは、それぞれが容易に識別できるよう割り当てる。例えば第1ウェーブ:100から167、第2ウェーブ:200から289など;
Deep water start is acceptable touching the pontoon or a platform with one hand;
ディープウォータスタート(フローティングスタート)では、ポンツーンまたはプラットフォームに片手を触れてもよい;
Men and women waves can never be mixed (except paratriathlon); and Athletes from the same age category and gender must start together.
男子と女子のウェーブ(パラトライアスロンを除く)は、同一にすることはできない。さらに、同じ年齢・性別カテゴリーの選手は、同時にスタートしなければならない。

 

f) Swim start procedure f)スイムスタート手順
elite/u23/junior: エリート/u23/ジュニア:
The start line officials will take their position behind the start line; The athletes’ will be lined up at the call room;
スタートライン審判員は、スタートラインの後ろに位置する。選手はコールルームで並んで待機する。
The announcer will start presenting the athletes based on the protocol; The athletes should choose a spot and remain inside their start box; On the referee's call: ”on your mark” they athletes should take start positions; And
アナウンサーは、プロトコルに基づいて選手の呼び出しを開始する。選手がスポットを選択し、そのスタートボックス内に留まっていなければならない。審判長のコール「オン・ヨア・マーク」で、選手はスタートポジションに移らなければならない;さらに、
The start will be given with an air or electronic horn signal.
スタートは、エアホンまたは電子ホーン信号で与えられる。

 

3.Transition area 3.トランジションエリア
3.1 Transition layout 3.1トランジションのレイアウト
a) elite/u23/junior a)エリート/u23/ジュニア
Minimum width:10 metres; 最小幅:10メートル;
Flow, entry and exit angles: there should be no sharp angles and the flow should be in one direction for both transitions;
フロー(流れ・動き)、入口と出口の角度:鋭い角度があってはならないし、動きは、両方のトランジションに向けて一方向でなければならない;

Mount line: in the full width of the transition exit clearly marked determined by the TD; Dismount line: in the full width of the transition entrance clearly marked determined by the TD;
マウント・ライン:トランジションの全幅に明確に記され、TDが決定する。ディスマウント・ライン:トランジション入口の全幅に明確に記され、TDが決定する。

In case of two transition areas, the set up of the athletes’ positions must be exactly the same in both;
トランジションエリアが二箇所の場合は、選手のポジションのセットアップは、両方ともまったく同じでなければならない;
The entrance and exit of the transition should be a minimum of a 6m width; and The mount and the dismount line should be at least 5m away from the closest bike rack.
トランジションの入口と出口は、最小でも幅6メートルで、マウントおよびディスマウント・ラインは、最も近いバイクラックから、少なくとも5メートル離れてなければならない。

 

b) Age group/paratriathlon  b)エイジグループ/パラトライアスロン
Transition should be on a smooth surface, if on grass, it must be without holes or hazards and closely cropped;
トランジションは、平坦な場所に設置する必要があり、芝の上であれば、穴や危険がないこと、そしてよく刈り取られている必要がある;
Transition must be wheelchair accessible; トランジションは、車椅子に対応していなければならない。
The transition entry and exit should be marked with 3 to 4 metre high ITU branded towers or gantry; トランジションの入口と出口は、3-4メートルの高さのITUブランド付のタワーやガントレーで識別されなければならない。
The design of the transition area will ensure that all athletes run an equal distance without their bikes; The design of the transition should be set up so that there is no crossover of athletes;
トランジションエリアの設計は、すべての選手がバイクなしで走る距離を等しくしなければならない;トランジションの設計は、選手が交差しないようにしなければならない。

In case the TD orders one day in advance check-in for the age group athletes, the transition needs to be set and secured before the start of the check-in;
TDが、エイジグループ選手のチェックインを一日早めた場合、トランジションは、チェックイン開始前に準備し、管理される必要がある。
The design of the transition and the athletes’ allocation should allow every athlete to re-check his/her equipment up to 30 minutes before and check out from 15minutes after the finish of the last athlete of his/her wave;
トランジションや選手配分の設計は、すべての選手が30分前に用具を再チェックし、最終ウェーブの最後の選手がフィニッシュした15分後にはチェックアウトできるようにする;
Ensure that all paratriathlon athletes are using the same entrance and exit; The paratriathlon transition section should be set to provide the easiest possible access; And
すべてのパラトライアスロン選手が、同じ入口と出口を使用することを確認。パラトライアスロンのトランジションセクションは、もっともアクセスしやすい位置に設置されるべきである;
Plan for extra lighting units in case of an early morning start.
早朝スタートでは、特別な照明ユニットを計画。

 

c) Team relay c)チームリレー
Athletes from the same team should be placed together in the transition area, unless the TD orders differently.
同じチームの選手は、TDが別の指示を出さない限り、トランジションエリアの同じ場所で待機する。


d) Long distance d)ロングディスタンス
Transition area assistants (handlers) are allowed; and A tent (separated for men and women) should be provided for changing the uniforms.
トランジションエリア?アシスタント(ハンドラー)が許可される。さらに、テント(男子と女子は分離)がユニフォーム交換のために設置される。

 

3.2 Transition area equipments 3.2トランジションエリア機器
a) Elite/u23/junior a)エリート/u23/ジュニア
Bike racksバイクラック
The preferred racks are the ‘Olympic style’;
好適なラックは、「オリンピックスタイル」である;
If standard metal tube bike racks are used, they must be firm and stable - approved by the TD;
標準的な金属管バイクラックが使用される場合、それらは、しっかりと安定していなければならない -TDが承認;
Each bike rack must have a laminated name card which is at least 20cm x 25cm including: athlete's last name, 3?letter country code and/or flag; A separate athlete number sticker will be attached to the laminated name card; and
各バイクラックには、20cm x 25cm 以上のラミネートされたカードが配されなければならない。:アスリートの姓、3文字の国コード、および/または国旗;別々の選手の番号ステッカーは、ラミネートされたカードに付けられる。さらに、
The identification on the laminated name card should be placed in such a manner that is visible to spectators and unobtrusive to the athletes.
ラミネートされたカード識別票は、観客には見え、選手には目立たない方法で付けられる。

 

図解)ITU-EOM(Part C) 47頁
図解)ITU-EOM(Part C) 48頁

 

Carpetカーペット
Completely carpeted in blue carpet from swim exit to transition exit.
スイム出口からトランジション出口までをブルーカーペットで完全に敷き詰めなければならない。


Equipment boxes用具ボックス
For each athlete with dimensions: 45cm x 30cm, and 25cm in height;
それぞれのアスリートのために:45cm×30cm、高さ25センチメートル;
A separate athlete number sticker will be attached to each box; and
別々の選手ナンバーステッカーが各ボックスに付けられる。さらに、
Weather conditions must be considered in the management of the athlete's equipment. (For example, box covers in case of rain.)
選手用具の管理のために、気象条件が考慮されなければならない。(たとえば、雨天では、ボックスをカバーする。)

 

b) Age group/paratriathlon Bike racks b)エイジグループ/パラトライアスロン用バイクラック
The racks must be secure with a minimum of 5m between the rows;
各ラックの間は、最低5メートルとし安全でなければならない;
Each age group athlete must be provided minimum width 0,75m in rack space;
各エイジグループ選手は、ラックの最小幅0,75 mを提供する必要がある;
Each paratriathlete must have 2m of transition space and folding chair should be available;
各パラトライアスリートには、2mのトランジションスぺースと折りたたみ椅子を用意する;
Bike positions should be clearly marked with a laminated card of 10cm x 10cm with the athlete race number;
バイク位置は、選手ナンバーの付いた10cm x 10cm のラミネートカードで明示する必要がある;
In both ends of each row, a 1m x 1m sign has to show the race numbers and age group categories that can be found in the row; and
各ラック列の両端には、1m x 1mのサインにレースナンバーとエイジグループ区分を表示して、各ラックを列ごとに見分けられるようにする;さらに、
The bike rack pole should be at least in 120cm height from the ground level.
バイクラックのポールは、地上レベルから少なくとも120センチメートルの高さとする。
Carpetカーペット
The TD will determine the areas in the transition area which must be carpeted.
TDは、トランジションエリアのどの場所にカーペットを敷くかを決定する。

 

3.3 Transition area personnel 3.3トランジションエリア担当者
a) Staff and volunteers a)スタッフとボランティア
Transition entrances and exits of(訳注:of不要)must be controlled by clearly uniformed security personnel;
トランジション入口と出口は、明確な制服着用のセキュリティにより制御されなければならない。

There should be adequate numbers of trained volunteers to direct and manage the flow of athletes maintain order and cleanliness of the transition area; and
選手の流れをスムーズに保ち、トランジションエリア内で選手を滞らせない配慮が出来る十分な数のボランティアを配置しなければならない。
The LOC has to provide volunteers to the transition area with the following roles: body marking, chip distribution, bike mechanic, bike check-out.
LOCは、次の役割のボランティアをトランジションエリアに配置しなければならない:ボディマーキング、チップの配布、バイクメカニック、バイクのチェックアウト。

 

b) Technical officials b)テクニカルオフィシャル(審判員)
The number of technical officials assigned to the transition area will be determined by the TD based on the number of athletes in the competition;
トランジションエリアに割り当てられてる審判員の数は、競技の選手数によりTDが決める。
A minimum of 4 technical officials should be used in the Elite Transition Zone for monitoring all the infringements during the TZ 2. The use of two video cameras is suggested for recording the athletes’ movement
最低4名の審判員が、エリートの第2トランジション(TZ 2)での違反を監視するために配置される。選手の動きを記録するために、2台のビデオカメラ使用が推奨される。
Two officials will be assigned to the mount and dismount line; and No other personnel are required in the transition during the elite, u23 and junior competitions.
2名の審判員が、乗車および降車ラインに配置される。エリート、U23、ジュニア競技のトランジションでは、それ以上の審判員は配置しない。

 

c) Media c)メディア
The host broadcaster team and the ITU official photographer will be the only media allowed inside the transition area, unless the TD decides differently. A media specific lane should be preferred parallel to the transition area where is applicable;
TDが別の指示を出さない限り、ホストブロードキャスターチームとITU公式カメラマンが、トランジションエリアに入ることが許可されるメディアである。可能であれば、メディア専用のレーンがトランジションエリアに平行に設置される;
The TD has the authority to remove these members of the media if, in his/her opinion, they are compromising the safety or fairness of the competition; and
TDは、競技の安全や公平性を損なうと判断した場合、メディアのメンバーを排除する権限を有する。さらに、
All other media are corralled in an area adjacent to the transition area.
他のすべてのメディアは、トランジションエリアに隣接する場所に配置される。

 

d) Team officials d)チーム役員
Team officials are not allowed in the transition area; and There will be a designated coaches’ area adjacent to the transition area.
チーム役員はトランジションエリアに入ることを許可されない。また、トランジションエリアに隣接してコーチエリアを設置する。

 

e) VIPS and other dignitaries e)VIPと貴賓客
VIPs and other dignitaries are not allowed in the transition area; and
VIPと他の貴賓客は、トランジションに入ることを許可されない。
There will be an appropriate VIP viewing area adjacent to the transition area.
トランジションエリアに隣接した場所にVIPの観戦エリアを設ける。
Transition area proceduresトランジションエリア手続き
The security of the transition area is the responsibility of the LOC.
トランジションエリアのセキュリティは、LOCの担当とする。
If Olympic style” transition flow is used, the spacing needs to be minimum 2,5m per athlete
オリンピックスタイルのトランジションの流れが使用されるときは、選手一名に対し最小2,5メートルのスペースが必要である。
If standard transition flow is used (either with ‘Olympic style’ or metal tube), the spacing needs to be minimum 1m per athlete.
標準的なトランジションの流れが適用されるときは( 'オリンピックスタイル'または金属管のいずれか)、選手一名の最小スペースは1メートルとする。

Elite/u23/junior numbering: エリート/u23/ジュニアのナンバリング:
The lowest number must be closest to the transition area exit.
最小ナンバーは、トランジションエリアの出口に最も近くなければならない。

If there are two rows of bike racks, the lowest number must be on the right side facing the exit of the transition area. The even numbers must be on one side and odd numbers on the other side.
バイクラックが2列であれば、最小ナンバーは、トランジションエリアの出口に向かって右側とする。偶数番号は片方に、奇数番号は反対側に揃える。

 

図解)ITU-EOM(Part C) 49頁

 

Age group/paratriathlon numbering:
Age group athlete positioning in the transition will be determined by the order of their swim wave start.
エイジグループ/パラトライアスロンのナンバリング:
トランジションでの、エイジグループ選手の配置は、それぞれのウェーブスタート順に決定する。

 

図解)ITU-EOM(Part C) 50頁

 

◆以上、ITUイベント・オーガナイザーズ・マニュアル(2010年版)
C-1*35頁から49頁・簡易訳(JTU発信2013年12月25日)

1. このニュースは表記の日時現在のものであり、追加変更の可能性があります。

2. ニュースの全文または一部の文章をホームページ、メーリングリスト、ニュースグループまたは他のメディア等へ転載する場合は、出典・日時などを明記してください。

3. この記事へのお問い合わせ:
公益社団法人日本トライアスロン連合
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-3-8 第二栄来ビル6階
TEL:03-5469-5401(代)  FAX:03-5469-5403  
Email: jtuoffice@jtu.or.jp  URL: http://www.jtu.or.jp/

SPONSORS
SPONSORS
sponsors
SPONSORS NTT西日本 NTT東日本 大和ハウス工業 富士ゼロックス BMW 日本航空 アシックス ローソン サムスン電子ジャパン セレスポ サンフロンティア不動産H.I.S. スポーツクラブNAS 日本スキー場開発 OAKLEY 2XU TYR スリーボンド