トップページ > JTU NEWS一覧 > JTU NEWS
公益社団法人日本トライアスロン連合 JTU 2014JTUニュースリリース 発行元:公益社団法人日本トライアスロン連合 JTU
配信日:2014年1月16日(木)
   

ITUイベント主催者マニュアル
(EOM-C・72-83頁)の簡易訳

第四弾となるITUイベント・オーガナイザーズ・マニュアル(EOM-C)の簡易訳(英和対比)です。各地からのご意見を参考に、再編集予定です。EOMは英文が原本であり、英文と和文(簡易訳)に差異がある場合は、英文の意味を優先します。

 

ITUイベント・オーガナイザーズ・マニュアル(2000年版)
C-4*71頁から83頁・簡易訳(JTU発信2014年1月15日)
http://www.triathlon.org/uploads/docs/eom3-techops-eventsdepartment-20100331.pdf
http://www.triathlon.org/about/downloads/category/
event_organisers_manual

 

INTERNATIONAL TRIATHLON UNION Event Organisers' Manual (EOM) Part C: Technical Operations
国際トライアスロン連合イベント主催者マニュアル(EOM)パートC:テクニカルオペレーション

 

18. DOPING CONTROL 18.ドーピングコントロール
18.1 General 

18.1一般
a) It is the responsibility of the LOC to make sure that anti-doping control is conducted at the event. The LOC should contact the proper anti-doping organisation and arrange for the appropriate number of tests to be conducted. The number of tests needed will be stated in the contract. A minimum of ten urine tests should be conducted at any ITU event
a)大会でアンチドーピングコントロールを確実に実施するはLOCの責任とする。LOCは、適切なアンチドーピング組織に連絡し、実施すべき適切な数の検査を行う。必要なテスト数は契約書に記載される。 最小10件の尿検査をITUイベントで実施する。
b) ITU complies with WADA on all doping rules and regulations (See ITU website for all current information on anti-doping control). All tests should be conducted using best practices of all international standards.
b)ITUは、すべてのアンチドーピング規程や規則についてWADAに準拠している(最新のすべてのアンチドーピング情報は、ITUのWebサイトを参照。すべてのテストは、すべての国際基準による最良の方法により実施しなければならない。
c) The results of all tests and the anti-doping control forms should be forwarded to ITU as soon as possible.
c)すべてのテストとアンチドーピングコントロールフォームの結果は、速やかにITUに送信する。
d) Provisions should be made to accommodate anti-doping control at the event. This will include at a minimum private waiting areas, secure washroom facilities, processing rooms and bottled water.
d)イベントでのアンチドーピングコントロールに対応する計画を立案する。このなかには最低でも、プライベート待機エリア、洗面所設備の確保、プロセスルーム、ミネラルウォーターが含まれる。

 

18.2 Personnel 

18.2担当者
a) The anti-doping control agency will require a number of doping control chaperones. The exact number will depend on the number of tests being completed and the event schedule. Both male and female chaperones will be needed. In some countries, the national federation may have certain obligations to the national anti-doping agency, please check with your NF on this issue.
a)アンチドーピングコントロール機関は、何人かのドーピングコントロールシャペロンを必要とする。正確な数は、実施するテスト数、イベントスケジュールによる。男女シャペロンが必要となる。一部の国では、NFは、国内アンチドーピング機関に一定の義務を負うため、この件について、貴NFに確認する。

 

18.3 Doping control

18.3ドーピングコントロール
a) The LOC of each ITU event must have provisions for a minimum of ten in-competition urine tests. The exact number and who will be tested will be communicated to the TD by the anti-doping organisation conducting the tests.
a)各ITUイベントのLOCは、最低10件の競技内検査実施を計画する。被験者の正確な数と対象者は試験を実施するアンチドーピング組織がTDに報告する。
b) The LOC must contact the anti-doping organisation associated with the national federation in their country or region. If you are unsure, please contact ITU Anti-Doping Director for an agency in your area.
b)LOCは、国や地域のNFが関連するアンチドーピング組織に連絡する必要がある。不明であれば ITUアンチドーピングディレクターに該当の組織を問い合わせる。
c) Once doping control has been confirmed with the appropriate agency, please inform the ITU Anti-Doping Director.
c)適切な組織によるドーピングコントロールが確定したら、ITUアンチドーピングディレクターに報告する。

d) Anti-doping control facility onsite requirements: The exact size will be determined by the number and type of tests being conducted. The anti-doping organisation conducting the tests will be able to specify exactly what requirements that they will need to have to conduct the tests according to the international standards of testing.:
A 3m x 3m area (preferably not a tent) completely private area, away from the public and media;
d)大会現場のアンチドーピングコントロール施設の要件:正確なサイズは検体数と検査種類によって決定される。検査を行うアンチドーピング機関は、国際基準の検査での要件を正確に知ることができる。:一般やメディアから隔離された完全なプライベートエリアの3m×3mのエリア(好ましくはテント以外の場所);

Two double toilets to accommodate the testing procedure; Two tables; Twelve chairs; Bottled water, sport drink, replenishing food for the athletes (sealed); Minimum of ten volunteers to work as drug testing chaperones; and Security personnel to ensure that only doping control personnel and athletes, with their designated personnel, are allowed in the anti-doping control area.
試験手順に対応する2つのダブルトイレ;二つのテーブル;椅子12; ア選手用ボトル入り飲料水、スポーツドリンク、補給食糧(密閉)。薬物検査シャペロンとして働く最小10名のボランティア;さらに、ドーピングコントロール担当者と選手に限定するセキュリティ担当者、指定されたスタッフは、アンチドーピングコントロール内の出入りを許可される。

図解(ITU OEM, Part C:72頁参照)

 

19. LOC office 

19.LOCオフィス
19.1 General requirements 19.1一般要求事項
a)100m2 enclosed tent or trailer 100平方メートルの囲われたテント、トレーラー
b)electric power, phone line and internet connection 電力、電話回線とインターネット接続
c)tables and chairsテーブルと椅子
d)fridge冷蔵庫
e)notice board掲示板
f)maps マップ
g)tools, tape, paint, brooms, brushes, ツール、テープ、塗料、ほうき、ブラシ、
h)golf carts ゴルフカート
i)sunscreen日焼け止め剤

図解(ITU OEM, Part C:73頁参照)

 

20. Sport expo facilities 

20.スポーツエクスポ施設
20.1 General requirement 

20.1一般的な要件
a) Planned to maximize sales opportunities for the exhibitors a)出展者の販売機会を最大化することを計画
b) Area uniformly and tastefully laid-out. b)均一で上品にレイアウトされエリア。
c) Power and water sources. c)電源と水源。
d) Hard flooring. d)ハードフローリング

図解(ITU OEM, Part C:73頁参照)

 

21. Spectator services 

21.観客サービス
21.1 General requirements 

21.1一般要求事項
a) A food vending plan should be appropriately and tastefully planned with sufficient quality and a wide variety of nutritious food.
a)食品販売計画は、高品質と栄養価の高い食品の多種多様に揃え、適切で趣味の良いように十分に計画する。
b)Access to toilets (12). b)トイレへのアクセス(12)

図解(ITU OEM, Part C:74頁参照)

 

22.COMMUNICATION PLAN 

22,コミュニケーション計画
22.1 Venue Communication Centre (VCC)

22.1会場コミュニケーションセンター(VCC)
a) Provides the critical communication link between the various elements of the competition to ensure smooth movement of athletes, spectators, and vehicles.
a)様々な要素間の重要な通信リンクを提供し、選手、観客、車両の円滑な移動を確保する。
b) Should operate from a trailer and walled tent or other such housing that will be erected and clearly marked by signs.
b)トレーラーや囲いのあるテントまたは他の類似のハウジングから操作し、それらは明確な記号で明示する。
c)The centre will house the communication stations and the radio operators.
c)センターは、通信局と無線オペレータを収容する。

 

22.2 General Requirements 

22.2一般的な要件
a)100m2 tent or 10m trailer a)100平方メートルのテントまたは10メートルのトレーラー
b)80 to 100 radios b)無線器80から100
c)20 cell phones c)携帯電話20
d)Radio belts d)ラジオベルト
e)Fridge e)冷蔵庫
f)3 radio operator tables f)通信士用のテーブル3
g)12 chairs g)椅子12
h)2 tables (battery chargers) h)2テーブル(充電器)2
i)1 Whiteboard and stand1 i)ホワイトボード、スタンド1
j)6 x 10m extension cords j)10メートルの延長コード6
k)8 x detailed course maps k)詳細なコースマップ8
l)Water dispenser and cups for refreshments.l) 軽食用ウォーターディスペンサー(水容器)とカップ。
m)2 x Electric fans and extension cords (if the weather is hot). M)電動ファン2台と延長コード(天候が高温の場合)。
n)Adequate power supply n)十分な電力供給

図解(ITU OEM, Part C:75頁参照)

 

22.3 Access 

22.3アクセス
a) Access will be restricted to VCC staff, competition executive, and the various sector leaders.
a)アクセスは、VCCスタッフ、大会役員、各分野のリーダーに制限される。
b) Will be secure and off limits to the public. b)安全で一般出入り禁止とする。

 

22.4 Training 

22.4トレーニング
a) At the pre?competition day orientation VCC staff will be available to talk with each of the groups regarding portable radio use and protocol. Portable radios will be on hand for demonstration purposes. This will be followed by a short question and answer period.
a)競技前のオリエンテーションで、VCCスタッフは各グループと、携帯無線利用とプロトコルについて話す。携帯無線はデモンストレーションのために手に持って試す。これに続き、短い質問と答えの訓練が続く。
b) VCC staff should have the opportunity to become familiar with the Centre during the days prior to the competition.
b)VCCスタッフは、競技の前にセンターとの交信に慣れる機会を持つ。

 

22.5 VCC staffing and hours of operation 

22.5VCC配員と業務時間
a) Prior to competition day, and during set up, either the centre captain or assistant captain will staff the VCC. Staff will not be present during the night; however, site security should be in place.
a)競技の前と設営中に、センターキャプテンやアシスタントキャプテンのどちらかが、VCCのスタッフィング(配員)を行う。スタッフは、夜間の担当はせず、セキュリティが配置に付く。
b) On competition days the VCC will operate at maximum staffing levels.
b)競技日には、VCCが最大スタッフのレベルで業務を行う。
c) One volunteer from each of the following groups; COMPETITION, SECURITY, OFFICIALS, MEDICAL, SITE must be identified by the captains of the above-mentioned elements of the competition.
c)競技、セキュリティ、役員、医療、サイトからのボランティア1名は、前述の競技要素のキャプテンに識別されなければならない。
d) Those volunteers will be made available for duties in the VCC on competition day.
d)これらのボランティアは大会当日のVCCでの業務のために対応可能とする。
e) Volunteer duties will include:
e)ボランティアの義務は次が含まれる:
Monitoring their radio channel; それらの無線チャネルを監視する。
Transmitting and receiving messages via radio; Distribution and retrieval of radios; and Maintaining incident logs.
無線を介してメッセージを送受信する;無線機器の配布と回収、さらにインシデントログを維持する。

 

22.6 Radio talk groups 

22.6無線トークグループ
Nine radio talk groups will be utilised on competition day. Other support groups will use their own radio frequencies.
無線トークの9グループは、競技の日に活動する。他の支援グループは、独自の無線周波数を使用する。
a) Technical officials talk group:
a)技術役員(審判員)トークグループ:
Twenty radios, ear pieces and cases will be assigned to the TD and the officials;
無線20台、イアフォーンとケースは、TDと役員に割り振る。
One radio will be for the exclusive use of that Official;
無線1台は、この役員専用とする。
Eighteen radios will be assigned to the various on-course officials; and
無線機18台は、コース上の審判員に割り当てる。さらに、
One radio will be retained in the VCC and used by the officials that are assigned to the centre for radio communications duties.
無線1台は、VCCで保持し、無線通信業務のセンターに指名された役員が使用する。

b) Executive talk group. b)エグゼクティブトークグループ。
Five portable radios and cases will be assigned to the executive director, director of operations, director of venue operations, ITU TD, ITU TL and one other at the discretion of the ITU TD. Those radios should be made available six days prior to the event. One radio will be retained in the VCC.
携帯無線5台とケースは、エグゼクティブディレクター、運営ディレクター、会場運営ディレクター、ITU TD、ITU TL、ともう1名に、ITUTDの裁量で割り振る。これらの無線機器は、大会の6日前までに準備する。無線1台はVCCで保持する。

c) Medical talk group. c)医療トークグループ
Twenty-four portable radios are assigned to the medical element of the competition as follows: on course medical (17);
携帯無線24台は医療用要素に次のように割り当てられる。コース上の医療(17);
Emergency Response Team (ERT/Ambulance) (3); 緊急対応チーム(ERT/救急車)(3);
Spectator medical (2); 観客医療(2);
Medical director (1); メディカルディレクター(1);
VCC (1); 会場連絡本部(1);
Medical captain will use call sign MED 1; 医療キャプテンは、MED1コールサインを使用する。
On course medical radio operations will use call signs MED 2-18; and コース上の医療無線の操作はMED2-18コールサインを使用、さらに、
ERT assigned to the competition (ambulance crew) will use call sign ERT 1. The roving patrol will use EMS 2.
Executive Emergency 競技に配員された(救急隊員)は、コールサインERT1を使用する。ロービングパトロール(移動監視)はEMS2を使用する。

d) Competition talk group. d)競技トークグループ。
Twenty-seven portable radios will be assigned to the director of operations; 携帯無線27台は、運営ディレクターに割り当てられる。
One radio will be for the exclusive use of the director of operations; 無線1台はオペレーションディレクター専用とする。
Twenty five radios will be assigned to the various competition captains, i.e.; 無線25台は、各競技のキャプテンに割り当てられる。一例では、
Swim 4, Bike 10, Run 8, Transition 3; and スイム4台、バイク10、ラン8、トランジション3。さらに、
One radio will be retained and monitored in the VCC by a communications volunteer.無線1台はVCCのボランティアが保持し、モニターする。

e) Security talk group. e)セキュリティトークグループ。
Eleven portable radios and carrying cases are assigned to SECURITY; 無線機11台とキャリングケースはセキュリティに割り当てられる。
One security radio will be issued to the SECURITY DIRECTOR who will use the call sign SECURITY 1; 安全無線1台は、コールサイン、セキュリティ1でセキュリティディレクターに割り振る;
Nine radios will be assigned to the SECURITY volunteers who will use call signs SECURITY 2 through 10; and無線9台はコールサイセキュリティのボランティアに割り当てられコールサインはセキュリティ2から10とする。サラに、
One radio will be retained and monitored in the VCC by a SECURITY volunteer.無線1台は、VCCセキュリティのボランティアが保持しモニターする。

f) Sport presentation talk group. f)スポーツプレゼンテーショントークグループ。
Five portable radios and carrying cases will be assigned to the announcer talk group; 携帯無線5台とキャリングケースはアナウンサーのトークグループに割り当てられる。
One radio will be for use by the onsite announcer; 無線1台は、アナウンサーが現場で使用する。
Three radios will be for the use of the on course spotters; 無線3台はコース上のスポッターが使用する。
One announcer radio will be retained at the COMMAND location for use by the command team; and アナウンサー用無線1台は、コマンド(指令)チーム用に本部所在地で保持される。
This channel will not be monitored at the VCC.さらに、このチャネルはVCCでモニターされない。

g) Media talk group. g)メディアトークグループ。
Three portable radios are assigned to the media relations function; 携帯無線3台は、メディア関係の機能に割り当てられる。
Two radios will be for the exclusive use of the media relations team; 無線2台はメディアリレーションチームの専用とする。
One media radio will be assigned to the command team; and メディア無線1台は、コマンドチームに割り当てられる。さらに、
This talk group will not be monitored in the VCC.このトークグループはVCCでモニターされない。

h) Television talk group h)テレビトークグループ
Three portable radios are assigned to the TV production function; 携帯無線3台はテレビ制作担当に割り当てる。
Two radios will be for the exclusive use of the camera operators; 無線2台はカメラオペレーション専用とする。
One radio will be assigned to the ITU TL; 無線1台はITUTLに割り当てられる。
One TV radio will be assigned to the command team; and This talk group will not be monitored in the VCC.テレビ無線1台はコマンドチームに割り当てる。さらに、このトークグループはVCCにモニターされない。

i) Site talk group i)サイトトークグループ
Five radios for the set up and for the day of the event will be available; and At least one venue radio will be retained in the VCC.
設営用と大会当日用の無線5台が利用される。さらに、少なくとも会場無線1台はVCCで保持する。

j) Cellular phones: j)携帯電話:
Cell phone use will be kept to a minimum;
携帯電話の使用は、最小限とする
Only the race executive and others identified as essential users will be provided with cell phones;
大会幹部と主要とされる担当者にのみ携帯電話が提供される。
Twenty cell phones, batteries and chargers will be delivered to competition hdq two weeks prior to the days of the event;
携帯電話20台、バッテリーと充電器は大会の2週間前に大会本部に配布される;
At the time of issue of the phones, a directory will be developed and circulated to the users. A copy will also be available at the VCC; and
携帯電話の渡すときに、ディレクトリ(使用方法)を準備し使用者に渡す。このコピーはVCCに利用できるようにする。さらに、

Communications with city transit and transportation and streets police and hospital will conducted via the cell phone retained in the VCC. Contact numbers for on?duty personnel will be displayed in a prominent location in the centre.
都市交通、輸送、道路警察、病院とのコミュニケーションはVCCが保持する携帯電話を介して行う。現場担当者の電話番号は本部の目立つ場所に掲示する。

 

22.7 Radio distribution and retrieval 

22.7無線配信と回収
a)The VCC is the most important element in the event management. This is an excellent tool for the coordination of all the different areas and the immediate response to all the potential problems.
a)VCCはイベント管理における最も重要な要素である。これはすべての異なる分野の調整と潜在的な問題に対応するための優れたツールとなる。
b) A person in charge needs to be appointed for operating the VCC. The 5 key talk channels (site, competition, technical official, security and executive) need to be monitored by case radios.
b)担当者は、VCCを操作するために任命される。キートークチャンネル5系統(サイト、競技、テクニカルオフィシャル、セキュリティ、幹部役員)が本部無線でモニターされる。
c) A representative from police, ambulance and fire department should be located in the VCC, especially in cases that the triathlon event is hosted in the centre of big cities.
c)警察、救急車両、消防署の代表者がVCCに待機する、特にトライアスロンイベントが大都市の中心部で開催される場合。
e) A representative from ITU should also be present in the VCC.
e)ITUの代表者もVCCに待機する。
f) The control room should coordinate the communication between the main talk channels and supervise any athletes’ transportation to the hospital, evacuation procedures etc.
f)制御室は、メイン通話チャネルとの通信を調整する必要があり、選手の病院への移送や避難手順などを管理する。
g)During the training sessions, race captains will be provided with radio sign-out sheets and course/stadium maps. The captains will complete the sign-out sheets by writing the names (in the spaces provided) of their volunteers who will be equipped with a radio.
g)トレーニングセッション中、レースキャプテンは、無線サインアウトシート(貸出書)とスタジアムマップ(会場図)を提供される。キャプテンは、貸出書に無線を装備するボランティアの名前(対象の空欄に明記)を記入し完了する。

h) Additionally, the captains will plot the positions of the radio operators on the course maps. The completed course maps and sign-out sheets must be returned to the VCC captain on completion of the races.
h)さらに、キャプテンは、コース図上のどこに無線保持者を配置するかを計画する。出来上がったコース図とサインアウトシート(貸出書)を大会完了後にVCCキャプテンに戻す。

i) On the morning of the races, volunteers will report to the VCC where their portable radios will be ready for pick-up at the appropriate workstations. The volunteers will be required to sign for the receipt of their portable radio.
i)レース当日の朝、ボランティアは、適切な業務場所のどこで受け携帯無線を取れるかをVCCに聞きに来る。ボランティアは携帯無線の受取証に署名する。

j) At the end of the day's events, the various Captains will ensure that all portable radios are returned to the VCC and signed in.
j)一日のイベント終了時には、各キャプテンはすべての携帯無線がVCCに返還、署名されたことを確認する。
k)Communications staff will ensure all radios are present and VCC staff will be responsible for the final inventory check and return of all radio equipment.
k)通信スタッフは、すべての無線があることを確認し、VCCスタッフは、最終的な在庫確認を行い、すべての無線端末を返却する。

図解(ITU OEM, Part C:77頁参照)

 

22.8 Radio protocol 

22.8無線プロトコル
You have to use the radio by the 6-step radio process, which is defined below:
次のように定義され6段階のラジオプロセスによって電波を使用する。
Think about what you want to say
何を言いたいかを考える
Listen for airwaves to be clear
放送電波を明確にするために耳を傾ける
Press the button (and hold)
ボタンを押す(ホールド)
Breathe
呼吸する
Speak
話す
Release button
ボタン解除

Making and receiving a call
コールの送受信
Their call sign x 2 + “this is" + Your call sign + “over"
彼らのコールサイン2回。「こちらは」「あなたのコールサインは」「オーバー」
E.g. “Field 1, Field 1, this is Swim 1 over”
例えば、電話を受ける「フィールド1、フィールド1、こちらスイム1、オーバー」
(If no response, call again and say their call sign 3 times)
(応答なければ、再コールし、彼らのコールサインを3回呼ぶ)
still no response: “Nothing heard” + Your call sign + “out”
それでも応答がなければ:「何も聞こえない」「あなたのコールサイン」「アウト」
Your call sign + “receiving” (E.g. “Field 1 receiving”)
「あなたのコールサイン」「受信中」(例えば、 「フィールド1レシービング」)
Statement followed by "over”
「オーバー」に続く言葉
End of conversation: “out”
会話の終了:「アウト」

If unavailable
利用できない場合、
Your call sign + "receiving" + “standby 5" + “out”
「あなたのコールサイン」「受信中」「スタンバイ5」「アウト」
If important: Their call sign x 2 + “this is” + Your call sign +“respond immediately”
もし重要であれば:「彼らのコールサイン2度」「こちらは」「あなたのコールサイン」「すぐに応答」

Priority calls
優先コール
Stay calm
「落ち着いて」
“Ops 1, Ops 1, this is” + Your call sign + “PRlORITY”
「Ops1、Ops1、こちらは」「あなたのコールサイン」「プライオリティ(優先)」
Only priority calls should not be made, all staff on standby for instructions.
プライオリティコールだけを用いることは不可。待機中の全スタッフは指示待ち。

Emergencies
緊急時
Fire/Other: Call VCC on your own talk group or VCC Base.
火事/その他:自分自身のトークグループまたはVCCベースでVCCを呼び出す。
Medical: FOP calls "Medical Field 1" for assistance.
医療:FOPは「メディカルフィールド1」を支援のために呼び出す。

 

23. Press centre

23.プレスセンター
23.1 General

23.1一般
If the event has a press centre it should contain the following:
大会にプレスセンターがある場合、次を備えていなければならない:

The LOC will provide a stable high-speed internet connection and router / switch with enough ports for the expected number of media;
LOCは、安定した高速インターネット接続とルータ/スイッチを予想メディア数に十分な接合ポートを提供する。
Black and white laser printing facility;
黒と白のレーザー印刷設備;
A high-speed photocopier with sufficient paper supplies and extra stationery;
高速コピー機と十分な用紙、十分な事務用品;
Fax machine capable of international fax distribution;
国際ファックス送信が可能なファックス機器;
Well placed visible facility sign detailing the correct event title name;
正しいイベントタイトル名(大会名称)を明記し、認識しやすく掲示した施設名看板。
Notice board for maps, results and other news;
地図、リザルト、ニュース類の告知用ボード
Pigeon holes for press releases and flash quotes; and
プレスリリースや速報用のピジョンプホール(区分棚);さらに、
Refreshments for entire day for international and local media.
国際・地元メディア用に、終日分のリフレッシュメント(軽飲食物)。

図解(ITU OEM, Part C:79頁参照)

 

24. Timing and results 

24.タイミングと結果
24.1 General 

24.1一般
The local timing company must provide the results in the ITU database table for archiving on www.triathlon.org. This is a file containing the start lists that will be sent to the event from the ITU prior to the race. Please see the ITU results standards 2007 to see how the results should be inputted into this file (this is an Excel file that was sent with this file). The event will be given this file by the ITU:
entries@triathon.org
ローカルタイミング会社がITUデータベーステーブルで次に掲載するために結果を提供する。www.triathlon.org
これには、大会前にITUからのイベントに送信されるもので、スタートリストを含むファイルである。結果がこのファイルにどう入力されるかを見るために、ITU結果規格2007を参照する。(これは、このファイルを使用して送信されたExcelファイルである)。イベントには、ITUがこのファイルを提供する。
entries@triathon.org

Once the file is completed and verified it should be emailed to the following email address:entries@triathon.org. Results should be emailed as soon as possible after the race. Please note that all results should be put into the ITU results template format. Paper faxed or scanned results will not be accepted.
ファイルが完了して検証されたら、次のメールアドレスに電子メールで送信する。entries@triathon.org。結果は、レース後できるだけ早く電子メールで送信する。すべての結果は、ITリザルトテンプレートに配置することを考慮する。ファックスやスキャンでの結果は受け入れない。

 

24.2 Timing requirements 

24.2タイミング必要条件
The LOC and the timing provider should plan the event timing plan according to the table below. This plan needs to be approved by the TD.
For further information please refer to the ITU Media, TV & Timing Requirements at www.triathlon.org
LOCとタイミングプロバイダは、以下の表によりイベントタイミング計画を計画する。この計画は、TDによって承認される。
詳細はITUメディア、テレビ、タイミング要件を参照。www.triathlon.org

図解(ITU OEM, Part C:80頁参照)

 

25. EVACUATION PLAN

25.避難計画
25.1 Introduction

25.1はじめに
a) XYZ is located at XYZ. (The evacuation plan should include the names that the police and fire departments use to name the area)
a)XYZはXYZに位置している。(避難計画には、警察と消防署が、エリアに使用する名前が使用される)

25.2 The venue description 25.2会場の説明
a) Regular access to the venue description.
a)会場の説明に定期的にアクセス。
b) The ITU World Championship is a XYZ?day event that and takes full control of the venue by way of a contract with the city of XYZ.
b)ITU世界選手権は、XYZ日のイベントで、XYZ市との契約で会場の完全な制御が可能である。
c) During the Triathlon, vehicular access is limited to the venue.
c)トライアスロン競技中に、車両の会場へのアクセスは制限される。
d) XYZ number of participants and XYZ number of spectators are expected to attend the event.
d) XYZ名の参加者とXY名の観客がイベントに参加することが予想される。

 

25.3 Communications/command centre 

25.3通信/コマンドセンター
a) The command centre is located at XYZ
a)指令センターは、XYZに位置している。
b) The ITU TD and senior police official will be responsible for directing evacuation procedures as deemed necessary.
b)ITUTDと警察幹部は、必要と認める避難手続きを指示する。

 

25.4 Category of evacuation

25.4避難のカテゴリ
a) Urgent evacuation: Caused by circumstances that poses an immediate threat to the life or safety of anyone in the park.
a)緊急避難:会場内で生命あるいはいずれかの安全に迫りくる危険状況に起因する場合。
b) Non-urgent evacuation: Caused by circumstances that pose a threat to crowd safety, however the identified danger is not immediately apparent.
b)非緊急の避難:一般の安全に脅威を与えるような状況に起因するが、特定された危険は直ちに明らかになってない場合。

 

25.5 Urgent evacuation

25.5緊急避難
a) Would be involved in the case of a tornado warning, severe winds, torrential rain, or any confirmed danger to lives where it was decided that evacuation was the best course of action. Advance warning of weather related dangers would be provided to the command centre by the emergency radio network that would provide severity and estimated time of arrival at location.
a)竜巻警報、激しい風、豪雨、またはその避難が最善の行為と判断される生命への危険があるとき。激しさや現場への襲来時間など天候関連の危険への事前警告は、緊急無線ネットワークによりコマンドセンーへ知らされる。
b) In the case of urgent evacuation, the attendees will be alerted by the P.A. system and mobile loud hailers.
b)緊急避難では、参加者は、PAシステムと携帯拡声器で警告される。

 

25.6 Non-urgent evacuation 

25.6非緊急時の避難
a) Will be implemented as a result of some threat of danger to the general public where the danger is not immediately apparent.
a)危険は直ちに明らかではないが、一般公衆への危険の脅威の結果として適用される。

 

25.7 Evacuation procedures

25.7避難手順
a) These evacuation procedures could apply to the entire site or to one or more particular areas, depending on the situation. The evacuation plan will be implemented only as a final resort.
a)これらの避難手順は、会場全体、または1つ以上の特定のエリアに、状況に応じて適用する。避難計画は、最終的な手順として適用する。
b) The ITU TD or senior police official shall be responsible for declaring an evacuation following consultation with the event and ITU Executive Directors and ITU Communications Director.
b)ITUTDまたは警察幹部は、イベントおよびITU理事とITUコミュニケーションディレクターとの相談により、避難を宣言する責任担当とする。
c) The implementation of the evacuation plan will deploy manpower in the following way:
c)避難計画の実施においては、次のように担当者を配置する。
d) The senior police officer will advise all police personnel on site to assist with immediate evacuation.
d)警察幹部は、大会会場のすべての警察職員が即座に避難支援するよう指示する。
e) Security personnel with loud hailers on golf carts will advise the attendees of an immediate evacuation.
e)拡声器を付けたゴルフカートのセキュリティ担当者は、参加者に緊急避難を知らせる。
f) The city transit senior inspector will be informed of the immediate evacuation and asked to deploy transit equipment accordingly.
f)都市交通の上級検査官は、緊急避難の報告を受け、これに沿った輸送機器を配備する。

g) The Triathlon volunteer coordinator will instruct all volunteer supervisors of the evacuation order.
g)トライアスロンボランティアコーディネーターは、すべてボランティアの責任者に避難命令を指示する。
h) The Triathlon site captain will advise all commercial vendors and contract services of the evacuation order.
h)トライアスロンサイトのキャプテンは、すべての販売や契約サービス関係者に避難を指示する。
i) Triathlon volunteers will direct pedestrian traffic at all entry/exit points into the venue.
i) トライアスロンボランティアが、会場へのすべての入口/出口で歩行者の通行を誘導する。

 

25.8 Evacuation drawings 

25.8避難図面
a) Evacuation drawings should be available and posted in all the public spaces and the rooms/tents
a)避難図面は、すべての公共の場、ルーム/テントに掲示する。
b) The official gates/entrances should be marked
b)公式ゲート/入り口は明示する。
c) The evacuation routes and the locations of the wardens should be marked clearly.
c)避難経路や監視員の配置は明確に明示する。

図解(ITU OEM, Part C:82頁参照)

 

26. CONTINGENCY PLAN 

26.コンティンジェンシー?プラン(緊急・非常時計画)
26.1 Definitions of delay, postpone and cancellation 
26.1遅延、延期、中止の定義
a) Delay: An event is considered delayed if it does not start at the scheduled start time or is interrupted after the scheduled start.
a)遅延:計画の開始時刻にスタートしない、またはスタート予定の後に中断された場合、イベントが遅れるとみなされる。
b) Postpone: An event is considered postponed when it cannot be completed within the scheduled session (or an extended session) and is rescheduled to another session on the same day or another day.
b)延期:予定の時間内(または延長した時間内)に完了できない場合で、同日の他の時間または別の日に再スケジュールされたイベントが延期とみなされる。
c) Cancellation: An event is considered cancelled when it is delayed or postponed and cannot be restarted or rescheduled.
c)中止:遅延または延期され、再スケジュールできない場合、イベントは中止とみなされる。

 

26.2 Rules on delay/postponement:

26.2遅延/延期の規則:
a) There are no prescribed rules for delays and postponements; however the TD and Director of Operations would consult on weather conditions and other situations in the interests of protecting the safety of the athletes.
a)遅延や延期には、所定のルールはないが、TDとオペレーションディレクターは、選手の安全を守るのために気象条件や他状況を勘案する。

 

26.3 Rescheduling management 

26.3再スケジュール管理
a) Points to note: a)注意点:
Venue curfews - The race could not finish in the dark; and Sport technical constraints (ie: warm up periods) - A 20 minute warm-up period must be provided for athletes.
会場の時間制限 - レースは暗くなってからの終了とはしない。さらに、競技技術上の制約(例:ウォームアップ時間) - 20分間のウォームアップ時間を選手に確保する。

b) Decision maker on delay/postpone b)遅延/延期の意思決定者
The TD is in consultation with the director of operations and they both communicate with associated parties, eg. police, meteorological department, medical, etc.;
TDは運営ディレクターと協議の上で、双方が警察、気象局、医療等の関連する団体と連携する;
The TD, the TL, the director of operations, the director of venue operations and police authorities will determine when the delayed race will restart; and
TD、TL、オペレーションディレクター、会場運営ディレクターと警察当局が、遅延した競技の再開について決定する。さらに、
The TD, the TL, the director of operations, the director of venue operations and police authorities will determine when the race is postponed.
TD、TL、オペレーションディレクター、会場運営ディレクターと警察当局は延期される時期を決定する。

c) Rescheduling options c)再スケジューリングオプション
Delayed race: 遅れた競技:
Races can only be delayed prior to start. Once competition has commenced it will continue until its end unless dangerous/unsafe conditions occur;
競技は、スタート前にだけ遅延することができる。競技がいったん始まれば、危険な/安全でない状況が発生しない限り競技は終了まで継続する。
If dangerous conditions occur up to 40 minutes after the event has started, competition will not restart for at least 1 hour to allow sufficient recovery for the athletes;
競技開始後、最大40分迄に、危険な状態が発生したら、選手に休憩時間を与えるために競技は1時間前には再スタートしない;
If dangerous conditions occur 40 minutes after the start of the first competition, the first competition will take place 1 hour after the end of the second competition.
競技開始後40分以上経ってから危険な状態が発生した場合は、最初の競技は、第二の競技終了の1時間後に行う。
Usually, the women's competition takes place prior to the men's competition; and
通常、女子競技が男子競技の前に実施される;
The 2nd competition of the day can be delayed until a time predetermined by the decision. After that time the competition will be postponed to the next available day.
当日の二番目の競技は、事前に決定した時間まで遅らせることができる。それ以降であれば、競技は次の実施可能な日に延期される。

Postponed competition: The actual date would be set by the decision makers.
延期された競技:実際の日程は、意思決定者によって設定される。

d) Considerations when delaying d)遅延時の考慮事項
If the event is to finish after daylight hours, then lighting may be required for the medal ceremonies.
イベントが日照時間後に終了する場合、メダルセレモニーのために照明を準備する。

e) Considerations for postponement e)延期の考慮事項
Operation plans should be able to cover the changes.
運営計画には、変更内容を盛り込まねばならない。

f) Worst case contingency f)最悪ケースの対策
All the competitions to be scheduled for next day or whatever date is determined by the decision makers.
すべての競技について、翌日または何日開催されるかについては、デシジョンメーカー(LOC最高責任者)が決定する。

 

◎以上、ITUイベント・オーガナイザーズ・マニュアル(2000年版)
C-4*71頁から83頁・簡易訳(JTU発信2014年1月15日)

1. このニュースは表記の日時現在のものであり、追加変更の可能性があります。

2. ニュースの全文または一部の文章をホームページ、メーリングリスト、ニュースグループまたは他のメディア等へ転載する場合は、出典・日時などを明記してください。

3. この記事へのお問い合わせ:
公益社団法人日本トライアスロン連合
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-3-8 第二栄来ビル6階
TEL:03-5469-5401(代)  FAX:03-5469-5403  
Email: jtuoffice@jtu.or.jp  URL: http://www.jtu.or.jp/

SPONSORS
SPONSORS
sponsors
SPONSORS NTT西日本 NTT東日本 大和ハウス工業 富士ゼロックス BMW 日本航空 アシックス ローソン セレスポ サンフロンティア不動産 H.I.S. スポーツクラブNAS 日本スキー場開発 OAKLEY 2XU TYR スリーボンド