トップページ > JTU NEWS一覧 > JTU NEWS
公益社団法人日本トライアスロン連合 JTU 2014JTUニュースリリース 発行元:公益社団法人日本トライアスロン連合 JTU
配信日:2014年2月5日(水)
   

ITUイベント・オーガナイザーズ・マニュアル(EOM-D・84-127頁)の簡易訳

ITUイベント・オーガナイザーズ・マニュアル(EOM-D)の簡易訳(英和対比)を回覧します。英文と和文(簡易訳)に差異がある場合は、英文の意味を優先します。

INTERNATIONAL TRIATHLON UNION Event Organisers' Manual (EOM) Part D: Appendix
http://www.triathlon.org/uploads/docs/eom4-appendix-eventsdepartment-20100331b.pdf
http://www.triathlon.org/about/downloads/category/event_
organisers_manualTU

 

イベント・オーガナイザーズ・マニュアル(2000年版)パートD *84頁から127頁・簡易訳(JTU発信2014年2月5日)

TABLE OF CONTENTS 目次
Notes for Paratriathlon LOCs, 85  パラトライアスロンLOCの注意事項、85頁
Notes for Winter Triathlon LOCs,89  ウィンタートライアスロンLOC注意事項、89
Notes for the Cross Triathlon LOCs,91 クロストライアスロンLOC注意事項、91
Construction plan sample,93 設営計画サンプル、93
Detailed activities schedule,94 詳細活動計画、94
Budget Template,96 予算テンプレート、96
Critical path sample (operations),102 クリティカルパスサンプル:重要手順の実例(運営)、102
Marine operation plan - Olympic Games level competition,104 海洋運営計画 - オリンピックレベル競技会、104
Run course measurement manual,113 ランコース測定マニュアル、113
Sport equipment list,123 競技用具リスト、123

Notes for Paratriathlon LOCs, 85 パラトライアスロンLOCの注意事項(ITU-EOM; Part D:85頁)
訳注)このITU・EOMは「2008年1月1日現在の6つのカテゴリー」を「2014年版ITU競技規則」の該当箇所に差し替えた。

ITUパラトライアスロン(2014年版ITU競技規則:2013年12月ITU理事会承認)

17. PARATRIATHLON: 17.パラトライアスロン:
17.1. General: 17.1.一般:
a.) Paratriathlon, as per the ITU Constitution, is governed by the ITU Competition Rules.
This section contains the rules which affects only paratriathlon.
a)パラトライアスロンは、ITU憲章により、ITU競技規則で規定される。この項には、パラトライアスロンに係るルールが含まれる。

 

17.2. Paratriathlon Categories:
a.) ITU Paratriathlon Categories shall be established based on physical disabilities. Please refer to the ITU Paratriathlon Classification Rules and Regulations for eligible impairments. Medical evidence shall be required for classification.
ITU パラトライアスロン競技カテゴリーは身体障害に基づいて定められる。各障害の資格については、ITU パラトライアスロン・クラシフィケーション(クラス分け)ルールと規則を参照する。資格分類では医学的な証拠が求められる。

b.) The seven categories are as follows:
b.) 7区分は次のとおり。
(i) TRI 1 - Wheelchair user: Includes Paraplegic, Quadriplegic, Polio, Double Leg
Amputee and disabilities that prevent the safe use of a conventional bicycle.
Must use handcycle on bike course and racing wheelchair on the run;
Profiles, 4,5,6,7,8,9,10,11,17a,18a,19
b.)トライ1 - 車椅子の利用者:半身不随、四肢麻痺、ポリオ、両脚切断者と、従来型の自転車を安全に利用できない障害を含む。バイクコースでは「ハンドサイクル」(17.12 条に記載)、ランでは「競技用車椅子」(17.13条に記載)の利用が義務付けられる。プロファイル4,5,6,7,8,9,10,11,17a,18a,19プロファイル詳細)
ITU Paratriathlon Classification and Regulations
http://www.triathlon.org/uploads/docs/ITU_Paratriathlon_Classification
_Rules_and_Regulations_2013_-_FINAL_AUG.pdf

(ii) TRI 2 - Severe leg impairment, including above knee amputees. Must ride bicycle and may run with above knee prosthesis or run using crutches;
Profiles 19
トライ 2 - 膝上切断を含む重度の脚の障害:自転車でバイク競技を行い、膝上の義足かクラッチ(松葉づえ)を利用してラン競技を行わなければならない。プロファイル19

(iii) TRI 3 - Les Autres: Includes athletes with Multiple Sclerosis, Muscular Dystrophy, Cerebral Palsy, double leg amputee or paralysis in multiple limbs. Must ride a bicycle and run. May use braces or prosthesis; Profiles 12a,12b,13,14,15,17b,18b,20,25,26a,26b,27,28,31,32
(iii)トライ - 3  その他の身体障害:多発性硬化症、筋ジストロフィー、脳性まひ、両脚切断や多発性の四肢の麻痺を含む。自転車かトライサイクルを使ってバイク競技を、通常にラン競技を行わなければならない。支持具や義肢を使ってもよい。プロファイル 12a,12b,13,14,15,17b,18b,20,25,26a,26b,27,28,31,32

(iv) TRI 4 - Arm impairment: Includes paralysis, above elbow amputees and below elbow amputees, or impairment in both upper limbs. Must ride a bike. May use prosthesis, brace or sling on the bike and/or run;
Profiles 16,21,22,24,29
(iv)トライ4 - 腕の機能障害:麻痺、肘上の切断と肘下の切断、両腕の障害を含む。バイク競技とラン競技の一方または両方で、義手、支持具やつり紐(ひも)を使ってもよい。プロファイル 16,21,22,24,29

(v) TRI 5 - Moderate leg impairment: Includes below-knee amputees. Must ride a bicycle and may run with orthosis or prosthesis or crutches; The use of both prosthesis and crutches at the same is not allowed. Athletes with no amputation are not allowed the use of a prosthesis
(v)トライ5 - 中程度の脚の障害:膝下切断を含む。自転車でバイク競技を行わなければならず、ラン競技では補装具か義足、またはクラッチ(松葉づえ)を使ってもよい。義足と松葉づえ両方の同時使用は許可されない。脚の切断・喪失がない選手の義足使用は許可されない。

(vi) Profile 23 TRI 6a - Total visual Impairment (IBSA/IPC B1): Includes athletes who are totally blind. From no light perception in either eye, to some light perception but unable to recognise the shape of a hand at any distance or in any direction. One guide from same gender is mandatory throughout the race.
Profiles 36 - IBSA/IPC B1
(vi)トライ6a - 完全な視覚障害(IBSA/IPC B1):全盲の選手を含む。両目ともに光覚がない、光覚があってもいずれの距離・方向からも手の形を認識することができない。同性のガイド 1 名がレース全体を通じて伴走しなければならない。プロファイル 36 - IBSA/IPC B1

(vii) TRI6b Partial visual impairment(IBSA/IPC B2 and B3): Partially sighted athletes.Includes a visual acuity of less than 6/60 vision or visual field less than 20 degrees with best corrective vision. One guide of the same gender is mandatory throughout the race. Profiles 37a,37b - IBSA/IPC B2,B3
(vii)トライ6b
- 部分的な視覚障害(IBSA/IPC B2 and B3):部分的な視力を持つ選手。最大補正後視力が 6/60 以下の視力か、20度以内の視野を持つ。同性のガイド1名がレース全体を通じて伴走しなければならない。プロファイル 37a, 37b - IBSA/IPC B2,B3

 

1.2. Competition rules1. 2.競技ルール
LOCs should familiarize themselves with Section P of the ITU Competition Rules.
LOCは、ITU競技規則の「セクションP」を習熟する必要がある。

 

1.3. Classification 1.3.クラシフィケーション(クラス分け)
a) Continental and world championships require an official classifier to classify athletes into proper categories TRl1 through TRI6.The classifier should have IPC (International Paralympics) experience. Classification should be completed using the latest classification manual.
a)コンチネンタル選手権及び世界選手権では、選手をトライ1からトライ6に分類する公認クラシファイア(クラス分け委員)が必要である。クラシファイアは、IPC(国際パラリンピック協会)実習・経験が必要である。クラシフィケーション(クラス分け)は、最新のクラシフィケーション・マニュアルを使用して完了する。

b) Local Organising Committee (LOC) Responsibilities b)主催地組織委員会(LOC)の責任
After the closing date of entries, the LOC shall send to the International Triathlon Union office a list of all athletes, their National Federation, listed Profile Number and the Class(category) in which they are entered. The list will be checked and returned to the LOC, verifying those that are classified and a list of those that need to be classified, or re-examined.
エントリーの締切日後、LOCは、記載されているプロファイル番号と入力されたクラス(カテゴリー)と所属NFを記した全選手リストを国際トライアスロン連合事務局に送付する。リストは、分類されたもの、分類の必要があるもの、再考の必要があるものが検証されLOCに返送される。

The LOC is responsible to schedule all necessary paratriathlete classifications to take place before the start of competition. Thirty (30) minute periods should be designated for each appointment, with adequate meal times and breaks scheduled for the classifiers. Athletes shall be sent the date and time of their scheduled classification appointment prior to the event, or immediately upon their arrival at the competition.
LOCは、必要なすべてのパラトラアイスリート・クラシフィケーションを競技開始前に設定する。各予約は30分を確保し、クラシファイア(クラス分け委員)には適切な食事の時間と休憩を予定に入れる。選手は、大会前、あるいは大会会場に到着後すぐ、クラシフィケーションの予定日時を送付する。

A clean, private examination room shall be made available for all classification appointments. The room shall be equipped with an examination bed with a pillow, 2 or chairs, a table, drinking water and a towel. The area shall be large enough to accommodate the Classifiers, the athlete and the athlete's representative.
清潔な専用検査室は、すべてのクラシフィケーションに利用できるようにする。部屋には検査用ベッド、枕2、椅子、テーブル、飲料水、タオルを備える。検査官、選手、選手の代理受け入れのため十分に広いものとする。

An appropriate waiting area shall be provided near the examination room.
診察室の近くに適切な待合室を設ける。

The Classifiers shall be assigned an Administrative Assistant. In addition to administrative duties, such as photocopying, the Administrative Assistant shall ensure that athletes arrive for their scheduled appointments and communicate with team managers if necessary, convey classification results to the LOC as soon as possible, and arrange for athletes to be assessed on their tricycle, bike or handcycle, if required by the Classifiers.
クラシファイアは、管理アシスタントを割り当てられる。コピーなどの管理業務の他に、管理アシスタントは、選手の予約どおりの到着、必要に応じたチームとの通信管理、可能な限り速やかにLOCに分類結果を伝え、クラシファイアに求められたら、選手のトライサイクル、バイクやハンドサイクル検分のために手配する。

A private area is to be provided near the competition area for the classifiers (including the host nation's own classifiers who wish to be present) to observe the athletes and discuss their classification without being overheard.
選手を検査し、分類について他に漏れ伝わらないように意見を交わすため、クラシファイア(希望した場合、主催国の独自のクラシファイアを同席)の専用エリアを用意する。

c) Classifiers'Expenses c)クラシファイアの経費
The LOC must undertake to meet all expenses incurred by Classifiers, either by providing the facilities or by paying all their relevant costs.
LOCは、クラシファイアによって発生した費用を負担するか、施設を提供するか、あるいは関連経費を支払う。

The expenses must cover return travel from the Classifier's home to the competition venue, accommodation and subsistence at the venue to a reasonable standard, and any other essential expenses.
クラシファイアの自宅と競技会場の往復旅費、合理的なレベルの宿泊施設と食事、その他の重要な経費を負担する。

Accommodation should be provided for the classifiers away from the paratriathletes, if possible, and preferably near the Technical Delegates.
クラシファイア用の宿泊施設は、できるだけパラトライアスリートから離れた場所とし、技術代表に近い場所の確保が好ましい。

 

1.4 Handlers 1.4ハンドラー
a) "Handlers" are to be allotted as follows:
a)「ハンドラー」は、次のように割り当てられる。
One (1) handler for categories TRI 2, TRI 3, TRI 4, and TRI 5;
カテゴリー・トライ2、トライ3、トライ4、トライ5には、ハンドラー1名。
Up to two (2) handlers for category TRI 1;
カテゴリー・トライ1では、ハンドラー最大2名;
No handlers for category TRI 6 (Guides may act as handler for this category).
カテゴリー・トライ6では、ハンドラーは割り当てない(このカテゴリーでは、ガイドがハンドラーを兼ねる)。

b)The LOC should have available a minimum of 6 persons, above the age of 18, who can be allocated to an athlete as personal handler, after the Referee's approval. These persons shall be assigned to a specific athlete during the paratriathletes' briefing.
b)LOCは、審判長の承認後、個人的なハンドラーとして選手に割り当てられる18歳以上のスタッフ最低6名を確保する。これらのスタッフはパラトライアスリート・ブリーフィングで特定の選手に割り当てられる。

c)At swim exit area, the Local Organizing Committee (LOC) shall provide a minimum of six (6) "swim exit handlers", who will be responsible for assisting the paratriathletes from the swim exit to the "wetsuit removal area". The final number of "swim exit handlers" shall be determined by the Technical Delegate. Only these persons will be allowed to enter this area. Their training should be supervised by the Technical Delegate.
c)スイムイグジット(出口地点)では、主催地組織委員会(LOC)は、スイム出口から「ウェットスーツ着脱エリア」までパラトライアスリートを支援する「スイムイグジットハンドラー」最低6名を確保する。「スイムイグジットハンドラー」の最終的な数は、技術代表が決定する。これらスタッフだけがこのエリアに入ることができる。スタッフの訓練は、技術代表が監督する。

1.5 Registration and Accreditation 1.5登録と認定
a)Prior to registration, paratriathletes should complete a classification process to ensure athletes meet the 15% minimum disability category and to ensure athletes are registered in the proper category.
a)登録の前に、パラトライアスリートは、選手が最小15パーセントの障害カテゴリーを満たし、選手が適切なカテゴリーに登録されたことを確認し、クラシフィケーションプロセスを完了する。
b)Registration and accreditation distribution will take place prior to the Paratriathletes'briefing.
b)登録と認定証発行は、パラトライアスリート・ブリーフィング前に実施する。
c)All guides and handlers must be registered at the briefing
c)すべてのガイドとハンドラーは、ブリーフィングで登録する。
d)Credentials must be distributed to the registered paratriathletes' handlers.
d)資格証は、登録されたパラトライアスリート・ハンドラーに配布される。
e)Tickets for opening and closing (medal) ceremonies are also to be included for handlers.
e)開会式と閉会(メダル)式のチケットは、ハンドラーも含まれる。
f)Paratriathletes' race package should include: race bib number (a bib with the word <Guide> for the TRI6 athletes'guides), 3 race sticker numbers for the helmet, 1 race sticker number for the bike, 4 safety pins, timing chip, accreditation pass, athletes'guide, ticket for all the social functions for the athletes and the personal handlers. LOC gifts may be distributed at the same time.
f)パラトライアスリート・レースパッケージには次が含まれる:
レースビブナンバー(トライ6選手ガイド用には、<Guide>と記したビブ)、へメット用スティッカーナンバー3枚、バイク用レースステッカー1枚、安全ピン4個、タイミングチップ、認定パス、選手ガイド、選手と個人ハンドラーの催事用チケット、LOCギフト、これらを同時に配布することができる。

g) Paratriathletes will receive their swim cup during the registration:
g)パラトライアスリートは、登録時にスイムキャップを受け取る。
Red colour: Competitor needs to be lifted from the swim exit to the wetsuit removal area.
赤色:スイム出口からウェットスーツ着脱エリアまでリフトが必要な選手。
Blue colour: Competitor needs to be supported to walk/run from the swim exit to the wetsuit removal area.
青色:スイム出口からウェットスーツ着脱エリアまで、歩く/走ることのサポートが必要な選手。
White colour: Competitor does not need any assistance at the swim exit.
白色:スイム出口で援助の必要がない選手。

 

1.6. Briefing 1.6.ブリーフィング
a) The Paratriathletes' briefing is compulsory for all the athletes
a)パラトライアスリート説明会は、すべての選手に義務である。
b) Following to the paratriathletes' briefing, a handlers' meeting shall be conducted
b)パラトライアスリート説明会の後に、ハンドラー会議が開催される。
c) The briefing room should be wheel chair accessible.
c)ブリーフィングルームは、車椅子のアクセスが必要である。

 

1.7. Course considerations 1.7.コースの考慮事項
a) Swim course a)スイムコース
Athletes need to be given adequate swim warm up time with clear instructions on the time frame for this
選手は、明確な指示により、タイムフレーム内で十分なウォームアップ時間を与えられる。
The minimum depth of water at any point on the course should be 1 meter.
コース上の深さは最低でも1メートル以上とする。
Paratriathletes will start using a deep water start.
パラトライアスリートは、ディープウォータースタート(フローティングスタート)で開始する。
In the case of a multiple loop swim, the entire swim portion of the event will be in the water. At no point other than the final exit from the swim will paratriathletes be required to exit the water (and then re-enter the water).
複数周回のスイムでは、全体のスイム部分は水中とする。スイムの最終出口以外は、パラトライアスリートが水から
出たり(その後、再入水)することを求めない。
Wetsuits are permitted regardless of temperature using the athlete's discretion.
ウェットスーツは、選手の裁量とするが、水温に係らず許可される。

b) Swim to bike transitional wetsuit removal area
b)スイムからバイクトランジション・ウェットスーツ着脱エリア

Consideration needs to be given as to how athletes will move from the swim exit to the bike transition areas. Adaptation may be necessary to eliminate stairs or steep ramps not accessible by wheelchairs. In the case where a steep ramp is used to travel over a roadway; traffic may be required to stop for periods of time to allow paratriathletes the ability to get from the swim exit to the bike transition.
選手がスイム出口からバイクトランジションエリアに移動する方法を考慮する。ウィールチェアーではアクセスできない階段や急な傾斜をなくす必要がある。道路に出るために、急な傾斜の上を走行する場合は、パラトライアスリートがスイム出口からバイクトランジションへ移動できるよう、交通を一時停止する。

Swim Exit area should be managed only by the trained Swim Exit Handlers
スイム出口エリアは、訓練を受けたスイムイグジットハンドラーが管理する。

A wetsuit removal area shall be planned with adequate space for facilitating the personal handlers, the athletes'daily wheelchairs and the medical personnel. Several chairs are also required at this area to assist athletes to don their prosthesis. This area must be secured
ウェットスーツ脱着エリアには、個人ハンドラー、選手の日常用車椅子、医療担当者のために十分なスペースを計画する。また、選手が人口義肢装着を助けるために、椅子を配置する。このエリアは、安全確保が必要である。

c) Transition area c)トランジションエリア
The transition area should be assigned to keep the distance from swim exit to transition no longer than necessary.
トランジションエリアは、スイム出口からトランジションまで必要以上に長く設定しない。

A distinct area within the transition area is required for paratriathletes. The required space per physically challenged athlete should be approximately two metres per athlete. This space will facilitate placement of both wheelchairs and hand cycles for TRII athletes; as well this space will facilitate additional equipment required for categories TRl2 through TRI6. One chair is to be provided for each paratriathlete within their designated transition space. Chairs are to be provided for all paratriathlon categories.
トランジションエリア内の個別のエリアがパラトライアスリートに必要である。フィジカリーチャレンジドアスリートに求められるスペースは、選手1人あたり約2メートルである。このスペースは、トライ1用車椅子とハンドサイクル両方の設置を容易にする。さらに、このスペースは、トライ2からトライ6のカテゴリーに必要な追加用具を容易にする。各パラトライアスリートに、指定のトランジションエリアで、椅子1脚を用意する。すべてのパラトライアスリート・カテゴリーに椅子を用意する。

Inside the transition zone all paratriathletes shall be in the same area. TRI 6 athletes should be positioned closer to the transition zone entrance from swim exit and the tri1 athletes closer to the transition zone exit. All athletes within a category should be grouped together within the transition area.
トランジションゾーン内では、すべてのパラトライアスリートが同じエリア内とする。トライ6選手は、スイム出口からトランジションゾーンの入口に近く配置し、トライ1選手は、トランジションゾーンの出口に近く設置する。同じカテゴリーの選手はトランジションエリア内でグループ化する。

d) Bike course d)バイクコース
Paratriathlon competitions are non-drafting events
パラトライアスロン大会は、ドラフティング禁止とする。

No bike course shall have a maximum gradient of over 12% at the steepest section.
バイクコースは最大勾配部分で12 %以上の勾配があってはならない。

e) Run course e)ランコース
The run course must be fully wheelchair accessible. All steps must be eliminated. Lf there are any curbs on the run course, ramps are required to be placed over curbs to overcome the obstacle. Trail type run courses are not suitable. If a portion of the run course is a trail run an alternate run course for paratriathletes may be necessary.
ランコースは完全にバリアフリーでなければならない。すべての階段が排除されなければならない。ランコース上縁石がある場合は、障害を避けるために縁石の上にランプを設置する。トレイルタイプのランコースは適していない。もし部分的にトレイルランコースがあれば、パラトラアイスリート用に代替のランコースを設ける。

Ensure the run course is wide enough in all sections to allow a wheelchair athlete and another athlete space to pass each other.
ランコースは、すべてのセクションで十分な広さを確保し、車いす選手と他選手とのお互いのすれ違いスペースを設ける。

 

1.8. Approximate course times for logistics
1.8.競技推移の想定コース時間
a) Sprint Distance triathlon (750m swim, 20km bike, 5km run)
a)スプリントディスタンス・トライアスロン(750mスイム、 20kmバイク、 5kmラン)
First swimmer 10min 先頭スイマー10分
Last swimmer 25min 最終スイマー25分
First cyclist 45min 先頭サイクリスト45分
Last cyclist 1h 15min 最終サイクリスト1時間15分
First runner 1h 05min 先頭ランナー 1時間05分
Last runner 2h 最終ランナー2時間
(Times are accumulative; therefore runner times are finish times)
(時間は累積であり、ランナーのタイムがフィニッシュタイムとなる)
As a guideline, athletes should be able to complete a sprint distance course in less than 2 hours.
However given the course difficulty, weather conditions and the athlete; a course may need to be kept open longer than four hours.
ガイドラインとして、選手は2時間未満でスプリントディスタンスのコースを終了することができる。しかしコースの難しさ、気象条件や選手のことを考慮し、コースは4時間以上占有する必要がある。

 

1.9. Timing 1.9.タイミング
If a separate paratriathlon transition area is required to be moved outside of the general transition area, every consideration must be given to try to accommodate complete timing for paratriathletes(eg. swim, bike, run and transition splits).
一般のトランジションの外にパラトライアスロン用トランジションを設ける場合、すべての考慮事項は、 パラトライアスロン選手の完全な競技計測に適応しなければならない(例えばスイム、バイク、ラン、トランジションのスプリット)。

 

1.10. Medals 1.10.メダル
There are six categories in each of the male and female divisions. This will result in the potential of 12 gold medals, 12 silver medals and 12 bronze medals. Medals will be awarded up to third place in each category for each of male and female divisions. The ITU in conjunction with the LOC need to ensure enough medals are available for presentation ceremonies.
男女の各部門で6カテゴリーがある。これにより、金メダル12個、 銀メダル12個、銅メダル12個が必要となる。メダルは男女の各部門の各カテゴリーで3位までに授与される。 ITUは、LOCと連携して十分なメダルが表彰式で使用できるよう確認する。
If a stage is to be used for medal ceremonies, ensure a ramp is provided for access by wheelchair athletes.
メダルセレモニーにステージを使う場合、車椅子の選手用にランプ(傾斜板)を設置する。

 

2. Notes for Winter Triathlon LOCs 2.ウィンタートライアスロンLOCの注意事項
2.1. General conditions: 2.1.一般的条件:
a) Winter Triathlon Competitions are held under ITU Competition Rules.
a)ウィンタートライアスロン大会は、ITU競技規則により開催される。

b)Where the ITU Competition Rules do not specify, the rules of IAAF (Cross Country Run section),UCI (Mountain Bike section), and FIS (Cross Country Ski section) should apply in their specific segment.
b)ITU競技規則で明記されていない場合、IAAF(クロスカントリーラン部門)、UCI(マウンテンバイク部門)、FIS(クロスカントリースキー部門)の該当ルールが適用される。
i) Variation to the existing rules of these International Federations is always put in writing in ITU Winter Triathlon Competition Rules.
i)これらの国際競技連盟の既存ルールからの展開は、つねにITUウィンタートライアスロン競技ルールに書面で明記される。

ii) These rules are to be taken into consideration for the organization of the ITU events.
ii)これらのルールは、ITUイベント開催のために考慮される。

 

2.2. Courses: 2.2.コース:
a)The layout of the different courses must allow safe, fair and fast competition.
a)異なるコースのレイアウトは、安全で公正かつ迅速な競技を可能にしなければならない。
b)Spectators and media friendly are the other requirements for their design.
b)観客とメディアにフレンドリーであることは、設計上の他の要件である。
c)The different tracks must be packed and groomed to offer the best racing conditions.
c)異なるトラックは、最高のレース条件を提供するために集約し整える必要がある。
d)Hills and descents must not be so steep that they prevent safety, on foot, MTB or X country skis.
d)丘陵や坂は、徒歩、MTB、クロスカントリースキーでの安全を妨げるほど急であってはならない。

 

2.3. Pre-race procedure: 2.3.レース前の手順:
a)Race briefing has to be held 1 day prior to the first competition. Space has to be available for the
athletes, coaches and officials.
a)レース説明会は最初の競技の1日前に開催する。選手、コーチ、役員のスペースを用意する。
b)Opening ceremony, pasta party, awards ceremony and banquet can be organized for the
athletes, coaches and officials.
b)開会式、パスタパーティー、表彰式、バンケットを選手、コーチ、役員のために開催できる。

c)Race package has to be given to the athletes prior to the Race briefing, included (besides listed in the ITU Competition Rules):
c)レースパッケージ(ITU競技規則に記載されている以外のものも含む)は競技説明会前に選手に配布する。:
i) Race numbers (numbers for the front and back body). i)レースナンバー(身体の前面と背面用のナンバー)
ii) Bike number for the MTB. ii)MTB用バイクナンバー。
iii) Two stickers for the skies. iii)スキー用ステッカー2枚。

 

2.4.Transition Area: 2.4.トランジションエリア:
a)The general guidance to build this area is to allow safe and fast transition, is listed in Section 3 of this manual.
a)このエリアを構築するための一般的なガイダンスは、安全で敏速なトランジションができることであり、このマニュアルのセクション3に記載されている。
b)The bike and skis racks may be placed in distinct areas.
b)バイクとスキーラックは異なる場所に配置することができる。
c)Bike and skis racks must allow minimum 1 meter per competitor.
c)バイクとスキーラックは選手に最小1メートルを許可する。

d)Lowest race numbers closest to the exit.
d) 最小レースナンバーは出口に最も近い所に。
e)In the case of no skis racks are available, a hole is drilled for each competitor's skis to hold vertical.
e)スキー用ラックがなければ、各選手のスキーを縦に置けるよう穴を掘っておく。
f)Carpet should be used to facilitate flows.
f)フロー(導線)を容易にするためにカーペットを使用する。
g)Locker rooms and shelter must be available close to TA.
g)ランジションエリア近くにロッカールームや避難所を設ける。
h)A coaching area is organized to allow coaching without interfering with race progress.
h)コーチングエリアは、レースの進行を妨げることなく、コーチングできるよう設置される。

 

2.5.Starting area: 2.5.スターティングエリア:
a)A vertical structure bearing the sponsors brands should delimitate the start line.
a)スポンサーのブランドを配した縦型構造物がスタートラインを示す。
b)The starting area must be designed to offer space for all competitors.
b)スタートエリアは、すべての選手のスペースを確保できるよう設計する。
c)A line is drawn on the snow with water-soluble coloring material.
c)ラインは、水溶性色材で雪上に描く。
d)A shelter should be available near to the starting line.
d)避難所は、スタートライン近くに設置する。

2.6.Running: 2.6.ランニング:
a)The running segment is held on snow.
a)ランニング・セグメントは、雪上で行われる。
b)Spike shoes are allowed.
b)スパイクシューズは許可される。
c)No motorized traffic besides officials and safety is authorized on the course.
c)役員以外の駆動車両は配置せず、コースの安全を確保する。
d)Directional signage is available at man's height.
d)指示看板は、人の高さに配置する。

 

2.7.Mountain Bike: 2.7.マウンテンバイク:
a)The Mountain bike section is held on snow, on a draft legal lapping format.
a)マウンテンバイク・セクションは、雪上で実施し、周回フォーマットのドラフティング許可とする。

b)No motorized traffic besides officials and safety is authorized on the course.
b)役員以外の駆動車両は配置せず、コースの安全を確保する。

c)Directional signage is available at man's height.
c)指示看板は、人の高さに配置する。
d)Hot drinks should be available at aid stations.
d)ホットドリンクをエイドステーションに準備する。:

 

2.8. Cross country ski:  2.8.クロスカントリースキー:
a) The cross-country track allows all styles.
a)クロスカントリートラックは、すべてのスタイルを許可する。
b) Classic style may be mandatory in some designated areas, such as Starting area, Finish. In this case the tracks must be prepared accordingly.
b)クラシックスタイルは、出発エリア、フィニッシュなど一部の指定された個所で義務とする。この場合、トラックはそれに応じて準備する。
c) Over passing must be easy for any competitor at all times.
c)追い抜きは、あらゆる選手にとって常に容易にする必要がある。
d) No motorized traffic besides officials and safety is authorized on the course.
d)役員以外の駆動車両は配置せず、コースの安全を確保する。
e) Directional signage is available at man's height.
e)指示看板は、人の高さに配置する。
f) Hot drinks should be available at aid stations.
f)ホットドリンクをエイドステーションに準備する。:
g) Personal drinks and food may be given at designated aid stations (coaches' zones) by accredited coaches.
g)個人飲食物は、許可されたエイドステーション(コーチゾーン)で与えることができる。

 

2.9. Finish: 2.9.フィニッシュ:
a) The finish straight must be at least 60m and allow sprint for several competitors. Classic style may be mandatory.
a)フィニッシュへの直線は、少なくとも60メートルとし、選手たちの競い合いができるものとする。クラシックスタイルを義務とする。
b)The finish lane is hard fenced.
b)フィニッシュレーンはハードフェンスで囲む。
c)Spectators' stands may be available.
c)観客スタンドを設ける。
d)A finish gantry or vertical advertisement structure is mandatory.
d)フィニッシュガントリーまたは垂直広告構造物を設ける。
e)Medical area and recovery area are in the very proximity and heated.
e)メディカルエリアやリカバリーエリアは近接して設置し、暖房を施す。
f)Hot drinks and blankets for all competitors are available in the finish area before entering the mixed zone.
f)ホットドリンクと毛布は、ミックスゾーンに入る前に、すべての選手がフィニッシュエリアで利用できるようにする。

2.10. Transition area, Anti doping rooms, Press center, Officials rooms should be within 100m from finish:


2.10.トランジションエリア、アンチドーピング室、プレスセンター、役員ルームは、フィニッシュから100メートル以内に設ける。:
a) Protected areas are organized within the finish zone for:
a)保護エリアを次の目的でフィニッシュゾーン内に設ける。
i) Paramedics, first aid @)救急、応急処置
ii) Time Keeper ii)タイムキーパー
iii) VIPS iii)ブイアイピー(VIPS)

3. Notes for Cross Triathlon LOCs
3.クロストライアスロンLOCの注意事項
3.1. General conditions: 3.1.一般条件:
a) Cross Triathlon Competitions are held under ITU Competition Rules.
a)クロストライアスロン大会は、ITU競技規則により開催される。
b) Where the ITU Competition Rules do not specify, the rules of FlNA (Swimming section), IAAF(Cross Country Run section), UCI (Mountain Bike section) should apply in their specific segment
b)ITU競技規則での規定がない場合、FINA(スイム部門)、IAAF(クロスカントリーラン部門)、UCI(マウンテンバイク部門)の規則が、特定のセグメントに適用される。
i) Variation to the exiting (訳注:existing) rules of these International Federations is always put in writing in ITU Cross Triathlon and Cross Duathlon Competition Rules.
i)これら現行の国際競技連盟のルールの展開は、つねにITUクロストライアスロンやクロスデュアスロン規則に書面で明記される。
ii) These rules are to be taken into consideration for the organization of the ITU events.
ii)これらのルールは、ITUイベント開催のために考慮される。

 

3.2. Courses: 3.2.コース:
a) The layout of the different courses must allow safe, fair and fast competition.
a)異なるコースのレイアウトは、安全で公正かつ迅速な競争を可能にしなければならない。
b) Spectator and media friendly design should be taken into consideration.
b)観客やメディアに優しい設計が考慮される。
c) Hills and descents must not be so steep that they prevent safety, on foot or MTB.
c)丘陵や坂は、徒歩やMTBの安全を妨げるほど急であってはならない。

 

3.3. Pre-race procedure: 3.3.レース前の手順:
a) Race briefing has to be held 1 day prior to the first competition. Space has to be available for the athletes, coaches and officials.
a)レース説明会は、最初の競技の1日前に開催される。選手、コーチ、役員のスペースを確保する。

b) Opening ceremony, pasta party, awards ceremony and banquet can be organized for the athletes, coaches and officials.
b)開会式、パスタパーティー、表彰式、バンケットを選手、コーチ、役員のために開催する。
c) Race package has to be given to the athletes prior to the Race briefing, included (besides listed in the ITU Competition Rules):
c)レースパッケージ(ITU競技規則に記載されている以外も含む)は、レース説明会の前に選手に配布される。:
i) Race numbers (numbers for the front body).
i)レースナンバー(身体前面のナンバー)
ii) Bike number for the MTB.
ii)MTB用バイクナンバー

 

3.4. Transition Area: 3.4.トランジションエリア:
a) The general guidance to build this area is to allow safe and fast transition, is listed in Section 3 of this document.
a)このエリアを設置するための一般的ガイダンスは、安全で迅速なトランジションを可能にすることであり、このセクション3の中に記載されている。
b)Bike racks must allow minimum 1 meter per competitor.
b)バイクラックは選手ごとに最小1メートルを確保する。
c)Lowest race numbers closest to the exit.
c)最小ナンバーが出口に最も近い場所。
d)Carpet should be used to facilitate flows.
d)カーペットは、フロー(動き)を容易にするために使用する。
e)Locker rooms and shelter must be available close to TA.
e)ロッカールームと避難所は、TA(トランジションエリア)の近くに設置する。
f)A coaching area is organized to allow coaching without interfering with race progress.
f)コーチングエリアは、レース進行の妨げとならないようにコーチを収容する。

 

3.5. Starting area and Swim course: 3.5.スタートエリアとスイムコース:
a) See Section 3. a)セクション3を参照。

 

3.6. Mountain Bike: 3.6.マウンテンバイク:
a) Start and finish should be in the same area. A lap shall be no more than 10 km long.
a)スタートとフィニッシュは、同じエリアにする。1周10キロ以上は取らない。
b) The course for a cross-country race should include, where possible, forest roads and tracks, fields, earth or gravel paths and significant amounts of climbing and descending. Paved tarred/asphalt roads should not exceed 15% of the total course.
b)クロスカントリーレース用コースは、できるだけ林道、小道、野原、地面、砂利道、かなりの部分の登りと下りを含める。タール舗装/アスファルト道路は、コース全体の15パーセントを超えてはならない。
c) The course must be wholly ride-able regardless of the terrain and weather conditions.
c)コースは、地形や気象条件に係らず、乗車可能でなければならない。
d) The course must be free of all significant obstacles except those which have been expressly included or about which the riders have been warned. There must not be any obstacles which might cause a crash or a collision in the transition zones.
d)コースは、ライダー(選手)が事前に明示されたり注意された以外の重大な障害があってはならない。トランジションゾーンでクラッシュや衝突が発生する障害物があってはならない。

e) No motorized traffic besides officials and safety is authorized on the course.
e)役員以外の駆動車両は配置せず、コースの安全を確保する。
f) Directional signage must be provided at man's height.
f)指示看板は、人の高さに配置する。

 

3.7. Running: 3.7.ラン二ング:
a) The course for a cross-country race should include, where possible, forest roads and tracks, fields, earth or gravel paths and include significant amounts of climbing and descending. Paved tarred/asphalt roads should not exceed 15% of the total course.
a)クロスカントリーレース用コースは、できるだけ林道、小道、野原、地面、砂利道、かなりの部分の登りと下りを含める。タール舗装/アスファルト道路は、コース全体の15パーセントを超えてはならない。

b) Spike shoes are allowed
b)スパイクシューズが許可される。
c) No motorized traffic besides officials and safety is authorized on the course.
c)役員以外の駆動車両は配置せず、コースの安全を確保する。
d) Directional signage must be provided at man's height.
d)指示看板は、人の高さに配置する。

 

3.8. Finish: 3.8.フニッシュ:
a) The finish straight must be at least 60m and allow sprint for several competitors.
a)フィニッシュへの直線は少なくとも60メートルとし、選手たちの競い合いができるものとする。

 

4. Construction plan (sample) 4.設営計画(サンプル)
図解「ITU-EOM, Part D」93頁

 

5. Detailed activities schedule (sample)-(venue operations, technical operations)
5.詳細活動計画(サンプル) - (会場運営、技術的運営)
図解「ITU-EOM, Part D」94-95頁

 

6. Budget template 6.予算テンプレート
図解「ITU-EOM, Part D」96-101頁

7.Critical path sample (operation) 7.クリティカルパスサンプル:重要手順の実例(運営)
図解「ITU-EOM, Part D」102-103頁

 

8. Marine operations plan 8.マリン運営計画
(Olympic Games level competitions) (オリンピックレベル大会)
8.1. Introduction 8.1.はじめに
This plan describes in detail the swim course configuration, personnel, equipment, movements by personnel (boat, lifeguard, scuba) and other issues relevant to the operations of the Triathlon swim course (FOP), including the framework in which all functional areas (FA's) involved will operate. It has been applied to an ideal competition.
この計画は、スイムコース構成、担当スタッフ、用具、担当スタッフの動き(ボート、ライフガード、スキューバ)及びトライアスロン・スイムコース(FOP)業務関連の他課題とすべてのファンクショナルエリア(FA:機能区域)の体制を詳細に説明する。これは理想的な競技に適用されてきた。

a) Competition schedule  a)競技日程
The competition schedule is the following: 競技日程は次のとおり:
Women's race 女子レース
Start: 10:00 Race venue スタート:10時レース会場
Women's final 女子ファイナル

Men's race 男子レース
Start: 13:30 Race venue スタート:13時30分レース会場
Men's final 男子ファイナル

b) Course familiarization  b)コース・ファミリアライゼーション(コース試泳)
Familiarization Sessions are designed to allow all teams to conduct an "on the field of play" practice on the competition field:
コース試泳では、すべてのチームが、競技コースで「フィールドオブプレー」練習が出来るように設計される:

For the swim course the following sessions are planned:
スイムコースでは次のセッションが計画される。
- Day 1: 14:00- 17:00 Swim course training
-1日目: 14:00 - 17:00スイムコース・トレーニング
- Day 2: 14:00- 17:00 Swim course training
-2日目: 14:00 - 17:00スイムコース・トレーニング
- Day 3: 17:00 - 20:00 Swim course training
- 3日目:17:00 - 20:00スイムコース・トレーニング
- Day 4: 07:30 -10:30 Swim course familiarization
- 4日目:07:30 -10:30スイムコース試泳
- Day 5: 07:30 -10:30 Full rehearsal
- 5日目:07:30 -10:30フルリハーサル
- Day 6: 07:30 -10:30 Swim course familiarization
- 6日目:07:30 -10:30スイムコース試泳
- Day 7: 14:00 -17:00 General training
- 7日目: 14時00分?17:00総合トレーニング

 

8.2. Staff Planning 8.2.スタッフ・プランニング
a) Triathlon staff a)トライアスロン・スタッフ
For the design, creation, operation and organisation of the triathlon swim course, the LOC have included in its plan a team who will operate under the directions of the field of play (FOP) coordinator. The technical operations manager will also manage this team, where operations involve technical issues. The organisational plan (structure) of this team is:
トライアスロン・スイムコースの設計、制作、運営、実施のために、LOCは計画のなかにフィールドオブプレー(FOP)コーディネーターの指示で業務遂行するチームを含める。テクニカル・オペレーション・マネージャー(技術運営マネージャー)も技術的な問題を伴う運営において、このチームを管理する。チームの組織計画(構成)は次のとおり。

b) Swim course supervisor b)スイムコース・スーパーバイザー(責任者)
The Swim course Supervisor is to ensure the following:
スイムコース責任者は、次のことを確実にする。
Everything is in place according to ITU regulations;
すべてはITU規則により執行される。
Supervise the lifeguards and scuba divers;
ライフガードやスキューバダイバーを監督する;
Work together with ITU technical officials, medical services, doping control, sport presentation and the media;
ITU技術役員・審判員、医療サービス、ドーピングコントロール、スポーツプレゼンテーション、メディアと業務を行う;
Attend all briefings as required;
必要に応じ、すべての説明会に出席する。

Inform staff about any problems;
あらゆる問題をスタッフに知らせる。
All staff have a copy of the event program and start lists;
すべてのスタッフがイベントプログラムとスタートリストの写しを保有する。
Collect all equipment and supervise set up on FOP;
すべての用具を集め、 FOPでの設置を監督する;
Assist with escorting athletes (onto the pontoon, exiting swim);
選手のエスコートをアシストする(ポンツーン上に、スイムから上がる);
All barriers are in their correct position;
すべてのバリア(柵・防御柵)が正しい位置にある。
All buoys, markers, the pontoon is safe, stable and in position;
すべてのブイ、マーカー、ポンツーンが安全で安定した正しい位置にある。

Only accredited persons are inside the FOP;
承認された者だけがFOPの内側にいる。
Team managers and media remain in their appropriate positions;
チームマネージャーとメディアがそれぞれの適切な位置にいる。
Pontoon is marked 1 → 80 for athlete starting positions; with a pre-start line starting with one from the right facing the first turn buoy;
ポンツーンは、最初のターンブイに向かって右から1そして80迄を選手のスタート位置に記す。;
Confirm with TD the official measurement for each section of the swim course and total distance is accurate;
スイムコースの各セクションと合計の公式な測定距離が正確であることをTDに確認する。

FOP clear for race start;
FOP(競技コース)がレース開始のためにクリアである;
Report to the FOP coordinator prior to announcement of athletes to the pontoon;
ポンツーンへの選手紹介の前に、FOPコーディネーターに報告する;
Contact FOP coordinator in event of emergency;
緊急時にFOPコーディネーターに連絡する。
All equipment signed for (received) is returned; and
すべての機器(受取済)が返却されたと署名される。さらに、
Provide a post-race (written) report to the FOP coordinator.
FOPコーディネーターにレース後のレポート(書面)を提出する。

c) Boats and their drivers c)ボートとドライバー(運転者・操縦者)
Five (5) surf boats (inflatable) will be available. The boat drivers must be aware of the rules concerning proximity to the athletes in the water (expected instruction from ITU technical official). The boats will be used as follows:
サーフボート5艇(インフレータブル)が準備される。ボートのドライバーは、水中で選手に接近するルールを認識する(ITU審判員から出る指示)。ボートは次のように使用される。

BOAT CREW ボートクルー
1 Driver (swim team leader), 1 technical official1
ドライバー(スイムチームリーダー)1名、審判員1名
Driver,1 lifeguard ドライバー、ライフガード1名
Driver, 1 technical official ドライバー、審判員1名
Driver, 1 technical official ドライバー、審判員1名
U1-BWN Driver, 1 medical staff, 1 lifeguard
U1-BWNドライバー、医療スタッフ1名、ライフガード1名

d) Lifeguards d)ライフガード
Ten (10) lifeguards will attend the event to assist in controlling safety and direction on the Swim course (FOP).
ライフガード10名は、スイムコース(FOP)の安全と運営の管理をアシストするために大会に参画する。

The lifeguards are to ensure the following:
ライフガードは、次のことを確実にする。
In case of a false start carefully stop the athletes;
不正スタートでは、慎重に選手を止める。
Athletes round the turn buoys without cutting the course and without endangering themselves underneath the turn buoys; and
選手がコースをカットすることなく、またターンブイの下で危険となることなくターンブイを回ること。さらに、
In the event of an emergency, the chief lifeguard becomes the swim coordinator and controls the FOP. All personnel on the FOP must follow the directions of the chief lifeguard.
緊急時に、チーフライフガードは、スイムコーディネーターとなりFOPを制御する。FOP上のすべての担当者は、チーフライフガードの指示に従う。

e) Scuba divers e)スキューバダイバー
A team of six scuba divers will be on the FOP to ensure safety of the athletes from under the surface, as well as to perform a final check of the turning buoys and markers pre-race.
スキューバダイバーのチーム6名が、水面下で選手の安全を確保するためにFOPに配置され、レース前にターンブイとブイマーカーの最終チェックを行う。
The scuba diving team are to ensure the following:
スキューバダイビングチームは、次のことを確実にする。
Calculate exact locations for the anchors holding the buoys;
ブイを保持しているアンカーの正確な位置を計算する。

Set up the buoys;
ブイを設定する。;
Work underwater for the set up of the anchors;
アンカーの設置のために水面下で作業する。;
Remove anchors and buoys after the events; and
イベント後アンカーとブイを撤去する。さらに
During the events work underwater and ensure athlete safety.
イベント実施中は、水面下で選手の安全を確保する。

f) Jet ski drivers f)ジェットスキードライバー
A team of three jet ski drivers will be on the FOP to ensure the safety of the athletes. The jet skis will carry rescue sleds and they will interfere in case of an emergency.
ジェットスキードライバーのチーム3名は、選手の安全を確保するためにFOPにいる。ジェットスキーは、レスキュースレッド(救助用そり)を備え、緊急時に対応する。

g) Swim course team leader g)スイムコース・チームリーダー
The swim team leader is to ensure the following:
スイムチームリーダーは、次のことを確実にする。
Confirm boat crews;
ボート乗組員を確認する。
Be on the FOP during the events (swim). The team leader will be the eyes and ears for the swim supervisor;
イベント(スイム)の間、FOPにいる。チームリーダーは、スイムスーパーバイザーの目となり耳となる。
The FOP is clean (boats adhere to the rules);
FOPは整然としている(ボートは規則に準拠)。
Work together with ITU technical officials, scuba diving team, lifeguards and the media;
ITU審判員、スキューバダイビングチーム、ライフガードそしてメディアと連携する。;
Appoint a chief lifeguard;
チーフライフガードを任命する。
Check if boats require fuel;
ボートが燃料を必要とするかどうかを確認する。
Confirm entry of the 10 lifeguards on the FOP;
FOP上のライフガード10名を確認する。
Check entire FOP for hazards, marine life etc;
ハザード、海洋生物などFOP全体を確認する。

Water depth at the dive start is sufficient (minimum ~1.6m);
ダイブスタートの水深が(最小1.6メートル)十分であること。
Scuba diving team approve positions of turn buoys;
スキューバダイビングチームは、ターンブイの位置を確定・承認する。;
Lifeguards in position for possible false start;
不正スタート時に対応できる位置にライフガード;
Ensure all operations stay close to the FOP, as security will be in place 50m or further from the FOP;
セキュリティはFOPから50メートルより遠くに位置し、すべてのオペレーションが FOP近くにあることを確実にする。;
Provide any final instructions to lifeguards as required;
ライフガードに、必要に応じ最終的な指示を与える。
Brief boat drivers on how to act on the FOP. Any crew member wishing otherwise the driver must contact swim supervisor for approval (of movement);
ボートのドライバーにFOPでどう行動するかを説明する。説明とは別の動きを意図するクルーは、スイム責任者の承認を求める。
After final athlete exits the water coordinate sweep of the FOP; and
最終選手が水から上がったら、FOPの掃除を行う。さらに、
Liaise with scuba diving team and lifeguards and provide a report to the FOP coordinator.
スキューバダイビングチームとライフガードと連携し、FOPコーディネーターに報告書を提出する。
Advise the swim supervisor of reporting items.
スイムスーパーバイザー(責任者)に報告事項を伝える。

 

8.3. Familiarizations & competition schedule
8.3.ファミリアライゼーションと競技日程
Various staff, volunteers and other personnel will be involved in the following schedule subject to change. These times are only a suggestion but the amount of time devoted to each activity should be adhered to.
各スタッフ、ボランティア、他スタッフは、変更を前提に次の日程の件名に関与する。これらの時間は、提案であるが、各活動に専念する時間に従う。
図解「ITU-EOM, Part D」106-107頁

 

8.4. Communication 8.4.通信
Swim course staff will cover its communication needs through the FOP channel. The distribution of the radios (all on TR_FOP channel) will be as follow:
スイムコース・スタッフは、FOPチャンネルを通じて通信をカバーする。無線機(TR_FOPチャネル上のすべて)は次とする。

- 1 radio to the FOP coordinator; - FOPコーディネーターに無線1;
- 1 radio to the technical operations manager; - テクニカルオペレーションマネージャーに無線1;
- 1 radio to the swim supervisor; - スイムスーパーバイザーに無線1;
- 1 radio to the swim team leader; - スイムチーム・リーダーに無線1;
- 1 radio to each technical official; and- 各審判員に無線1。さらに、
- 1 radio for each boat driver.- 各ボートのドライバーに無線1。

8.5. Accreditation 8.5.認定・登録
a) General a)一般
There will be a time with the swim course will be in lockdown and no non-event boats will be allowed to enter.
スイムコースが閉鎖されるとき、大会以外のボートの立ち入りは禁止される。

b) Procedure b)手順
The Event Organiser will put the accreditation on these boats (flag-number), recognized as
イベント主催者は、これらのボート(フラグ番号)を登録し、次のように認証する。
図解「ITU-EOM, Part D」107-108頁

Only these accredited boats and jet skis listed are permitted to move within the secured perimeter during familiarisation, and competition hours.
これらの認定を受け明記されたボートやジェットスキーは、ファミリアライゼーションと競技時間中に確保された範囲内で移動することを許可される。

 

8.6. Set up of FOP
8.6. FOP(競技コース)設営
The director of operations and swim course coordinator will commence measurement of the course using instruments of accuracy. They will make depth, distance and accuracy measurements. The TD will work with the director of operations to make sure that everything must be in place by a set date. The swim course team will place warning lamps on the signals during the whole period that the signals and the buoys remain in the water. For the setup of each buoy they will use sand anchors connected with the buoys by chain and elastic rope, for best stability. Under each buoy lead weights will be placed for best floatation. A platform will be used in the water to transport and install equipment.
オペレーションディレクターとスイムコースコーディネーターは、正確な器具を使用してコース測定を始める。深さ、距離と精度測定を行う。TDは、設営日までにすべての所定位置確認するために、オペレーションディレクターと連携する。スイムコースチームは、信号やブイが水中に残っている全期間、信号に警告灯を取り付ける。各ブイ設置のために砂のアンカーを使用し、最高度の安定のために、チェーンと弾性ロープでブイに接続する。
各ブイの下鉛の重しを配し、最適な浮力を得る。プラットフォームは、水中で機材を運搬し設置するために使用する。

 

8.7. Operation plan 8.7.運営計画
The swim team leader will be on the FOP, in the same boat with a technical official. The swim coordinator will remain on the pontoon during the competition, assisting with the control of all movement on the swim course.
スイムチームリーダーは、FOPにいて審判員と同じボートに乗船する。スイムコーディネーターは、競技中、ポンツーン上に残りスイムコースのすべての動きのコントローを援助する。

a) Check-in, meeting point and embarkation Check section 6.3
a)チェックイン、ミーティングポイントと乗船 セクション6.3をチェックする。
b) Leaving of the pontoon
b)ポンツーンを出発
Photographers willing to be on a boat:
ボート乗船を希望するカメラマン:

Women's competition
女子競技
Photographers on board:
カメラマンは乗船中:
Exit from the boat prior to the end of the first lap:
第1ラップ終了前にボートをおりる。
Exit from the boat after the end of the swim leg:
スイム終了後、ボートをおりる。

Men's competition
男子競技
Photographers on board: カメラマンは乗船中:
Exit from the boat prior to the end of the first lap:
第1ラップ終了前にボートを下船。
Exit from the boat after the end of the swim leg:
スイム終了後、ボートを下船。

c) Location of boats before the start
c)スタート前のボート位置
図解「ITU-EOM, Part D」109頁

d) Location of paddle boards/canoes before the start
d)スタート前のパドルボード/カヌー位置
図解「ITU-EOM, Part D」109頁

e) Location of scuba divers before the start
e)スタート前のスキューバダイバー位置
図解「ITU-EOM, Part D」109頁

f) Location of jet ski before the start
f)スタート前のジェットスキー位置
図解「ITU-EOM, Part D」109頁

g) Movement in case of a false start g)不正スタート時のムーブメント(動き)
If a false start is signaled by the race referee with repeated sounds of the start horn, the 4 paddle boards 30m from the start will move to a line in front of the athletes, with all boards side on.
g)不正スタートが、スタートホーンの繰り返し音により審判長から発信されたら、スタートから30メートルにいるパドル付きボード4艇は、選手前方のラインに移動し、他のすべてのボードは側面に位置する。

Lifeguards will prevent the athletes from moving past this line without creating harm. If any athletes appear to be not stopping, lifeguards must approach from side on, not front on.
ライフガードは、このラインを越えて移動する選手を傷つけないように制御する。選手が停止しないようであれば、ライフガードは側面から接近し、正面からは近づかない。

When returning to the pontoon start, athletes must move to the end of the pontoon closest to the shore, where steps are located. Athletes will return to their start positions under instruction from the ITU technical officials.
ポンツーンスタートに戻るとき、選手は浜辺に最も近いステップが設置されているポンツーンの端に移動する。選手はITU審判員の指示によりスタート位置に戻る。

h) Movement during the race
h)レース中の動き
Craft/personnel on the swim course will observe the following movement patterns:
スイムコースのクラフト(小型船)/担当者は、次の動きのパターンを監視する。
図解「ITU-EOM, Part D」110頁

All boats must move inside the FOP with minimum speed;
すべてのボートはFOPの内側を最低速度で移動する。
Boats must ensure a minimum distance of 10m from the athletes;
ボートは選手から10メートルの最小距離を確保する。

Paddle boards/canoes following the field must remain between the boats and the athletes, ensuring where the TV boats travel not to obstruct TV/camera footage;
フィールド(コース)にいるパドルボード/カヌーは、ボートと選手の間に位置し、テレビボートがテレビカメラ撮影を妨げないよう移動を確実にする。
Paddle boards/canoes on turns or markers must have the nose of the board pointing in towards the buoy and ensure athletes are not swimming behind or into paddle craft;
ターンやマーカー上のパドルボード/カヌーは、ボード先端をブイに向けて、選手が背後あるいはパドルクラフトに向かって泳がないようにする。

Paddle boards/canoes will not lead athletes at any stage of the race. They must remain on the side of athletes unless emergency circumstances determine otherwise;
パドルボード/カヌーは、レースのどの段階でも選手を誘導しない。緊急な状況でない限り、選手の横に位置する;

Any boats (other than boat 1) wishing to cross sides of the FOP can only do so from behind boat 1 and with permission from the swim coordinator;
FOPの側面を横断予定のボート(ボート1以外)は、ボート1の背後から、スイムコーディネーターの許可を得て行う。;

Boats 6 and 8 must turn inside the turn buoys and not impede the 20m restriction zone (between any athletes and boat). Paddle boards/canoes will be 10m from the athletes, boats will be 10m from the paddle boards/canoes; and
ボート6と8は、ターンブイの内側を回り、20メートルの制限区域(選手とボートの間)を妨げない。
パドルボード/カヌーは選手から10メートル、ボートはパドルボード/カヌーから10メートルに位置する。さらに、

For the second lap, boats 1,6,8 and the canoes/paddle boards 1,2,3 can move with the athletes until the red mark buoy of the last leg and then can move around the pontoon and follow the athletes again, following the same route with minimum speed.
2周目には、ボート1,6,8とカヌー/パドルボード1,2,3は、最終レッグの赤マークブイまで選手と移動し、その後、ポンツーン周りに移動し、再び選手を最低速度でフォローする。

i) Movement in case of emergency
i)緊急時のムーブメント(動き)
In case of an emergency, the only boats which should be near the area, are medical (5), rescue jet ski and ITU (1). All other boats must move away (or follow the directions of the CL). The jet skis will be chosen to carry the athletes outside the FOP. Any boat/jet ski which renders assistance to any athlete under emergency circumstances will then proceed to the rescue area, on the left hand side of the venue where the ambulance has access.
緊急時、エリア近くにいるボートは、メディカル(5)、レスキュージェットスキー、ITU(1)である。他のすべてのボートは離れる(またはCLの指示に従う)。ジェットスキーが選手をFOPの外に運ぶために選択される。ボート/ジェットスキーは、緊急状況下の選手を援助するために、救急車がアクセスできる会場の左手側のレスキューエリアに進む。

j) Movement in case of mechanical problems
j)メカニック問題時の動き
If a boat is to experience mechanical failure during the competition, it must be anchored immediately. In the event the boat with mechanical failure is the medical team or lifeguard team, a transfer of personnel between boats must be managed by the swim team leader.
ボートが競技中にメカニック故障を起こしたら、直ちにアンカーで固定する。メカニック故障のボートが医療チームやライフガードチームであれば、スイムチームリーダーの指示により、ボート間のスタッフ移動を行う。

k) Movement after the end of the swim course
k)スイムコース終了後の動き
The red marker on the last leg of the swim course, closest to the pontoon on return to shore, signals the end of any boat, paddle board/canoes or scuba movements. Any boats or board paddlers reaching this point must ensure the last athlete has passed, before coming to the pontoon.
Personnel remaining in position during the competition, must do so until signaled to move via radio or whistle from swim team leader (boat 1). All boats, all paddle board/canoes lifeguards, jet skis and scuba divers will return to the area behind the VIP lounge.
スイムコースの最終レグ(区間)、岸に戻るポンツーンに最も近い赤マーカーで、ボート、パドルボード/カヌー、スキューバの業務終了を知らせる。この点に達するボート、ボードパドラーは、ポンツーンに戻る前に、この地点を最終選手が通過したことを確認する。
競技中の配置場所に残っているスタッフは、スイムチームリーダー(ボート1)から無線やホイッスルで移動の指示があるまで待機する。すべてのボート、パドルボード/カヌー、ライフガード、ジェットスキー、スキューバダイバーは、VIPラウンジ後ろのエリアに戻る。

 

8.8. Swim Course Staff Education
8.8.スイムコーススタッフ教育
This procedure includes 3 parts, the specific theoretical education of volunteers, the training of swim course staff, the familiarization of the swim course staff and the simulation.
この手順には3部門があり、ボランティアの特別な理論的教育、スイムコーススタッフのトレーニング、スイムコーススタッフのファミリアライゼーション(予行演習)とシミュレーション(模擬訓練)が含まれる。
a) Theoretical education
a)理論的教育
The theoretical education will be specific education of the sport's volunteers. All of the paid staff will give to the volunteers their specific directives and they will interpret their competences precisely for them.
a)理論教育はスポーツボランティアの具体的教育となる。有給スタッフ全員は、ボランティアに固有の指示を与え、ボランティアは正確に自分の力量を解釈する。

b) Practice
b)プラクティス(練習)
There will be a number of training sessions for the swim personnel. The following issues will be discussed:
スイム担当者の数回のセッションが開催される。次の問題が挙げられる。
Movements of boats for the embarkation of all the clients; 全クライアントの乗船でのボートの動き;
Location of all staff just before the start; スタート直前の全スタッフの位置;
- Movements in case of a false start; - 不正スタート時の動き;
Movements at the duration of the race; レース開催中の動き;
Movements in case of emergency; 緊急時の動き;
Communication with radios; and 無線での連絡。さらに、
- Movements afterwards the end of the swim course.- スイムコース終了後の動き。

c) Familiarisation and Simulation
c)ファミリアライゼーション(予行演習)とシミュレーション(模擬訓練)
During swim course familiarization and venue simulation where all staff can practice on the FOP,
the following working inside the swim course in the following subjects:
スイムコースの予行演習と会場模擬訓練で、すべてのスタッフがFOP(競技会場)で訓練し、スイムコース内で次の項目と作業を行う:
Movements of boats for the embarkation of all the clients; 全クライアントの乗船でのボートの動き;
Location of all staff just before the start; スタート直前の全スタッフの位置;
Movements in case of a false start; 不正スタート時の動き;
Movements at the duration of the race; レース開催中の動き;
Movements in case of emergency; 緊急時の動き;
Communication with radios; and 無線でのコミュニケーション、そして
Movements afterwards the end of the swim course. スイムコースの動きはその後終了。
The familiarization will take place with the help of athletes, who will simulate their positions in all of these subjects.
予行演習は、これら全課題における位置を再現する選手の助けにより実施される。

 

8.9. Availability of staff 
8.9.スタッフ業務活用
The tide which exists in the swim area may create problems to the set up of the equipment. Accordingly, sport will have a number of staff available on a daily basis to assist with monitoring the equipment. After the closing hours of the venue, staff will be present on the venue in 30 minute maximum shifts from the alert call, when their assistance is expected.
スイムエリアの潮流が用具の設置に問題を起こすことがある。そのため、大会は、用具を毎日モニターするために、複数スタッフを準備する。会場の閉鎖時間後、スタッフは、アラートコールから30分のシフトで会場に待機できる。

 

8.10. Pack up of FOP
8.10. FOP(競技場)の撤収
Immediately following the medal ceremonies of the men's event, sport will commence the pack up of the FOP, including all swim course equipment. This operation must be finished by the end of the day. Concerning the swim course, the swim course coordinator, the swim course team leader and the divers will remove all the equipment. All of these equipment items will be brought to sport equipment containers, where the sport equipment coordinator will collect them.
男子イベントのメダルセレモニー直後に、大会はスイムコース機器を含む撤収を開始する。この作業は、当日中に完了する。スイムコース、スイムコースコーディネーター、スイムコースチームリーダー、ダイバーは、すべての用具を撤収する。これら全用具アイテムは、スポーツ用具倉庫に運ばれ、用具コーディネーターがそれらを収める。

 

8.11. Swim area cleaning
8.11.スイムエリア清掃
Primary responsibility for cleaning the swim area rests with the contractor of the clean and waste (CLW) functional area. Eight boats will be on side from sports’ side, which can act in case of pollution. All staff and contractors will be requested to assist CLW by avoiding littering the area. In the event of any jelly fish or other marine life potentially causing unrest or danger with the athletes, CLW will be requested to enter the secured perimeter by sport through security to remove.
スイムエリアを掃除する主要な責任は、機能領域のゴミ処理対応の請負業者(CLW)による。ボート8艇は、汚れ発生時に対応する大会側チームとなる。すべてのスタッフと請負業者は、ポイ捨てをしないようCLWをアシストする。選手の不安や危険を引き起こすクラゲや他海洋生物が発生したら、CLWは、撤去のために保護水域に入ることを大会セキュリティから要請される。

 

8.12. Contingency plans 
8.12.コンティンジェンシー・プラン(危機管理計画)
The principle strategy to deal with problems such as weather, pollution, protest, etc. is delay or postponement of competition. If a serious problem does occur, it is most probable the requirement for the marine facilities will be extended. All contractors and authorities should have plans to extend the period of operation for up to 4 hours on competition day, including the possible rescheduling of the competition to another day.
天候、環境汚染、デモンストレーションなどの問題に対処するための基本戦略は、競技の遅延や延期である。重大問題が発生した場合、最も可能性があるのは、海洋施設の使用条件を延長することである。すべての請負業者や当局は、大会の別日実施を検討しながら、競技当日に最大4時間の延長を計画する。
Reports are received daily from the meteorological department. This information, including direct from local weather station, assists with preparation.
気象局からのレポートを毎日受信する。この情報は、地元気象観測所からの直接情報を含め、準備を促進する。

 

9. Run course measurement manual ランコース計測マニュアル
(ITU EOM Part D、113頁〜122頁)◎簡易訳ナシ

 

10. Sport equipment list  10.スポーツ用品一覧
(ITU EOM Part D、123頁〜127頁)◎簡易訳ナシ

◎イベント・オーガナイザーズ・マニュアル(2000年版)パートD
*84頁から127頁・簡易訳(JTU発信2014年2月5日)

1. このニュースは表記の日時現在のものであり、追加変更の可能性があります。

2. ニュースの全文または一部の文章をホームページ、メーリングリスト、ニュースグループまたは他のメディア等へ転載する場合は、出典・日時などを明記してください。

3. この記事へのお問い合わせ:
公益社団法人日本トライアスロン連合
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-3-8 第二栄来ビル6階
TEL:03-5469-5401(代)  FAX:03-5469-5403  
Email: jtuoffice@jtu.or.jp  URL: http://www.jtu.or.jp/

SPONSORS
SPONSORS
sponsors
SPONSORS NTT西日本 NTT東日本 大和ハウス工業 富士ゼロックス BMW 日本航空 アシックス ローソン セレスポ サンフロンティア不動産 H.I.S. スポーツクラブNAS 日本スキー場開発 OAKLEY 2XU TYR スリーボンド