トップページ > JTU NEWS一覧 > JTU NEWS
公益社団法人日本トライアスロン連合 JTU 2014JTUニュースリリース 発行元:公益社団法人日本トライアスロン連合 JTU
配信日:2014年2月21日(金)
   

ITUイベント・オーガナイザーズ・マニュアル(EOM-B・12-34頁)の簡易訳

次の簡易訳(英和対比)を回覧します。英文と和文(簡易訳)に差異がある場合は、英文の意味を優先します。

 

ITUイベント・オーガナイザーズ・マニュアル(2000年版)B*12頁から34頁・簡易訳(JTU発信2014年2月21日)
http://www.triathlon.org/uploads/docs/eom3-techops-eventsdepartment-20100331.pdf
http://www.triathlon.org/about/downloads/category/event_
organisers_manual

 

INTERNATIONAL TRIATHLON UNION Event Organisers’ Manual (EOM) Part B: Administration, Finance and Services
国際トライアスロン連合イベント主催者マニュアル(EOM)パートB:管理、財務とサービス

1 Official Language 1公式言語
2 Agreement 2契約
3 Insurance 3保険
4 Registration 4登録
5 Prize Money Breakdown 5プライズマネー内訳
6 Database Management 6データベース管理
7 Accountability 7説明・執行責任
8 Permit and Approvals 8許可と承認
9 Reporting Schedule and checklists 9スケジュールとチェックリスト報告
10 Event Week ITU-LOC Meetings 10イベントウィークのITU-LOC会議
11 Visas 11ビザ
12 Accreditation Protocol 12認定プロトコル(手順・規約)
12.1 Introduction 12.1はじめに
12.2 Zones 12.2ゾーン
12.3 Accreditation Cards 12.3アクレディテーション(認定)カード
12.4 Sub?categories 12.4サブカテゴリー
12.5 National Federation's Delegation accreditation cards/wristbands
12.5 NF代表認定カード・リストバンド
12.6 Coaches’ Area Access for Elite Team Coaches at all ITU Events
12.6.エリートチームコーチの全ITUイベントでのコーチエリア用アクセス
12.7 Medical Area Access for Team Medical at all ITU Events
12.7医療チーム用の全ITUイベントでのメディカルエリアアクセス
12.8 VVIP Area Access 12.8 VVIPエリアアクセス
12.9 Access Rights per Room Code 12.9.ルームコード(エリア識別番号)によるアクセス権
12.10 Accreditation Templates 12.10認定テンプレート
12.11 Accreditation and Security Checklist 12.11認定とセキュリティ・チェックリスト
12.12 Accreditation and Security Area Requirements 12.12認定とセキュリティエリア要件
12.13 Dot Plan 12.13ドットプラン(図面指示プラン)
13 Staff and Volunteer Services 13スタッフとボランティアサービス
13.1 Volunteer Coordinator 13.1ボランティアコーディネーター
13.2 Recruitment Plan 13.2動員計画
13.3 Training 13.3トレーニング
13.4 Volunteer Appreciation 13.4ボランティア感謝
13.5 Volunteer Management 13.5ボランティア管理・運営
13.6 Volunteer Orientation 13.6ボランティア・オリエンテーション
13.7 Race day 13.7レース当日
13.8 Volunteers Area Specifications 13.8ボランティアエリア仕様
14 Athletes Services 14アスリート(選手)サービス
14.1 Overview 14.1概要
14.2 Airport Transportation 14.2空港輸送
14.3 Athlete Services Booth 14.3アスリート・サービスブース
14.4 Athlete Handbook Information? 14.4アスリートハンドブック(案内書)情報
14.5 Accommodation 14.5宿泊
15 ITU/VIP/Sponsor Services 15 ITU/VIP/スポンサーサービス
15.1 Sponsor Servicing 15.1スポンサーサービス
15.2 Sponsor Packages 15.2スポンサーパッケージ
15.3 Sponsor Contractual Obligations 15.3スポンサー契約上の義務
15.4 Sponsor Signage 15.4スポンサー・サイネージ(看板・標識)
15.5 ITU VIP Protocols 15.5 ITU VIPプロトコル
15.6 Medal Ceremonies 15.6メダルセレモニー
15.7 VIP/Sponsors hosting area requirements 15.7 VIP/スポンサー開催エリア要項
16 Technical Officials’ Services 16技術役員(審判員)サービス
16.1 General 16.1一般
16.2 Onsite Services 16.2オンサイト(現場)サービス
17 Spectator Services 17スペクテイター(観客)サービス
17.1 Access to Venue Information 17.1会場情報へのアクセス
17.2 Communication Sources 17.2コミュニケーション・ソース(情報源)
17.3 On-site Spectator Services 17.3オンサイト・スペクテイターサービス
18 Social Functions 18ソーシャル・ファンクション(社交的行事)
18.1 Pasta Party 18.1パスタパーティー
18.2 Gala Awards Banquet 18.2 ガラ表彰バンケット
18.3 Opening Ceremonies 18.3 オープニングセレモニー(開会式)
18.4 VIP Receptions 18.4 VIPレセプション
18.5 Volunteer Thank-You 18.5 ボランティア・サンキュー(お礼)
18.6 ITU/LOC Social Function Requirements World Championship? 18.6 ITU/LOC社交的行事の要件 - 世界選手権
19 Transportation Plan Sample 19輸送計画サンプル
19.1 Summary of Requirements 19.1要件のまとめ
19.2 Transportation Management and Operation Plan 19.2輸送管理運営計画
19.3 Vehicle Accreditation Permit Passes 19.3車両認定許可証
20 Food Services 20フードサービス
20.1 Basic Elements 20.1基本的な要素

 

1.Official Language 1.公式言語
a)The official language of ITU is English. However, other languages may be used to improve communication.
a)ITUの公式言語は英語である。ただし、他言語を伝達向上のために使用することができる。
b)The LOC will communicate to others in the official language.
b)LOCは公式言語で他との通信を行う。
c)The Competition Jury will be addressed in English.
c)コンペティション・ジュリー(競技審議員)は、英語で対応する。
d)The Athletes’ Briefing will be conducted in English and afterwards, if available, in the host language.
d)アスリートブリーフィング(選手説明会)は英語で行い、その後必要であれば開催地の言葉で行う。
e)Communication between officials and athletes regarding penalties will be in English and if appropriate, in their own language.
e)ペナルティに関する役員(審判員)と選手の伝達は英語とするが、適切であれば個々の言葉で行う。
f)It is the responsibility of the athlete, or their NF, to provide for translation if needed.
f)通訳の手配が必要であれば、選手またはそのNFが行う。
g)Race announcers will preferably provide 50% of information in English and 50% in the local language. The final percentage will be decided during the Sport Presentation meeting prior to the race.
g)レースアナウンサー(実況)は、情報の50%を英語で、50%を現地語で行うことが望ましい。最終的な割合は、スポーツプレゼンテーション会議で決定する。

 

2. Agreement 2.契約
a)This EOM applies to all ITU Event (in certain level as it was developed for Triathlon World Cups) as stated in the Agreement; all provisions of the EOM are legally binding upon all LOCs that have been awarded an ITU Event.
a)このEOMは、契約書に明記されているように、すべてのITUイベント(トライアスロンワールドカップのレベルで作成された)に適用される。; EOMのすべての条項は、ITUイベントを授与されたすべてのLOCを法的に拘束する。
b)ITU has authority for determining what constitutes the correct implementation and interpretation of the EOM.
b) ITUは、EOM(イベント・オーガナイザーズ・マニュアル)の何が正しい履行(実施)と解釈(理解)であるかを決める権限を有する。

 

3.Insurance 3.保険
a) Event liability insurance and event cancellation is required as per the Agreement.
a)イベント賠償責任保険とイベントキャンセル事項は、契約により必要とされる。
b)Athletes’ Insurance: each athlete must acquire insurance which offers the legally necessary guarantees for the country where the event is being organised unless their NF has a license system including such coverage. Insurance information requirements must be included on the entry form. Athlete insurance is required for entry and is the responsibility of the athlete's NF.
b)選手保険:各選手は、開催国のNFが保険対応のライセンスを持っていなければ、イベントが開催される国で保証され法的に必要な補償がある保険を取得する必要がある。保険情報要件は、エントリーフォームに含める。選手保険はエントリーに必要であり、選手のNFの責任である。

c)LOC Insurance: c)LOC保険:
The LOC shall, at its cost, insure and keep insured with a reputable insurance company, a standard public liability and property damage insurance policy to cover the risks of insurable nature under the Agreement and the staging of the Event and the related events for an amount not less than the Agreement.
c)LOCは、その費用で、契約と大会や関連イベント開催で保険対象となるリスクをカバーするために、標準的な一般賠償責任や物的損害について、契約を下回らない額の保険契約を定評ある保険者会社と結びこれを維持する。

The policy of insurance shall name, as insured, LOC, ITU, the Global Partners, Global Sponsors, the ITU Officials, the ITU Technical Officials, and the respective LOC staff, officers, agents, volunteers, employees and contractors. The LOC shall provide to ITU a certificate of insurance or other satisfactory evidence of the coverage no later than 60 days prior to the Event.
保険の契約では、LOC、ITU、グローバルパートナー、グローバルスポンサー、ITU役員、ITU技術関係者、および各LOCスタッフ、役員、エージェント、ボランティア、従業員と請負業者を被保険者とする。LOCは、保険証書や他の適応する証明書をITUに遅くとも大会開催の60日前までに提出する。

 

4.Registration 4.登録
a)All the rules regarding the registration deadline, eligibility and entry can be found in the ITU Qualification Criteria and ITU Online Entry System.
a)登録締切、資格、エントリーに関するすべてのルールは、ITU資格基準とITUオンライン・エントリーシステムを参照する。
b)Entry Fees and Payment: Entry fee to the ITU Events will be in accordance with the fee outlined in the Agreement.
b)参加費と支払い:ITUイベントへの参加費は、契約書に明記した料金による。

 

5. Prize Money Breakdown
5.プライズマネー(賞金)内訳
a) The prize money breakdown can be found and downloaded from www.triathlon.org.
a )プライズマネー内訳は、次にありダウンロードできる。 www.triathlon.org
b) The prize money breakdown can be changed upon the approval of the ITU Executive Board.
b)プライズマネー内訳は、ITU理事会の承認により変更できる。

 

6. Database Management 6.データベース管理
a) A database management system and format must be set?up in consultation with ITU and will include:
a)データベース管理システムやフォーマットは、ITUと協議して設定し、次を含める:
Athlete Registration and Package Pick-up;選手登録とパッケージピックアップ;
Timing and Results; 記録と結果;
Medical Information; 医療情報;
Information for Race Announcers; and レースアナウンサーへの情報。そして、
Media Information. メディア情報

b) For the internal communication of the LOC, ITU is proposing the use of advanced web share point programs in order for the LOC to facilitate collaboration, provide content management features, implement business processes, and supply access to information that is essential to the event goals and processes.
b)LOCの内部通信のために、ITUは、LOCが共同作業を促進できるよう、高度なウェブ共有使用プログラムを提案しており、コンテンツ管理機能を提供し、ビジネスプロセス(業務手順)を実施、そしてイベントの目標と手順に不可欠な情報へのアクセスを提供する。

This is an excellent tool which provides a single, integrated location where LOC members can efficiently collaborate with team members, find organisational resources, search for experts and corporate information, manage content and workflow, and leverage business insight to make better?informed decisions.
LOCメンバーがチームメンバーと効率よく共同作業を行える単独・統合された場所を提供し、組織的なリソース(財源・情報源)を探し、専門家や企業情報を検索し、コンテンツとワークフローを管理し、より良い情報による意思決定を行うビジネスインサイト(見識・洞察)をてこ入れする優れたツールである。

 

7. Accountability 7.説明・執行責任
The LOC is accountable for the following, but not limited to:
LOCは、次の責任があるが、これらに限定されない。
a) Agreement compliance a)合意事項の順守
b)Athlete Medical Waivers b)選手の医療賠償放棄
c)Budgets c)予算
d)Contracts d)契約
e)Foreign Medical Team Undertaking e)外国医療チーム引受
f)Insurance f)保険
g)Payroll g)給与リスト
h)Permits and Approvals h)許可と認可
i)Purchasing and Invoicing i)購入と請求書発行
j)Reporting schedule and checklist j)スケジュールとチェックリスト報告
k)Visas k)ビザ
l)Water Quality Tests l)水質検査

 

8. Permits and Approvals 8.許可と承認
a) Obtain written approval for course and location, including swim, bicycle, run, transition and all jurisdictions; (municipality; police, engineering department etc.). The LOC must have ITU’s approval for all segments of the course.
a)スイム、バイク、ラン、トランジション、すべての管轄区域(自治体、警察、技術部門など)を含め、コースと場所について書面での承認を取得する。LOCはコースのすべてのセグメントのためにITU承認を受ける。

b) All temporary structures (pontoon, grandstands, stages, gantries, etc) have to be approved in writing by a Structural Engineer.
b)すべての仮設構造(ポンツーン、グランドスタンド、ステージ、ガントリー、他)は、構造エンジニアが書面で承認したものでなければならない。
c) A traffic management plan needs to be submitted to ITU for approval.
c)交通管理計画は、承認を受けるためにITUに提出する。

 

9. Reporting Schedule and Checklists 9.スケジュールとチェックリスト報告
a) Upon request of the TL, TD, ITU Media and Television Director according to their checklists.
a)TL、TD、ITUメディアとテレビディレクターのチェックリストによる要望に応じ。
b) After the event upon receiving the ITU Post? Event Report.
b)イベントの終了後に、ITUポストイベントレポート(イベント終了報告)を受信。
c) For a World Championship or World Cup Event, a Major Events Milestones & Critical Path Schedule needs to be submitted to ITU. The LOC will be assessed based on these documents.
c)世界選手権、ワールドカップイベント、主なイベントのマイルストーン(主要管理点)とクリティカルパス(重要手順)スケジュールをITUに提出する。LOCは、これら文書に基づいて評価される。

 

10. Event week ITU LOC Meetings 10.イベントウィークのITU - LOC会議
ITU may request the following meetings scheduled prior to the event:
ITUは、イベント前に次の会議を予定することを要請できる。
図解:「ITU・EOMパートB」17頁参照

 

11.Visas 11.ビザ
a)The LOC must contact their country's Customs and Immigration Department and determine the following:
a)LOCは自国の税関・出入国管理局に連絡し次を特定する。
Which countries require a visa to enter the host nation.
いずれの国が開催国への入国ビザが必要となるか。
The location of the host nation's consulate or embassy in the countries requiring a visa.
ビザを必要とする国にある大会主催国の領事館か大使館の場所。

b)The LOC must then publish this important visa information on the event website and on www.triathlon.org
b)LOCは、この重要ビザ情報を大会ウェブサイトと次に掲載する。www.triathlon.org

c)Upon request for Visa invitation letters, the LOC must first contact ITU to determine that the athlete or official requesting the information is fully affiliated with ITU and has a reason to request an invitation to attend the particular event.
c)ビザ招へい状の要請があったら、LOCは、情報を求めている選手や役員がITUに正式加盟しているか、特定イベント参加への招待を要請する理由があるかを見きわめるために、まずITUに連絡する。

d)ITU will then provide a letter of invitation template to be used by the LOC. The LOC will be responsible for the appropriate translation of this letter.
d)ITUは次に、LOCが使用する招へい状のテンプレートを提供する。LOCはその手紙を適切に翻訳する。

e)ITU must be copied (ccd) on all visa letters.
e)すべてのビザ用レターをITUにコピー転送(CCD)する。

 

12.Accreditation Protocol 12. 認定プロトコル(手順)
12.1. Introduction 12.1.はじめに
a)ITU has a standardised accreditation design system that must be used at all events.
a)ITUは、すべてのイベントで使用する標準化デザイン承認システムを導入している。

b)The template below outlines the key accreditation classes and colours. A separate card and signage design template is included in the appendices.
b)以下のテンプレートは、主要な認定クラスと色を示す。個別カードと看板デザインのテンプレートは付録に含まれる。

c)The accreditation card should be 10cm x 15cm and should be either hard plastic or of high quality laminated material. The access signs should be 60cmx90cm.
c)認定カードのサイズは10cmX15cm、硬質プラスチックか高品質のラミナート素材とする。アクセス看板は60cmx90cmとする。

d)The LOC must pay particular attention to both the development of the accreditation, the development of the secure zone signage and the implementation of an effective security team to manage and control the accreditation and security on site.
d)LOCは、登録認定の開発・安全ゾーン看板の展開および大会現場での登録とセキュリティを管理・制御する質の高いセキュリティチームの業務実施のいずれにも格別な注意を払う。

e)Security zones must be indicated on all site maps.
e)セキュリティゾーンはすべてのサイトマップ(会場図面)に表示する。

f)The LOC must develop a media accreditation registration on-line form; the form must be approved by the Director of ITU Media and Television prior to posting and all registered media must be approved by ITU.
f)LOCは、メディア認定登録オンラインフォームを開発し、ITUメディア・TVディレクターがそのフォームを発表前に承認し、登録された全メディアはITU承認を受ける。

g)The LOC must ensure that all team support is submitted by the National Federation and all coaches and managers must be on the ITU approved list.
g)LOCは、すべてのチームサポートがNFから提出され、すべてのコーチとマネージャーがITU承認リストにあることを確認する。

h)The final plan and proposed accreditation cards, zone control signage and venue accreditation plan/flows must be submitted to ITU for approval 60 days in advance of a World Championship event.
h)最終プランと提案された認定カード、ゾーン制御看板、会場の認定プラン/フローは、世界選手権イベントの60日前に、承認を受けるためにITUに提出する。

 

12.2. Zones 12.2.ゾーン
The accreditation zones should be planned based on the following table:
認定ゾーンは、次の表に基づいて計画される。:
図解:「ITU・EOMパートB」18頁参照

 

12.3. Accreditation Card 12.3.アクレディテーション(認定)カード
The ITU Accreditation card for all World Cup and World Championship Events is formatted as follows
12.3.すべてのワールドカップと世界選手権イベントのITU認定カードは次のようにフォーマット化される。
図解:「ITU・EOMパートB」19頁参照

 

12.4.Sub Categories
12.4.サブカテゴリー
図解:「ITU・EOMパートB」20頁参照

12.5. National Federation Delegation Accreditation Cards Wristbands


12.5.NF代表団認定カード・リストバンド
A certain number of registered NF Delegates are entitling to a blue zone accreditation card or wristband. At the ITU Triathlon World Championship Series events only the Elite Coach, Mechanics, Medical and NF Representative Column will apply.
登録されたNF代表者の一定数にブルーゾーンへの認定カードやリストバンドが貸与される。ITUトライアスロン世界選手権シリーズイベントでは、エリートコーチ、メカニック、メディカルおよびNF代表者だけに適用される。
図解:「ITU・EOMパートB」21頁参照

 

12.6. Coaches‘ Area Access for Elite Team Coaches at all ITU Events
12.6.エリートチームコーチの全ITUイベントでのコーチエリア用アクセス
a) Access Rights are given by NF according to the number of athletes entered.
a)アクセス権は、参加入力された選手数に応じ、NFから与えられる。
b) Quantity: 1-3 athletes = 2 coaches, 4-6 athletes=3 coaches, 7 and more athletes=4 coaches. All the coaches have to be registered by their NF through the ITU Online Entry System.
b)数量:選手1-3名でコーチ2名、選手4-6名でコーチ3名、選手7名以上でコーチ4名。すべてのコーチは、ITUオンラインエントリーシステムから所属NFが登録する。

c) Access Rights:
c)アクセス権:
Full access to Sports Seats on the Grandstands (if applicable);
グランドスタンドのスポーツシート:競技席(該当する場合)へのフルアクセス;
Full access to Coaches Areas along the FOP;
FOP(Field Of Play:競技コース)に沿ったコーチエリアへのフルアクセス;
No access to Recovery Tent;
リカバリーテントへのアクセスはない;
Full Access to Athletes’ Lounge; and
アスリートラウンジへのフルアクセス;そして、
No Access to First Recovery Tent (if applicable).
第1リカバリーテント(該当する場合)へのアクセスはない。

 

12.7. Medical Area Access for Team Medical at all ITU Events
12.7医療チーム用の全ITUイベントでのメディカルエリアアクセス
a) Registration to ITU Medical Officer
a)ITUメディカルオフィサーに登録
b) Quantity: I per team
b)数量:チームに1個
c) Access Rights:
c)アクセス権:
Full access to Sports Seats at the Grandstands;
グランドスタンドのスポーツシートへのフルアクセス。
Full access to Coaches Areas along the FOP;
FOPに沿ったコーチエリアへのフルアクセス、
Invitation access to Recovery Tent;
リカバリーテントへの限定アクセス、
No Access to Athletes’ Lounge; and
アスリートラウンジへのアクセスはなし。そして、
No Access to First Recovery Tent (if applicable).
第1リカバリーテント(該当する場合)へのアクセスはなし

 

12.8. VVIP Area Access
12.8.VVIPエリアアクセス
If applicable, VVIP area can be controlled by giving a pink wristband to the zone access holders.
該当する場合は、VVIPエリアは、ゾーン・アクセス・ホルダー(対象保持者)にピンクのリストバンドを与え制御する。

 

12.9. Access Rights per Room Code
12.9.ルームコード(エリア識別番号)によるアクセス権
図解:「ITU・EOMパートB」22頁参照

 

12.10. Accreditation Templates 12.10.認定テンプレート
The ITU Accreditation templates can be accessed through www.triathlon.org.
In order to properly manipulate the ITU Accreditation cards a graphic programme such as Adobe Illustrator, Photoshop or Corel Draw is required.
ITU認定テンプレートは次でアクセスできる。www.triathlon.org
ITU認定カードを適切に操作するために、アドビ・イラストレーター、フォトショップやコーレルドローなどのグラフィックプログラムが必要となる。

 

12.11. Accreditation and Security Checklist
12.11.認定とセキュリティ・チェックリスト
a) Preparation a)準備
Create accreditation cards based on ITU template;
ITUテンプレートに基づいて認定カードを作成、
Create access signage based on ITU template;
ITUテンプレートに基づいたアクセス看板を作成する。
Create the list of person who will be granted all access and submit to ITU for approval;
すべてのアクセス権を付与される担当者リストを作成し、承認のためITUに提出する。
Create all other categories and numbers of cards for each area based on discussion and direction from the ITU Technical Delegate;
各エリアへのカードのカテゴリーと数量は、ITU技術代表との協議そして指導により作成する。
Source security vests for security volunteers; and
セキュリティボランティア用のセキュリティベストの手配。そして、
Plan on site training session with all security volunteers.
セキュリティボランティアの現場トレーニングセッションの計画。

b) Race Site b)レースサイト(競技会場)
Ensure that there are adequate access points to field of play;
フィールド・オブ・プレー(競技コース)への妥当なアクセスポイントがあることを確認する。
Ensure that there are frequent and logical crossing points for officials and race personnel,
役員やレース関係者の頻度が高く理にかなった横断路を確保する。
Ensure that there are logical and appropriate crossing points for spectators;
観客用に理にかない適切な横断路を確保する。
Ensure adequate security to all VIP areas; and
すべてのVIPエリアに十分なセキュリティを確保する。そして、
Ensure adequate security to all athlete only areas.
選手限定エリアの適切なセキュリティを確保する。

c) Security Personnel: c)セキュリティ担当者:
Ensure that there are trained security personnel manning each access control point;
各アクセス制御ポイントに研修を受けた保安要員が配置されていることを確認する。
The security personnel must be clearly visible and wear vests that say ‘SECURITY’. They should not be dressed the same as regular volunteers.
セキュリティ担当者は明確に目立たなければならず、「SECURITY(セキュリティ)」と記したベストを着用する。一般ボランティアと同じユニフォームを着用しない。

 

12.12. Accreditation and Security Area Requirements 12.12.認定とセキュリティエリアの要件
a) I0m2 tent? a)I0平方メートルのテント
b) 2 Tables, 4 chairs? b)テーブル2、椅子4
c) Notice board? ?c)掲示板

 

12.13. Dot Plan? 12.13.ドットプラン(図面指示プラン)
The LOC should prepare a map with all the accreditation zones and the access/ security check points from the Race Site (Dot Plan). This document should be submitted to the TD for approval. A sample of this document is as follows:
LOCは、すべての認定ゾーンとレースサイト(競技会場)からのアクセス/セキュリティチェックポイントを示した図面を準備する(ドットプラン)。この書類はTDに提出し、承認を受ける。書類例は次のとおり。
図解:「ITU・EOMパートB」23頁参照

 

13. Staff and Volunteer Services 13.スタッフとボランティアサービス
13.1. Volunteer Coordinator 13.1.ボランティアコーディネーター
a) Responsible for maintaining the overall volunteer database.
a)全体のボランティアのデータベースを管理する。
b) Responsible for volunteer training and assignments.
b)ボランティアの養成と割り当てを担当する。
c) Responsible for distributing volunteer uniforms and accreditations.
c)ボランティアユニフォームと認定証を配布する。

 

13.2. Recruitment Plan 13.2.動員計画
a) It is beneficial to first recruit personal contacts of committee members as they often provide the most reliable source.
a)最初に、もっとも信頼できる情報をよく提供できる委員会メンバーの個人連絡先を募るとよい。
b) An online volunteer application form is recommended.
b)オンラインでのボランティア申込みを奨励する。

 

13.3. Training 13.3.トレーニング
a) All field of play volunteers should receive the basic ITU Competition Rules training.
a)競技エリア内ボランティアは、基本的なITUルールトレーニングを受ける。
b) All volunteers are to receive an information package, which includes an event and course overview, and general understanding and awareness information.
b)すべてのボランティアは、イベントコース概要、一般的な理解と認識すべき情報を含むパッケージを受け取る。
c)Specialised training required for athlete services, spectator services, motorcycle drivers, communications, timing, live coverage and security.
c)選手サービス、観客サービス、オートバイ運転手、通信、タイミング、生中継とセキュリティのために必要な専門研修。
d) All volunteers are encouraged to promote the event within their own community.
d)すべてのボランティアは、個々のコミュニティ内での大会告知を奨励される。
e) The LOC can request from the ITU Events Department all the job descriptions and samples of general volunteer trainings.
e)LOCは、一般的なボランティアトレーニングに必要なすべての解説書とサンプルをITUイベントデパートメントに要求できる。

 

13.4. Volunteer Appreciation 13.4.ボランティア感謝
a) Volunteer uniforms provided by the LOC.
a)ボランティア制服のLOC提供
b) Volunteer food provided on event day.
b)イベント当日のボランティ食事の提供
c) A volunteer appreciation event is recommended.
c)ボランティア感謝イベントの開催推奨

 

13.5 Volunteer Management 13.5ボランティア管理・運営
a) Recruit Area Coordinators for each different area of the race. (i.e. swim, bike, run, transition, aid stations, marshals, lifeguards, etc). Area Coordinators should understand the area they will be supervising.
a)レースのそれぞれ別エリアにエリアコーディネーターを募る。(例えば、スイム、バイク、ラン、トランジション、エイドステーション、マーシャル、ライフガードなど)。エリアコーディネーターは、管理・指導するエリアを理解する。

b)Determine how many volunteers will be needed for each area. (Consider such things as the size of the event, etc).
b)各エリアに必要なボランティア数を決める。(イベントの規模などを考慮する)。
c) Ask all Area Coordinators to help you recruit volunteers. Try to use the same Area Coordinators from year to year and the same volunteers.
すべてのエリアコーディネーターにボランティア募集の手伝いを依頼する。毎年、同じエリアコーディネーターとボランティアへの依頼を心がける。
d) Post information on your website indicating the need for volunteers for the event.
d)イベントのためにボランティアが必要であることを示した貴サイトに情報を掲載する。
e) Compile a spreadsheet indicating the following fields.
e)次の項目を示すスプレッドシート(表計算ソフト)を編集する。
Last Name; 姓;
First Name; 名前;
Position; 配置;
Email address; and メールアドレス;そして、
Phone number(s) 電話番号
f) Also, have individual spreadsheets indicating specific areas with the Area Coordinators name located at the top.
f)個々のエリアとエリアコーディネーター名を上部に記したスプレッドシートを準備する。

g)Determine the location for volunteer orientation.
g)ボランティア・オリエンテーションの場所を決める。
h)Create a volunteer handbook indicating such things as check in times on race day, site map, event schedule, other volunteer information, event history and general information.
h)レース当日のチェックインタイム(受付時間)、サイトマップ、イベント日程、他のボランティア情報、イベントの歴史と一般情報を示すボランティアハンドブックを作成する。
i) Send out mass email to all volunteers indicating dates, place, and time of volunteer orientation.
i)ボランティア・オリエンテーションの日付、場所、時間を示す一括メールをボランティア全員に送信する。
j) Create PowerPoint presentation for volunteer briefing.
j)ボランティア説明会用にパワーポイント・プレゼンテーションを作成する。

 

13.6. Volunteer Orientation 13.6.ボランティア・オリエンテーション
a)Have volunteers pick up accreditation, volunteer handbook, and volunteer t?shirt. Use a checklist and mark off volunteers who have picked up their handbook, shirt, etc. This is to ensure people do not pick up their package twice.
a)ボランティア認定、ボランティア手帳、ボランティアTシャツをボランティアに受け取り願う。チェックリストを使用し、手帳、シャツ他を受け取ったボランティアを確認する。これによりボランティアがパッケージを二回受け取らないようにする。
b)Provide volunteers with food and refreshments.
b)ボランティアに食物や飲物を提供する。
c)Present PowerPoint presentation to mass group.
c)人数の多いグループにはパワーポイントでのプレゼンテーションを行う。
d)Give away volunteer prizes after mass presentation to show appreciation.
d)感謝の意を示すために合同プレゼンテーションの後、ボランティア賞を与える。
e)Then have break out groups for each area (i.e. bike, transition, etc.). Have the Area Coordinators of each area discuss everything the volunteers need to know.
e)次に、各エリア(例えばバイク、トランジション他)のグループに分ける。各エリアのエリアコーディネーターに、ボランティアが知るべきすべてのことを話し合うようにする。
f) Note: Area Coordinators will also take attendance of volunteers and will be in charge of contacting absent volunteers to provide them with information about their duties on race day.
f)注:エリアコーディネーターは、ボランティアの出席を取り、欠席したボランティアにレース当日必要な業務情報の提供のために連絡を担当する。
g)After volunteer orientation it is important to update all lists and make sure there is a mass volunteer list as well as area lists.
g)ボランティア・オリエンテーションの後、全リストを更新し、総合ボランティアリストとエリアリストの確認が大事である。
h) Determine how much food will be needed for race day.
h)大会当日に必要な食べ物を決める。
i) Breakfast: coffee, muffins, juice, and fruit.
i)朝食:コーヒー、マフィン、ジュース、フルーツ。
j) Lunch: Good idea to find a food vendor to sponsor venue.
j)ランチ:スポンサー会場にフードベンダー(食品販売者)を見つけるのが良いアイデア。

 

13.7.Race Day 13.7.レース当日
a) Have all volunteers check in at the volunteer tent according to the check in times in their volunteer handbook.
a)すべてのボランティアに、ボランティア手帳の受付時間により、ボランティアテントで受付てもらう。
b) Area Coordinators will then take their volunteers to their specified locations.
b)エリアコーディネーターはその後、指定場所へボランティアを案内する。

c) Be sure to provide volunteers with complimentary food and refreshments throughout the day.
c)ボランティアには無料の食物や飲物を終日にわたり提供する。
d)Some volunteers will be out on the course all day; therefore, they will require a bag lunch.
d)一部のボランティアは、一日中、コース上にいる。そのため、バッグランチ(袋入り昼食)が必要である。
e)Make sure all volunteers clean up their areas after the race is complete. This will ensure quick and efficient clean up time.
e)すべてのボランティアが、レース終了後、それぞれのエリア掃除を励行する。これにより、すばやく効果的な掃除時間を確保できる。
f) Send an email thanking all volunteers for their hard work.
f)すべてのボランティアにハードワークへの感謝メールを送る。

 

13.8.Volunteers’area Specifications 13.8.ボランティアエリア仕様
a) 100m2 tent
a)100平方メートルテント
b) Tables, chairs (depending on the number of volunteers using the area to fit 20% of the volunteers at once)
b)テーブル、椅子(エリアを利用するボランティアの数に応じて、ボランティアの20%を同時に許容できるように)
c) Provision for allocating food services
C)食品サービスの割り当てと対策
d) Access to toilets on the bike and run course.
d)バイクとランコース上のトイレへのアクセス。
図解:「ITU・EOMパートB」25頁参照

 

14. Athlete Services 14.アスリート(選手)サービス
14.1. Overview 14.1.概要
a) Athletes are the most important stakeholders of the event. Their overall view of the event will be reflected not just in the race but in the consideration that has gone into anticipating what their needs will be.
a)アスリート(選手)は、イベントでもっとも重要なステークホルダー(利害共有者)である。彼らのイベントへの全体的な意見は、レースだけでなく、彼らのニーズが何かを予想し配慮するときにも反映される。

b) Basic Athlete Services to be provided by the LOC include:
b) LOCが提供する基本的な選手サービスは次を含む:
Airport Transportation, including provisions for bike transportation;
バイク輸送の対策を含む空港送迎;
Athlete Services Information Booths (airport, hotels, venue);
選手サービス情報ブース(空港、ホテル、開催地);
Accommodation services; 宿泊サービス;
Internet booths in hotel lobby and at registration facility;
ホテルロビーと登録施設でのインターネットブース;
Medical services; 医療サービス、
Training services; トレーニングサービス;
Access to the swim, bike and run courses for familiarization;
スイム、バイク、ランコース試走;
Escorted tours of the bike course; バイクコースの案内付試走;
Massage and spa; マッサージとスパ;
Bike Service and バイクサービス;そして、
Uniform Printing. ユニフォーム・プリント

 

14.2. Airport Transportation 14.2.空港輸送
a)An athlete's first and last impression of an event is their ease of getting to and from the airport. Dedicated bus service should be planned with special provision for bike transportation.
a)選手の最初と最後のイベントの印象は、空港への往復の容易さである。専用のバスサービスは、バイク輸送の特別対応を含め計画する。

b)Encourage pre-booking and pre-paid transport. This must be managed carefully so no one is left stranded at the airport.
b)事前予約と事前支払の送迎手配を奨励する。どの選手も空港で取り残されることのないよう慎重に管理する。
c)Free airport transfers must be provided for athletes and their bikes (mandatory for World Cup and World Championship Series elite athletes and optional for Continental and Multisport events elite athletes).
c)選手とバイクの無料空港送迎(ワールドカップと世界選手権シリーズのエリート選手には必須、コンチネンタルとマルチスポーツイベントのエリート選手にはオプション)が提供されなければならない。
d)Accredited athletes should be provided with free ’in?city' public transportation.
d)認定選手には、市内の公共交通機関は無料で提供される。

e)The transportation company should be familiar in transporting people with a disabilities and their equipment.
e)運送会社は、障害者とその人の用具の取り扱いに精通する必要がある。

 

14.3. Athlete Services Booth
14.3.アスリート・サービスブース
a)An athlete services booth should be set up at the airport to greet and assist arriving athletes, coaches and other personnel.
a )空港にアスリート・サービスブースを設置し、到着した選手、コーチや他の人を歓迎し支援する。
b)An athlete services booth should be available during athlete registration at the registration area.
b)アスリート・サービスブースは、登録エリアでの選手登録時に利用可能にする。
c)An athlete services booth should be available at the venue during pre-event course familiarizations and on race days.
c)アスリート・サービスブースは、大会前のコース試走中、レース当日に会場で利用可能とする。
d)Athlete services should be knowledgeable about the course, the event schedule and local city information.
d)アスリートのサービスにはレースコース、イベントスケジュールおよび地元都市の情報提供が求められる。
e)Athlete information boards.
e)アスリートの情報板。
f)Lost and found.
f)遺失物。
g)Language services.
g)言語サービスの提供。
h)Provide course and city maps, specific to the event.
h)イベントに係るレースコース、シティーマップを提供する。
i)Sunscreen and bug spray.
i)日焼け止めと虫よけスプレー。
j)This booth should manage the booking at the training venues (if applicable).
j)このブースでは、トレーニング会場の予約を管理する(該当する場合)。

 

14.4. Athlete Handbook Information: 14.4.アスリートハンドブック(案内書)情報:
The minimum athlete handbook requirements are:
アスリートハンドブックに最低限要求されること:
a) Course and city maps, specific to the event.
a)イベントに係るコースや市内地図
b) Accurate Event Schedule and Event Locations (please ensure that this is accurate ? including check-in and warm-up times for all athletes).
b)正確なイベントスケジュールとイベントの開催場所(全選手の受付とウオームアップの時間が正確なことを確認する。)
c) Athlete transportation details, times and contacts,
c)選手輸送の詳細、時間と連絡先、
d) Training facilities: telephone, address, map, hours available,
d)トレーニング施設:電話、住所、地図、営業時間
e) City information i.e. emergency numbers, phone information,
e)都市情報 例えば緊急番号、電話情報、
f) Public transportation information, f)公共交通情報、
g) Restaurant information, g)レストラン情報
h) Car rental information, h)レンタカー情報、
i) Tourist attractions, @)観光スポット、
j) Medical clinics and local hospitals, j)医療診療所と現地の病院、
k) Local entertainment, k)郷土芸能
I) Airline telephone numbers, l)航空会社の電話番号、
m) Assistance for family members travelling with athletes, i.e., facilities for children and tourist information.
m)選手と同行している家族への支援。例えば、子供向けの施設や旅行者情報。

 

14.5.Accommodation 14.5宿泊
a) Host hotel information must be posted on the ITU website at least three months in advance (LOC must provide contact information for more than one price option).
a)ホストホテルの情報は、少なくとも3カ月前にITUウェブサイトに掲載する(LOCは、一つ以上の価格オプションの連絡情報を提供する)。
b)Host self catering accommodation information must be posted to the ITU website as an option at least three months in advance (many athletes prefer accommodation with kitchens that are reasonably priced).
b)自炊式宿泊設備の情報は、少なくとも3カ月前にオプションとしてITUウェブサイトに掲載する。(選手多くが手頃な価格のキッチン付宿泊施設を好む)
c) Approved home stay can be offered.
c)承認されたホームステイを提供できる。
d) Top ranked men and women must be provided with free accommodation at the host hotel as outlined in the Agreement.
d)トップランクの男性と女性に対しては契約書に記載されたとおり、ホストホテルに無料で宿泊できる。

 

15. ITU/VIP/Sponsor Services 15? ITU/VIP/スポンサーサービス:
15.1. Sponsor Servicing: 15.1スポンサーサービス
The ITU/VIP/Sponsor Hosting Plan will meet the following minimum requirements:
ITU/VIP/スポンサーの開催計画は、次の最小限の要件を満たす。
a) Appoint a Sponsor Service Team.
a)スポンサーサービスチームを選任する。
b) A VIP Venue host/hostess team who have full knowledge of the event should service the VIP tent. The VIP tent should have a full food and beverage menu and must be approved by the ITU.
b )イベントの全知識を持つVIP会場ホスト/ホステスチームは、VIPテントをサービス対応する。VIPテントは、完全な食品や飲料のメニューを備え、ITUの承認を受ける。
c) Arrange VIP Airport Transportation (Pickup & Dropoff).
c)VIP空港交通(ピックアップ&ドロップオフ)を配置する。
d) Provide event information package.
d)イベント情報パッケージを提供する。
e) Arrange VIP Transportation to all social functions as required.
e)すべての社会的行事へのVIP輸送を必要に応じて手配する。
f) A supply of sunscreen and bug spray should be available.
f)日焼け止めと虫よけスプレーが利用できるようにする。
g) Guest lists should be developed in co-operation with ITU.
g)ゲストリストは、ITUと協力して作る。

 

15.2.Sponsor Packages: (to include) 15.2.スポンサーパッケージ:(含む)
a) VIP (and guest) Accreditation for the event.
a)大会のVIP(およびゲスト)認定。
b)Event information.
b)イベント情報。
c)Invitations and reservation package instructions for all special functions.
c) すべての特別行事への招待状と予約パッケージの説明書。
d)Transportation instructions for all events and Vehicle Permit Passes for their vehicles, in order for the VIPs to be dropped off close to the venue.
d)VIPが会場近くで降車できるよう、全イベントと車両用の車両許可証の輸送指示。
e) Sponsor thank you gift.
e)スポンサー感謝の贈り物。
f) Special VIP gifts, with local flavour.
f) 地元の味を持つ特別なVIPのギフト。
g) VIP packages should be attractively wrapped when distributed.
g)VIPパッケージを配布するときは、きれいに包装をする。

 

15.3.Sponsor contractual obligations: 15.3.スポンサー契約上の義務:
a) Ensure all sponsor contracts are signed.
a)すべてのスポンサー契約が署名されていることを確認する。
b) Sponsor contracts should be reviewed thoroughly to ensure delivery of all obligations.
b)スポンサー契約は、すべての義務を保証するため十分に見直される。

 

15.4. Sponsor Signage: 15.4.スポンサー・サイネージ(看板・標識):
a) The plan for sponsor signage, both on?site and for all other event related functions must be incorporated into the overall ‘look’ of the event. The branding plan (for the main venue and course areas) should be available to the TL for approval at least 30 days prior to the competition.
a)スポンサー看板の計画では、サイト上で、他のすべてのイベント関連の機能の両方のためには、イベントの全体的な「外観」に組み込まれている必要がある。ブランディング計画(メイン会場と競技コースが対象)は、承認を得るために、競技の少なくとも30日前までにTL(テクニカルリーダー)に提出する。

 

15.5. ITU VIP Protocols? 15.5.ITU VIPプロトコル
a) Secure president's message for event programme and athlete booklet.
a)イベントプログラムと選手用ブックレットに会長メッセージを入れる。
b)Plan airport pick up and drop off for ITU President, council members and staff.
b)ITU会長、評議会メンバーとスタッフのために空港送迎を計画する。
c)Ensure welcome package and event information is provided at the host hotel.
c)歓迎パッケージとイベント情報がホストホテルで提供されることを確認する。
d)Plan transportation to race venue.
d)レース会場への輸送を計画する。
e)Ensure available phone and fax line as well as Internet connection for ITU President.
e)電話、FAXだけでなくインターネット接続をITU会長のために準備確認する。
f)Plan a full service hospitality venue at race site.
f)レース現場でのフルサービスの歓迎場所を計画する。
g)Seek ITU approval for medal presenters.
g)メダルプレゼンター(贈呈者)のITU承認を受ける。
h)Provide appropriate VIP accreditation as per ITU accreditation template.
h)ITU認定テンプレートにより、適切なVIP認定を提供する。
i)Provide an additional 20 VIP passes for ITU President's use.
i)VIP用パス追加20枚をITU会長の使用に提供する。

j)Plan a welcome reception for ITU representatives and local VIPs.
j)ITU代表者や地元のVIPの歓迎レセプションを計画する。
k) Provide tickets to all functions to ITU council and staff.
k)ITUの理事会とスタッフへのすべての催事にチケットを提供する。

 

15.6. Medal Ceremonies: 15.6.メダルセレモニー:
a) Public authorities, VlP's or representatives from a high level sponsor organisation should be considered as presenters.
a)公的・行政役員、VIPまたはハイレベル・スポンサーの代表者がプレゼンターとして考慮される。

b) Medal presenters for the Elite Athlete medal ceremony to be decided by the ITU.
b)エリート選手のメダルセレミニーでのメダルプレゼンターは、ITUによって決定される。
c) At least one Medal presenter should be a woman.
c )少なくとも一人のメダルプレゼンターは女性とする。

d) The details of the medal ceremony are described in the ITU Sport Presentation Manual.
d)メダルセレモニーの詳細は、ITUスポーツプレゼンテーション・マニュアルに記載されている。

 

15.7. VIP/Sponsors hosting area requirements 15.7.VIP/スポンサー開催エリア要件
a) This area should be adjacent to and with a clear view of the finish line. It should be a minimum of 500m2 with an additional area for food and beverage preparation.
a)このエリアは、フィニッシュラインの見晴らしがよく隣接していること。食物や飲料の追加面積は500平方メートル以上とする。
b) The area should be next to finish line and in full view of any big screens.
b)このエリアはフニッシュラインに隣接し、大画面が完全に見えるようにする。
c) It should be equipped with table, chairs and umbrellas and accessible to VIP grandstand viewing.
c)テーブル、椅子、傘を用意し、VIPグランドスタンド観戦にアクセス可能とする。
d) Tables should be draped.
d)テーブルをドレープする(布を掛ける)。
e) The VIP area should be tastefully decorated.
e )VIPエリアは上品な内装する。
f) The area should be kept clean at all times.
f)このエリアは、つねに清潔に保つ。
g) Plants and flowers and other decorations should be planned to enhance the aesthetics of the area.
g)植物、花、装飾等をこの場所の洗練さを際立たせるために立案する。
h) Access to toilets (6).
h)トイレにアクセス(6)
i) The VIP area should be wheelchair accessible.
i )VIPエリアは車椅子アクセスを可能とする。
j) The PA must be far from this area.
j)PA(拡声器)はこのエリアから遠くに設置する。
図解:「ITU・EOMパートB」28頁参照

 

16. Technical Officials Services 16.技術役員(審判員)サービス
16.1 General 16.1一般
a) The LOC has to appoint a person responsible for the Technical Officials Services. This person should be the liaison between the LOC and the Technical Officials.
a)LOCは技術役員サービスの責任者を選任する。この担当者は、LOCと技術役員の間の連絡を行う。
b) The overall services should be agreed among the LOC, the National Federation and ITU.
b)全体的なサービスは、LOC、NFとITUの間で合意する。
c) The LOC should provide the TOs with the following:
c)LOCは、技術役員に次を提供する。

Free airport transportation; Welcome package; Full board accommodation (upon agreement); Food and beverages during competition hours; Tickets for the Opening and Closing Ceremonies; Tickets for the Pasta Party; and Transportation to and from the Venue.
無料の空港輸送;ウェルカムパッケージ;食事付き宿泊(契約による);競技中の飲食物;開会式と閉会式のチケット、パスタパーティーのチケット;会場への往復送迎。

 

16.2. Onsite Services 16.2.オンサイト(現場)サービス
a) Technical Official Lounge: a)技術の公式ラウンジ:
Tent space 50m2; テントスペース50平方メートル;
Notice board; ノウチスボード(掲示板)
Meals (breakfast or lunch), based on the Competition Schedule; 競技日程による食事(朝食または昼食)、
Tables and chairs for 20 people; and テーブルと20名分の椅子、さらに、
Lockers.ロッカー

b) ITU Office b)ITUオフィス
Office space (2 separate rooms ? 25m2 each); High speed Internet connection w/router; International Phone access; Fax machine; Photocopying machine; Desk space for at least 12 people; Paper and envelopes; Notice board; Miscellaneous office supplies; and Food and beverages.
オフィススペース( 二つの独立した部屋 ? 各25平方メートル)、高速インターネット接続、W /ルータ、国際電話アクセス、ファックス、コピー機、少なくとも12名分のデスクスペース、用紙と封筒、掲示板、事務用品、飲食物。

 

17. Spectator Services 17.スペクテーター(観客)サービス
17.1 Access to Venue Information 17.1会場情報へのアクセス
a) Road closures schedules, a)道路閉鎖スケジュール、
b) Bus schedules, b)バスのスケジュール、
c)Bridges over field of play, c)FOP(競技コース)上のブリッジ(通行用橋)
d)Best viewing points. d)最高の観戦ポイント。


17.2. Communication Sources 17.2.通信ソース
a) Road closures will often result in extra considerations for getting spectators on site. It is essential that event access information is well communicated to the spectators.
a)道路閉鎖は、多くの場合、観客を大会現場に集めるための追加の考慮事項となる。イベントアクセス情報の観客への伝達が必須である。
b) Communication sources to be used include:
b)伝達内容は次を含む。

City Road Closure Signage; 市の道路閉鎖看板
Event created access signage for placement on city streets (must be approved by city);
大会側が作成した看板の市道への設置(市の承認が必要)
Local newspapers ads; 地元新聞の広告;
Local radio stations ads; 地元ラジオ局の広告、
LOC website; LOCウェブサイト、
Spectator access information should be incorporated into the overall event promotions plan;
観客へのアクセス情報は、全体的なイベントプロモーション計画に組み込まれる、
Flyers; チラシ、
Road banners; 道路のバナー、
Promo Booths; and 販促ブース;そして、
Event Announcement to the public. 一般へのイベント案内

 

17.3. On-site Spectator Services 17.3.オンサイト・スペクテイターサービス
a) Volunteers should be located at all major access points on?site and in the central hub of the event site.
a)ボランティアは、現場のすべての主要なアクセス地点と大会会場の中央拠点に配置する。
b)Volunteers should be very visible.
b)ボランティアはよく目立つようにする。
c)Volunteers should be well versed in on?site and course information.
c)ボランティアは、現場とコース情報に精通する。
d)An information sheet on ‘What is triathlon?’ and ‘Who to watch?’ is recommended.
d)「トライアスロンとは? 」「だれを見るべきか?」の情報シートが推奨される。

e)The LOC should always be in position to guarantee the safety of the spectators on?site.
Evacuation routes should be well marked.
e)LOCは、大会現場の観客の安全性をつねに保証する立場にある。避難経路は明確に表示する。

 

18.Social Functions 18.ソーシャル・ファンクション(社交的行事)
18.1Pasta Party 18.1パスタパーティー
a) This is a complimentary function for all athletes and team officials.
a)これは、すべての選手とチーム役員のための無料の行事である。
b)Invitations should be issued to VIPs/Sponsors/ITU officials.
b )招待状をVIP/スポンサー/ITU役員に発行する。
c)Include TOs in the complimentary list.
c)招待リストに技術・審判員を含める。
d)Plan for additional ticket sales to guests.
d)ゲストに追加チケット販売を計画。
e)Plan audio visual capability for the function.
e)オーディオ・ビジュアル機能を計画する。
f)Venue should be easily accessible to athletes (if not, free transportation should be provided).
f)会場は選手に簡単にアクセスできる必要がある(簡単でなければ、無料輸送を提供する)。
g) Venue should be wheelchair accessible.
g)会場は車椅子でアクセス対応可とする。
h) Venue should be tastefully presented.
h)会場は上品な設営とする。
i)Contingency Plan in case of outdoors venue.
i)屋外会場でのコンティンジェンシー・プラン(緊急時対策)。
j) The venue, proposed menu and program must be approved by ITU.
j)会場、提案のメニューとプログラムはITU承認を受ける。
k) Ensure a ticket for one handler per paratriathlete.
k)パラトライアスリートに対しハンドラー1名のチケットを確認する。

 

18.2 Gala Awards Banquet 18.2ガラ表彰バンケット
a) High quality, post race banquet to honour all athletes.
a)すべての選手を称えるためのハイクオリティなレース後のバンケット。
b)Medals and flowers presented to top three in all categories.
b)すべてのカテゴリーのトップ3名に贈呈するメダルと花。
c)Medal and flower presenters to be decided in cooperation with ITU.
c)メダルと花のプレゼンター(贈呈者)は、ITUと協力して決定する。
d)Facility should be easily accessible for athletes or transportation provided.
d)施設は選手が簡単にアクセスできること、さもなければ輸送を手配する。
e)Venue should be wheelchair accessible.
e)会場は車椅子対応であること。
f)Athletes, accredited team officials, sponsors, VIPs, ITU Officials (as per ITU/LOC Social Functions chart) and TOs entries are complimentary.
f)選手、認定チーム役員は、スポンサー、VIP、ITU役員(ITU/LOC社交的行事チャートによる)とTO(技術役員)のエントリーは無料とする。

g) Additional tickets available for purchase by friends and family.
g)友人や家族が購入できる追加チケットを準備。
h) An entertainment Plan should showcase the local culture. Loud music that drowns out all conversation is not acceptable at a Gala Awards Banquet.
h)エンターテインメント計画は、地元の文化を紹介する。ガラ表彰バンケットでは、すべての会話をさまたげる大音量の音楽は控える。
i)Obtain all licenses for liquor, etc.
i)酒類のためのすべての許可を得る
j)Show video and highlight clips from event.
j)大会のビデオとハイライト場面を映す。
k)Fireworks or other fanfare are acceptable.
k)花火やその他のファンファーレは許容される。

l)The stage should be tastefully decorated according to ITU Branding Guidelines.
l)ステージは、ITUブランディングガイドラインにそってセンスよく装飾する。
m) The venues proposed menu and program must be approved by ITU.
m)会場、提案メニュー、プログラムはITUの承認を受ける。
n) Ensure a ticket for one handler per paratriathlete.
n)パラトライアスリートにハンドラー1名分のチケットを確保する。

 

18.3. Opening Ceremonies 18.3.オープニングセレモニー(開会式)
a) The opening ceremonies should reflect the historical or cultural nature of the host city.
a)開会式は、開催都市の歴史的または文化的な性質を反映する。
b) All athletes are invited to participate and given clear instructions to.
b)すべての選手が招待され、参加するよう明確な指示が与えられる。
c) Sample Opening Ceremonies ideas: may be combined with a local cultural event, the pasta party or a triathlon related event ? there is opportunity for creativity here! ITU must approve the plans for the Opening Ceremonies.
c)開会式の見本アイデア:地域の文化イベント、パスタパーティーやトライアスロン関連イベントと組み合わせる ? 創意工夫の機会である! ITUは開会式の計画を承認する。
d) Speeches must be short and approved by ITU.
d)スピーチは短いものとし、ITUの承認を受ける。

18.4. VIP Receptions? 18.4.VIPレセプション
a)Are held prior to races. a)レース前に開催される。
b)A stand?up reception is ideal. b)立食スタイルのレセプションが最良である。
c)Are held in appropriate high class venue, such as city hall or special site in host city
c)開催都市のシティホールや特別会場など適切でハイクラスな場所で開催される。
d)Must provide food and beverages.
d)食べ物や飲み物を提供する。

e)The VIP list should include; government officials, ITU VIP’s (list obtained from ITU) NF VIP’s, Event Sponsors, Key Members of LOC, Select Elite Athletes, and guests.
e)VIPリストに次を含める;政府関係者、ITUのVIP(リストはITUから受ける)、NFのVIP、イベントスポンサー、 LOC主要メンバー、上位のエリート選手、ゲスト。
f) Transportation must be arranged and free of charge. f)輸送手配が必要で無料とする。
g) Special Invitations should be issued with reservation package instructions.
g)予約パッケージ方法を入れた特別招待を発行する。
h) The venue's proposed menu and program must be approved by ITU.
h)会場の提案メニューとプログラムは、ITU承認を受ける。

 

18.5. Volunteer “thank you” 18.5.ボランティア「ありがとう」
a) A volunteer thank you should be planned.
a)ボランティア感謝式を計画する。
b) A welcome party could be organised when the uniforms and accreditations are delivered.
b)ユニフォームや認定証が配布されるときにウェルカムパーティを開催する。

 

18.6. ITU/LOC Social Functions Requirements - (if applicable) 18.6. ITU / LOC社交的行事の要件 - (該当する場合)
図解:「ITU・EOMパートB」32頁参照

 

19.Transportation Plan? 19.トランスポーテーションプラン(輸送計画)
19.1. Summary of Requirements 19.1.要件のまとめ
a) Coordinated transportation is needed for the following groups:
a)手配された輸送は、次のグループに必要である。
Elite Athletes (from airport);エリート選手(空港から);
All Athletes (to venue on race day); すべての選手(レース当日に会場に) ;

Paratriathletes specific transportation needs on site; ITU VlP’S; ITU Officials; LOC; VVlP's (Mayor, Delegates); and Public (to get to venue on race day).
パラトライアスリートの特定交通輸送が現場で必要; ITU VIP 、ITU役員、LOC 、VVlP(市長、代表者)と一般(レース当日に会場に行く)

b) Transportation services will include: b)輸送サービスは次を含む:
Shuttle service from the airport; 空港からのシャトルサービス;
Rental vehicles (ITU Officials); レンタル車(ITU役員);
City Buses; and 市バス。さらに、
Volunteer Drivers. ボランティア・ドライバー。

19.2 Transportation Management and Operation Plan (Applicable according to the Agreement)


19.2輸送管理・運営計画(該当の契約による)
a) Airport Drop-Off and Pick?Up
a)空港見送りと出迎え
All elite athletes and team officials will have transportation provided from the airport to their hotels provided by the LOC. There is no extra charge for the bikes;
すべてのエリート選手とチーム役員の空港からホテルへの輸送は、LOCが提供する。バイクの追加料金はなしとする。

ITU Officials rental cars will be available at the airport for pick?up upon arrival according to the Agreement; and
ITU役員用のレンタカーは、本契約により、到着時の出迎えのために空港で利用できるようにする。 さらに、
ITU Executive Board Representatives will be picked up/dropped off from the airport by a driver and transported to the host hotel.
ITU理事会の代表は、運転手により、空港での出迎え/見送りがありホストホテルへ送迎される。

b) Athletes b)アスリート(選手)
Training Venue Transportation: All athletes are responsible for their own transportation to and from any training venues; トレーニング会場輸送:すべての選手はトレーニング会場往復の輸送手段を各自で行う。
Competition Venue Transportation: Athletes will ride their bikes or arrange other transportation methods for swim course familiarization and bike course familiarization;
競技会場の輸送:選手が自分のバイクに乗るか、スイムコース試泳・バイクコース試走のために他の輸送手段を準備する。
Transportation must be available for the athletes from the host hotel to the venue on race day;
レース当日のホストホテルから競技会場への輸送は、選手のために利用可能でなければならない。

A specific drop-off point should be planned close to the Paratriathlon Transition Zone on the race day for the paratriathletes. The LOC should have golf carts available in case the paratriathletes have to carry their equipment;
特定の降車地点は、パラトライアスリートのために、レース当日のパラトライアスロン用トランジションゾーン近くに計画される。LOCは、パラトライアスリートが用具を運ぶ必要があるときは、利用可能なゴルフカートを用意する。

Transportation to Media Events: For elite athletes attending the media conference, transportation will be individually arranged by the LOC for each athlete; and
メディアイベントへの交通:メディア会議に出席するエリート選手のため、LOCが交通輸送を各選手のために個別に手配する。そして、

Transportation to Social Functions: If the venue is not within walking distance transportation to and from the functions must be planned.
社会的行事への交通:会場が歩いて行ける距離にない場合、各行事への往復交通手段を計画する。

c) VVlP's c)VVIP(特別VIP)
A detailed transportation plan should be provided in the VVIP package with specific instructions.
詳細な輸送計画は、具体的な案内を付けたVVIPパッケージで提供する。

d) Public Provision should be made to ensure spectators have easy access to the venue.
d)観客の容易な会場アクセスを確実にする一般対策を講じる。

 

19.3.Vehicle Accreditation Permit Passes (VAPPs) 19.3.車両認定許可証(VAPPs)
a) An accreditation permit pass should be placed to all the vehicles that have to entry(訳注:enter)the FOP before or during the events.
a)認定証は、イベントの前または最中にFOPに入る全車両に取り付ける。

b) The final list of the accreditation permit passes should be approved by the TD.
b)認定許可証の最終リストは、TDの承認を受ける。
図解:「ITU・EOMパートB」33頁参照

 

20. Food services 20.フードサービス
20.1. Basic elements 20.1.基本的な要素
a) Determine the size of the hosting venue: How many volunteers, athletes, and spectators will be at the event.
a)主催地のサイズ(規模)を決める。何人のボランティア、選手、そして観客がイベントに参加するか。
b) Find local catering company to provide food services for the volunteers and athletes. It is a good idea to use one reliable caterer as it will be much easier to coordinate.
b)ボランティアと選手のフードサービス提供のため、地元のケータリング会社を探す。コーディネートがしやすいため、信頼できる仕出し屋の利用を推奨する。
c) Find a local restaurant to cater/sponsor the VIP Area.
c)スポンサー/VIPエリアの料理配膳のために地元レストランを利用する。
d) Find vendors to sell to spectators in the venue such as drink and food vendors.
d)会場で観客に飲食物を販売するベンダー(販売業者)を利用する。
e) Set up location for awards banquet and confirm food requirements.
e)表彰バンケットの場所を設け、食料の必要量を確認する。
f)Determine food requirements for volunteer orientation: this includes refreshments and food.
f)ボランティア・オリエンテーションの食料の必要量を決める。ここに軽食や食品が含まる。

g)Determine food requirements for volunteer tent.
g)ボランティアテント用に食料の必要量を決める。
h)Plan food requirements for volunteers helping with event set up.
h)イベント設営を手伝うボランティアの食料の必要量を計画する。
i)Plan food requirements for construction crew.
i)設営クルーのために食料の必要量を計画する。
j)Consider how to get food to volunteers who are on course (i.e. bag lunch).
j)コース上のボランティアへの食料配布方法を検討する(例えばバッグランチ)。
k)Plan food requirements for athlete village.
k)アスリートビレッジ(選手村)の食料必要量を計画する。
l)Determine food requirements for medical tent, anti-doping control area and media tents. (i.e. what time will food be delivered to tent).
l)医療テント、アンチドーピングコントロール・エリア、メディアテントの食料の必要量を決める。(例えば、何時に食料をテントに配布するか)

m) Confirm equipment and other requirements from food suppliers, and City Engineering Department such as power, floor, tents, etc.
m)食品業者からの用具や要件、そして電気、フロア、テントなどの市(開催地)の工学部門を確認する。
n) Complete registration form for temporary food facilities (contact local health board).
n)一時的な食料施設(地域の保健課に連絡)の登録フォームを完成する。
o) Complete registration form for special events (contact local health board).
o)特別なイベント(地域の保健課に連絡)の登録フォームを完成する。

p) Provide food service vendors/caterers with venue access, parking passes, parking and venue maps.
p)フードサービス?ベンダー/ケイタラー(仕出し屋)に、会場アクセス、駐車バス、駐車場と会場マップを提供する。
q) Give special care to the waste management in each area (recycling bins) and generally at the venue (waste compound).
q)各エリア(リサイクルビン:ゴミ用リサイクル容器)と一般会場(廃棄物)の廃棄物管理に特別な注意を与える。
r) Create food requirements spreadsheet with the following fields.
r)次の項目について、食料の必要量のスプレッドシートを作成する。
Date and Time; 日付と時間;
Location; 場所;
Number of people; 利用人数;
Menu plan; andメニュー立案。そして、
Supplier and Event.サプライヤーとイベント。

 

◎以上、ITUイベント・オーガナイザーズ・マニュアル(2000年版)パートB
*12頁から34頁・簡易訳(JTU発信2014年2月21日)

1. このニュースは表記の日時現在のものであり、追加変更の可能性があります。

2. ニュースの全文または一部の文章をホームページ、メーリングリスト、ニュースグループまたは他のメディア等へ転載する場合は、出典・日時などを明記してください。

3. この記事へのお問い合わせ:
公益社団法人日本トライアスロン連合
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-3-8 第二栄来ビル6階
TEL:03-5469-5401(代)  FAX:03-5469-5403  
Email: jtuoffice@jtu.or.jp  URL: http://www.jtu.or.jp/

SPONSORS
SPONSORS
sponsors
SPONSORS NTT西日本 NTT東日本 大和ハウス工業 富士ゼロックス BMW 日本航空 アシックス ローソン セレスポ サンフロンティア不動産 H.I.S. スポーツクラブNAS 日本スキー場開発 OAKLEY 2XU TYR スリーボンド