トップページ > JTU NEWS一覧 > JTU NEWS
公益社団法人日本トライアスロン連合 JTU 2014JTUニュースリリース 発行元:公益社団法人日本トライアスロン連合 JTU
配信日:2014年5月16日(金)
   

JTU競技規則の改定(概況と方針)

JTU競技規則の改定(概況と方針)

 

 JTU競技規則の改定について、JTU審判委員会から次の提案があり、理事会(2014年3月22日開催)で同方針が承認されました。

 

1. 概況
(1)現行のJTU競技規則は2006年に改定した。第1章総則第5条1項「ITU競技規則に準拠し制定」、2項で「ITU競技規則の改定があったときは、これを準用する。」とある。

 

(2)JTU競技規則改定のために、原点となる国際トライアスロン連合(ITU)競技規則の簡易訳(※)を発表した。ITU競技規則(簡易訳)サイト掲載中。
http://www.jtu.or.jp/marshal/pdf/ITUCompetitionRules2013_JPNver.pdf

 

(3)ITUルールは、毎年のように改定があり、国内開催のITU大会(WTS、W杯、アジアカップ)や日本選手権などでは、技術代表(TD)との連携でローカルルールとして適用している。


2.内容と展望
(1)JTUルールには、パラトライアスロン、関連マルチスポーツの規定がなく、バイク競技用具の詳細な規定など改定時には追加することが必要。

 

(2)近年のエイジグループ選手の海外大会参加が増え、国内ルールとの違いにより不都合が出ている。ITUは、各国のITUルール導入を奨励している。

 

(3)2020年東京オリンピック・パラリンピック開催の基本準備として、4回のオリンピック経験をもつITU指針にしたがうメリットは大きい。


3.提案
(1)新たな提案は、ITUルールをほぼ全面的にJTUルールに取り入れること。
現行JTU競技規則の第1章から3章部分と抗議・上訴を生かし、国内で適用しやすいように、大会により選択できるようにする。

 

(2)ITUイベントオーガナイザーズマニュアル(EOM)のパートC(※)には競技ルールに直結する内容があり、一部流用を検討する。
(※)http://www.jtu.or.jp/marshal/index.html


4.ルールブック作成
(1)現行のJTU競技規則の総文字数は約3万4千字。ITU競技規則の簡易訳総文字数は約7万3千字に図解が加わる。


(2)改定JTUルールは提案も含めJTUウェッブマガジンに掲載する。その後、ルールブック作成に入る。現在の縦を二倍、厚さ二倍、文字は若干小さくする。


(3)ITUルール改定に併せ、JTUルールブックを毎回出版するのは効率がわるい。JTUウェブマガジンで対応し、ルールブック出版は数年おきとする。

 

1. このニュースは表記の日時現在のものであり、追加変更の可能性があります。

2. ニュースの全文または一部の文章をホームページ、メーリングリスト、ニュースグループまたは他のメディア等へ転載する場合は、出典・日時などを明記してください。

3. この記事へのお問い合わせ:
公益社団法人日本トライアスロン連合
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-3-8 第二栄来ビル6階
TEL:03-5469-5401(代)  FAX:03-5469-5403  
Email: jtuoffice@jtu.or.jp  URL: http://www.jtu.or.jp/

SPONSORS
SPONSORS
sponsors
SPONSORS NTT西日本 NTT東日本 大和ハウス工業 富士ゼロックス BMW 日本航空 アシックス ローソン セレスポ サンフロンティア不動産 ブリヂストンサイクル シマノ コラントッテ スポーツクラブNAS 日本スキー場開発 OAKLEY 2XU TYR スリーボンド