トップページ > JTU NEWS一覧 > JTU NEWS
公益社団法人日本トライアスロン連合 JTU 2014JTUニュースリリース 発行元:公益社団法人日本トライアスロン連合 JTU
配信日:2015年06月10日(水)
   

第31回オリンピック競技大会

(2016/リオ・デ・ジャネイロ)

トライアスロン競技日本代表選手選考基準

<正式承認:2015年度第1回理事会(2015年6月9日)>
<追記:2015年度第3回理事会(2015年9月29日)承認>

 

[1]開催日:男子=2016年8月18日(木)、女子=8月20日(土)


[2]場所:ブラジル、リオ・デ・ジャネイロ


[3]出場枠:男女各3名まで

 

[4]選考の基本方針(次のいずれかを適用)
 1)総合力:目標を達成する成績を残せる選手の選出
 2)レース展開:第1集団でのレースを展開できる選手の選出
 3)東京2020:東京オリンピック有望選手からの選出

 

[5]評価対象大会
 1)ITUオリンピック・クオリフィケーションイベント(2015/リオ・デ・ジャネイロ) 開催:2015年8月1−2日(以下、リオOQE)

 2)ITU世界トライアスロンシリーズ・グランドファイナル(2015/シカゴ)
 開催:2015年9月18-19日(以下、シカゴWTSGF)

 3)2016年ITU世界トライアスロンシリーズ(以下、2016年WTS)から2015年
9月(予定)の日程発表に基づき、対象大会を決定
 対象期間:女子4月24日(日)まで、男子5月15日(日)まで

<追記:2015年度第3回理事会(2015年9月29日)承認>
3−1)ITU世界トライアスロンシリーズ(2016/アブダビ)
開催:2016年3月4-5日
3−2)ITU世界トライアスロンシリーズ(2016/ゴールドコースト)
開催:2016年4月9-10日
3−3)ITU世界トライアスロンシリーズ(2016/ケープタウン)
開催:2016年4月23-24日
3−4)ITU世界トライアスロンシリーズ(2016/横浜)*男子のみ
開催:2016年5月14日<以上追記。理事会(9/29)承認>

 4)ASTCアジアトライアスロン選手権(2016/廿日市)*男子のみ
開催:4月30日(以下、廿日市アジア選手権)

 

[6] 第1次選考基準
 1)リオOQE <女子>1-3位、<男子>1-8位
 選考選手数:男女各1名 (対象選手なし:2015年9月28日現在)

 

[7] 第2次選考基準
 1)リオOQE・シカゴWTSGF・2016年WTS(優先順なし)
  <女子>1-3位、<男子>1-8位 (対象選手なし:2015年9月28日現在)
=評価項目=
  ◇順位と内容(出場選手と人数、リオと類似環境、レース展開、タイム差、
   スイムフィニッシュでの第1集団、気象条件等)

2)廿日市アジア選手権<男子>1位

3)リオOQE・シカゴWTSGF・2016年WTS(優先順なし)
  <女子>4-8位、<男子>9-12位
(女子:上田藍、男子対象選手なし:2015年9月28日現在)

 =評価項目=
  ◇順位と内容(出場選手と人数、リオと類似環境、レース展開、タイム差、
  スイムフィニッシュでの第1集団、気象条件等)

 選考選手数:前述[7]-3)までで男女各2名まで(第1次を含む)

4)リオOQE・シカゴWTSGF・2016年WTS(優先順なし)
(対象選手なし:2015年9月28日現在)

  <女子>4-12位、<男子>9-16位
  @東京オリンピック有望選手枠として選考
  A年齢:30歳迄(2020年12月31日現在の年齢)
  B選考選手数:男女各1名


=評価項目=
  ◇順位と内容(出場選手と人数、リオと類似環境、レース展開、タイム差、
スイムフィニッシュでの第1集団、気象条件等)

 

[8]オリンピック対策チーム推薦
 1)リオOQE・シカゴWTSGF・2016年WTS・廿日市アジア選手権(男子のみ)を評価
=評価項目=
  @東京オリンピック有望選手枠として推薦の可能性
  女子:前述[7]-4)までに、東京オリンピック有望選手が1名以下の場合には枠を使用し、2名含まれている場合は枠を使用しないことで調整
  男子:前述[7]-4)までに、東京オリンピック有望選手が含まれない場合は、枠を使用しないことも含め調整
  A順位と内容(出場選手と人数、リオと類似環境、レース展開、タイム差、スイムフィニッシュでの第1集団、気象条件等)
  B落車などの不測の事態、病気・怪我等の考慮
  Cアシストとしての可能性

選考選手数:第1次及び第2次選考で使用していない残り枠。さらに補欠選手(1名) を選出する。

 

[9]補則
 1)第1回リオ・オリンピック代表選手選考審査会(仮称)を2015年8月に開催する。第1次選考基準に該当する選手がいた場合、最大1名の推薦を審査。理事会に諮る。 さらに、2016年5月末日(第2回)に審査会を開催し、第2次選考基準により審査。 理事会の承認を得てJOC(公益財団法人日本オリンピック委員会)へ提出する。
 2)参加承認はJOC基準による。
 3)当基準は、関連基準の変更・関係各団体との調整により、変更されることがある。
その場合は随時、公表する。
 4)代表候補選手は横浜WTS(2016年5月開催予定)に出場すること。

 

*ITUオリンピック・クオリフィケーション・クライテリア

http://www.triathlon.org/uploads/docs/2014-02_-_Rio_2016_-_Qualification_System_-_FINAL_-_Triathlon_-_EN_-_IOC_Comments.pdf
1. このニュースは表記の日時現在のものであり、追加変更の可能性があります。

2. ニュースの全文または一部の文章をホームページ、メーリングリスト、ニュースグループまたは他のメディア等へ転載する場合は、出典・日時などを明記してください。

3. この記事へのお問い合わせ:
公益社団法人日本トライアスロン連合
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-3-8 第二栄来ビル6階
TEL:03-5469-5401(代)  FAX:03-5469-5403  
Email: jtuoffice@jtu.or.jp  URL: http://www.jtu.or.jp/

spacer
SPONSORS
SPONSORS
sponsors
sponsors
SPONSORS NTT西日本 NTT東日本 大和ハウス工業 富士ゼロックス BMW 日本航空 アシックス ローソン セレスポ サンフロンティア不動産 ブリヂストンサイクル SEGA SAMMY GROUP 三井住友海上火災保険 スポーツクラブNAS エイチアイエス 日本スキー場開発 OAKLEY シマノ 2XU TYR
H.I.S. JTB 日本旅行