トップページ > JTU NEWS一覧 > JTU NEWS
公益社団法人日本トライアスロン連合 JTU 2016JTUニュースリリース 発行元:公益社団法人日本トライアスロン連合 JTU

配信日:2016年06月01日(水)

   

2017年ITU世界・アジアロングディスタンス

トライアスロン選手権

エイジグループ日本代表選手出場基準

[1]開催日と場所 :
・ITU世界マルチスポーツロングディスタンストライアスロン選手権:2017/8/18〜27、カナダ・ペンティクトン(Penticton)
・ASTCアジアロングディスタンストライアスロン選手権:(未定)

 

[2]参加資格
日本国籍(※)を有する2016年度JTU登録者で次の出場基準を満たした者で、2017年度JTU登録する者。
※日本在住3年以上の外国籍選手は、自国NFの許可により日本代表として出場可能(詳細はITU基準)。

 

[3]出場基準(下記優先順、各年代20名定員 <※備考参照>)
 1)2016年JTUロングディスタンス・エイジランキング各年代別男女各1-10位
 2)2016年五島長崎国際トライアスロン大会(2016/6/19長崎)のAタイプ各年代別1-12位。
Bタイプ各年代別1-6位。ただし各年代の優勝タイムの20%以内とする。
 3)2016年佐度国際トライアスロン大会(2016/9/4新潟)のAタイプ各年代別1-6位。
Bタイプ各年代別1-3位。ただし各年代の優勝タイムの20%以内とする。
 4)2016年国内外ロングディスタンストライアスロンの完走実績があり、JTU加盟団体の特別推薦(※)を受けた者。ドクタートライアスリートなど歓迎。

(※)「氏名、連絡先、加盟団体、主要記録、自己アピール等」を明記し加盟団体に提出する。

JTU事務局<jtuoffice01@jtu.or.jp>に同報回覧する。送信の件名は次の通りとする。

「2017年ITU世界マルチスポーツロングディスタンス選手権(特別推薦)」
◎加盟団体一覧 http://www.jtu.or.jp/jtu/kamei.html

 

[4] 注意事項とお願い
1) 当基準は、関連基準の変更・関係各団体との調整により、変更することがある。
2) 派遣形態と条件:該当大会への派遣形態は「自費派遣」とする。
 該当大会への派遣手続きは、出場希望選手が、ウェッブエントリーで申請し、ITU、ASTC基準類に加え大会規定により、JTUが参加手続きを行う。
・大会参加のための渡航は、個人又は指定代理店利用のいずれかを選択できる。
・大会の情報類は、JTUとして出来るだけの情報提供を行うが、基本としては、参加者自身がこれらの情報を事前に把握し、了解して参加するものとする。
・また、ITU競技ルールにより、傷害保険、旅行保険などの保険類は参加者自身で掛けるものとする。
・競技に係るルール及び誓約書内容は、ITUサイト(※1)で確認すること。さらに、競技全般の基礎知識は、JTUウェッブマガジン(※2)を参照すること。
・ユニフォームは、ITUユニフォーム規定(※3)により、ITUに登録されたナショナルチームウェア(各自負担)を着用すること。
 以上のことを了解して参加するものとする。
※1)http://www.triathlon.org/about/downloads/category/competition_rules

※2)http://www.jtu.or.jp/news/2015/150722-3.html
※3)

http://www.triathlon.org/about/downloads/category/uniform_rules

=以上=

1. このニュースは表記の日時現在のものであり、追加変更の可能性があります。

2. ニュースの全文または一部の文章をホームページ、メーリングリスト、ニュースグループまたは他のメディア等へ転載する場合は、出典・日時などを明記してください。

3. この記事へのお問い合わせ:
公益社団法人日本トライアスロン連合
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-3-8 第二栄来ビル6階
TEL:03-5469-5401(代)  FAX:03-5469-5403  
Email: jtuoffice@jtu.or.jp  URL: http://www.jtu.or.jp/

spacer
OAKLEYフォトクリエイトTYRスポーツクラブNASシマノ 味の素 HUUB 日本旅行JTBH.I.S.博慈会サンフロンティア不動産三井住友海上火災保険セレスポSEGA SAMMY GROUPブリヂストンサイクル大和ハウス工業富士ゼロックスBMW日本航空アシックスローソンNTT西日本 NTT東日本
エイチアイエス