JTU ITU ASTC   公益社団法人日本トライアスロン連合 オフィシャルサイトJTU Web Magazine
JTU登録手続   マイページ   個人情報保護方針   Facebook   Twitter   Youtube   リンク English
トップページ
国内大会/記録会情報
 
国内カレンダー
link 海外カレンダー
国民体育大会
  全国認定記録会
選手情報
 
エリート
ジュニア
ロングディスタンス
デュアスロン
  パラトライアスロン
エイジグループ
日本代表選手団情報
  JTAP(アカデミー)
ランキング
 
NTTジャパンランキング
link ジュニアランキング
link エイジランキング
link エイジランキング(ロング)
メディア情報
 
フォトギャラリー
ビデオ
link トライアスロン関連書籍
link テレビ放送スケジュール
メディアガイド
競技に参加する方へ
 
トライアスロンとは?
競技規則・運営・審判
指導者講習会・研修会
出場基準
JTU会員登録
教室・大会情報(小中学生)
スクール情報
大会エントリー&ツアー
グッズインフォメーション
トライアスロン保険
JTUについて
sp
JTUの概要
加盟団体
専門委員会・チーム情報
オフィシャルパートナー
オフィシャルサポーター
アーカイブ
サイトマップ
リンク集
お問い合わせ
東京2020組織委員会
TOKYO 2020 ID
2020 たより
JOCオリンピック選手強化寄付プログラム
日本アンチドーピング機構
日本スポーツ振興センター
最高6億円くじBIGは予想いらずで宝くじ・ロト6のように手軽に買えるくじ。さらにその収益は日本のスポーツ振興のために役立てられます。
toto助成活動ページ
スポーツ振興基金助成事業
スポーツ・フォー・トゥモロー
日本財団パラリンピックサポートセンター(パラサポ)
東京都 パラリンピック選手発掘プログラム
ワールドマスターズゲームズ2021関西


News Flash

トップページ / 2019 News Flash バックナンバー


10月10日(木)

2019年第4期JTUジュニア強化指定選手発表

img第4期JTUトライアスロン・ジュニア強化指定選手86名(女子42名、男子44名)が発表された。対象選手はS・A・B・C指定が16-19歳、D・E指定が12-15歳で任期は9月1日〜11月末日までの3か月間。

>>詳細はこちら

10月6日(日)

第25回日本選手権男子は北條巧が連覇

img第25回日本トライアスロン選手権男子は、北條巧(慈会、NTT東日本・NTT西日本/東京)が二連覇を達成、古谷純平(三井住友海上/東京)が2位、小田倉真(三井住友海上/東京)が3位。NTTジャパンランキングは 北條巧が初のチャンピオンの座に輝いた。

>>公式記録[PDF]

10月6日(日)

日本選手権、女子は高橋侑子が連覇

img第25回日本トライアスロン選手権女子は、高橋侑子(富士通/東京)が連覇、岸本新菜(福井県スポーツ協会・稲毛インター/福井)が2位、3位に福岡啓(横浜こどもスポーツ基金/福井)が入った。今大会の結果をもって、女子のNTTジャパンランキングチャンピオンの座は昨年に続き高橋侑子が獲得した。

>>公式記録[PDF]

10月6日(日)

第25回日本トライアスロン選手権 6日開催

img第25回日本トライアスロン選手権が10月6日東京お台場で開催される。日本一を決める本大会にはジャパンランキング上位35位以内・ブロック代表・推薦選手ら男女あわせて113名が出場し、この結果をもってNTTジャパンランキングの年間チャンピオンが決定する。競技の模様はTriathlonLiveで視聴可能。

>>詳細はこちら

10月2日(水)

12の国と地域・大陸連盟NFとMOU締結

img(公社)日本トライアスロン連合(JTU)が12の国と地域・大陸連盟のトライアスロン競技団体(NF)と国際連携のための覚書(MOU)を締結 〜新たなトライアスロン・パラトライアスロン市場・ビジネスの拡大(普及)と選手強化施策に繋げる〜

>>詳細はこちら

9月29日(日)

茨城国体・潮田小波、鋤風イ也が初優勝

img9月29日(日)茨城県潮来市で行われた第74回国民体育大会「いきいき茨城ゆめ国体」トライアスロン正式競技は、男女各91名(計182名)が出場し、女子は潮田小波(愛知県)、男子は鋤風イ也(福島県)が初優勝を飾った。

>>公式記録[PDF]

9月28日(土)

茨城国体トライアスロン正式競技 9月29日開催

img9月29日(日)茨城県潮来市で第74回国民体育大会いきいき茨城ゆめ国体2019・トライアスロン正式競技が行われる。成年女子は朝9時、成年男子は12時30分よりスタート。競技の模様は国体チャンネル、ライブタイミング(記録速報)で配信予定。

>>詳細はこちら

9月22日(日)

JTUコーチングシンポジウム申込受付中

img第25回日本トライアスロン選手権の翌10月7日(月)、Japan Sport Olympic Square で「2019年JTUトライアスロン・パラトライアスロン コーチングシンポジウム(兼:公認指導者研修会)」 を開催。10月4日まで申込受付中。

>>詳細はこちら
>>申込はこちら

9月22日(日)

北條巧が2週連続優勝・AC大阪城大会

img9月22日に大阪市で開催されたNTT ASTCアジアカップは、男子は北條巧(博慈会、NTT東日本・NTT西日本/東京)が村上大会に続き優勝、女子は中山彩理香(日本大学・アリーディ)が日本勢トップの2位に入った。本結果をもって東アジア選手権は北條、中山がチャンピオンの座を獲得した。

>>公式記録[PDF]

9月21日(土)

威海W杯で福岡啓7位、岸本新菜が8位

img9月21日(土)中国威海市で行われたITUトライアスロンワールドカップ(距離:スタンダードディスタンス)で福岡啓(横浜こどもスポーツ基金/福井)が7位、岸本新菜(福井県スポーツ協会・稲毛インター/福井)が8位に入賞した。

>>詳細はこちら

9月17日(火)

令和元年台風15号被災地義援活動のお願い

img令和元年台風15号の影響で被害に遭われた方々に心よりお見舞いを申し上げます。JTUでは、被災地(千葉県内・伊豆七島)の一日も早い復興を願いながら義援活動を行います。日本全国のトライアスロンファミリーのご支援とご協力をお願い申し上げます。

>>詳細はこちら

9月15日(日)

北條巧が連覇・アジアカップ村上大会

img9月15日新潟県村上市でNTT ASTCアジアカップが開催され、男子は北條巧(博慈会、NTT東日本・NTT西日本/東京)が連覇、女子はオーストラリアのソフィー・リンが優勝、中山彩理香(日本大学・アリーディ)が日本勢トップの2位に入った。

>>公式記録[PDF]

9月2日(月)

3名が表彰台、7名が入賞。ITU世界エイジグループ選手権

img9月1日に行われたITU世界シリーズGF・ITU世界エイジグループ選手権で、45-49歳部門 山本淳一(千葉)、85-89歳部門 稲田弘(千葉)の2名が優勝、80-84歳部門で田中國宣(熊本)が3位表彰台に輝いた。
入賞者:5位 山内麻代(30-34歳/大阪)、5位 岩本俊信(75-79歳/東京)、6位 平下心(35-39歳/大阪)、6位 井辺弘貴(20-24歳/和歌山)、7位 駒野悠太(35-39歳/神奈川)、8位 杉山太一(35-39歳/静岡)、8位 松田喜美子(70-74歳/大阪)。

>>詳細はこちら

9月2日(月)

世界U23/ジュニアミックスリレー結果

img9月1日(日)ITU世界トライアスロンシリーズグランドファイナルでU23/ジュニアミックスリレーが行われ、日本チーム(中嶋千紗都・山本康貴・久保埜南・吉川恭太郎)は13位、優勝はニュージーランド。2位イギリス、3位アメリカ。

>>詳細はこちら

9月1日(日)

ITU世界パラトライアスロン選手権結果

imgスイス・ローザンヌで開催中のITU世界トライアスロンシリーズグランドファイナルは最終日の9月1日にITU世界パラトライアスロン選手権が行われ、男子PTS4クラスの宇田秀生(NTT東日本・NTT西日本/滋賀)が4位に入った。

>>詳細はこちら

9月1日(日)

日本LD選手権は西岡が連覇、北條が初優勝

img第23回日本ロングディスタンス(LD)選手権が新潟県佐渡島特設コースで8月31日に開催され、女子は西岡真紀(和歌山県連合)が5時間16分21秒で連覇、男子は北條巧(博慈会、NTT東日本・NTT西日本/東京)が4時間48分44秒でLD選手権初優勝を飾った。

>>公式記録[PDF]

8月31日(土)

世界シリーズグランドファイナル結果

img31日は世界シリーズグランドファイナルが開催され、日本勢は高橋侑子(富士通/東京)が31位、福岡啓(横浜こどもスポーツ基金/福井)37位。また本大会の結果をもって年間チャンピオンが決定し、ケイティ・ザフィアエス(アメリカ)とバンサン・ルイ・(フランス)が初のチャンピオンの座を獲得した。

>>詳細はこちら

8月30日(金)

ITU世界U23トライアスロン選手権結果

img8月30日(金)ITU世界トライアスロンシリーズグランドファイナル(2019/ローザンヌ) /ITU世界U23トライアスロン選手権は、女子は久保埜南(トーシンパートナーズ・チームケンズ/山梨)26位、男子は山本康貴(AS京都/京都)が41位。

>>詳細はこちら

8月30日(金)

世界ジュニア選手権で中嶋千紗都が6位入賞

img8月30日(金)スイス・ローザンヌで開催されたITU世界ジュニア選手権で男女各70名が出場し、ジュニア女子の中嶋千紗都(山梨学院高校・チームケンズ山梨/山梨)が6位入賞。男子は吉川恭太郎(早稲田大学・ロンドスポーツ/東京)が37位。

>> 詳細はこちら

8月25日(日)

第2回全国高等学校選手権は平泉、大谷が優勝

img8月25日(日)京都府南丹市で第2回全国高等学校トライアスロン選手権が女子15名、男子36名(計51名)が出場し行われ、女子は平泉真心(東邦高等学校・高校1年)、男子は大谷友哉(豊川工業高等学校・高校2年)が優勝した。

>>公式記録[PDF]

8月23日(金)

ルワンダ・トライアスロン普及プロジェクト

img公益社団法人日本トライアスロン連合(JTU)はルワンダにおけるトライアスロン競技の普及と発展への協力のため、同国のトライアスリートに対し、不足しているトライアスロン用品の提供を行う。観音寺、大阪城、宮崎大会では会場での受付を実施予定。

>>詳細はこちら

8月23日(金)

マーク・アレンが来日。佐渡でセミナー開催

img佐渡国際トライアスロン大会前日の8月31日(土)、KONA(アイアンマン世界選手権)で5連覇を成し遂げたマーク・アレン氏による「ミドル&ロング攻略」セミナーをアミューズメント佐渡にて開催。90分定員50名(計2回開催)先着順にて申込受付中。

>>詳細はこちら

8月21日(水)

JTUコーチングシンポジウム10月7日開催

img第25回日本トライアスロン選手権の翌10月7日(月)、Japan Sport Olympic Square で「2019年JTUトライアスロン・パラトライアスロン コーチングシンポジウム(兼:公認指導者研修会)」 を開催。シンポジウムの詳細・申込方法は9月中旬頃発表予定。

>>詳細はこちら

8月20日(火)

世界シリーズGF日本代表選手団発表

img公益社団法人日本トライアスロン連合はスイス・ローザンヌで開催されるITU世界トライアスロンシリーズグランドファイナルに日本代表選手団約130名を派遣。競技は8月30日にジュニア/U23、31日エリート/エイジSP、1日エイジ/パラの日程で行われる。

>>詳細はこちら

8月18日(日)

ミックスリレーシリーズ日本で初開催

img国内初となるITU世界ミックスリレーシリーズが東京お台場で8月18日に開催され、フランスチームが優勝した。2位はイギリス、3位がアメリカ。日本チーム(高橋・ニナー・井出・古谷)は11位だった。ミックスリレーは東京2020五輪で新種目として行われる。

>>公式記録[PDF]

8月17日(土)

東京OQE パラW杯で土田和歌子が優勝

img8月17日、東京OQE ITUパラトライアスロンワールドカップが日本で初めて開催され、女子PTWCの土田和歌子(八千代工業/東京)が優勝を飾った。女子PTS4谷真海(サントリー/東京)が2位、男子PTS2 中山賢史朗(東京ガスパイプライン/東京)2位。

>>公式記録[PDF]

8月17日(土)

パラトライアスロンW杯デュアスロンで実施

img本日(8月17日)のパラトライアスロン競技の実施条件について、大会実行委員会、国際トライアスロン連合(ITU)、東京2020オリンピック・パラリンピック大会組織委員会代表者、及び3名の技術代表およびメディカル代表が午前3時に危機管理会議を実施し、デュアスロン競技への変更が決定した。

>>詳細はこちら

8月16日(金)

東京OQE エリート男子結果

img8月16日に行われたITUワールドトライアスロンオリンピッククオリフィケーションイベント・エリート男子は、古谷純平(三井住友海上/東京)が35位、北條巧(博慈会、NTT東日本・西日本/東京)が42位だった。優勝はカナダのテイラー・ミスローチャック。

>>公式記録[PDF]

8月16日(金)

エリート男子競技 51.5Kmで実施

img8月16日(金)東京OQEエリート男子競技は予定通り実施します。スタート:7時30分、表彰式:9時30分頃、出場人数:26カ国65名、競技距離51.5K(スイム1.5km、バイク40km、ラン10km)、テレビ中継:7時15分〜フジテレビNEXT(CS) 。

>>スタートリスト[PDF]

8月15日(木)

東京OQE エリート女子結果

img8月15日ITUワールドトライアスロンオリンピッククオリフィケーションイベント女子競技は高橋侑子(富士通/東京)が23位、井出樹里(スポーツクラブNAS/神奈川)25位。優勝は昨年のハンブルク以来の出場となるフローラ・ダフィ(バミューダ諸島)。

>>公式記録[PDF]

8月9日(金)

エリート女子ラン競技距離を短縮

img8月15日(木)東京OQEエリート女子競技において、フィニッシュ時点でのWBGT(熱中症予想数値)が30℃を超えるという気象予測から、選手観客・スタッフ・キャストのコンディションを考慮し、本日のラン競技の距離を5キロに変更することを決定しました。

>>詳細はこちら  >>選手・関係者各位

8月12日(月)

OQEパラトライアスロン・スタート時間変更

img国際トライアスロン連合(ITU)とITUパラトライアスロンワールドカップ(2019/東京)実行委員会では、選手の競技環境に配慮し、8月17日(土)開催のITUパラトライアスロンワールドカップのスタート時間の変更を発表した。

>>大会Webサイトへ

8月9日(金)

東京OQE公式グッズWEB予約開始!

img東京2020トライアスロン・パラトライアスロン競技のテストイベントとして開催される「ITUワールドオリンピッククオリフィケーションイベント(2019/東京)」における公式グッズのWEB事前予約が開始。公式グッズは大会会場で受取りが可能。

>>公式WEBストアへ

8月6日(火)

東京OQE テレビ中継/ライブ配信情報

img8月15日〜18日に渡り開催される「ITUワールドトライアスロンオリンピッククオリフィケーションイベント」では、トライアスロン(エリート/ミックスリレー)はフジテレビNEXT(CS) で生中継、パラトライアスロンはTriathlonLiveでライブ配信を実施。

>>テレビ放送スケジュール

8月5日(月)

東京OQEエスコートキッズ募集!

imgITUワールドトライアスロンオリンピッククオリフィケーションイベント(東京2020トライアスロン・パラトライアスロン競技のテストイベント)のミックスリレー競技(8月18日(日)開催)でエスコートキッズ22名を募集。参加希望者は8月12日(月)まで。

>>詳細はこちら

7月28日(日)

第21回日本U15選手権は市川・定塚が優勝

img7月28日(日)岐阜県海津市国営木曽三川公園で行われた第21回日本U15トライアスロン選手権は、女子が市川暖乃香(山梨学院高校・チームケンズ山梨/山梨)、男子は定塚利心(中能登町立中能登中学校/石川)が優勝した。

>>公式記録[PDF]

7月28日(日)

長良川大会・日本U15選手権 競技種目変更のお知らせ

img長良川トライアスロン大会実行委員会は台風6号の通過に伴う河川の増水・河口堰開口のためスイムコースの安全を確保できないと判断し、スイムを中止しデュアスロン競技に変更し開催することを決定いたしました。

>>詳細はこちら

7月27日(土)

長良川大会・日本U15選手権 開催について

img本日(7月27日)午前7時頃台風6号が三重県に上陸、東海地方に接近、通過していますが、明日は回復が予想されるため現在のところ予定通り開催で準備を進めています。今後台風の通過に伴う河川の増水等によっては競技種目を変更し実施する可能性があります。最終判断は明日午前5時頃に発表します。

>>詳細はこちら

7月26日(金)

世界シリーズ・放送スケジュール決定

imgNHK BS1 世界トライアスロンシリーズのテレビ放送スケジュールが決定。最終戦前に要チェック! 7月31日朝9時〜第5戦モントリオール、8月7日朝9時〜第6戦ハンブルク、8月13日朝9時第7戦エドモントン大会(いずれも放送日時は変更の場合あり)

>>テレビ放送スケジュール

7月21日(日)

世界シリーズエドモントンは高橋が11位

img7月20日(土)にカナダ・エドモントンで行われたITU世界シリーズ第7戦は、女子は高橋侑子(富士通/東京)が11位、男子は北條巧(博慈会、NTT東日本・NTT西日本/東京)が25位だった。次はシリーズ最終戦を迎え8月29日よりローザンヌで開催される。

>>詳細はこちら

7月7日(日)

世界ミックスリレー選手権、日本は11位

img7月7日(日)に行われたITU世界ミックスリレー選手権は16カ国が出場し、佐藤優香・北條巧・高橋侑子・ニナーケンジで構成された日本チームは1時間23分6秒で11位。
優勝はフランスチームで連覇を達成。2位はドイツ、3位にオーストラリアが入った。

>>詳細はこちら

7月7日(日)

第21回日本U19選手権は中嶋、吉川が優勝

img7月7日(日)宮城県七ヶ浜町で第21回日本U19トライアスロン選手権(JOCジュニアオリンピックカップ指定)が行われ、女子は中嶋千紗都(山梨学院高校・チームケンズ山梨/山梨)、男子は吉川恭太郎(早稲田大学・ロンドスポーツ)が優勝した。

>>公式記録[PDF]

7月7日(日)

第9回日本U23選手権は宮崎、玉崎が優勝

img宮城県七ヶ浜町で行われた第9回日本U23トライアスロン選手権は、11時25分にスリーエム湊浜海浜緑地をスタートし、女子は宮崎集(筑波大学)が2時間18分34秒、男子は玉崎稜也(早稲田大学)が2時間5分18秒のタイムで優勝した。

>>公式記録[PDF]

7月7日(日)

世界トライアスロンシリーズ第7戦 結果

img7月6日(土)ドイツ・ハンブルクでITU世界シリーズ第7戦が開催され、女子は高橋侑子(富士通/東京)が15位、男子はニナーケンジ(NTT東日本・NTT西日本/山梨)の26位が最高。翌7日は同会場で日本時間16時30分から世界ミックスリレー選手権が行われる。

>>詳細はこちら

7月6日(土)

高松大会は岸本新菜、佐藤錬が優勝

img7月6日(土)香川県高松市で行われたNTT ASTCトライアスロンアジアカップで、女子は岸本新菜(福井県スポーツ協会・稲毛インター/福井)が1時間44秒で優勝、男子は佐藤錬(福井県スポーツ協会/福井)が54分34秒でアジアカップ初優勝を飾った。

>>公式記録[PDF]

7月3日(水)

世界シリーズ第7戦に7名が出場

img7月6日(土)ドイツ・ハンブルクで開催されるITU世界シリーズ第7戦に、日本からは女子は高橋侑子、佐藤優香、上田藍、井出樹里、男子は古谷純平、北條巧、ニナーケンジの7名が出場。翌7日(日)は同会場でITU世界ミックスリレー選手権が行われる。

>>詳細はこちら

7月5日(金)

日本U19/U23選手権・7日仙台七ヶ浜で開催

img7月7日(日)宮城県七ヶ浜町で東日本大震災復興支援「第21回日本U19選手権(JOCトライアスロンジュニアオリンピックカップ指定)/第9回日本U23選手権」が開催される。U19選手権48名、U23選手権34名の総勢82名が出場予定。朝8時スタート。

>>詳細はこちら

7月3日(水)

NTT ASTCアジアカップ高松大会・6日開催

img7月6日(土)香川県高松市のサンポート高松及び中心市街地周回コースでNTT ASTCトライアスロンアジアカップが行われる。7か国からエリート女子24名、エリート男子42名が出場予定。男子が7時、女子は8時25分にスタート。

>>詳細はこちら >>記録速報

6月30日(日)

福岡啓がコンチネンタルカップで初優勝

img6月29日(土)カナダ・モントリオールで行われたCAMTRIトライアスロンアメリカンカップで、福岡啓(横浜こどもスポーツ基金/福井)が1時間1分32秒のタイムでコンチネンタル杯初優勝を飾った。 男子は古山大(日本食研/愛媛) が20位。

>>詳細はこちら

6月30日(日)

世界シリーズ第6戦・上田は18位

imgITU世界トライアスロンシリーズ第6戦が6月29日にカナダ・モントリオールで行われ、女子は上田藍(ペリエ・グリーンタワー・ブリヂストン・稲毛インター/千葉)が1時間1分1秒で18位だった。優勝はアメリカのケイティー・ザフィアエス。

>>詳細はこちら

6月29日(土)

モントリオールWPSで土田和歌子が2位

img28日(金)カナダ・モントリオールでITU世界パラトライアスロンシリーズ第3戦が行われ、PTWC6月29日カナダ・モントリオールで行われ、PTWC女子の土田和歌子(八千代工業/東京)が2位、 PTS4女子の谷真海(サントリー/東京) が3位に入った。

>>詳細はこちら

6月23日(日)

アジアカップ・谷口白羽が蒲郡で初優勝

img6月23日(日)愛知県蒲郡市でNTT ASTCアジアカップ(NTTジャパンランキング指定)が開催され、男子は谷口白羽(トヨタ車体/愛知)が1時間52分32秒のタイムで国内開催のコンチネンタル杯で初の優勝を飾った。女子は西麻依子(東京都連合)が3位。

>>公式記録[PDF]

6月22日(土)

アジア選手権 日本がミックスリレー優勝

img3日目に行われたアジアミックスリレー選手権(男女混合・1チーム4名)は、日本チームT(佐藤優香・北條巧・井出樹里・ニナーケンジ)が優勝、U23・ジュニアで構成された日本チームU(中山彩理香・望月満帆・瀬賀楓佳・小原北斗)が6位に入った。

>>詳細はこちら

6月22日(土)

アジアパラトライアスロン選手権 結果

img6月22日(土)アジアパラトライアスロン選手権が行われ日本からは17名が出場。各クラス上位は次の通り。PTWC優勝:土田和歌子・木村潤平、PTS2優勝:秦由加子・中山賢史朗、PTS4 2位:宇田秀生、PTS5優勝:佐藤圭一、PTVI優勝:円尾敦子・米岡聡。

>>詳細はこちら

6月21日(金)

アジア選手権 男子はジュニアの望月が優勝

imgアジアトライアスロン選手権2日目は男子の競技が行われ、ジュニアの望月満帆(トーシンパートナーズ・チームケンズ/山梨)が優勝、U23は長正憲武(福島大学) が4位、エリートは北條巧(博慈会、NTT東日本・西日本/東京) が2位に入った

>>詳細はこちら

6月20日(木)

アジア選手権 女子は中嶋、上田が優勝

img6月20日韓国・キョンジュで開催されたアジア選手権の女子競技は、ジュニアが中嶋千紗都(山梨学院高校・チームケンズ山梨)、エリートは上田藍(ペリエ・グリーンタワー・ブリヂストン・稲毛インター)が優勝した。U23は瀬賀楓佳(山梨県連合) が2位。

>>詳細はこちら

6月20日(木)

NTT ASTCアジアカップ・23日蒲郡で開催

img6月23日(日)NTT ASTCトライアスロンアジアカップ(NTTジャパンランキング指定)および蒲郡トライアスロン大会(JTUエイジランキング指定)が愛知県蒲郡市で開催される。一般部門は朝8時〜、エリート女子は11時15分、男子は12時45分にスタート。

>>詳細はこちら >>速報(エリート) >>速報(一般)

6月15日(土)

上田藍、W杯で今シーズン2度目の優勝

img6月15日(土)カザフスタン・ヌルスルタンで行われたITUトライアスロンワールドカップで上田藍(ペリエ・グリーンタワー・ブリヂストン・稲毛インター/千葉)が1時間56分38秒のタイムで今シーズン2度目の優勝を飾った。

>>詳細はこちら

6月14日(金)

アジア選手権6月20日から開催・選手団発表

img6月20日〜22日にASTCアジアトライアスロン/パラトライアスロン選手権が韓国・キョンジュで開催される。20日女子、21日男子、22日にパラトライアスロンとリレーが行われ、エリート、U23、ジュニア、パラトライアスロン合計41名の日本代表が出場予定。

>>詳細はこちら

6月14日(金)

世界ミックスリレーシリーズ6月15日開催

img6月16日(土)0時8分よりイギリス・ノッティンガムでITU世界ミックスリレーシリーズが開催される。日本チームは井出樹里(スポーツクラブNAS)、岸本新菜(福井県スポーツ協会・稲毛インター)、山本康貴(AS京都) 、谷口白羽(トヨタ車体)が出場。

>>詳細はこちら

6月10日(月)

TOKYO 2019 OQE 公式サイトオープン

img8月15日から18日の4日間に渡り開催されるITUオリンピッククオリフィケーションイベント(2019/東京)の公式サイトがオープン。競技は15日エリート女子、16日エリート男子、17日パラトライアスロン、18日ミックスリレーが行われる。

>>公式サイトへ(随時更新中)

6月10日(月)

世界シリーズ第4戦リーズ大会 女子結果

img6月9日(日)にイギリス・リーズで開催されたITU世界シリーズ第4戦は開催国のジョージア・テイラー ブラウンがWTS初優勝を飾った。日本は高橋侑子(富士通)が17位、佐藤優香が(トーシンパートナーズ、NTT東日本・NTT西日本、チームケンズ)が25位。

>>詳細はこちら

6月7日(金)

WTS第4戦リーズ大会 6月9日開催

img6月9日(日)イギリス・リーズでITU世界トライアスロンシリーズ第4戦が行われる。日本からは第3戦の横浜大会で4位に入賞した高橋侑子、井出樹里、佐藤優香、上田藍の4名が出場。9日(日)21時6分スタート(日本時間)。

>>詳細はこちら

5月24日(金)

第8回フォーラム6月25日開催・申込受付中

img大会及び事業運営の安全管理対策に関わる情報の共有、競技の健全な普及と発展を目的に「第8回JTUトライアスロン・パラトライアスロンフォーラム(会場:日本青年館/東京都新宿区)」を6月25日(火)に開催する。申込は6月24日正午まで。

>>詳細はこちら

5月18日(土)

世界パラトライアスロンシリーズで宇田が3位

img世界各国より70名が集結し、ITU世界パラトライアスロンシリーズ横浜大会が5月18日(土)に開催され、男子PTS4・宇田秀生(NTT東日本・NTT西日本/滋賀)が3位表彰台を飾った。

>>公式記録[PDF]

5月18日(土)

高橋侑子4位入賞・WTS横浜大会女子結果

img5月18日(土)横浜・山下公園周辺でITU世界トライアスロンシリーズ横浜大会が開催され、エリート女子は高橋侑子(富士通/東京)が4位入賞(WTS自己最高位)、男子は横浜大会初出場のニナーケンジ(NTT東日本・NTT西日本/山梨)が33位だった。

>>公式記録[PDF]

5月17日(金)

1700名が出場・世界シリーズ横浜大会

imgITU世界トライアスロンシリーズ横浜大会エリート競技の翌日5月19日(日)は約1700名のエイジグループが山下公園前海面エリアをスタートする。本大会はJTUエイジランキング指定。競技の模様はTriathlon Live、ライブタイミングでチェック!

>>Triathlon Live

5月17日(金)

5月18日 朝10時からNHK BS1で放送

img5月18日(土)朝10時からITU世界トライアスロンシリーズ横浜大会のエリート競技がNHK-BS1で生放送される。スタートは女子が10時16分、男子が13時6分。6時50分からスタートのパラトライアスロンシリーズはTriathlon Liveで配信。

>>テレビ放送スケジュール >>Triathlon Live

5月15日(水)

WTS/WPS横浜 スタートリスト発表

img5月18日〜19日の2日間に渡り横浜山下公園特設会場でITU世界トライアスロン・パラトライアスロンシリーズが開催される。エリート競技は18日(土)10時からNHK BS1、エリートパラトライアスロンはTriathlon Liveでインターネット中継を予定。

>>詳細はこちら

5月15日(水)

WTS/WPS横浜 スタートリスト発表

img5月18日〜19日の2日間に渡り横浜山下公園特設会場でITU世界トライアスロン・パラトライアスロンシリーズが開催される。エリート競技は18日(土)10時からNHK BS1、エリートパラトライアスロンはTriathlon Liveでインターネット中継を予定。

>>詳細はこちら

4月28日(日)

フィリピンA杯、蔵本葵・古谷純平が2位

img4月28日(日)フィリピン・スービックベイで開催されたNTT ASTCアジアカップで、女子は蔵本葵(東京ヴェルディ/東京)が2位、加藤友里恵(千葉県トライアスロン連合)が3位。男子は古谷純平(三井住友海上/東京)が2位、 3位に北條巧(博慈会/東京)が表彰台を飾った。

>>詳細はこちら

4月27日(土)

世界シリーズ第2戦バミューダ大会(結果)

img4月27日(土)ITU世界トライアスロンシリーズ第2戦がバミューダ諸島で開催され、日本女子は井出樹里(スポーツクラブNAS/神奈川)が25位、高橋侑子(富士通/東京)が27位。次回第3戦は5月18日(土)横浜市・山下公園周辺特設会場で開催。

>>詳細はこちら

4月27日(土)

宇田が4位・世界パラトライアスロンシリーズ

imgITU世界パラトライアスロンシリーズ第1戦がイタリア・ミラノで幕を明け、男子PTS4の宇田秀生(滋賀県協会)が4位入賞、秦由加子(女子PTS2)5位、円尾敦子(女子PTVI)7位、木村潤平(男子PTWC)7位。次戦は5月18日(土)横浜で開催。

>>詳細はこちら

4月27日(土)

アジアカップで小田倉が優勝、潮田が2位

img4月27日(土)にネパール・ポカラで開催されたNTT ASTCトライアスロンアジアカップで、小田倉真(三井住友海上/東京)54分17秒で優勝。女子は潮田小波(中京大学)が2位、高嶺直美(東京ハイリッジレーシング/東京)が3位に入った。

>>詳細はこちら

4月20日(土)

アジアカップ徳興で加藤、小田倉が2位

img4月20日(土)に中国・徳興でASTCトライアスロンアジアカップ(スタンダードディスタンス:51.5km)が開催され、女子は加藤友里恵(千葉県トライアスロン連合)、男子は小田倉真(三井住友海上/東京)が2位に入った。

>>詳細はこちら

4月15日(月)

グリーントライアスロン・4月20日開催

img2019ITU世界トライアスロン・パラトライアスロンシリーズ横浜大会(5/18・19)の1か月前プレイベント「グリーントライアスロン」が4月20日に開催される。自然環境にやさしい大会をめざし、会場となる山下公園や公園前の海面及び海底の清掃などを実施。

>>詳細はこちら(大会HPへ)

3月12日(火)

2020アジア選手権 廿日市市での開催決定

img3月9日にUAE(アラブ首長国連邦)・アブダビで開催されたアジアトライアスロン同盟(ASTC)理事会にて、2020年ASTCアジアトライアスロン選手権が広島県廿日市市で開催することが決定した。廿日市市では2度目のアジア選手権開催となる。

>>詳細はこちら

3月8日(金)

2019ITU世界トライアスロンシリーズ開幕

img3月8日にITU世界トライアスロンシリーズ第1戦がアブダビで開催され、女子はケイティー・ザフィアエス(アメリカ)、男子はマリオ・モーラ(スペイン)が優勝した。日本勢は高橋侑子(富士通/東京)の25位が最高。明日9日はミックスリレーシリーズの第1戦が17時6分にスタート。

>>詳細はこちら

3月6日(水)

世界シリーズ第1戦、3月8日アブダビで開幕

img3月8日(金)ITU世界トライアスロンシリーズ/ミックスリレーシリーズの第1戦がアブダビで開催される。日本からは、女子は高橋・佐藤・上田・井出・瀬賀、男子は古谷が出場。女子は8日19時6分、男子は21時6分、ミックスリレーは翌9日17時6分スタート。

>>詳細はこちら

2月24日(日)

コンチネンタルカップで加後美咲が2位

img3月2日(土)アメリカ・クレアモントでアメリカンカップ(距離:スプリント)が開催され、女子は加後美咲(奈良教育大学・AS京都)が1時間23秒のタイムで2位に入り初の表彰台を飾った。男子の最高は細田雄一(博慈会/東京)の11位。

>>詳細はこちら

2月24日(日)

コンチネンタルカップで内田が初の表彰台

img2月23日にキューバ・ハバナで開催されたアメリカンカップで、内田弦大(関西大学)が3位に入り国際大会で初の表彰台を獲得した。5位大谷遼太郎(セガサミーホールディングス/埼玉)、6位石塚祥吾(日本食研/愛媛)、女子は加後美咲(奈良教育大学・AS京都) が7位。

>>詳細はこちら

2月11日(月)

エイジウィンター世界選手権で小幡利春が4位入賞

img2月10日(日)イタリア・アジアーゴで開催されたITU世界エイジグループ・ウィンタートライアスロン選手権で小幡利春(40-44歳/新潟)選手が4位に入った。ウィンター選手権はラン5.083Km、MTB8.17Km、クロスカントリースキー7.105 Kmで行われる。

>>詳細はこちら(リザルト)

2月10日(日)

ワールドカップ開幕戦で上田藍が優勝

img2月10日(日)南アフリカ・ケープタウンでITUトライアスロンワールドカップが開催され、上田藍(ペリエ・グリーンタワー・ブリヂストン・稲毛インター/千葉)が57分24秒のタイムで開幕での優勝を飾った。上田のワールドカップ優勝は通算8勝目。

>>詳細はこちら

1月25日(金)

アジアカップで古谷が優勝、西が2位

img1月25日(金)タイ・ラヨーンでNTT ASTCトライアスロンアジアカップ(競技距離:スプリント)が開催され、男子は古谷純平(三井住友海上/東京)が53分35秒のタイムで優勝、女子は西麻依子(東京都トライアスロン連合)1時間1分16秒で2位に入った。

>>詳細はこちら





JTU登録手続   マイページ  個人情報保護方針  Facebook   Twitter   Youtube   リンク English
NTT東日本 NTT西日本