International Triathlon Union

メディカル委員会からのお知らせ

Share

メディカル委員会の笠次委員長から次のアドバイスがありました。参加選手の理解を促すこと、選手のベストコンディションのための思いやりが、安全管理に有効です。

 

・【メディカルアドバイス】

一般に多くのエイジグループ選手はエリート選手に比べ、スタート前の陸上でのウォームアップが少ないと思います。スイムは抑えてスタートしても、心拍数は上がります。そのため、陸上で一度心拍数を上げるウォームアップが必要です。

 

マラソンはゆっくりスタートし、序盤をウォームアップ代わりに使えますが、トライアスロンの最初のスイムは違います。低水温ではこのリスクが高くなり、さらに気温が低いと一層ハイリスクとなります。

 

ウォームアップは筋肉の温度を運動に最適な温度に上げるだけでなく、心臓にも競技を想定した刺激が必要です。スイムは想像以上に心拍数が上がります。

 

最終チェックでアンクルバンドを渡した後、全員でエアロビクスのようなウォームアップを1−2分間程度行うだけでも、心拍数を上げることができます。インストラクターが、音楽に合わせてノリの良い全身運動を促すとなおよいでしょう。

そこから一旦落ち着いて、入水し、スタートにつなげることがベストです。この全身運動がしんどいようでしたら、その日のレースは無理せず、安全なペースを守る方がいいと思います。

 

スタート時には適度な緊張感と余裕を持つのがベストと言えます。
ただし、暑い中での長時間のウォームアップはデメリットとなることがあります。

 

一方主催者側は、ライフセーバーと救護医師の連携をより強めることは当然ですが、ライフセーバーが「選手の動きがおかしい」と思ったら、選手が継続の意思を示しても、選手をボードに止めて観察し、リタイアを勧めることが基本です。
「リタイアは次のチャンス」につながるものです。積極的な競技中止を勧めてください。

 

選手と主催者双方が安全を意識するよう、以上の対応をお勧めします。

 

参考1)トライアスロン大会参加選手用・熱中症対策(2013年6月8日改訂)
/news/2013/130613-2.html

 

参考2)メディカル・アンチドーピング委員会からのお知らせ
/medical/index.html

  1. このニュースは表記の日時現在のものであり、追加変更の可能性があります。
  2. ニュースの全文または一部の文章をホームページ、メーリングリスト、ニュースグループまたは他のメディア等へ転載する場合は、出典・日時などを明記してください。

CATEGORIES

LATEST NEWS