International Triathlon Union

エイジランキング(ロング)

ニュース

2019年 エイジランキング(ロング)

2019年9月8日確定

女子

124歳以下  19pt

長野 琴音

登録地
学連

125-29歳  35pt

芦川 紘子

登録地
東京

130-34歳  35pt

前田 春香

登録地
香川

135-39歳  36pt

福島 芳美

登録地
東京

140-44歳  34pt

小原 千晴

登録地
愛知

145-49歳  35pt

松尾 由樹恵

登録地
兵庫

150-54歳  28pt

水上 美佐子

登録地
東京

155-59歳  38pt

谷川 真由子

登録地
東京

160-64歳  34pt

林 優子

登録地
香川

165-69歳  33pt

星野 ひとね

登録地
東京

170-74歳  18pt

川崎 綾子

登録地
千葉

男子

124歳以下  29pt

平谷 隼

登録地
学連

125-29歳  34pt

近藤 輝

登録地
大阪

130-34歳  35pt

星 大樹

登録地
千葉

135-39歳  31pt

柴本 浩成

登録地
兵庫

140-44歳  36pt

三田 博史

登録地
兵庫

145-49歳  34pt

及部 豊幸

登録地
愛知

150-54歳  36pt

石井 秀明

登録地
静岡

155-59歳  36pt

冨岡 敏憲

登録地
広島

160-64歳  34pt

寺木 忠利

登録地
愛知

165-69歳  35pt

石飛 肇

登録地
兵庫

170-74歳  34pt

石井 輝雄

登録地
岐阜

175-79歳  23pt

舘本 義勝

登録地
大阪

180歳以上  18pt

戸塚 忠

登録地
静岡

JTUロングディスタンスエイジランキングとは?

  1. 「ロングディスタンストライアスロン・エイジランキング対象大会」に出場したエイジグループ選手の年間ランキング制度。対象大会は、同カテゴリーのJTU主催・共催大会(JTU登録義務)とし、距離に応じたポイントを制定する。(事前申請等は必要なし)
  2. 男女とも「5歳刻み年代別(24歳以下、25-29歳30-34歳、35-39歳、40-44歳・・)」のカテゴリーを設ける。年齢は2019年12月31日現在基準。

特典について

下記対象表彰選手に次の権利と副賞を授与。

  1. 年間各年代別ランキング1位(男女)
    ・世界選手権オフィシャルグッズ(公式ウェアなど)の授与 *ただし、出場することが条件。
  2. 年間ランキング年代別1-6位
    ・表彰状を授与。
  3. 年代別各上位選手に2020年アジアロングディスタンストライアスロン選手権、2020年世界ロングディスタンストライアスロン選手権の出場権授与。

ポイントシステムの特徴について

  1. 一大会での参加でもエイジランキング対象となり順位が決定します。(事前の申請等は必要ありません)
  2. 年代別(5歳刻み)で順位がつきます。 (大会の表彰順位とは異なる場合があります)

ランキング方法

  1. 競技距離に応じ、1大会から2大会迄のポイント合計をランキングの対象とする。
    *競技変更時は、JTU競技規則・第27条に則りポイントを付与する。

ポイント算出方法と区分

競技距離総合計200km以上*完走者数1000人以上

順 位 1位 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位 10位
ポイント

20
(15)

17
(13)

15
(11)

13
(10)

11
(8)

8
(6)

7
(5)

6
(5)

5
(4)

4
(3)

完走者数999人以下

S大会:日本エイジグループ選手権(2019/宮崎)*出場基準は別途発表の日本エイジ選手権出場基準を参照のこと

順 位 1位 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位 10位
ポイント

19
(14)

16
(12)

14
(11)

12
(9)

10
(8)

7
(5)

6
(5)

5
(4)

4
(3)

3
(2)

競技距離合計199km以下*完走者数500人以上

順 位 1位 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位 10位
ポイント

18
(14)

15
(11)

13
(10)

11
(8)

9
(7)

6
(5)

5
(4)

4
(3)

3
(2)

2
(2)

完走者数499人以下

S大会:日本エイジグループ選手権(2019/宮崎)*出場基準は別途発表の日本エイジ選手権出場基準を参照のこと

順 位 1位 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位 10位
ポイント

17
(13)

14
(11)

12
(9)

10
(8)

8
(6)

5
(4)

4
(3)

3
(2)

2
(2)

1
(1)

*デュアスロンに変更の際は( )内ポイントとなります。

対象選手の資格と特別事項(共通)

  1. JTUトライアスロン強化指定(エリート、ジュニア、ロングディスタンス、パラトライアスロン:2019年1月1日~9月30日)選手以外で、対象大会(エイジグループ部門)に出場した選手を対象とする。なお、デュアスロン強化指定選手は、ロングディスタンストライアスロン・エイジランキングの対象とする。いずれの場合も所属表示は加盟団体のみとする。
  2. 上記期間内に、JTUトライアスロン強化指定(エリート、ジュニア、ロングディスタンス、パラトライアスロン)を受けた選手は対象外とする。ただし、指定前に獲得したポイントは有効とする。(繰り下げポイントは付加しない)。なお、同期間内に強化指定を外れた選手は対象としない。
  3. 最終戦終了後1位が同ポイントの場合のみ以下の順で順位を決定する。(シーズン中は同順位とする)
    1. 高順位獲得数の多い選手(1位1大会と3位2大会は、3位3大会より上位)
    2. 出場大会の該当カテゴリーの完走者数合計が多い選手
  4. エイジランキングポイント付与方法 *JTU競技規則・第27条に則る。
    1. 大会が不可抗力により、本来の形式で実施できなかったときは、最終的に大会が実施された状況に応じ、オリンピック出場資格リストポイントを含む全てのランキングに関わるポイントを差し引く。
    2. 大会が予定どおりにトライアスロン又はマルチスポーツとして実施されたら、いずれかの種目あるいは全ての種目 の距離が ITU 競技規則により短縮されても、100%のポイントが与えられる。
    3. 大会が、距離と条件の面で ITU 競技規則に従って、別の ITU マルチスポーツ競技として実施されたら、75%のポイントが与えられる。
    4. トライアスロン大会がデュアスロンに代わり、中止されたスイムが同程度の所要時間のラン競技となったら、75%のポイントが与えられる。
    5. 大会が、距離と条件の面で ITU 競技規則を外れて、別のマルチスポーツ競技となったら、50%のポイントが与えられる。
  5. 天候等による競技中止になった場合は、エイジランキングポイントは付与しない。
  6. 対象大会で年間2回以上の失格処分を受けた選手は、対象から除外することがある。
  7. 年齢は2019年12月31日現在とする。