International Triathlon Union

NTTランキング(ジュニア)

更新日:2022年9月6日

「NTTランキング(ジュニア)」はワールドトライアスロンランキング(WTR)と連動し、最新1年間の獲得ポイントに国内大会のポイントを加え、年間ランキングを決定する。

資格

日本国籍を有する16〜19歳(2022年12月31日現在)の2022年度JTU登録選手(2022年3月31日現在の登録地で年度内登録を行う)。

対象ランキング・大会・記録会

  1. ランキング(獲得ポイント=Current Yearポイント)ワールドトライアスロンランキング*11月28日(月)時点
  2. 大会カテゴリーA(ジュニア1位ポイント=100ポイント)
    日本スプリント選手権(2022/蒲郡)*6月19日(日)
    日本U19トライアスロン選手権(2022/仙台)*7月3日(日)
    日本スーパースプリント選手権(2022/寒河江)*9月18日(日)
  3. 大会カテゴリーB(ジュニア1位ポイント=60ポイント)
    全国高等学校トライアスロン選手権(2022/那須塩原)*7月24日(日)
    JTU認定記録会ランキング*11月28日(月)時点

ポイント算出基準と方法

  1. 2位は1位ポイントから<0.925>を乗じたポイント。3位は2位ポイントから<0.925>を乗じたポイント。以下、順に算出。
  2. カットオフタイム(男女ともにジュニア1位から5%以内でフィニッシュ)採用。
  3. [3]2)3)のうち、最大3大会・記録会のポイントを加算。

特典

2022年NTTランキング(ジュニア)1〜3位選手に、ハイパフォーマンスチームが指定する2023年コンチネンタルトライアスロンカップ・海外1大会(出場推薦基準※を満たしていること)へ公費派遣。

※ワールドトライアスロン・アジアトライアスロン公式大会JTU出場推薦基準
https://www.jtu.or.jp/news/2021/09/08/36646/

<大会カテゴリー8>
8)ワールドトライアスロン・コンチネンタルカップ(海外・国内)
出場資格1):大会開催初日から33日前のワールドトライアスロン・ランキング140位以内の選手(12名まで)
出場資格2):JTU認定記録会・新基準10級以上選手(海外)、12級以上選手(国内)
*評価期間は大会開催初日の33日前までの1年間
出場推薦基準1):大会開催初日から33日前のワールドトライアスロン・ランキング上位順
出場推薦基準2):JTU認定記録会ランキング順

備考

当基準は、関連基準の変更・関係各団体との調整により、変更されることがある。その場合は随時、公表する。

参考)2019年JTUジュニアランキング
https://www.jtu.or.jp/rank/category/junior/