International Triathlon Union

2020年JTUトライアスロン・エリート強化指定選手制度

Share

2020年JTUトライアスロン・エリート強化指定選手制度

[1]目的            
この制度により、第32回オリンピック競技大会(2020/東京)及び第33回オリンピック競技大会(2024/パリ)での目標達成のため、強化指定選手を理事会が認定する。これにより、指定選手の強化活動(強化合宿や大会派遣等)における成果を高め、さらに指定選手の社会認識向上によりトライアスロン競技の広報活動を促進する。

[2]対象選手と認定期間
1)JTU登録選手(2020年度 ※1)で 16歳以上(2020年12月31日現在)であること。
2)日本国籍を有していること。詳細はITU諸規程によるものとする。本大会に係わる該当箇所について、国籍の変更手続き中の場合は、変更先の国を国籍とみなすことができる。
*本制度における「2020年」は、2019年12月1日から2020年11月末日迄とする。
※1)JTU登録:前年度のJTU登録加盟団体を変更する選手は、当該年度3月末迄に現加盟団体とJTUの承認を受けることを基本とする。ただし、大学進学と卒業に係わる加盟団体の変更はこの限りではない。

[3]認定内容と承認手順
「JTUエリート強化オリンピックO-1指定選手、JTUエリート強化オリンピックO-2指定選手、JTUエリート強化A-1指定選手、JTUエリート強化A-2指定選手、JTUエリート強化B指定選手、JTUエリート強化指定C指定選手」を四半期(3カ月)ごとに選考し、理事会承認により認定する。評価にあたっては、レース展開上の諸条件や抗議・上訴などの結果を考慮する場合がある。なお、各対象大会で資格の取得・昇格があった場合は、次の大会参加を優位に進めるため、新規資格の即時適用を基本とする。

[4]認定期間(2020 年)
1)第1期:2019年12月1日~2020年 2月末(3カ月)
2)第2期:2020年 3月1日~同年 5月末(3カ月)
3)第3期:2020年 6月1日~同年 8月末(3カ月)
4)第4期:2020年 9月1日~同年11月末(3カ月)
*ITU世界トライアスロンシリーズ3位以内 または ITU世界トライアスロンシリーズ年間ランキング3位以内であり、かつITU世界ランキング50位以内の成績は、認定開始2年前から新規認定前日迄の2年間を評価期間とする。
*上記以外の成績は、認定開始1年前から新規認定前日迄の1年間を評価期間とする。

(追加補足事項)2020/6/9更新
第3期の認定は新型コロナウィルス感染拡大の影響から、評価期間を3ヶ月遡っての評価を行う。
*ITU世界トライアスロンシリーズ3位以内 または ITU世界トライアスロンシリーズ年間ランキング3位以内であり、かつITU世界ランキング50位以内の成績は認定開始2年3ヶ月前から新規認定前日迄の2年3ヶ月間(2018年3月1日〜2020年5月末)を評価期間とする。
*上記以外の成績は、認定開始1年3ヶ月前から新規認定前日迄の1年3ヶ月間(2019年3月1日〜2020年5月末)を評価期間とする。

[5] 対象トライアスロン大会・記録会・ランキング(カッコ内は略称)
1)(WTS):ITU世界トライアスロンシリーズ(グランドファイナルを含む)
2)(W杯):ITUトライアスロン・ワールドカップ
3)(世界U23選手権):ITU世界U23トライアスロン選手権
4)(世界ジュニア選手権):ITU世界ジュニアトライアスロン選手権
5)(C杯):ITUトライアスロン・コンチネンタルカップ
6)(アジア選手権):ASTCアジアトライアスロン選手権
7)(アジアU23選手権):ASTCアジアU23トライアスロン選手権
8)(アジアジュニア選手権):ASTCアジアジュニアトライアスロン選手権
9)(日本選手権):日本トライアスロン選手権
10)(公式大会):JTU公式大会、国民体育大会、日本スプリント選手権、日本U23選手権、日本U19選手権
11)(記録会):JTU認定記録会・JTU強化記録会
12) ITU世界ランキング(1~4期の各認定前・最終月曜日のITU発表の順位)

[6]対象トライアスロン大会・記録会と評価基準
1) JTUエリート強化O-1指定選手
 WTS 3位以内
2)JTUエリート強化O-2指定選手
 WTS 8位以内
3) JTUエリート強化A-1指定選手
 WTS12位以内(30%)
 W杯 3位以内(10%)
 世界U23選手権 3位以内(10%)
 世界ジュニア選手権 3位以内(10%)
4)JTUエリート強化A-2指定選手
 WTS 16位以内(40%)
 W杯 8位以内(20%)
 世界U23選手権 8位以内(20%)
 世界ジュニア選手権 8位以内(20%)
5)JTUエリート強化B指定選手
 WTS 24位以内(60%)
 W杯 16位以内(40%)
 世界U23選手権 16位以内(40%)
 世界ジュニア選手権 16位以内(40%)
 アジア選手権 3位以内(10%)
 日本選手権 3位以内(10%)
 C杯 3位以内(10%)
6)JTUエリート強化C指定選手
 ITU 世界ランキング 140位以内(強化指定認定直前の月曜日)
 アジア選手権 8位以内(20%)
 日本選手権 8位以内(20%)
 C杯 8位以内(20%)
 アジアU23選手権 3位以内(10%)
 アジアジュニア選手権 3位以内(10%)
 公式大会 3位以内(10%)
 JTU記録会 5.5級以上

<全体条件 1>1位タイムから、男子2.5%、女子4%以内で完走
<全体条件2>( %)は「順位÷スタート人数」の順位率以内で完走

[7]JTU強化指定への資格等の授与(詳細は別基準・規定)
1)JOCオリンピック強化指定選手への選考資格(6名以内基本)
2)ITU WTS、W杯、海外C杯の出場推薦資格(派遣基準)は別規定
3)JTU公式大会(国体、日本選手権、日本U23・U19選手権を除く)出場資格
4)大会主催者招待枠の優先出場資格
5)強化合宿(国内・海外)、強化記録会、測定合宿への参加資格(別規定)
6)強化全般の各種支援
 
[8]全共通補則事項
1)制度全般に係る補則
1-1)各種大会の選手選考を行う際、強化指定ランクを評価の一つとして用いる。但し、ランク順に関わらず選考をする場合がある。
1-2)引退届出選手への各種支援は、届出時期を含む認定期間をもって終了とする。

2)大会評価に関する補則
2-1)「JOC派遣の国際総合競技大会」の評価は、別に審議し決定する。
2-2)「ITU世界トライアスロンシリーズランキング」の評価は、別に審議し決定する。
2-3)「ITU世界ミックスリレー選手権」の評価は、別に審議し決定する。
2-4) オリンピックディスタンスおよびスプリントディスタンス以外のITUトライアスロン公式大会が開催された場合は、オリンピック対策チームで審議し評価を決定する。
2-5)対象大会で次のことが発生した場合は、状況を分析し別に審議し評価を決定する。
 a)大会が、開催前、開催期間中、競技中に中止されたとき。(競技の中止)
 b)ITU 基準によるトライアスロンのスイム、バイク、ランのいずれかの距離が短縮されたとき。(距離フォーマットの変更)
 c)大会がデュアスロン又はアクアスロンになったとき。(競技フォーマットの変更)
 d)レース中の予期せぬ事故や上位選手の失格などで順位の変動があったとき。(順位の変動)
 e)その他、競技結果を左右する特別な状況(荒天や出場選手レベルの大幅な低下など)があるとき。(特別な状況)

3)強化指定選手の留意事項
3-1)エリート強化指定選手への補助金などの支援体制は別に定める。
3-2)指名された選手はナショナルチーム合宿、強化記録会、測定合宿への参加が義務付けられる。
3-3)別に定める「派遣規定(ユニフォーム含む)」を遵守する。
3-4)各年ごとにエリート強化指定選手認定に係るJTU合意書を提出する。    

<2019/12/6 JTU理事会承認>

  1. このニュースは表記の日時現在のものであり、追加変更の可能性があります。
  2. ニュースの全文または一部の文章をホームページ、メーリングリスト、ニュースグループまたは他のメディア等へ転載する場合は、出典・日時などを明記してください。