International Triathlon Union

日本U19トライアスロン選手権(2020/長良川) 兼 全国高等学校トライアスロン選手権(2020/長良川) 出場基準(変更)

Share

日本U19トライアスロン選手権(2020/長良川)
兼 全国高等学校トライアスロン選手権(2020/長良川) 出場基準

[1]開催日:2020/10/17(土)・18日(日)予定
[2]開催地:岐阜県海津市
[3]競技距離:スイム750m・バイク20km・ラン5km(ドラフティング許可)
[4]出場資格:日本国籍を有する16~19 歳(U19)の2020年度JTU登録会員
[5]選手数:男女各30名程度
*新型コロナウィルス感染拡大防止の収束状況、ITU COVID19ガイドラインの反映状況も踏まえ受け入れ適正人数を鑑み、変更となる場合もある。

[6]出場基準:
1)JTUエリート強化指定選手
2)JTUジュニア強化指定選手
3)加盟団体推薦
 2020認定記録会(スイム400m、ラン3,000m/2019年10月~エントリー締め切り日迄)標準記録10級以上の加盟団体の推薦選手を基本とする。記録会は個別記録会可とする。※1)

[7]参加申込
1)参加費:15,000円(エントリー手数料別)
2)申込期間:7月上旬〜9日末日(予定)

[8]推薦条件
1)定員以上の申し込みの際は、エリート・ジュニア強化指定を優先し、加盟団体推薦選手において認定記録会(個別記録会の開催も可)・合計タイムの速い選手から選考する。 尚、合計タイムについては、スイム400m+ラン3000mとする。
2)過去2年間にドラフティング講習会受講、またはドラフティングレースに出場経験のある選手
3)18歳未満(大会当日年齢)については、「ドーピング検査における親権者同意書」をJTU事務局へ提出すること。但し、一度提出した選手は再提出をする必要はない。

[9]備考
1)成績評価は、エントリー締め切り日までの大会・記録会に基づく。
2)高校生選手権の表彰対象選手は、学校教育法第1条に規定する高等学校(中等教育学校後期課程を含む)に在籍する生徒であること。 尚、上記に定める生徒以外で当該競技要項により大会参加資格を満たすと判断され、加盟都道府県協会が推薦した生徒について、別途に定める規定に従い参加を認める。年齢は平成14(2002)年4月2日以降に生まれた者とする。 ただし、出場は同一競技3回までとし、同一学年での出場は1回限りとする。ただし平成14年は年度で移行する。
3)2020年日本U19トライアスロン選手権1位選手への、2021年ASTCアジアトライアスロン選手権の同カテゴリー出場資格付与
4)上記基準は、大会内容の変更や関係団体等との調整や新型コロナウィルス感染拡大防止対応や大会内容の変更や関係団体等との調整により変更されることがあり、 その場合は事前に告知する。

※)
<個別測定(スイムとランの実測)の記録提出>
1) 事前実施申請(開催2日前まで)
実施場所・日時・JTU公認審判員氏名 を明記の上、文末のフォームから提出
*会場の要件は認定記録会開催マニュアルに準ずる。
https://archive.jtu.or.jp/kyouka/2019/pdf/19kirokukai-manual.pdf

<事前報告>
件名:個別記録会(事前実施報告)
選手名:
フリガナ:
所属先:
加盟団体:
生年月日:
性別:□女子、□男子
出場希望大会名:
測定実施日(スイム・ラン):
実施場所:
審判員氏名:
審判員資格:□第1種、□第2種、□第3種
JSPOコーチ氏名:
JSPOコーチ資格:□コーチ1修了者

2) 記録提出(開催後2日後以内)
<記録報告>
件名:個別記録会(記録報告)
選手名:
フリガナ:
所属先:
加盟団体:
生年月日:
性別:□女子、□男子
出場希望大会名:
測定実施日(スイム・ラン):
実施場所:
立会人氏名(役職):
タイム(スイム):400m(    )
タイム(ラン):5000m(    )、3000m(    )、1500m(    )

3)提出先:(次の3箇所に同報送信)
・JTU事務局:jtuoffice01@jtu.or.jp
・中山俊行JTUオリンピック対策チームリーダー:toshi.n.product@apricot.ocn.ne.jp
・蓮沼哲哉JTUオリンピック対策チームU23コーチ:hsnmtetsuya@gmail.com

==

【変更前】2019年12月22日(日)発表:第22回日本U19トライアスロン選手権(2020/仙台)出場基準
https://www.jtu.or.jp/news/2019/12/22/4883/

<2020年6月9日 理事会承認>

  1. このニュースは表記の日時現在のものであり、追加変更の可能性があります。
  2. ニュースの全文または一部の文章をホームページ、メーリングリスト、ニュースグループまたは他のメディア等へ転載する場合は、出典・日時などを明記してください。