International Triathlon Union

PPE(Pre Participation Examination)提出規則

2018年よりWorld Triathlon(旧 国際トライアスロン連合/ITU)主催イベントに出場するエリート、U23、ジュニア、エリートパラ選手におかれましては、PPE(Pre Participation Examination)の提出が求められています。提出手順をご確認いただき、World Triathlon主催イベントに出場する際には、必ずPPEをご提出ください。PPEは毎年提出が求められます。

[1]対象
World Triathlon主催イベントに出場するエリート、U23、ジュニア、エリートパラ選手
*World Triathlon主催イベントとは、World Triathlon 競技規則 附則J (World Triathlon Competition Rules, APPENDIX J)で定義される通りです。
https://www.triathlon.org/about/downloads/category/competition_rules
*日本選手権をはじめJTU主催イベントについては提出対象外となります。

[2]提出書類・参考書類
提出1) 問診票(Questionnaire)
提出2) 診断書(Medical Certification)
参考1) 問診票(日本語訳)

[3]書類提出方法
*次のフォームから問診票と診断書のコピーデータ(PDF、写真)登録。
https://fs223.formasp.jp/u458/form3/
 
 
[4]書類記入手順
1)問診票を印刷の上、自己記入する
(注意点)
*全て英数字で記載する。
*問診内容については資料「問診票(日本語訳)」を参考。
*未成年のみ、保護者の署名も必須。

2)問診票記入後は、チームドクターがいる場合はそのドクターに問診票を確認してもらう。
チームドクターが居ない場合は、健康診断のために受診する病院・医院のドクターに問診票を確認してもらう。

3)チームドクターもしくは病院・医院において、心臓系突然死に関してIOCが推奨する
「Lausanne Recommendations」(先に選手に自己記入してもらった問診票)に基づいて診察をしてもらい、安静時心電図検査の実施と運動可否判定後、診断書も作成してもらう。
(注意点)
*診断書も印刷して持参し、記入してもらう。
*ドクターは循環器に詳しいことが望ましい。

4)チームドクターが循環器を専門としていない場合、診療医師の選択に当たっては、日本体育協会公認スポーツドクターを検索するシステムにおいて、
http://www.japan-sports.or.jp/tabid/75/Default.aspx
診療科目を「循環器科」、都道府県を最寄りの県に絞り込み検索すると、地元の循環器内科でスポーツ医療の得意な先生が検索可能である。

5)健康診断受診後は、診断書(Medical Certification)と問診票(Questionnaire)を上記登録フォームからJTU事務局まで申請する。提出期限は、該当シーズン初戦40日前を基本。

6)提出された診断書はJTUメディカル委員会でweb判定会議にて確認。
承認された後、JTU事務局からWorld Triathlonへ当選手が健康診断を受けたことを示す証明書を提出する。
提出された診断書は重要な個人情報に当たるため、回覧者を限定し厳重保管する。

7)以後、シーズン毎、開幕前に実施する(年1回)。

<参照> World Triathlon HP:Pre Participation Examination (PPE)
http://www.triathlon.org/medical/ppe

*2017年11月06日更新
*2018年12月18日更新
*2020年12月07日更新