International Triathlon Union

東京2020大会 日本代表選手選考基準の今後の対応

Share

既報のとおり、国際オリンピック委員会(IOC)及び国際パラリンピック委員会(IPC)から東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の延期決定の発表がありました。本発表を受け、公益社団法人日本トライアスロン連合(JTU)では、代表選手選考について以下の対応を行ってまいります。

1)オリンピック
今後発表される「ITUオリンピック個人出場資格基準」の変更内容に則り、これまでの日本代表選手選考基準での結果を総合的に評価し、あらためて選考基準の変更案策定を行います。

2)パラリンピック
今後発表される「ITUパラリンピック出場資格基準」の変更内容に則り、現行の選考基準どおり、パラリンピック実施クラス(混合されたクラス含む)の選手かつ国別出場枠を獲得した選手を優先的に選考を行います。

詳細内容については、ITUの基準、各大会スケジュール発表後に、オリンピック・パラリンピック対策チームで審議の上、強化関係者に回覧の後、理事会にて承認手続きを行います。各発表時期は現状未定ですが、順次リリース等行う予定です。

 

<参考>
*第32回オリンピック競技大会(2020/東京)トライアスロン競技日本代表選手・選考基準
2019126日 更新
https://archive.jtu.or.jp/news/2018/pdf/2020Tokyo-Olympic-JTUcriteria.pdf

*東京2020パラリンピック競技大会 パラトライアスロン競技日本代表選手選考基準(発表)
2019627日更新
https://www.jtu.or.jp/news/2019/06/27/6979/

 

 

  1. このニュースは表記の日時現在のものであり、追加変更の可能性があります。
  2. ニュースの全文または一部の文章をホームページ、メーリングリスト、ニュースグループまたは他のメディア等へ転載する場合は、出典・日時などを明記してください。

CATEGORIES

LATEST NEWS