International Triathlon Union

国際トライアスロン連合 4月末までの全ての国際大会と事業を休止

Share

本日、国際トライアスロン連合(ITU)臨時理事会が行われ、新型コロナウイルス感染拡大阻止のためにITUは、「3月16日から6週間の間(4月30日まで)に全世界で行われるITU大会・事業の休止」を決定いたしました。

これは期間中の世界トライアスロンシリーズ(WTS)、世界パラトライアスロンシリーズ(WPS)ワールドカップ(WC)、コンチネンタルカップ(CC)、各種マルチスポーツとなり、4月22日から26日に予定していたアジアトライアスロン選手権(2020/広島県廿日市市)も含まれます。またオリンピック・パラリンピック出場資格のポイントランキングも一時凍結されます。
ITUは、今後国際オリンピック委員会(IOC)との協議を行いながらランキングポイントピリオドなどの調整を行って行きます。

このことを受け、公益社団法人日本トライアスロン連合(JTU)においては、4月22日から26日のアジアトライアスロン選手権(2020/広島県廿日市市)の開催も休止としますが、引き続き廿日市市と協議の上、延期開催の可能性をランキングポイントのピリオド期間中で調整して行きたいと考えています。

更にITUとJTUは、推移・情報を常に共有して新たな対応があった場合は、すぐに連絡を行うことも確認しています。

国際トライアスロン連合(ITU)からのお知らせ

ITU公式HP

 

  1. このニュースは表記の日時現在のものであり、追加変更の可能性があります。
  2. ニュースの全文または一部の文章をホームページ、メーリングリスト、ニュースグループまたは他のメディア等へ転載する場合は、出典・日時などを明記してください。

CATEGORIES

LATEST NEWS